WBC監督選考の話。星野北京オリンピック代表監督が固辞を表明して選考が振り出しに戻った。イチローの「現役監督を除外すると言うなら本気で最強チームを作ろうとしているとは思えない」という発言に端を発して、マスコミと世論の星野バッシングが激化し星野氏が辞退する意向を表明した。ニュースをよく見ていると、選考委員の人たちや選手をはじめ野球関係者が言ってることと、マスコミや世論の言ってることにはちょっと食い違いがあるような気がするなぁ。

「WBCは北京のリベンジの場ではない」という話にしても、リベンジという言葉は選考会議で野村監督が、現役監督では難しいという王氏の意見を受けた話の流れの中で、「だったら星野にリベンジさせてやれ」という風に言ったと伝えられているだけで、星野氏が北京のリベンジをしたいといったわけでもないし、むしろ以前から「オリンピックとWBCは全く別物」と言ってきているのは星野監督の方。野村監督にしてもオリンピックとWBCを同列に見ているわけではなく、単なる言葉のあやという気がする。

「リベンジ」などという言葉でWBCを変な観点から盛り上げようと煽っているのはむしろマスコミのほうで、星野監督が続投ということになれば、世間は北京のリベンジという解釈をする、と勝手に決め付けて言葉を独り歩きさせた責任はマスコミのほうにあると思う。星野監督はちょっと気の毒だ。以前のブログにも書いたが、星野監督のチーム作り・采配は結果として失敗に終わった。代表監督としてその責任はやはり取らなければいけないが、星野監督ばかりに責任を被せるのは大きな間違いだと思う。原因は他にもたくさんある。オリンピックの反省点を生かし、さらに強い日本代表を作るという考え方自体は大筋において間違っているとは思えないし、その選択肢の中に星野続投という選択肢もあっていい。

問題はまさにイチローの言う通り、「現役監督を除外する」という方針であって、リーグを中断したり、春なら開幕を遅らせる等の措置を取ってでも、現役監督を選択肢に含め最善の選考をした上でWBCに勝ちに行く姿勢が無ければ、WBCで勝つことなど到底できない、ということだと思う。「現役監督除外」ということになれば、実質選択肢は星野続投以外にはなくなってしまうんだから。それをメジャーリーガーはじめ、青木などの北京メンバーも星野批判をしているようなニュアンスの報道は事実と違うんじゃないかな、という気がする。彼らの言ったという言葉を聞いていても。イチローや青木・川崎が星野監督をどう思っているかなんて本心は僕にはわからないけどね。

とはいえ、こういう状況になってしまった以上星野続投は無理がありすぎる。星野に代わる新監督をということであれば、「日本一になった監督」、野村・落合・原の名前が挙がっているようだ。現時点でCSに生き残っているチームは西武・巨人・中日で、ようするに西武・渡辺監督は経験実績の面から見てまだ無理、ただし日本一になったらその実績から評価し、また世間の納得が得られやすいという理由からかろうじて選択肢に残っているということだろうと思う。

僕は野村か落合がいいと思うなぁ。あえて言うなら落合。巨人ファンは落合が監督になって以来、何度と無く中日に煮え湯を飲まされている。落合のすごさは巨人ファンが一番よく知ってるんじゃないか?特に短期決戦での落合監督の選手起用の妙、中日選手の集中力の高さ、ミスの少ないソツの無い野球と勝ち方を知っているゲーム展開は敵として本当に恐ろしい。昨日のCSでも地力には勝るはずの巨人が結局落合の術中にはまり敗れた。原はチーム作り、選手育成には優れた手腕を持つ監督だと思うが、短期決戦の勝負師という面では落合に分があると思う。年齢的にも若く、これから長く日本代表を託せる可能性もある。カリスマ性では野村がやはり一番だけど年齢がね。日本野球の将来を考えるならここは落合が一番適任じゃないか。

イチロー・松坂をはじめとするメジャーリーガーたちを統率するにしても、原監督じゃちょっとなめられる気がするし。渡辺監督はそういう意味ではやはり論外。まだ荷が重過ぎる。僕の中では候補順位は落合・野村・原だな。来年のJPBリーグは2週間ぐらい遅らせればいいと思う。そうすればキャンプ等の準備にも影響は少ないでしょ。