先日、定期の身体検査があって行ってきました。前回は10日ほど前から肉断ちして、ダイエットもして2kgほど体重も減らして頑張ったんだけど、高脂血症は改善されず、むしろ数値が上がる結果にがっかりしました。で、今回だめだったらもう薬を飲むつもりで、特に準備もせず普通に生活していったんだけど、そしたら体重は前回の3kg増でした(+_+)。

ところが血液検査の結果は前回より少し下がって、コレステロール値が269になってました。ほんとにわからないものですね。まあしかし、269という数値も航空身体検査医としては十分に高値なので、社医から「できれば薬を飲んだほうがいい」ということだったので、一度飲んでみることにしました。薬は一度飲み始めると数値が下がるまで止められなくなるし、これから何十年も飲み続けることになると、将来的に肝臓にかかる負担や副作用の心配などもあるのでできればやりたくなかったのですが、いったん薬で数値を下げてから、ダイエットや水泳・ウォーキングなどの努力もしてみて、数値が良くなれば薬を止められるようにしてみようと思ってます。

で、薬を服用する最初のうちは、しばらく薬品の影響が乗務に問題ないことを確認するまでフライトができなくなります。その期間を10月末からしばらく設定することにしました。以前はこの薬を飲むと3-4ヶ月は飛べなかったんだけど、今は規定が改正されて10日ほど休んで、頸部エコー検査や負荷心電図検査を行えば乗務に復帰できるようになりました。このぐらいの期間ならさほど会社に迷惑をかけることもないので、気が楽ですね。

11月は予定も多くてもともと休みをたくさんリクエストしてたのでそのついでもあってちょうどいいかなと思います。病欠といっても体はいたって元気で生活に何の支障もあるわけじゃないですし、臨時にもらった夏休みだと思うことにします。