清武氏の解任問題で内紛が取りざたされ何かとイメージの悪い年末のジャイアンツですが、次々と来季に向けて大型補強が決まっています。ホークスから今年最多勝のホールトン、横浜の4番村田に続いてホークスの左のエース杉内の入団も決まりました。外国人選手は現役メジャーリーガーから投手を獲得して、「今度こそ」の当たりの外国人選手獲得に期待が高まります。(ファンとしてはもうあまり期待していませんが…)

今年は統一球導入の影響もあって、長距離打者の多い巨人には苦しいシーズンでした。ホームランの数が激減し、得点力の大幅なダウンが最後まで影響しました。中日やソフトバンクのように打線が打てなくても点を取られない盤石の投手陣があれば、もっといい勝負ができたんでしょうが、残念ながらそこまでの成績は投手陣も残せませんでした。内海と澤村と久保は本当によく頑張ったと思いますけどね。来季は長年、打線の中心であったラミレスが横浜に移籍することになりましたが、代わりに4番打者の交換のような形で村田選手がジャイアンツに来ることになりました。村田選手も年齢的には結構高いし、横浜時代も成績にはムラがあって必ずしも活躍できるかというと確実性には疑問符が付きますが、それはラミレスが残留しても同じこと。小笠原選手も今年は長い不振と怪我もあって散々な一年でしたが、あの選手がそう何年も続けて結果を出せないままでいるということはないと思うので、来年はある程度以上はやってくれるでしょう。阿部は統一球の打ち方をジャイアンツの中では長野の次によく適応した選手と言えると思うので、来年も活躍してくれると思います。セカンドに定着した藤村がもう少し打力を上げてくれたら言うことなしなんですけどね。大田はずっと期待されながら才能が開花するところまでは行っていないのが残念です。村田の加入でチャンスは減るかもしれませんが必ず機会は来ると思うので頑張ってほしいです。

外野の争いは相変わらず熾烈ですが、ある意味これといった不動のレギュラー選手が長野以外は見当たらないと言えるのかもしれません。是非来季は松本に復活してもらいたいものです。藤村もそうですが、ああいうタイプのスピードがあって相手が嫌がるタイプの選手は原巨人には絶対必要ですから…。藤村は打率がもう一つだけど、松本の高打率が復活すれば2番でも下位打線でも貴重な戦力になります。何よりあの選手のプレイは守備も打撃も大好きなんですよね。このところずっとぱっとしませんが、高橋由伸、亀井、矢野の3人、若手の橋本も来年は開花してほしいものです。ラミレスの退団で外野が少し薄くなってますが、この中の誰かが活躍して優勝に貢献してほしいものです。新外国人を獲得して外野の層を厚くするのもいいと思うんだけど、そういう話はあるのかな?

さて、投手陣ですがホールトン、杉内の今年日本一のチームの左右両エースを取れたのは大きいですね。また巨人のわがまま補強が始まったとあちこちで悪口言われてますが、実績のあるプロ選手が相応の対価を求めて、契約できる力のある球団が契約するのは当然のことだと思います。年齢の高い実績のある選手ばかりを金にものを言わせて揃えたからと言って優勝できるわけじゃないことは、過去のジャイアンツを見ても、最近の阪神を見てもわかります。清武氏の方向性だと思いますがここ数年はジャイアンツは育成に非常に力を入れ、3軍まで創設して若手選手の育成に力を入れ毎年新人王を送り出しています。一方で清武氏の外国人補強はことごとく外れ、期待した結果を残せないばかりかチームの和を乱す選手まで現れて混乱を招きました。そのあたりの反省から、今まで通り育成にも力を入れつつ、来季の優勝を目指して効果的なFA補強と活躍できる外国人選手の獲得が不可欠です。そういう意味ではいい補強ができたのではないかと思います。

日本では「生え抜き選手」にこだわる傾向が強く、FAなどで選手を取ってくると批判する向きもありますが、FA選手ばっかり集めてもチームが強くなるわけじゃないし、「チーム作り」は毎年変わっていくもので、選手も顔が変わって新しい風が吹いて昨年停滞したチームが活力を取り戻すこともあるんじゃないかと思います。メジャーのようにその年、その年、集まった選手たちがそれぞれの持ち場で実力を発揮して優勝を目指す、それがプロ野球じゃないのかなと思います。金のあるなしで差が出ると言われるかもしれませんが、金のないチームはないチームなりに、金を出す努力もし、選手を育てる努力もしそれぞれのやり方で強いチームを目指せばよいのですから・・・。繰り返しますが金を掛けたから強くなると決まったものでもないのは歴史が証明してますからね。

さて、投手陣ですがリリーフ投手陣が今年は久保と山口に頼りっぱなしで、他の選手が中日やソフトバンクに比べると頼りなかったという点が心配です。アルバラデホなんかもいい時は力を見せてくれたけど安定感がもう一つで退団。残留予定だけどロメロはまだまだで論外。越智は怪我のせいか後半はほとんど出てこなかったし、ソフトバンクのファルケンボーグ、馬原、森福、中日の浅尾、岩瀬、小林なんかの多彩で力のあるリリーフ陣には1ランクも2ランクも見劣りがします。1年を通して負担を軽減するためにも久保と山口だけでなく、見劣りしないリリーフ陣の充実が安定した試合運びをするには必要だと思います。野間口や他の先発を外れた若手投手に頑張ってもらいたいです。ドラフトで取った若い速球派投手で中継ぎに使えるような選手が出てきてくれたらいいですね。菅野が取れなかったことがなおのこと残念ですが…。

怪我さえなければ先発は安泰で行けそうですね。ここ数年で久しぶりに安心してみていられる先発陣ができそうです。内海、澤村、杉内、ホールトン、ゴンザレス(今年後半くらいに良ければ)の5本柱に東野、西村、小野あたりがどこまで食い込めるかですか。右のエース候補と言われて久しい東野が来シーズンは先発に残れるかどうかというんだから正念場です。澤村がそれだけ素晴らしいということなんだけど、2年目のジンクスに陥らないことを祈ります。杉内の加入は投手陣への刺激という意味でも大きいんじゃないでしょうか。杉内の投げ方は独特で力を抜いた軽いフォームから伸びのある直球、切れのある変化球を投げては打者のタイミングを外します。杉内が投げる前の肩を回すしぐさ、投げる瞬間にグラブの中でボールを少し動かすしぐさはソフトバンクの投手のほとんどがやってますし、他球団でも似たしぐさをする投手が増えてますね。それだけ影響力の大きい選手なのでしょう。「残りの野球人生を掛けて移籍する」と覚悟の移籍をしてきているだけに、かつての工藤公康投手のように投手陣全体にいい刺激になってくれたらいいと思います。

来季は中日も阪神も横浜も監督が代わり、良くなるか悪くなるか読めないところもありますが、いまのところ最も劇的な戦力補強をしているジャイアンツが優勝に最も近いと思います。外国人戦力がまだ固まってないかもしれませんが、あとは原監督の手腕次第というところでしょうか。年も明けていないのに早くも来年の開幕が楽しみになってきました。