とこちゃんのひとりごと

空のお話・少林寺拳法・家族・思ったことを綴る日記です。 仕事関係のことはプライベートモードにしています。 PASSWORDを知りたい方はprofileにあるアドレスにメールしてください。

野球の話題

日本ハム優勝

今年のプロ野球はセ・リーグ広島の優勝、パ・リーグ日本ハムの優勝でリーグ戦が決まりました。今年はオリンピックもあり、錦織選手の全米オープンでの活躍もあり、野球をあんまり注目して観ていたわけではないですが、セ・リーグはつまらなく、パ・リーグは面白かったシーズンでした。セ・リーグはジャイアンツは今年の戦力や選手たちの状態でよくクライマックスシリーズ出場まで持ってきたな、という感じです。最後にベイスターズに追いつかれて2位が危ない状況にはなってますが、まあ、2位でも3位でもクライマックスシリーズで対戦するのは同じだから別にいいんでしょうけどね。菅野とマイコラスと田口ってとこかな?先発は・・・。この3人がベイスターズの強力打線に捕まったら負けって感じでしょうね。後ろのピッチャーはあまり信用できないし。坂本主将は今シーズン通してよく頑張ったし、阿部の打撃も後半になってようやく本来の姿になってきた感じはするけど、やっぱり野球はピッチャー。日本シリーズ進出はないな、というのが僕の予想です。広島は今年、打線が良く頑張りましたね。ベテランも若手もまんべんなく、突出した成績の選手はいないにしても誰かがどこかで打つ、といういい流れをずっと維持してきて、投手陣も安定した結果を残してきました。優勝から長く離れていたのに大きなゲーム差に守られて大したプレッシャーも感じさせずあっさり優勝を決めました。これがクライマックスシリーズで厳しい戦いになったときにどうなるか?勝ち上がって勢いのある横浜か巨人のどちらかに押し切る力があるかどうかですね。

一方のパ・リーグは劇的でした。プレイのレベルもものすごく高かった。絶対王者ソフトバンクの独走態勢から日本ハムの奇跡的な追い上げはすごかったですね。これも大谷とレアードさまさまかもしれません。「大谷に始まり大谷に終わる」って解説者も言ってましたがまさにスーパースター大谷の独壇場だったかもしれません。でも日本ハムの投手力を含めた総合力と勢いが無敵の15連勝や最後の大逆転を生んだんでしょうね。クライマックスシリーズでの日本ハム対ソフトバンクが楽しみです。おっと忘れちゃいけない下剋上、大逆転の千葉ロッテ。ソフトバンクも足元掬われない様にしないといけないですし、まだまだ見どころのある試合が続きますね。これでソフトバンクが勝って勢いがついたら、日本ハムといえども王者ソフトバンクの底力は簡単にしのげないでしょう。どっちにしろパ・リーグの覇者が日本シリーズで楽に勝つのは間違いないと思います。

それにしても大谷はすごい選手になりましたねー。ピッチングもバッティングも見ているだけで楽しい。わくわくします。もうダルビッシュ、田中将大の上を行く選手かもしれません。年齢もまだ若いし、早くメジャーに挑戦させてあげればメジャーでもイチローのように歴史に名を遺す選手になるかもしれませんね。日本のプロ野球には行かないと言っていた大谷を強行指名し説得して入団させた日本ハムの先見の明、育成力、様々な批判を浴びながらも二刀流を容認し結果まで出させた寛容さ、大谷をここまで成長させたのは日本ハムの球団一丸となった大谷育成体制がしっかりしていたから。このようなことができるチームが他の選手を雑に扱っているとは思えません。その結果が黄金時代と言っていいソフトバンクを抑えてのこの優勝なんでしょうね。選手、監督コーチ、育成体制、球団バックアップ、どれをとっても優勝チームにふさわしいチーム作りだったと思います。見習ってほしいけれど残念ながら巨人にはこれほどの柔軟さはないですね。恐れ入りました。

原監督退任

ジャイアンツの原監督が退任を発表しました。12年かぁ・・・長いことやってくれたんですね。巨人の監督という大任を長いことやり、大きな実績を上げた原監督の手腕は立派なものだったと思います。それ以外にもWBCの監督をやって世界一になったりもしてるしほんとにすごい人だと思います。選手としては巨人の4番打者に長く座りながら、王、長嶋と比較されては相応の結果が出せず、苦しんだ現役時代だったと思いますが、そういう経験を監督業に生かし、持ち前の明るい人柄で若い選手を引っ張りました。優しさだけでなく厳しさも併せ持っていたところが優れたところだったのではないでしょうか。作戦面でも巨人だけにいろいろ物議をかもすことはありましたが、最後まで自分のポリシーをぶれずに貫きましたね。

僕が原監督を好きなのは決して選手の悪口を言わない、評論家にならないところだったと思います。選手に対して厳しい指摘をしたり、高い要求を突きつけたりすることはあっても、それはやれると期待する選手に一層の精進を望んで課す課題であり、感情的な怒りは押さえこんで監督としての責任を負うという態度が一貫していたことが2軍に落とされても選手を腐らせず、また1軍に復帰しようという意欲を与えたのだと思います。すべては原監督の人間性のなせる業ですね。野村監督も名将だとは思うけど、選手の悪口が多いし、ぼやきも度が過ぎると若い人のやる気をなくさせてしまうと思います。いつも前向きな監督はやっぱり原さん以上の人はいないと思いますね。若いのでまだまだ監督をやってもらいたいというチームはあると思うけど、巨人以外のチームで原監督がうんと言うかどうかは微妙かな。でも何年かしたらまたユニフォームを着てほしい監督です。

原監督は王・長嶋のあとをずっと追う宿命を背負った人。選手としても監督としても。選手としては王・長嶋には及ばなかったと思うけど、監督としては王・長嶋の実績を超えたと思いますね。レジェンドの二人ほどの選手としての実績、カリスマ性がないにも関わらず、これだけの実績を上げたことは本当に素晴らしいことだと思います。心からお疲れさま、と言いたいです。

来年からの監督は高橋由伸が有力みたいだけど、どうなるかなぁ。ちょっと頼りない感じはするけど、若いしまだ現役なんだからしょうがないですね。温かい目で見守るしかなさそうです。少なくとも、江川や桑田よりはいいかも、とは思います。来年からの巨人はとにかく打線の再構成をしないととてもポストシーズンでは勝てないですね。投手も決して万全とはいえないし。フロントにも頑張ってもらいたいものです。

2014年シーズン終了

ジャイアンツの2014年シーズンは思わぬ形であっさり終わってしまいましたねー。残念です。クライマックスシリーズファイナルステージ、対阪神タイガース。1勝のアドバンテージがあり、すべて本拠地開催という圧倒的優位の条件にもかかわらず4連敗のスイープ。これだけコテンパンにやられると却ってすっきりもするというもんです。

それにしてもほんとにいいとこが一つもないシリーズでしたね。さすがに名将・原監督といえども作戦ひとつ立てようがない状態だったかもしれません。坂本、阿部、村田、長野のカルテットがほぼ完ぺきに抑えられたうえ、相手打者はクリーンアップが大活躍。これではどうしようもない。阪神のいいところばかりが見えたシリーズでした。

やっぱり菅野の負傷離脱が一番痛かったかもしれませんね。第1戦の初回、先発した内海はかつてジャイアンツのエースとして活躍した選手とはいえ、今シーズンはずっと不調で勝ち星もわずか。シーズン終盤状態が良くなってきていたとはいえ、大事な第1戦を任せるには不安がありました。そんな中、1回表に阪神の主力、鳥谷にタイムリー、ゴメスに2ランで3点を献上。これで一気にタイガースを勢いづかせてしまいました。藤浪のピッチングも見事でしたけどね。競ったゲームになればシーズン同様、中盤以降の厳しい場面になればつけ込む隙もできたと思うんだけど、点差が開いてのびのびとピッチングさせてしまいました。そうなると藤浪は若いとはいえ甲子園で数々の修羅場と大舞台を経験してきたメンタルの強い投手。そう簡単には打ち崩せなかったのもうなずけます。

それにしてもシーズンが終わってからジャイアンツは何をしてきたんでしょうね。普通は対戦相手の状態を分析して、主力打者の攻め方を研究して試合に臨むでしょ?しかも第1戦、一番いい投手を当てて主導権を取ろうとしているはず。そんな中で初回にクリーンアップに打たれて3失点じゃあ「何を準備してたの?」と言われても仕方ないんじゃないでしょうか。攻め方の意図はあったにしても、内海のボールが来てなかったということなのかもしれないけど、だからこそこういう時にきっちり投げられる菅野の離脱は痛かったと思うのです。一方で第3戦に投げた杉内は途中までいいピッチングしてましたもんね。間隔とか順番とかいろいろ内部事情はあるんだろうけど、菅野抜きの大事な第1戦は杉内のほうが良かったかもしれませんね。はい。結果論です。明らかに…。

第1戦からクリーンアップを勢いづかせて、先発投手陣を打ち崩せず、阪神の弱点と言える先発が崩れたときの中継ぎ、抑えの不安を引き出すことができませんでした。特に第2戦で岩田を打てなかったことがシリーズの流れを決定づけたような気がします。

こういう短期決戦のシリーズでは一般的にいい投手から順番に出てくるし、打者は力みがちになるし、あまり点は入らず接戦になるものなんだけど、今回は阪神はのびのびとバッティングしていました。それだけプレッシャーがかかってなかったんでしょうね。第1戦と第2戦でそういう流れを作ってしまいました。広島とのファーストステージが厳しい投手戦になったのを見ても、ああいう展開に持ち込めたらジャイアンツにも勝機があったと思うんですけどね、今回は完全にジャイアンツの自滅でした。タイガースの集中力と打線の力を讃えるしかないですね。

さて日本シリーズはタイガースが行くことになりましたが、今シーズンはメジャーリーグでもワイルドカード同士でのワールドシリーズ。今年はそういう流れなのかもしれません。ということはソフトバンクが王手をかけてるけど、パ・リーグもまだわかりませんね。いずれにせよ、タイガースは交流戦でもパ・リーグとの試合は苦手にしているはず。日ハムとソフトバンク、どちらが出てきても強力投手陣がいます。はたして阪神打線が打てるのかどうか、タイガースの本領が試されますね。これはこれで楽しみです。日本シリーズで打てなかったら、やっぱりジャイアンツの投手陣がボロボロだっただけ・・・ということになりそうです。

いよいよプロ野球開幕!

