とこちゃんのひとりごと

空のお話・少林寺拳法・家族・思ったことを綴る日記です。 仕事関係のことはプライベートモードにしています。 PASSWORDを知りたい方はprofileにあるアドレスにメールしてください。

2014年06月

残念でしたねーWorld Cup

ブラジルワールドカップでサッカー日本代表がコロンビアに1-4で敗れ、予選リーグ敗退が決まりました。残念でしたねー。

3試合ともテレビで観戦しましたが、観ていて思ったのはやはりまだまだ日本の攻撃サッカーというのは世界では通用しないんだな、ということでした。ザッケローニ監督は日本に攻撃サッカーを植え付けようと4年間指導し続けてきました。その結果、アジアでは日本代表はほぼ無敵、ヨーロッパの強豪国とも親善試合レベルでは互角の戦いができるようになっていました。ザッケローニ監督の就任以来の日本代表の戦績は決して悪いものではなかったと思います。しかし、やはりワールドカップは違いました。

選手たちは全力を尽くしてくれたし、作戦の大きなミスとかもなかったように思います。主力選手もコンディションを整えて大会に臨んでくれほぼベストメンバーで戦えたはずです。でも一つも勝てなかった。これが現実なのでしょうね。

前回のワールドカップでは直前の代表戦成績が非常に悪かったことを受けて、岡田監督が大会直前に作戦を変更し、守備を重視した戦い方を選択しました。力のないチームが勝つにはそれしかなかったし、日本の武器はフリーキックとセットプレイからの得点に頼るだけでした。でも、内容よりも勝利にこだわり1点を争うワールドカップのような舞台ではこの戦い方が一番確率が高いのも事実だと思います。その結果、日本は決勝トーナメント進出を果たしました。しかし、あの戦い方ではあそこまでが限界。それ以上の上を狙うなら世界の強豪国と同じような攻撃力、得点力を身につけないとBEST4などは望むべくもないということだったのでしょう。

多くの選手がヨーロッパの一流クラブでレギュラーとしてプレイするようになり、全体のレベルも上がる中で、今回のワールドカップはザッケローニ監督を招へいして世界の強豪国と同じ攻撃サッカーを目指しました。今大会でもブラジル、アルゼンチン、オランダ、フランスなどの攻撃力は本当にすごいですよね。それより少し落ちると思われるコロンビアやコートジボワールを相手にしても日本は敵いませんでした。

コートジボワール戦では消極的になり持っている力を十分に発揮できませんでした。「魔の2分間」を言われますが、攻撃サッカーを目指しているのなら2点目を取れなかったことが敗因だと思います。ギリシャ戦では11人対10人という圧倒的優位に立ちながら結局1点も取れませんでした。コロンビア戦では前半の後半部分で1点先制されて開き直ったという部分はあったとしてもようやく本来のサッカーが展開でき、岡崎のゴールが生まれました。しかし、追いついた後はまた守備が不安定になりあっさり勝ち越し点を取られました。コロンビアの得点の取り方を見てたら良くわかりますよね。カウンターで攻撃に参加しているのは2-3人。守備が4人いようと5人いようと、最後は1人で突破してゴールを決めてしまいます。日本は大久保も何回も決定的チャンスを外していましたし、香川も柿谷も本田も取るべきところで取れていませんでした。それでは勝てるわけがありません。全部の機会にシュートを決めることはどんなスーパースターでも無理でしょうが、エースというのは取って欲しい時に個人の力で決めることができる選手のことを言うのでしょう。アジア最高の守備力を誇るイランに苦戦していたアルゼンチンが終了間際にメッシのスーパーゴールで勝ったように。毎試合ゴールを重ねるブラジルのネイマールのように。

メッシやネイマールが日本にも欲しいというのは贅沢かもしれませんが、ああいうプレイができる選手が日本のフォワードにも欲しいものです。ずっと昔から言われ続けている日本の弱点ですけどね。今回、代表に選ばれた岡崎、大久保、柿谷も確かに日本では最高の選手だと思います。でも世界ではまだまだだということが証明されてしまいました。メッシやネイマールが出なくとも、岡崎、柿谷、大久保レベルか、それ以上の選手が10人ぐらいいて、その中から選ばれるような代表になれば4年後はもっといい戦いができるんじゃないかと思います。

守備にしても今までの日本は「全員で守る」「前から守る」というのをやってきました。それができているときは世界でも通用しています。しかし、カウンターで1対1や2対2になった時に結局突破されて決められるケースを何回も目にしました。ディフェンダーもまた「一人でも守れる」強いディフェンダーが必要なんだろうと思います。攻撃サッカーを目指して、相手のスーパープレイで1点は仕方ないとしても2点3点と取られていてはやはり勝てないんですよね。

「世界との差」はやはり「個人の力の差」なんだなぁ、と思った大会でした。でも、攻撃サッカーで勝利を目指した日本代表は最後まで勇敢に戦ってくれたし、力及ばなかったけれど次の大会を目指してまた進歩を続けて行って欲しいと思います。ザッケローニ監督にも意欲があるなら続けて欲しいものだけどなぁ。今回の敗戦で日本代表の向かっていた方向性を変える必要はないと思うな。

FBS終了

プライベートモードの記事です。PASSWORDを入力してください。

続きを読む

原因不明の咳

移行訓練が始まってもうすぐ1カ月。座学課程が間もなく終わります。今月10日からはいよいよフライト教官とシミュレーターを使用した本格訓練に入ります。システムの全体像は掴めてきましたが、まだまだ十分に整理と記憶ができているとは言えず、その辺の作業はこれからシミュレーターをやりながら空いた時間でやって行くしかないんでしょうね。さらに忙しくなりそうです。

この訓練が始まったころから原因不明の激しい咳に悩まされています。妻から移されたようなんだけど、更にその先は次男から移ってきたものかもしれません。激しい咳で連続して10回ぐらい出ます。痰が絡んで出る咳ではなくて肺から来るような空咳。止まらなくなるので呼吸ができず呼吸困難になります。2週間ほど先に罹っている妻は咳の勢いで吐いたりしてましたし、今は咳はだいぶ収まってきたんだけど咳の勢いで肋骨にひびが入りコルセットして何とか生活してます。僕の方は身体が強いせいか吐くこともなく、肋骨も今のとこ大丈夫そうですがまだまだ咳の発作が止まらなくて、特に横になったり起き上がったり、姿勢を変えた瞬間に発作が来ます。これが1カ月続いているからたまりません。

医者に行ってもマイコプラズマ肺炎陰性、百日咳抗体あり、原因不明でアレルギーじゃないかとか、急性の喘息じゃないかとか言われて薬もらいますが全然効きません。僕も妻も軽い花粉症以外はアレルギーなんて出たことないし、喘息の傾向もありません。大体、喘息やアレルギーは移らないでしょ。夫婦揃って少しずれてこんなひどい全く同じ症状が出てるんだから素人が見ても感染症です。でも何だかわからないんですよね。

この訓練で大変な時期にこんな病気にかかって、勉強に集中するのも大変です。一日訓練が終わると疲れ切ってしまってしんどくてそれ以上勉強できません。せめてシミュレーターが本格的に始まる前に体調が戻ってくれるといいんだけどなー。今は咳のし過ぎで喉をやられて声がガラガラになってしまってるので、せめてこれだけでも治ってほしいものです。

誰かこれが何の病気か教えてくれませんか?

Profile

とこちゃん

Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
楽天市場
プロフィール

とこちゃん

  • ライブドアブログ