ご心配をお掛けしましたが、うちの奥さん8日に無事に帰ってきました。結局、台北で二日足止めを食らって2泊3日が4泊5日になってしまいました。先々月の北海道と同じだけいたことになりますね。もう早く帰りたくて気もそぞろで、後半は楽しめなかったと言ってました。台風15号は僕の予想よりやや早く台湾から遠ざかったので8日の朝には台北の天気は回復してたみたいです。6日、7日は大変な暴風雨でとても外に出られるような天気じゃなく、道路でも街路樹がなぎ倒されているような状況だったそうです。妻も大阪で暮らしていると、こんな強烈な台風にはほとんど当たったことがないのでびっくりしたそうな。村が丸ごと水没したり、家の屋根が吹き飛んだり結構な被害だったらしいです。

面白いことに台風15号は、進路図を見てみると台湾の北部で1回くるっと輪を描いて行ってるんですね。台北で足止めされてイライラしている日本人をからかうかのように・・・。やっぱりこの台風うちの奥さんが呼んだんじゃないかなあ、なんて気がしました。(雨女だからね)飛行機は7日から運航が再開されてたらしいんだけど、航空券の都合で7日には乗れず、8日の夜の便で帰ってきました。7日の便は空席待ちも断るくらいの満席だったらしいんだけど、8日の便には空席があったらしいです。たぶん、他社の便と重複して予約していた人が便が動き出したらキャンセルして一気に乗客がはけたんでしょうね。こういうときにはよくあることです。 

現地での航空券の手配とか宿泊延長の交渉とか、いろいろいい経験ができたみたいです。まあたまにはこういうこともいい思い出になりますよね。学生時代からの仲良しの女の子と二人で行ってたんだけど、さすがに5日もずっといるといろいろ気疲れしたみたいです。「長い旅行は夫婦で行く方がいいねー。」なんて言ってました。友達の彼女とは長い付き合いなのですが、独身なのでいろいろと価値観の違いもあり、難しいところもあるんだろうなと思います。

みんな元気で無事に帰ってこられて何より。お義母さんとお義姉ちゃんには迷惑かけちゃったけどね・・・。久しぶりに子供たちの顔を見るとやっぱり可愛いし安心するみたいで、何だか張り切って家事やってます。大変だったけどやっぱり行ってよかったかな。