明日からいよいよプロ野球開幕ですね。甲子園もいいけれど、やっぱり野球はプロがいい。日本最高レベルの戦いが見られるのは楽しみです。昨年は死闘の末、最後の最後に楽天に屈したジャイアンツ。今年は昨年の雪辱を果たすことができるでしょうか。まずはペナントレースを制さないとポストシーズンはありませんからね。

毎年、春はちょっと弱いジャイアンツ。今年も新外国人がダメだとか、山口の故障とか、宮國が伸びてこないとか、いろいろ不安要素が囁かれています。巨大戦力に慢心することは原監督の采配のもとではないと思うんですが、野球というものは個人の能力だけではない要素がたくさん絡んでくるのでどうなるかわからないですねー。だから面白いんですが・・・。

多くの野球専門家による順位予想がなかなか当たらないのも、この野球というスポーツの戦力だけで測れない不確定要素があるからだと思います。

さて、ジャイアンツ。今年は井端を中日から、片岡を西武から獲得、さらに大竹を広島から獲得してセカンドの穴と先発投手を充実させました。若手投手のあと一歩の伸び悩みに対する保険のようなものでしょうが、杉内もこのところピリッとしないし、内海もオープン戦ボロボロだし、先発投手で信頼できそうなのは菅野のみという状態では大竹を取っておいてよかったというのが正直なところです。内野陣は井端と片岡を上手に混ぜて状態のいい選手を使っていく形で試合に臨みつつ、坂本や村田のレギュラー陣に刺激を与えていってくれたらいいと思います。原監督得意の「いい選手を使う」采配のコマが増えたという意味ではとても期待しています。

ジャイアンツの打線のキーマンは阿部であり村田ですが、阿部には打撃の負担を減らしてもらう意味で村田と坂本の活躍が重要になってきます。昨年後半から坂本はバッテイングを崩し、一方の村田は打撃開眼したようなところがあります。構えた時バットを少し下げる新しい打ち方がはまってきた村田の活躍に期待というところです。坂本の復活にも希望を持ちたいですね。外国人選手はいま時の日本の野球はレベルが高いので、相当の力がないとなかなか1年目から活躍というのは難しいと思います。その意味ではロペスの更に日本野球に順応した姿を見たいものです。

セ・リーグの他のチームで特に怖いチームというのはあまり見当たりませんね。勢いがついた時に怖いのはどこのチームも同じですが、GMとはいえ落合がチームに戻った中日、投手陣を大幅に補強したDeNAがどんなチームになったか気になるところです。DeNAが強くなってくれると面白いんですが、なかなか勝ち癖のついてないチームでしかもベテランが多いチームですから落ち込むとずるずる行きそうなんですよね。落合の非情な年棒カットと井端放出で中日の選手たちがどれだけ発奮するか、これも見どころです。いまどきの若い選手は昔の選手と違い、金にこだわりがあまりなさそうだから意外と淡々とやってそうな気もするんですけどね。だとしたら今の戦力ではあまり怖くないですね。谷繁監督の選手兼任監督も最近成功した例はないですしね。やはりベンチに監督は必要だと思います。

パ・リーグは今年もみんな強そうですね。セ・パ交流戦が怖いです。今年もセ・リーグはパ・リーグのチームに食い物にされそうですね。特にソフトバンクの戦力補強はすごい。オールスターみたいなチームになってます。メンバーがいいからと言って名前だけで勝てないのが野球だけど、144試合やればおのずと結果は出てくるよなぁ。監督の采配次第では独走もあり得ると思います。このソフトバンク独走を止めるのは楽天か、ロッテか、西武か、いやいやいつも不気味な日本ハムか・・・どのチームも力があるだけに勢いに乗ったチームが抜け出すようになりそうですね。あるいは交流戦でセ・リーグ狩りに成功したチームが抜け出すのかもしれませんが。

いずれにせよ、まずは明日からの開幕戦。注目して応援しようと思います。

日本シリーズ

日本シリーズが終わり楽天ゴールデンイーグルスの日本一が決まりました。ジャイアンツファンとしてはジャイアンツの日本一連覇が阻まれたことは残念ですが、日本シリーズでのあの悲惨な打線の調子ではこれもやむを得ないかな、と思います。むしろ今年は東北復興の意味合いからも世論が楽天応援に回っていたし、ジャイアンツファン以外は誰しも楽天が勝つことを願っていたでしょうから、これでよかったかなとも思います。でも、それでもこんな時まで勝ってと恨まれても、強いジャイアンツでいてほしいという願いはあったんだけど、なかなかそこまでの域にはなれないということなんでしょうね。

それにしても日本シリーズでの楽天の戦いぶりは見事でした。エース田中の気迫溢れる素晴らしい投球は言うまでもないですが、セカンド藤田や外野手たちの勝負所でのファインプレイ、ここぞという場面での空振りせず、ボールを強く転がす粘り強いバッティング、デッドボールを受けても打球を受けても、痛みをこらえて変わらぬプレイを見せる気迫、心技体すべてにおいて楽天が上回っていたと感じたシリーズでした。

おそらく、田中、則本、ジョーンズ、マギーを除けば選手個々の力は全体的に巨人の方が勝っていたと思います。星野監督の絶妙な采配と、選手たちの集中力、団結力、勝利への執念が最終的な勝利を呼び込んだのだろうと思いました。

ジャイアンツも打線、特に主軸がまったく調子が出ない中で、最終戦までよく持ち込みました。特に第6戦での田中攻略は見事でした。まあ、それも菅野のピッチングとロペスのエラー挽回の活躍があったからですけどね。高橋の貴重な追加点のタイムリーやリリーフ投手山口、マシソンの頑張りもありましたね。でもやっぱり阿部と坂本に活躍してもらわないと得点力は上がらないということなんでしょうね。打線は水もの、と言われますが、全体に調子が悪い時に相手投手をどう攻略していくか、調子が悪いからってくるくる空振りして三振やポップフライの山を築くのが巨人打線の悪い特徴です。相手投手の力が落ちたり、打線の調子がいい時は長打がどんどん出て爆発するけれど、好投手が出てくる大きな試合ではなかなか点が取れないのはチームの相手投手や捕手に対する分析力不足なのか、打者の指示徹底不足なのかわかりませんが、同じパターン、同じ投手にやられ過ぎという気はします。第6戦だってロペスに投じた田中の勝負球のスプリットが高く抜けなければ間違いなく三振してた展開でしたもんね。まあ、1球の失投を見事にホームランしたロペスの集中力は素晴らしかったですが。

ジャイアンツにはまた来年、打線の粘り強さを鍛えて日本一奪回に挑んでほしいと思います。

海の向こうではレッドソックスがワールドシリーズを制覇し、上原が時の人となりました。上原投手は大阪出身かつ元巨人のエースでずっと応援してた選手だけに「よかったなー」という思いでいっぱいです。レンジャース時代はポストシーズンで3戦連続ホームランを打たれたり、ダルビッシュが注目される陰に隠れて悔しい思いをしたり、大変な時代を過ごしそれでも努力を欠かさず雑草魂でレッドソックスで自分の地位を築きました。もちろん上原の特性を見抜き復活させた監督、コーチの力量は優れていたにしても、上原のたゆまぬ努力なしにはこの栄光は得られなかっただろうと思います。

中継ぎで活躍した田沢投手もよく頑張りましたね。日本のプロ野球を経験せずメジャーに入り若いながらにこれほどの活躍ができるとは大したものだと思います。上原はあと何年やれるかわからない歳ですが、田沢はまだまだ先があり、将来がますます楽しみな選手ですね。怪我をしないよう活躍してほしいと思います。

今年の野球はこれですべて終了。いい試合、いい結果が多いシーズンでした。来年も今年のようなドラマティックなシーズンになってくれたらいいなと思います。

WBC2次ラウンド

今回のWBCは残念ながら仕事で海外にいるため2次ラウンドの生中継は観られないのです…。しかし、ニュースで見ているとホントに素晴らしい試合をしているみたいですね。

 

2次ラウンド1回戦、台湾戦は手に汗握る死闘。92アウト絶体絶命の状況から井端の起死回生の同点タイムリー。そして延長戦での坂本の送りバント、そして中田の決勝犠牲フライ。大熱戦を制しました。過去、国際大会において負けなしの台湾戦。相性のいい相手とはいえ、今回の台湾チームは一味違ったようです。日本ハムの陽岱鋼をトップバッターとして集中力のある打線、元ヤンキースの王建民を中心とした投手陣も力がありました。韓国のように勝った後相手国を侮辱するような行為をするどころか、負けた後でも観客席に対して一礼をするなど、高校野球のように負けてなお爽やかな気持ちのいいチームでした。陽岱鋼選手が帰ってきたら心から台湾チームの健闘を称えたいですね。この大接戦の翌日強豪キューバと敗者復活戦で当たるという不運に見舞われ、力尽きたように大敗してWBCから去ることになってしまったのは本当に残念です。できることならキューバを倒して日本と台湾で米国に乗り込みたかったですね。

