今日は巨人−阪神が首位で並ぶセ・リーグの天王山となる最終戦でした。僕は巨人ファンなので巨人が勝ってくれて最高の気分です。ここへ来て初めての首位奪回。開幕からダントツで首位を走り続けた阪神がついに首位から陥落するという大きな日になりました。

それにしても今日の試合は見ごたえのあるナイスゲームでした。試合開始当初から阪神の選手たちには緊張感が見られ少し動きが固く感じました。一方の巨人の選手は大舞台を楽しみながらのびのびとやっている印象がありました。やはり13ゲーム差を追いついてきた巨人と追いつかれた阪神の勢いの差、好不調のチーム状態の差が表れているのかな、と思いました。

初回、開始早々の赤星のヒットから関本の送りバント。あの場面で阿部が思い切って二塁に送球してダブルプレイに取った場面は大きかったですね。立ち上がりに不安がある内海を助ける大きなプレイでした。あの辺にも大舞台をオリンピックで経験してきた阿部の思い切りと大胆さが生んだファインプレイだと思います。このプレイで内海の緊張感が取れリズムが出てきました。

阪神の先発・安藤も粘り強いピッチングでしたね。何度かヒットを打たれピンチになっても要所を鋭いシュートボールや切れのあるストレートでタイムリーを許しませんでした。3回、イ・スンヨプにツーベースを打たれて2点を許した場面。決して甘くないコースのシュートを左中間に持っていかれ、さらに1アウト2・3塁のピンチ。ずるずる失点してもおかしくない場面をしっかり抑えて2点で終わらせたのはさすがでした。

内海は5回までナイスピッチング。6回、主力打者を迎えて慎重になり鳥谷との勝負を避けてフォアボールで満塁。バッターは矢野。カウント2−1に追い込んだまでは良かった。そこから勝負に行ったアウトコースのストレートを悉くファウルされ、誘いに行ったカーブを見送られて2−3。最後に勝負に行ったカーブが抜けて押し出しのフォアボール。甘くなって打たれるよりはいいのかもしれないけど、左のエースとして原監督が信頼して続投を命じている状況にあって、2−1から6球も勝負球を投げて仕留められず、7番打者に押し出しを選ばれているようでは情けない。原監督も試合後、「うちのエースとしては、まだまだ彼には求めるものがありますね。」と言っていたのはこういうところだと思う。

原監督はこの場面、内海が抑えてくれると信頼して続投させたのだろうけど、結果は押し出し。そこで内海に代えて山口。打者は代打の切り札・桧山。難しいリリーフだったけど、見事にセカンドゴロに打ち取った。インコースのストレートでバットをへし折った球威は大したもんだと思う。その後、7回も無難に投げきって7回裏。ラミレスの値千金のソロホームランが出た後、予想外の打席が回ってきた。原監督の采配は山口を打席へ。これは次の回の金本や鳥谷に打席が回ることを考えての原監督の決断だったのだろうが、3イニング目でもあり冒険だったと思う。で、なんと打たなきゃいいのにプロ入り初安打!びっくりしたよ。そんなことよりピッチングに集中しろ、といいたかったけど・・・。

案の定、8回表は先頭の金本にツーベースヒット。今岡のピッチャーゴロで1アウト3塁。2点差がついていたので3塁ランナーを気にせず投げられたのはラミレスのおかげ。アッチソンは前の回、三者連続三振と素晴らしい内容だったのに、あのボールだけ魅入られたように中に入ったね。強打者は甘い球を呼び込む、と言うけれど、「甘くなったらやられる」という意識が微妙に投手の手元を狂わせるんだなと思った。しかし、あの難しいアッチソンの縦に割れるカーブをバックスクリーン横まで運んだラミレスはさすが。

それはともかく山口。1アウト3塁、2点差とはいえ1点差になるのはやっぱり怖いからここは三振がほしい場面。打者・鳥谷に対して最後に投げたスライダーは本当に最高のボールだった。その前に鳥谷はスライダーを腰を引いて空振りしてて、同じコースに投げられれば打てないことはわかってた。その前にインコースのストレート(シュート?)で誘ってて布石も十分。しかし、こういう緊迫した場面でなかなか狙ったところには投げられないのが、先の内海の押し出しを見てもわかる。そういう場面でこれ以上ない、ぎりぎりのコース、抜群の切れのある見事なスライダーが外角低めに決まった。あの球はいかに鳥谷が好打者でも打てないだろうなと思う。あそこに投げた山口がすごかった。あのスライダーには感動したなぁ。

阪神は今岡のいい当たりが亀井に好捕されたり、何度もチャンスをゲッツーでつぶしてツキもなかった。ウィリアムスや藤川は相変わらず見事なピッチングで付け入る隙もなかったけど、勝負のあやは阿部のダブルプレイ、山口の好投、亀井のファインプレイ、そしてアッチソンの魅入られたような失投にあったように思う。まだ残り3試合、勝負は決まったわけじゃないけど、野球の面白さを存分に楽しませてくれるナイスゲームだった。どっちが優勝してもまたクライマックスシリーズで当たることになりそうだし、次の対戦が楽しみだ。