マジック1で迎えた今日のヤクルト戦。仕事終わって帰ってきてテレビにかじりついて観てました。

今日は3点先制されたけど、選手にはあきらめない気迫と逆転できる自信が溢れていた感じがしたので、きっといけると思ってた。3-3の同点に追いついた後の無死満塁の大ピンチ、あそこを1点だけで切り抜けたのは本当に大きかった。内海も良く粘った。1点差なら必ずすぐ追いつけると思ったのに、古田監督は藤井を出してきて、シコースキーが巨人時代には見たこともないようないいピッチングをしてなかなか追いつけない。でもその悪い流れを木佐貫と野間口が見事に食い止めてくれた。

そして迎えた9回裏、抑えの高津が本来の力で健在ならあっさり終わっても不思議じゃないところだったけど、ピッチャーは館山。力はあるんだろうけど、まだ若く経験も浅い。チャンスと思った。そこで鈴木が牽制アウト。あの時はもう終わったと思ったなぁ・・・。あの場面、勝負を掛けて走りに行ってたんだと思うけど、僕もテレビを観ながら「行け!」って叫んだ瞬間の見事な牽制だった。確かにあの牽制球はタイミングといい、送球の質といい、最高の牽制だったけど、走りのスペシャリストとして1軍にいる以上、鈴木は刺されちゃだめだよなぁ。他の選手ならいざ知らず・・・。

イ・スンヨプが四球で歩いてその後の二岡のバント、あれはびっくりした。解説の堀内も江川も沈黙してたから、たぶんあの二人も予想だにしてなかったんだろうな。そのぐらい意外性のあるバントだった。常識で考えれば9回1アウトであと二つアウトになったら終わりの場面で、その一つのアウトをみすみす相手に与えるという作戦はありえない。しかしその後の阿部を敬遠で歩かせ、一・二塁で矢野勝負。そこまで原監督は計算してたんだろうな。そしてこれが見事な逆転劇に繋がる。原監督はさすがだ・・・。矢野は投手強襲の内野安打で満塁。すごい重圧の中、出てきたピッチャーは若手の花田。さすがにこの場面を抑えきるのは難しかった。清水の内野安打が名手宮本の悪送球を誘いサヨナラ勝ちという展開は幕切れとしては意外なものであったけど、投手も野手も激しいプレッシャーを受けた中でプレイしている以上、ある意味必然的な結果だったのかもしれない。この緊迫した状態を作り出した二岡のバントという作戦がこの結果を導いたんだと思う。

ヤクルトも高津が万全でなく、経験豊富な抑え投手がいないという弱みがあった。木田がいるけど彼の速球は巨人の打者には相性のいい選手が多いし、満塁でフォークボールピッチャーは暴投が怖い。それで館山・花田という投手リレーになったんだけど、その弱みを冷静に突いて、残り二つのアウトのうち一つを犠牲にして最後の打者に賭けるという大勝負をした原監督の分析力と勇気と決断力は優勝監督にふさわしい見事な判断だったと思う。

粘りに粘って最後に逆転サヨナラ、これぞ巨人の野球というゲームを最後に見せてもらえて本当に良かった。野球は本当に選手やベンチの勝利への執念の戦いだね。もちろんそれだけでは勝てないけど、競り合ったときの最後の勝敗は執念の差が出る。これができるチームが本当に強いチームだ。強い巨人が復活してくれて本当に嬉しいシーズンだった。優勝おめでとう!ジャイアンツ!