 

さて、勝てば決勝ラウンド進出が決まる今日のオランダ戦。ニュースで見るところまだ試合中ですが7−0と大量リード。山本監督の1番鳥谷2番井端のオーダーが見事に当たったようで、鳥谷の先頭打者ホームラン。内川・稲葉のホームランと打線がようやく本領を発揮したみたいです。前田健太は相変わらず安定したピッチングを続けているようで、後続にもいいピッチャーはたくさん残っているので勝利はまず間違いないでしょう。とか言ってるうちに糸井にもホームラン!なんと10-0。ホント野球って恐ろしいねぇ。ここまでの実力差はないはずだけど、勢いの差とちょっとしたピッチャーの調子、リズムの狂いがこれほどの選手たちの集まりになると大量点差になってしまうんだね。この2試合はビデオに撮っておけばよかった・・・。

 

今回の侍JAPAN。実はひそかに期待してました。ダルビッシュやイチローなどメジャーリーガーたちは一切入っていない純国内組チーム。サッカーならどうしてもレベルの差が出るんだろうけど、野球の場合はチームワークが大きくものを言うスポーツ。前回までよりも更にまとまりのあるチームが作れれば、想像以上の力を出してくれるのではないかと期待していました。今日の試合はまさにそんな感じですね。鳥谷選手素晴らしい。さすが!

 

鳥谷選手は我がジャイアンツのライバル阪神タイガースの言わずと知れた主力打者ですが、天敵・能見投手と同じくポーカーフェイスで淡々と結果を残す、敵に回せば嫌な相手です。特に嫌なのが絶対にボール球は振らないというくらい、ずば抜けた選球眼。ピッチャーはストライクで勝負しない限り、追い込んでもボールになる変化球には一切手を出してくれません。吊り球もしかり。ツーナッシングに追い込んでから決め球をことごとく見逃され何度フォアボールで出塁されていらいらさせられたか…かといって甘い球でストライクを取りに行くと長打を食らうし、特に内角の球にめっぽう強い。ベースに接近してのオープンスタンスの打撃フォームは近い内角は打てないだろうと思いきや見事なライナーを弾き返されます。調子の波があるのが玉に傷で、甘い球でもバットの芯に当たらなくなる時期が年に数回は来るんですが、彼の調子が悪い時はほっとさせてもらえたものでした。WBCではここまでいいヒットがなく、まだ調子が上がってない段階なのかな、と思ってたらこの大一番で見事本来の実力を発揮してくれましたねー。この調子はWBC終了までは維持して、是非シーズン開幕ぐらいに終わってほしいものです…。鳥谷コワイ…by ジャイアンツファン

ジャイアンツ日本一!

ジャイアンツ、日本一おめでとう!ついにやりましたね。残念ながら仕事で海外に出ているため日本シリーズ第6戦は観られなかったんですが、またあとでYou Tubeなんかでたくさん出てくるであろう試合の様子をじっくり見たいと思います。 それにしても札幌で連敗した時はハラハラしましたが、第5戦を取れたのは大きかったですね。「東京でひとつ勝てばいい」ではなく阿部の負傷を押しての強行出場にも見えるように「一戦必勝」を期して勝負に臨んだ姿勢がこの勝利につながったんじゃないかと思います。第6戦も中田の同点3ランなどが出て厳しい試合でしたもんねー。でも最後はやはり阿部、そして山口でした。さすが千両役者!

たくさん節目のあった日本シリーズでしたがその一つが第5戦、加藤選手の「当たったふり」誤審問題でした。これによって日本ハム・多田野投手が危険球退場となり試合の流れが変わったということがありました。ネットなどでは随分加藤本人やジャイアンツに対して批判が起きているようですが、僕はこれもまた野球。阿部の負傷欠場という緊急事態に大舞台の出番が回ってきた加藤選手にしてみれば、どんなことをしてでも次につなぎたかったのであろうと思います。悪意があってのことではないと思うので、出塁するために必死だった加藤選手の行動を批判する気にはなれません。

野球は審判の判定はホームランのビデオ判定という例外を認めてはいるものの、基本的には審判の誤審も含めて審判の裁定に従い、規律を保つという基本方針は歴史的にもずっとあるわけですから…。 「人間」がやるからこそ、ミスがあり、試合の流れがあり、ヒーローが出てドラマが生まれるわけです。プロに比べればレベルの低い高校野球の人気の秘密もそこにありますよね。藤村のエラーの後の飯山のサヨナラヒット、追いつめられた中での中田の起死回生同点3ラン、勝負を決めた阿部の決勝タイムリー、どのドラマもやはりプレイしている選手たちに様々な影響を与えた試合の流れの結果だと思うのです。審判もまた人間、肉眼の限界もあり常に完璧な判定はそもそも無理です。それを承知の上で通常の判定にビデオ判定を使わず、審判の眼に任せるというのは、審判のミスもまた野球の一部であるということだと思います。「野球」はだからこそ面白いんじゃないでしょうか。「そういう面白さはいらない」というファンもいるでしょうけどね。まあ確かに、これが日本ハムファンの立場だったら納得いかないのは当然だと思います。それにしても、誤審と大量得点差にも腐らず最後まで全力プレイを続けたファイターズの選手たちの態度は立派だったと思います。

原監督も今年は特に、波乱万丈のシーズンでしたね。開幕直後の打線絶不調から最下位転落、愛人の恐喝から1億円支払い疑惑(本当だったわけですが…)、交流戦優勝、そしてレギュラーシーズン独走優勝、CSの3連敗からの大逆転・・・。原さんの劇的人生を象徴するような1年でした。そんな中で迎えた日本シリーズ、日本ハムとの相性の良さが幸いしたとはいえ、原監督の我慢の采配、適材適所の選手起用、信頼の采配が功を奏したように見えました。若手とベテランがうまく融合し、栗山監督の極めて知性的な選手起用で全般にレベルの高いパ・リーグを制し、日本シリーズに上がってきたファイターズの力は決してジャイアンツに劣るものではなかったと思いますが、ここ一番の団結力がわずかにジャイアンツが上回ったということでしょうか。

CSを4連勝でスイープしすんなり上がってきたファイターズと、大逆転の修羅場をくぐって間をおかずに日本シリーズに臨んだジャイアンツの勢いの差がジャイアンツを後押ししたように思います。いろいろありましたが、来年もぜひ原監督にはジャイアンツの指揮を取ってもらい、黄金時代を再来させてほしいと思います。

東野がトレードでオリックスに行き、代わりに中継ぎの香月投手が来るというニュースも流れ、来年はついに期待の菅野投手が入ってきます。来年の話はまた来年のシーズンが始まる前に考えるとしても、楽しみなニュースがすでに続々と入ってきています。内海・杉内・澤村・菅野・宮國・小山といった先発投手陣に田原・高木京介など続々と名乗りを上げる若手主体の投手陣は勝っても負けても観るのが楽しみです。来年も楽しみはたくさんありますが、とりあえず日本シリーズ優勝、おめでとう。お疲れ様でした。

原監督のスキャンダル・・・

原監督、退任しちゃうのかなぁ・・・。ジャイアンツは交流戦優勝、いよいよ勢いに乗って中日との一騎打ちというときにまたしても大きなスキャンダルが出てきてしまいました。

1988年なんて今から24年も前。遥か昔の血気盛んな現役時代、若い頃にした女遊びのことをネタにしての脅迫。強請られたのは2006年のことでその時でも18年も前の出来事。一笑に付してしまえばよかったのにと思うんだけど、監督2期目の就任直後、しかも他のコーチの名前まで挙がっているとなるとそうはいかなかったと原監督はメッセージで述べていますね。わからないではありませんが、脅迫に屈して1億円もの大金を払ってしまったことは、やはり保身のために隠ぺいすることを優先したと思われても仕方ないかもしれません。犯人は元暴力団関係者と報道されていますが、球団の説明では警察から暴力団関係者ではないとの説明を受けたと言っています。暴力団に1億円ものお金を渡したのであれば、如何なる理由であれこれは許されないことですが、球界関係者と認識していたというのであれば・・・うーん、どうなのかなぁ。


当時の原監督の苦悩や2009年に発覚後の球団首脳の逡巡は理解できる部分もありますが、やはり最初に1億円は渡すべきじゃなかったんじゃないか、という気がします。

「紳士たれ」のスローガンのもと、スキャンダルには他球団よりはるかに厳しいジャイアンツ。以前は不倫スキャンダルを暴かれた二岡選手を日本ハムに放出したり、吉村コーチを解任したり、ほぼ例外なく厳しい対応を取ってきました。原監督にはそういう球団の性格は重々承知のことだっただけに、余計些細なことでも発覚させたくなかったのかもしれませんね。犯人側もそこに付け込んだ脅迫だったのでしょう。今までのジャイアンツの対応からすれば、原監督の来年以降の残留は厳しいかもしれませんが、ファンとしては残ってほしいです。

