今日は武専でした。先月は実業団大会の用事で出席できなかったので2ヶ月ぶりです。久しぶりにいい練習ができました。技は払受地二、伏虎地二、握返、合掌丁字、合掌突落でした。伏虎地二は膝立ちで運歩をするのが、膝が痛くて大変でした。修行不足かな?指導していただいた先生は身長の高いリーチのある方で、前へ出つつ廻蹴を打ち落とすように受けないと受けきれないと指導していただきましたが、同じようにやると相手の突間合が近過ぎて内受が十分できません。内受するにもある程度の間合は必要で、あまり近すぎると大きく首を振って避けないと受けた手ごと突き抜かれてしまいます。先生はリーチがあるのでかなり前で廻蹴を受けることができますが普通の体型の僕はそうはいきません。で、以前習ったように膝立ちのまま少し体を開いて間合をつくり受けるようにすればうまくいきました。その点を先生に質問すると、膝での運歩については自分はしていないが、必要により行っても構わないということでした。ただこれ、体育館の板間でやると膝が痛いんだよねー。

次に握返。相手してもらった拳士は手首の非常に強い拳士で逆小手なんかもほとんど効きません。まして握返の通常の大拳頭攻めではケロッとしてます。捌手で巻き込んで体勢を崩してから掛ければ何とか・・・後は裏に入って相手の肩の後ろに持っていって掛ければ倒れてくれました。今回の本部派遣講師の先生は相手の肩の後ろで技を掛けると力を使わずに崩せるという理法を説明してくださったので、それを参考にいろいろ試してみました。逆小手、巻小手、小手巻返、袖巻返、押小手などにも応用できますね。基本で習う技本来の形とは掛け方が随分違うものになりますが、離の段階としては必要な技法なんだろうと思います。

合掌丁字。昔から難しい技で苦手にしています。掛かる人には掛かるけど、掛からない人には全く駄目です。丁字も人差し指の付け根の骨が出てないのでその痛みを与えることもできません。熟練した先生は丁字の攻めるところがタコで固くなって飛び出してるからよく効くんだけどね。まあ、この技はそれで効かすようなそういうもんじゃないか・・・。で、四苦八苦していると研究科4年のある有名支部の助教の先生がふらっと来てくれて教えてくれました。この先生、崩しもうまく使いながら、丁字も物凄くよく効く!あんなに丁字が効いたのは初めてです。崩しなんて使わなくても丁字だけで十分落とせるのに器用な崩しまで入れられたらたまりません。改めて、「合掌丁字ってほんとに使える技なんだ・・・」ということを再認識しました。今まで、失敗することや効かない人もいるから実際には使いにくいと思っていたんだけど・・・。効かない人には効かない、なんていうのは修行不足ってことですね。やっぱり・・・。

まあ、そんなこんなでいろいろあって、今日も楽しく練習できました。

武専の行事で今日は献血の日。献血車がきてみんなに献血を呼びかけてました。100人以上の方が協力して良かったんだけど、僕はできませんでした。問診表に海外渡航経験というのがあって、昨日ロサンジェルスから帰ってきたところです、と言うと「海外から帰ってきたら4週間は献血できないんです・・・。」と言われました。知らなかった・・・。ということは僕は仕事休まない限り献血はできそうにないです。1ヶ月国際線なしなんてまずないもんなぁ。でも、献血した人がもらえるジュースは飲んでいいよ、と言われたのでちゃっかりもらったし、針嫌いの僕としては注射されなかったのでかなりホッとしたのでした・・・。