一方で契約金超過の問題や今回の原監督のスキャンダルはいずれも週刊誌など情報ソースのはっきりしないメディアから暴露されています。暴露された内容からトップにいた人間以外知ることのできない内容が含まれているらしく、読売球団は情報源に元球団代表の清武氏が関与しているとして発表しており、原監督も清武氏へのメッセージを発表しています。今回の件は『原監督の問題を球団が初めて把握した2009年に詳細な記録を作成。球団の機密事項である記録を持っていたのは同社長、当時の清武代表、当時の原沢副代表(現球団代表)、当時の法務担当者の4人だけだった。』そうです。清武氏側は反論していますが、今年の春から続く巨人の連続スキャンダルは異常というほかなく、どれも大きなネタばかりで清武氏以外に考えられないとする球団の発表には一定の説得力があります。証拠もないのに犯人扱いしていいのかどうかはわかりませんが、相当な確信がないとここまで名指しで批判はできないような気もします。

まだ断定するのは早いと思いますが、個人的怨恨から球団やペナントレース中の選手・監督に大きな迷惑をかけるこのような暴露行為を行ったとすれば、清武氏にはがっかりですね。

交流戦半分終了と越智投手

さて、プロ野球は交流戦が始まって今日で全チームとの対戦が終わり半分の日程が終了しました。交流戦に入る前のチームの勢いがそのまま出ているような結果になってきていますね。

悪夢の4月を借金まみれで終え、交流戦前にようやく復活の兆しを見せていた我らがジャイアンツは交流戦に入ってからさらに勢いをつけ、なんと10連勝!ロッテ成瀬に連勝こそ止められたものの、昨日は杉内のノーヒットノーラン、今日は内海の好投と高橋のホームランで快勝。10勝2敗の好成績で交流戦首位を走っています。泥沼の借金生活だったのがいつの間にやら貯金8。笑いが止まらない巨人ファンですが喜んでばかりもいられない。まだまだ油断はできないですよね。

今年の交流戦は日本ハム栗山監督が(勝っても勝ってもパ・リーグの順位は上がらないから)「トーナメントのつもりで戦う」とコメントしていたように、パ・リーグのチームが勝つのは当たり前、セ・リーグのチームがどれだけ勝ちを残せるか、が勝負だと見られていました。ところが半分が終了した今日現在、首位は巨人、2位は中日と1・2位をセ・リーグが取っています。史上初のセ・リーグのチームの優勝があるかが注目されます。ただしこの2チームを除くと3位から7位はやはりパ・リーグのチームばかり。昨年圧倒的な成績で優勝したソフトバンクは出遅れていますが、それ以外下位はセ・リーグが相変わらず独占状態です。阪神もヤクルトもボロボロですね。巨人・中日の頑張りとソフトバンクの失速が予想外、あとは予想通りというところでしょうか。

巨人があれだけ派手な連勝を続けているにもかかわらず、中日は落ちてこないですねー。落合監督の遺産は今も健在、高木監督もよく頑張っているというところでしょうか。今日もオリックスにリードされながらしぶとく引き分けに持ち込んでいるし、個人成績に出ないチーム力の強さははっきりと表れていると思います。一方の巨人は投手陣の防御率がすごくて交流戦では1.3台。2点取られてないんだもんね。そりゃ強いわ。打線は坂本・阿部・長野が頑張ってて、最近は高橋も上がってきてるし、村田、ボウカーも良くなってきてる。エドガーも加入して層が厚くなってきたしチームがいい流れで回ってきています。ただし、いいピッチャーが出てきたときに1点を取る野球がきっちりできるかというと、これはまだまだ中日の足元にも及ばない気がする。そのうち打線の調子は下降するだろうし、そうなったときに投手陣を見殺しにするんじゃなく、せめて2点ぐらいは取ってあげて勝負できるようにしてあげなきゃ、投手が疲れてくる夏場以降苦しくなって中日やヤクルトの粘りに屈するのが目に見えてるから接戦をものにできる試合を増やしていってほしいものです。

まずは巨人には交流戦優勝を目指して頑張ってほしいです。投手陣の安定感があるチームはやはり見ていて不安が少ないですね。巨人にホームランが増えてきているのもいい兆しだと思っています。統一球の呪縛から少しずつ解き放たれてきているといいですね。


ところで越智投手の病気、心配です。関連記事はこちら。(http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/30/kiji/K20120530003360480.html)巨人のリリーフ、風神雷神コンビの一人・越智投手は今シーズン最初から調子が上がらず、2軍落ちしていましたがやはり体調の悪さがシーズン前からあったのではないでしょうか。足に痺れがあったり力が入らなくなる「黄色靱帯骨化症」という厚労省指定の難病だそうで重態化すると歩行さえも困難になることがある大変な病気だそうです。報道によると過去にもプロ野球選手で二人、同じ病気にかかった選手がいるそうですが、一人はそのまま引退。もう一人は手術して翌年復帰したものの好成績は残せずやはり翌年末に引退したそうです。プロスポーツ選手としては致命的な大変な病気なんですね。越智投手の素晴らしい伸びのあるストレートと落差のあるフォークをもう一度見たい。厳しい闘病生活になるでしょうが、是非帰ってきてもらいたいと思います。応援しています。

初ホームラン!

プロ野球で我らがジャイアンツはようやく昨日、村田に今シーズンチーム初ホームランが出ました。これで呪縛が解けて貧打は貧打なりに普通に点が取れるチームになってくれたらいいんだけど…。10試合を消化してようやく3勝…借金4.普通最下位だろ、と思うんだけど更に下には下がいるセ・リーグの悲しさ。未だ2勝しかしていないDeNAが定位置をがっちり守ってくれています。中畑監督もようやくユニフォームが着られたのに大変ですね。

それにしても巨人もDeNAも打線がひどすぎますねー。打てないときは小技もうまくいかないものみたいで、バントだのエンドランだのをやろうとしても、打ててないときの作戦ってやっぱりうまくいかないものなんだね。野球というのは想像以上に精神面の影響の大きいスポーツなんだなと思います。打てないからって高校野球みたいな作戦で行ってもうまく行くもんじゃないってことが昨日の寺内のバント失敗なんかを見ててもよくわかりました。ノーアウト2塁でランナーは俊足の鈴木。タッチプレイでさほどいいバントじゃなくても転がせばほぼ成功する場面。上げることだけ気をつけてればいいのにそこで初球を簡単に上げてしまってバント失敗…。バッティングでも結果を出せていない寺内くんにはプレッシャーがあったんでしょうね。坂本がヒットで返してくれて本当に良かった。あのまま0点だったら逆転された可能性もありましたね。最終的には村田のホームランも出ていい終り方でしたがひやひやでした。今日の相手は吉見。あっさり完封されそうで怖いです。いやマジで…。

メジャーではダルビッシュが満を持してのデビュー戦。いきなりイチローの洗礼を浴びて初回の4失点には驚きました。やっぱり彼も人間なんですね。日本なら2回で5失点もすればさっさと代えてしまうところだけど、試合数の多いメジャーでは先発投手はそう簡単には降ろさない。そのおかげで6回ツーアウトまで粘って、レンジャースの驚異的な打線が4ホームラン11得点と大爆発してくれたおかげで勝利投手。ジャイアンツファンからするとうらやましい限りです。同じ打たれても、自分が打たれた結果チームが負けるのと、打たれてもチームが勝ってくれるのとでは、次に向かう気持ちやプレッシャーが大きく違うと思うから、まさに「打線が投手を育てる」チーム。さすがは強豪レンジャースです。ダルビッシュは必ず逆襲してくれると思うし、全盛時代の日本ハム以上に頼もしい、安心して投げられるチームに入ったなと思います。ストレートと変化球のコンビネーションとか、ボールの質自体もまだまだ彼の中では修正点があるだろうし、本来のピッチングには程遠い内容だっただろうから、次はどう修正してくるか次の登板が楽しみです。

で、レンジャースの驚異的なバッティングを見た後で日本のプロ野球を見てみると、なんとバッターのレベルが低いんだろうと思いますね。甘い球の打ち損じが多い、ボール球を振ることが多い(特に巨人の話ですが…)。1試合でバットの芯にボールが当たることがホントに少ない。ボテボテゴロ、ポップフライ、三振の多さが不思議なくらいです。ボールが変わったからと言って大きさが変わったわけじゃないんだから、ミートする技術は同じでしょうと思うんだけど、バッターがみんな本来のバッティングを崩してしまっているように見えますね。一昨年まではホームランだった当たりが今はほとんど外野フライになる。だからミート中心のライナー性の打球が打てるようなバッテイングに変えようとして自分のバッティング自体をおかしくしてしまっているのかな、という気がします。

坂本なんかはもともとボールを高く打ち上げるホームランバッターだし、小笠原や高橋由伸も何でもできる技術のあるバッターだったはずなのに、去年からずっとおかしいまんまですね。バットに芯にボールが当たる確率が明らかに下がっている。年齢のせいかなー、そんなに衰えたようには思えないんですけどね。今年は巨人に限らず日本プロ野球全体が完全な投高打低になっています。ホームランの数もそうだし、打率もそう。5点以上のビッグイニングなんて記録は確認してませんが見た覚えがないです。完封試合の多いこと、多いこと…。ボールが変わる前は完封なんて年に10数人しか達成できないすごいことだったのに、今や各チームのエース級はちょっと打線の弱いチームならすぐに完封できてしまうようになりました。DeNAなんて前田健太にノーヒットノーランやられてたもんね。

つまり今シーズン勝つためには、投手陣の粘り強いピッチングで最少失点に抑えること、先発・リリーフ・抑えの投手力のバランス、チャンスに点が取れる勝負強い打線と機動力の使い方あたりがカギになってくるんでしょうね。ある意味、監督の采配や雰囲気作り次第ということなのかもしれません。5点も取られたらまず逆転は無理。ロースコアの1点勝負の試合が続くと思いますが、投手陣には打ってくれなくても腐らず0点を積み重ねていってもらいたいと思いますし、打者陣にはホームランよりもどれだけ高確率にミートできるか、小技をきっちりこなすことを考えて1点を取る野球に徹してほしいと思います。応援する方も我慢に我慢を重ねて応援しなきゃいけないな。

サッカーと野球・雑感

今日はいよいよ女子サッカーアルガルベカップの決勝戦ですね。相手はアメリカと並ぶ強豪のドイツ。簡単に勝てる相手ではありませんが、今のなでしこジャパンならやってくれるんじゃないかと期待が高まります。それにしても一昨日のアメリカ戦の歴史的な初勝利はお見事でした。エースの澤を体調不良のために欠いていても、他のメンバーがそれぞれの実力を発揮し、「スピルバーグ則夫」こと佐々木監督の戦略と期待に完璧な結果を出しました。ほんとに強くなりましたね。素晴らしかったです。今のなでしこジャパンについて、とても共感できる記事を書いているブログを見つけました。(http://news.livedoor.com/article/detail/6344531/

ワールドカップ優勝の自信があれだけ実力差のあったアメリカ・ドイツとの差を一気に埋めてしまった。このアメリカ戦勝利は決して運だけではない、という記事でした。女子サッカーに生まれた初めての「技巧派」チャンピオン。この日本サッカーが世界に与えた衝撃は決して小さなものではないはずだ、という意見はアメリカの監督や選手のインタビューを聞いても頷けるものがあります。残念ながら澤選手は決勝にも出場は難しいようですが、ロンドンオリンピックに向けての今回のアルガルベカップでの優勝は非常に価値のあるものとなるはずなので、是非優勝というタイトルを取ってきてもらいたいものです。

一方の男子代表ザックジャパン。ワールドカップ3次予選最後の試合となるウズベキスタン戦ではホーム、最終予選進出決定済み、相手は主力選手のほとんどが欠場という楽勝条件であったにもかかわらず、0-1で敗れてしまいました。原因はヨーロッパからの移動組が強行スケジュールでコンディション不良だったことや、チームで練習する時間がほとんど取れなかったことによる準備不足だったようです。相手国のウズベキスタンは主力メンバーがいないとはいえ、十分な準備をしてモチベーション高く挑んできたため、とてもいいサッカーをしていました。試合をする前から負けていたと言ってもいいかもしれませんね。

とはいえ、2位通過でも最終予選には無事進出。アジアにおいては相手が誰であれ本来の力を発揮すれば勝てるはずの日本代表ならば2位通過自体はそんなに深刻に考えるほどの問題ではないんじゃないかと思います。むしろ2連敗で3次予選を終える結果になり、代表選手たちの危機感を高める結果になったことはむしろ最終予選に向けて気持ちを引き締める意味ではいい結果に繋げてくれることを期待するのみです。

ヨーロッパにもどった香川やハーフナー・マイク、宮市、吉田などは各チームでさっそく活躍していい状態を維持しているみたいだし、本田も復活してきているようだから、最終予選が始まれば再び本来のザックジャパンの活躍が見られるものと期待しています。長友の状態があまり良くなさそうなのはちょっと心配ですけどね…。

香川・ハーフナー・マイク・李・宮市・本田といった攻撃的プレイヤーにいい選手が増えてきたのが、今の日本代表はとても頼もしいです。以前は守備にはいい選手がたくさんいたし、中盤も中田や中村俊介のような世界に通用する選手がいたんだけど、なにせ得点に絡める攻撃的な選手でいい選手が日本代表には圧倒的に少なかった。守って守って、最後に一点取るというのが日本代表が勝てる唯一のスタイル(いわゆる弱者の戦術)のようになっていたのが、今はいろんな攻撃のバリエーションを組み立てられるようになってきて、高さのハーフナー、スピードの宮市、技術の李、そして得意のセットプレイと強い相手にも守りを固める相手にもそれなりに闘える力が付いてきています。多くの代表選手が海外でプレイするようになってコンディション調整が難しく、今回のようにころっと負けることはあっても、日本サッカーの地力が上がってきたと感じられる部分は多いので、選手のコンディションと代表に召集された時のコンビネーションさえきちんと準備できれば、「何かやってくれる」パフォーマンスは備わってきてると思うので最終予選では頑張ってほしいものです。もし最終予選で再度ウズベキスタンと当たることがあれば今度はこうはいかないぞ、と見返してやりたいものですね。

サッカーの話題はこの辺にして次は野球。我がジャイアンツは開幕に向けて投手陣の準備は万端のようですね。今年は充実した先発陣の力が際立っていて、杉内、ホールトンの加入の影響は他の先発投手陣にもいい刺激を与えているようです。「試合が作れる」投手がたくさんいることは今シーズンのジャイアンツの闘い方を安定したものにしてくれると思うので「今年こそは優勝」の期待が高まります。新人の宮國投手の活躍も予想外の収穫でしたね。是非、ペナントレース本番でも使っていってもらいたいものです。

一方の打撃陣は相変わらず心配です。オープン戦の成績がなんせひどい。ほとんど点が取れてないし、西武には主力投手陣が出てきたとはいえ2試合連続完封。昨年同様、勝負どころで打てない病が今年も出そうな予感がします。新外国人のボウカーはいい感じで使えそうな感じがします。村田も好調を維持しているし、坂本や小笠原は今はもう一つですがシーズンが始まれば集中力を高めて結果を出してくれるんじゃないかと期待しています。ただねー。期待してた大田は全然ダメだし、松本ももう一つ。坂本、大田、松本、藤村のような若手が躍動してくれなきゃ優勝は厳しいと思うんだけど、そこが心配ではあります。投手陣が安定することで打線にもいい効果が表れてくれることを願うのみです。開幕戦はヤクルト。義範・館山・石川など主力投手陣のしっかりしたヤクルトはなかなか打てそうにないから、今年も胃の痛い投手戦が続くのかと思うと観るのも大変ですね。

海外ではダルビッシュの活躍が本当に楽しみです。間違いなく通用するはずだと思うんだけど、メジャー最強球団に入って名監督ワシントンのもとダルビッシュがどれだけ本来の力を発揮できるか、最近低迷しつつあった日本人選手の低評価を覆す大活躍を期待したいです。イチロー・松井以来ですね。こんなに期待感が高まるのは・・・。レンジャースの開幕も楽しみです。

ボウカー外野手獲得

ジャイアンツは昨季大リーグのパイレーツとフィリーズでプレイしたジョン・ボウカー外野手(28)を獲得したと発表しました。ボウカー外野手は身長188cm86kgの大型外野手で左投げ左打ち。大リーグでは3年間で240試合に出場し、打率.232、17本塁打の選手です。どんな選手なのか見るのが楽しみですが、最近信頼を欠いているスカウト陣だけに結果が出せるのかどうか…日本の野球にどれだけ早く適応できるかどうかがカギですね。まだ20代と若いだけに化けることもあるかなと期待しています。

これで概ね2012年のジャイアンツの陣容が整ったように思います。投手陣は中継ぎに若干の不安があるものの顔触れはほぼ万全。野手陣はほぼレギュラーと考えられるのが阿部、小笠原、藤村、坂本、村田、控えに古城、寺内、大田、脇谷、そしてロッテから獲得した高口。外野はレギュラー確定は長野くらいであとは高橋、亀井、矢野、谷、松本、橋本そしてボウカーの争いになるでしょうね。やはり期待するのは松本と矢野の復活、大田、橋本の覚醒でしょうか。ロッテにお返ししたサブロー選手の代わりにもらった高口という選手も、守備には定評があり内野はどこでも守れるユーティリティープレイヤーで、右の長打力がある打者ということで、左投手対策に是非活躍してほしい選手でもあります。サブロー選手は素晴らしい選手なのにジャイアンツでは出場機会が少なく本来の力を発揮できていなかったのが残念な状況でしたが、古巣に帰ってまた活躍するでしょう。高口選手には新天地で力を発揮してくれたらいい交換になるので是非頑張ってもらいたいです。

今年の課題はまずは攻撃力。まだまだ統一球に適応しきれない打者が多い中で、どうやって点を取っていくのか。その対策をきちっと立てて勝負強い野球を目指していかないといかにいい選手がいるとは言え、本来の成績が残せなければ勝てないと思います。原監督にも個々の力で勝つのではなく、打線のつながりを重視した打順や選手起用を望みたいです。状態の悪い選手は無理に使わず全員で戦うようなスタイルで行ってほしいですね。まあ、見極めが難しいんだろうと思うけど…。今年は「育てながら勝つ」ではなく、「何が何でも勝つ」スタイルで臨んでいると思うので期待したいです。今年駄目だとほんと原監督も首が危ないもんね。

これから本格的なキャンプが始まりますが、手を抜くことなく練習して怪我の無いようシーズンを迎えてほしいものです。

杉内投手入団!

清武氏の解任問題で内紛が取りざたされ何かとイメージの悪い年末のジャイアンツですが、次々と来季に向けて大型補強が決まっています。ホークスから今年最多勝のホールトン、横浜の4番村田に続いてホークスの左のエース杉内の入団も決まりました。外国人選手は現役メジャーリーガーから投手を獲得して、「今度こそ」の当たりの外国人選手獲得に期待が高まります。(ファンとしてはもうあまり期待していませんが…)

今年は統一球導入の影響もあって、長距離打者の多い巨人には苦しいシーズンでした。ホームランの数が激減し、得点力の大幅なダウンが最後まで影響しました。中日やソフトバンクのように打線が打てなくても点を取られない盤石の投手陣があれば、もっといい勝負ができたんでしょうが、残念ながらそこまでの成績は投手陣も残せませんでした。内海と澤村と久保は本当によく頑張ったと思いますけどね。来季は長年、打線の中心であったラミレスが横浜に移籍することになりましたが、代わりに4番打者の交換のような形で村田選手がジャイアンツに来ることになりました。村田選手も年齢的には結構高いし、横浜時代も成績にはムラがあって必ずしも活躍できるかというと確実性には疑問符が付きますが、それはラミレスが残留しても同じこと。小笠原選手も今年は長い不振と怪我もあって散々な一年でしたが、あの選手がそう何年も続けて結果を出せないままでいるということはないと思うので、来年はある程度以上はやってくれるでしょう。阿部は統一球の打ち方をジャイアンツの中では長野の次によく適応した選手と言えると思うので、来年も活躍してくれると思います。セカンドに定着した藤村がもう少し打力を上げてくれたら言うことなしなんですけどね。大田はずっと期待されながら才能が開花するところまでは行っていないのが残念です。村田の加入でチャンスは減るかもしれませんが必ず機会は来ると思うので頑張ってほしいです。

外野の争いは相変わらず熾烈ですが、ある意味これといった不動のレギュラー選手が長野以外は見当たらないと言えるのかもしれません。是非来季は松本に復活してもらいたいものです。藤村もそうですが、ああいうタイプのスピードがあって相手が嫌がるタイプの選手は原巨人には絶対必要ですから…。藤村は打率がもう一つだけど、松本の高打率が復活すれば2番でも下位打線でも貴重な戦力になります。何よりあの選手のプレイは守備も打撃も大好きなんですよね。このところずっとぱっとしませんが、高橋由伸、亀井、矢野の3人、若手の橋本も来年は開花してほしいものです。ラミレスの退団で外野が少し薄くなってますが、この中の誰かが活躍して優勝に貢献してほしいものです。新外国人を獲得して外野の層を厚くするのもいいと思うんだけど、そういう話はあるのかな?

さて、投手陣ですがホールトン、杉内の今年日本一のチームの左右両エースを取れたのは大きいですね。また巨人のわがまま補強が始まったとあちこちで悪口言われてますが、実績のあるプロ選手が相応の対価を求めて、契約できる力のある球団が契約するのは当然のことだと思います。年齢の高い実績のある選手ばかりを金にものを言わせて揃えたからと言って優勝できるわけじゃないことは、過去のジャイアンツを見ても、最近の阪神を見てもわかります。清武氏の方向性だと思いますがここ数年はジャイアンツは育成に非常に力を入れ、3軍まで創設して若手選手の育成に力を入れ毎年新人王を送り出しています。一方で清武氏の外国人補強はことごとく外れ、期待した結果を残せないばかりかチームの和を乱す選手まで現れて混乱を招きました。そのあたりの反省から、今まで通り育成にも力を入れつつ、来季の優勝を目指して効果的なFA補強と活躍できる外国人選手の獲得が不可欠です。そういう意味ではいい補強ができたのではないかと思います。

日本では「生え抜き選手」にこだわる傾向が強く、FAなどで選手を取ってくると批判する向きもありますが、FA選手ばっかり集めてもチームが強くなるわけじゃないし、「チーム作り」は毎年変わっていくもので、選手も顔が変わって新しい風が吹いて昨年停滞したチームが活力を取り戻すこともあるんじゃないかと思います。メジャーのようにその年、その年、集まった選手たちがそれぞれの持ち場で実力を発揮して優勝を目指す、それがプロ野球じゃないのかなと思います。金のあるなしで差が出ると言われるかもしれませんが、金のないチームはないチームなりに、金を出す努力もし、選手を育てる努力もしそれぞれのやり方で強いチームを目指せばよいのですから・・・。繰り返しますが金を掛けたから強くなると決まったものでもないのは歴史が証明してますからね。

さて、投手陣ですがリリーフ投手陣が今年は久保と山口に頼りっぱなしで、他の選手が中日やソフトバンクに比べると頼りなかったという点が心配です。アルバラデホなんかもいい時は力を見せてくれたけど安定感がもう一つで退団。残留予定だけどロメロはまだまだで論外。越智は怪我のせいか後半はほとんど出てこなかったし、ソフトバンクのファルケンボーグ、馬原、森福、中日の浅尾、岩瀬、小林なんかの多彩で力のあるリリーフ陣には1ランクも2ランクも見劣りがします。1年を通して負担を軽減するためにも久保と山口だけでなく、見劣りしないリリーフ陣の充実が安定した試合運びをするには必要だと思います。野間口や他の先発を外れた若手投手に頑張ってもらいたいです。ドラフトで取った若い速球派投手で中継ぎに使えるような選手が出てきてくれたらいいですね。菅野が取れなかったことがなおのこと残念ですが…。

怪我さえなければ先発は安泰で行けそうですね。ここ数年で久しぶりに安心してみていられる先発陣ができそうです。内海、澤村、杉内、ホールトン、ゴンザレス(今年後半くらいに良ければ)の5本柱に東野、西村、小野あたりがどこまで食い込めるかですか。右のエース候補と言われて久しい東野が来シーズンは先発に残れるかどうかというんだから正念場です。澤村がそれだけ素晴らしいということなんだけど、2年目のジンクスに陥らないことを祈ります。杉内の加入は投手陣への刺激という意味でも大きいんじゃないでしょうか。杉内の投げ方は独特で力を抜いた軽いフォームから伸びのある直球、切れのある変化球を投げては打者のタイミングを外します。杉内が投げる前の肩を回すしぐさ、投げる瞬間にグラブの中でボールを少し動かすしぐさはソフトバンクの投手のほとんどがやってますし、他球団でも似たしぐさをする投手が増えてますね。それだけ影響力の大きい選手なのでしょう。「残りの野球人生を掛けて移籍する」と覚悟の移籍をしてきているだけに、かつての工藤公康投手のように投手陣全体にいい刺激になってくれたらいいと思います。

来季は中日も阪神も横浜も監督が代わり、良くなるか悪くなるか読めないところもありますが、いまのところ最も劇的な戦力補強をしているジャイアンツが優勝に最も近いと思います。外国人戦力がまだ固まってないかもしれませんが、あとは原監督の手腕次第というところでしょうか。年も明けていないのに早くも来年の開幕が楽しみになってきました。

アジアシリーズ敗戦(苦笑)

プロ野球アジアシリーズ決勝、韓国代表のサムスンにソフトバンクホークスが敗れこの大会で日本代表が初めて優勝を逃しました。

それにしてもこのアジアシリーズ、やる意味があるのかと思うほど盛り上がりがありませんねー。台湾で開催されたんだけど、台湾戦以外は球場はガラガラ、ソフトバンクは選手もチームの主力選手はほとんど外して控え選手が半分くらいの顔触れ。投手は日本シリーズに出られなかった投手の経験蓄積用。勝っても負けても「なんだかなぁ」と思うんだけど、それでも日本が初めて負けた、という屈辱はやっぱりソフトバンクでした・・・。何でやっぱりかというと僕はソフトバンクは日本シリーズからずっと応援してて、日本シリーズで粘り強い中日に競り勝って本当に喜んでました。過去6年、チャンピオンシリーズに出場しながらことごとく日本シリーズに進出できず、「短期決戦に弱い」「勝負どころで負ける」チームという印象を持たれていました。今年は開幕から無敵の強さを発揮し、交流戦でも圧倒的な成績で優勝し、日本シリーズも制覇。全11球団から勝ち越しというまさに「完全優勝」で悪いイメージをようやく払拭したと思ったら。最後の最後はやっぱりこけましたね(笑)。以前、主力選手をことごとく外してアジアシリーズに臨み「手抜き」と批判された落合中日でさえ優勝はしたのに。それを思うとやっぱり残念ですし、それにどんな大会であれ日本を代表して闘っているのに韓国に負けるということは許されないですよね。せめて決勝くらいはもっと主力選手を使ってほしかった・・・。

和田・杉内・ホールトン・馬原・摂津・カブレラ・松中・小久保・ファルケンボーグ、まあ外国人は仕方ないにしても、日本シリーズで活躍したこういう主力選手をことごとく欠場させて勝とうってのが間違いかもね。明らかに練習試合程度にしか捉えてなかったですね。韓国も何人かの主力選手は不参加で決して万全の布陣で来てるわけではないんだけど、でも「日本に勝つ」という気迫はいつもながら日本の選手を上回っていたと思います。

今回初めて参加したオーストラリアリーグ優勝チームのパースも、プロとは思えないひどい守備や走塁が多かったし、打線もさっぱり。かなり期待外れでした。1試合ずつしかないことを考えるとまあ、負ける試合もあるとはいえ、飛車角金銀抜きくらいで臨んだアジアシリーズで結局負けたってのは何だか後味悪いね。

やっぱりパ・リーグは強い。

今年もプロ野球はやっぱりパ・リーグが強いなぁ。交流戦に入ってからソフトバンクはなんと無敗。セ・リーグでは中日が調子を取り戻して頑張ってるくらいで巨人も負け越し、交流戦までは好調だったヤクルトも広島もパ・リーグのチームを相手にした途端、ボロボロと負けて何だか化けの皮が剥がれた感じ…。如何に開幕後セ・リーグの中日・阪神・巨人の上位チームが弱く、下位チームを調子に乗せてただけかということがよくわかった…。

主力選手が故障や不調でことごとくいない巨人のチーム状態の悪さは目も当てられないけど、高額年棒のベテランで実績のある選手をずらりと並べた巨大戦力が自慢の阪神まで散々な成績、パ・リーグ各チームの充実ぶりに比べて随分と見劣りがするから情けないもんだ。やっぱり巨人人気に胡坐をかいてチーム強化を怠ってたということなんだろうか?このセ・パの実力差はどうしたものか、昔のように単に普段テレビに映らないパ・リーグの選手が必死こいてプレイするから強いだけ、なんていう単純な話には見えない。どう見てもプレイのレベルが違うんだよなぁ。投手も打者も。

パ・リーグの野球は面白い。投手も打者もレベルが高く個性的で、試合を抜きにしても見応えのある勝負がどのカードでもある。それに比べてパ・リーグなら2軍レベルの選手がセ・リーグになんと多いことか。調子の悪い主力選手をそのまま使い続けてる場合も含めて・・・。これじゃあ、やる前から日本シリーズの結果は見えてるな。

とりあえず巨人は不調の小笠原・松本といった主力選手が帰ってきて、戦力のバランスを整えないとどうにも戦えない。打線がぶつぶつ不調な選手や経験不足の若手のところで切れちゃってるし、新人の澤村はいいピッチングをしてるけど援護がなく勝ち星をつけてあげられないし、これじゃぁ自信が付かず育ててあげられない。中日のように打線が生き返ってくれば投手陣もよくなってくると思うんだけどなぁ。

プロ野球開幕

いよいよ昨日からプロ野球が開幕しました。いつから開幕するか、電力対策をどうするかで随分揉めましたが(セ・リーグがね)、とりあえず震災から1カ月が経ち、多くの人が納得できて禍根を残さない形でスタートできたのは良かったと思います。我がジャイアンツも開幕戦勝利でスタートできました。球団フロント幹部の非常識な発言や空気の読めないごり押しをしようとしたことで、ジャイアンツの選手までもが世間から悪いイメージを持たれてしまったことを非常に残念に思っていましたが、昨日の試合を観る限りでは、ジャイアンツの選手たちも今回の大震災の被災者に対して強い思いを持ってプレイしているんだということが伝わってきました。

福島県相馬市出身の鈴木選手、津波によって甚大な被害を受けた故郷を訪問し、被災者を励ましてきて、強い決意を持って開幕に臨んだそうです。途中からラミレスに代わって代走出場し見事に盗塁を決め、その後の打席では貴重な追加点に繋がるライト前ヒットを打ち、大活躍でした。プレイ中は常に厳しい表情で笑顔はなく、ひたすらの全力プレイを心がけていることが伝わりました。鈴木選手ばかりでなく、東野のナイスピッチングに執念のヒットとスライディング、急遽スタメン出場となった鶴岡選手の活躍などもありました。長野選手のスリーランも見事でしたね。全選手の全力プレイ、全力疾走がスピード感ある野球を生み、最終的に点差は離れましたが緊張感のあるナイスゲームでした。

今年のプロ野球はボールが変わり、審判がセ・パで統一され、時間制限などの特殊ルールも適用される中で、これまでとは違った野球が展開されるかもしれません。選手たちもまた、今回の震災により多かれ少なかれ影響を受けて、家族・知人の心配、西日本開催の地方試合が増えることによる移動増、それに伴う練習不足や集中しにくい環境などの不利な条件もある中でも、例年以上の決意を持ってシーズンに臨んでいる選手が多くいると思います。気持ちだけで野球が変わるほどプロの世界は甘くないかもしれませんが、昨日の各球団の試合を観ていると「何かが違う」と感じられるものがありました。例年以上にプロとして「観客に見せる野球」という意識が強いように思います。被災者が観ても「こんなときに野球なんて」と言われないだけの真剣で集中したプロの技を競い、最後まであきらめない全力プレイが求められずしてできているのではないでしょうか。今年のプロ野球は特に面白い、という予感がします。

ジャイアンツの勝ち負けはやはり気になりますが、セ・リーグは阪神・中日が強いでしょうね。3弱と呼ばれる広島・ヤクルト・横浜は新人などで期待できる要素もあるとはいえ、総合力ではかなり差があるように思います。一方のパ・リーグが面白いですね。今の野球はやはりパ・リーグが中心。昨年の交流戦でセ・リーグの首位でもパ・リーグの最下位より下だった成績を見ればセ・パの実力差は明らかです。その傾向は今年も変わっていないことが先日の震災復興試合でも表れていました。開幕戦ですごいボールを投げ込んでいたダルビッシュを打ち込んだ西武、昨年の日本シリーズを制した千葉ロッテ、中田や斎藤など多彩な新戦力を有しまとまりのある日本ハム、そして今年は岡田監督のオリックスが面白いと思います。阪神時代から選手育成に定評のある岡田監督がいよいよ今年は戦力が揃ってきて、結果が出せるようになってきたんじゃないかと・・・。星野監督に代わって2大エースを有する楽天も侮れないし、昨年リーグ優勝しながらまたしても日本シリーズ出場を逃したソフトバンクももちろん強いです。ほとんど3チームでペナントレースやってるセ・リーグに比べ、どこが勝ってもおかしくないハイレベルな戦いをやっているパ・リーグのほうが断然面白いですね。今年は巨人だけでなく、パ・リーグの試合にも注目して観ていこうと思います。特にオリックスを応援したいな。

やりました!城南

我が母校、徳島城南高校の甲子園初試合・報徳学園戦は理想的な試合展開で見事打ち勝ち、初勝利を挙げました。おめでとう!

それにしても城南にはツキがありました。最初から最後まで、勝利の女神がほほ笑みっぱなし。詰まった当たりがことごとく外野の前に落ち、報徳の些細な守備のミスがみんな得点に結びつきました。これも高校野球ならでは。前評判も高く、優勝候補の報徳に対し臆することなく向かっていき、常にファーストストライクを狙っていく積極打法。チャンスにもスクイズなどを狙わずヒットエンドランや初球攻撃で強気の攻めを貫き、結果を出しました。

難しいことを狙わず、できることに徹して攻めの姿勢を崩さなかった森監督の采配が見事に当たったと言えるかもしれません。報徳学園も主将と副将が怪我で出場できないなど不運もあり、チーム状態も決して良くはなかったようです。しかしエースの田村投手は140kmを超える内外角に鋭く食い込むシュート系の速球がよく決まっていました。連打を許す状態になるまでは低めの厳しいところにコントロールも出来ていましたし、決してピッチング自体は悪い状態ではなかったと思います。芯で捉えた痛烈な当たりは9回の竹内君のホームランだけじゃないかな?城南の打者が食い込む速球に詰まりながらも振り切って、ポテンヒットの連続で得点を重ねたことが徐々に田村投手のリズムと自信を崩していきました。

報徳の追い上げを受けて4-3で迎えた9回表、報徳としては絶対に追加点を与えてはいけない場面。また1点差なら「逆転の報徳」、絶対にひっくり返せると選手たちも信じていたであろうあの場面、報徳の田村投手は2アウト3塁でやはり力が入ってしまったのか、重要な1点の認識が強かったためか、この試合初めてのワイルドピッチ。変化球を外角の遠いところにワンバウンドさせてしまいました。これで貴重な追加点。一気に城南有利に傾きました。ショックが大きかったであろう田村投手はその後ストレートが浮いてしまい2者連続フォアボールを与えてしまいます。そこで迎えた4番竹内君。フォアボールの後の内角ストレート、狙い澄まして思い切り振り抜きましたね。これがダメ押しの3ランホームランになりました。

一方、城南の竹内投手は伸びのあるストレートと大きくタイミングを外す変化球を懸命に組み合わせて強打の報徳打線を何とか抑えました。5点を取られましたが、そのぐらいは仕方ないだろうと思います。それよりも要所要所のピンチの場面で追加点を許さず、得点圏の走者を残塁に終わらせた回数がとても多かった。リードに勇気づけられて最後まで粘り強く投げていました。守備陣もよく頑張りましたね。緊張感を闘志に代え、バットを振ることで緊張感から解き放たれて普段通りの野球を目指した城南、最後まで攻撃の手を緩めず攻め抜いた城南の見事な試合運びが奇跡のような勝利を生み出しました。

実際、試合を観てみてもたぶん10回やったら8回は負けるんじゃないかな、と思いました。何もかもがうまく行った・・・そんな状態でしたが、まさか城南が甲子園で報徳に勝つなんて。監督・選手たちばかりでなく、僕ら卒業生まで「夢のよう」です。次の試合の鹿児島実も九州No.1の強豪ですが、報徳に勝ってくれたことで僕はもう十分に満足です。よくやった。城南!

祝・城南高校 甲子園初出場

春の選抜高校野球で徳島の城南高校が21世紀枠で選ばれ、夏春通じて初めて甲子園出場を果たしました。城南高校は僕の母校です。めでたい!おめでとう!!!

今から25年ほど前、僕らの在学中も野球部は結構強くて毎年ベスト4くらいまではちょくちょく勝ち残っていました。しかしあの頃は徳島商業、池田高校という2強がいてとても甲子園には及びませんでした。

たぶん、それからもずっとそこそこの実績は残してたと思うんだけど、池田が弱体化してからも鳴門の高校が強くなったり、新設の徳島北が台頭したりとトップに躍り出るにはなかなか厳しかったようですね。

城南は旧制徳島中学以来130年以上の歴史を持ち、徳島で最も古い伝統校であり今も徳島ではトップクラスの進学校です。進学校でありながら自主自律の校風であまり勉強にはガツガツ強制しないところがあって、運動部に力を入れているところがありました。だから成績は他の市内の進学校には少し負けてたんですけどね。でも進学実績に拘らない余裕というか、どっしりしたところは僕は好きでしたね。

秋の体育祭の後には伝統行事のファイアーストームというものがあり、かつてはビックリするほどの大きな篝火を焚いて踊っていました。今でも続いてるとは思いますが、かつてほど巨大な篝火を使っているかどうかはわかりません。火の粉が激しく危険ということでだいぶ規制が当時からかかっていましたから。

僕らのころは古い校舎であまり綺麗とは言えない学校でしたが、今は新校舎が建ち、校門周りもすごくオシャレに整備されてモダンな雰囲気の学校に生まれ変わっています。

そんな城南高校が甲子園に初出場。勝ち負けはともかく、目標に届かなかった数多の先輩たちの分まで気持ち良い全力プレイで頑張って欲しいものです。

もしスケジュールが合えば甲子園まで応援に行きたいと思います。

ロッテがパ・リーグ優勝

パ・リーグのクライマックスシリーズはペナントレース3位の千葉ロッテが優勝のソフトバンクを1勝3敗の王手から大逆転で降して日本シリーズ進出を決めました。一方、セ・リーグも最終戦に敗れ本拠地開催権を逃して3位に甘んじた巨人が、甲子園で阪神を2連勝で降して優勝決定戦に進みました。

シーズン終盤の状況からみれば巨人が甲子園で阪神に勝てるとは全く思えなかったけど、わずか3試合の長短期決戦、初戦の結果次第で雰囲気がガラッと変わりどうなるかわからないものですね。結局初戦を取って勢いに乗った巨人が2戦目も押し切る形になりました。期待してなかった分、巨人ファンとしては嬉しいです。こうなったら中日もこの勢いで押し切って、史上初のシーズン3位同士の日本シリーズというのをやってほしいと思います。

中日とのファイナルステージは中日が1勝のアドバンテージがあるので中日優位には変わりはないですね。ただ、短期決戦だし1戦1勝勝ちを積み重ねて行けば勢いに乗った方が勝つということはロッテが証明してくれました。両チームとも打力には自信があるものの波が激しい。チェンや吉見といった好投手が出てきても打ち崩す可能性がある半面、並みのピッチャーでも打てない時はさっぱり打てない。だから打線の集中力、効果的な攻撃ができたチームが勝つような気がします。巨人は阪神とのゲームで不調だった坂本、小笠原、ラミレスら主力選手が本来の活躍をしたことによって勢いを得ました。次のシリーズもまた別の闘い、同じように活躍できればアドバンテージがあっても勝てる可能性大ですが、また沈黙させられたら…また中日打線が爆発したら乱打戦でも勝ち目は薄い気がしますね。

まあ、負けて元々。開き直って頑張ってほしいし、2年連続チャンピオンの意地を見せてほしいと思います。落合監督に薄ら笑いを浮かべて「リーグ優勝したんだから勝って当然」なんて言わせないでほしいものです。

ペナントレース終了(泣)

巨人のペナントレース最終戦は今年のシーズンを象徴するような試合になってしまいましたね。せっかく4-1とリードしたのにツーランホームランを打たれて1点差。先発内海はリードしたあとをきっちり抑えられない。継投で逃げ切りを図るものの最後はクルーンがコントロールを乱して追いつかれ交代。代わったピッチャーがあっさり打たれて勝負あり。リードした試合を9回10回で4点も取られて逆転負けっていったいどこの投手難の下位チームだ?と思うなぁ。打線は試合の後半は完全に沈黙。ヤクルトのリリーフ投手陣がそんなに手も足も出ないほど良かったわけでもないのに。シーズン最終戦、クライマックスシリーズをホームで戦えるかどうかがかかった大事な一戦だというのに、粘りも執念も全然見えず淡々としたものでしたね。ヤクルトの方がCS争いしてるチームみたいだった。

追いつかれた後の9回裏、一死満塁であっぷあっぷしてた投手相手に2-3からボール球を振って三振した長野はまったく情けないけど、長野だけじゃなく変化球に腰砕けになって絶不調の坂本、大振りでホームランは出るけど確実性の落ちてる阿部など打線の状態も深刻です。甲子園での阪神とのCSもこんな状態では勝てるとは思えないなぁ。まあ、3連戦一発勝負なので初戦を取るかどうかで雰囲気がガラッと変わるのでわからないといえばわからないですが…。阪神もそんなに圧倒的に強いわけじゃないしね。とはいえ、初戦を落としたらそこから逆転して勝つ力は多分ないと思うな。初戦を取って逆転負けする可能性はあっても…。

今シーズンの巨人は「投手力の不安定」がすべてで昨年まで活躍した外国人投手3人の不調、内海の怪我と復帰後の不調で先発投手のコマが4つ落ちたようなものでした。前半戦は勝てたけど投手がばてて打者の調子が上がってくる夏場以降は大事な試合をことごとく投手陣が崩壊してぼろぼろになりました。「野球は投手力」という言葉をまさに象徴するシーズンでしたね。結局優勝したのは投手力が最も優れている中日でしたし。中日だって打線の状態はシーズンを通じてかなり悪かったんだけど、大事なゲーム、競った試合を投手力で踏ん張ってものにしてましたもんね。やっぱり巨人は尾花コーチが横浜の監督に取られたのが大きかったんでしょうか。斎藤コーチには悪いけど、投手力の悪化は歴然としてました。

今年は長野以外の若手選手もほとんど出番がありませんでした。大田も出てこず、矢野は復帰したけどもう若手とは言えないし、投手もトレードで取ってきた選手はそれなりに頑張ってくれましたが、2軍から上がってくる若手で目立った活躍をした投手はいませんでした。星野も最初だけでもう一つだったし。来年こそは若手の台頭を期待したいものです。

阪神とのCSはまあ、おまけと思って期待しないで応援しようと思います。どこが勝っても日本シリーズで対戦する西武かソフトバンクには到底勝てそうにないしね。

甲子園雑感

このごろ巨人がすっかり下降気味でもう投手陣がボロボロ・・・。観ててもちっとも楽しくない。やはり尾花コーチの抜けた穴は大きかったか・・・と悔やむ毎日で巨人の優勝は半分あきらめムードです。阪神に優勝してもらって、ついでに日本一になってもらって関西の景気を良くしてもらいましょ。ということで関心はすっかり甲子園(高校野球)の方に行ってます。

さて夏の甲子園もいよいよ準決勝。うちの地元の報徳学園は春の覇者興南に逆転負けでした。沖縄代表の興南高校は強いですね。島袋投手は春よりもずいぶんスケールアップしたように感じます。球速がかなり速くなった。春の印象では変則的な左からのトルネード投法。投げるときに手元が見難く打者がタイミングを取りづらい、その意外性で結構打たれながらもスタミナと粘り強さで打線の援護で勝ってきたという感じでした。春は球速も140km/h出てなかったし、変化球のキレも特にすごいという感じではなかったのが、この夏は球速は145km/hくらい出てるし伸びが良くなってる。変化球も速球との差が効いて効果的に決まってるし、低めへのコントロールもいい。相変わらず乱れ出すと5点6点取られることはありますが、底なしの体力で終盤まで球威が衰えず投げられるあたりはさすがです。

報徳学園高校は次男の入っている少年野球クラブ出身の近所の子が4番バッターを打っていて、街には横断幕、クラブでも応援に行くなどの熱の入れようでした。惜しくも準決勝で敗れましたが良く頑張ってくれたと思います。ここまでの勝ちあがりはどれも素晴らしい試合内容でした。

今年は関東勢と九州勢の活躍が目立ちましたね。九州の熊本・九州学院、鹿児島実業、佐賀商、興南、延岡商業などどこもハイレベルでしたし、関東も関東一、早稲田実業、準決勝を戦っている成田、東海大相模、などどれも優勝候補の実力があると思いました。残念なのは2回戦以降、九州同士、関東同士の対戦が多くこういう好チームが同一地域同士でつぶしあいをして全国大会が何だか地方大会のようになってしまったことですね。もう少し組み合わせの仕方に工夫があったらよかったのにと思いました。

最近は高校生でも菊池雄星や今村猛のように150kmを超える剛速球や高い完成度のプロでも即通用するような選手がちょくちょく出てきます。今年はそんなに目立つ選手はいないんだけど、その分飛びぬけた力を持ったチームがいないので試合が面白いというのはありますね。来年のドラフトはやはり大学生が注目かな。ハンカチ世代が卒業ですもんね。

さて決勝戦は沖縄勢の初優勝がなるかどうかが注目ですね。興南は投手力、打力もさることながら、集中力、野球の上手さもかなり優れていますね。監督の力がそれだけ素晴らしいんだと思います。是非、春夏連覇を達成してほしいですね。

はぁ・・・3連敗。

ゴールデンウィークの阪神戦で3連敗…3ゲーム差があっという間の首位陥落…痛いなぁ。今日もせっかく一度は逆転したのに、まさか山口がホームラン2発に沈むとは…。ボールはそんなに悪くなかったと思うんだけどなぁ。まだ本調子じゃないのかなぁ…。

まだ5月に入ったばかりでこれからもシーズンは長いとはいえ、そう簡単に独走はさせてもらえないんだね。シーズン当初は今年も阪神、大したことないなと思ってたんだけど、今の阪神は恐ろしく強いね。マートン、ブラゼルの両外国人がすごいし、フォッサム、スタンリッジという外国人投手にもやられてる。それに加えて城島の影響による投手力、打力のアップがある。新井も今年になってようやく本来のバッテイングを取り戻した感がある。金本が欠場しても、怪我して出てるぐらいならいないほうが相手にとっては怖い。特にこの3連戦に関しては鳥谷も平野も桜井も打者という打者みーんな絶好調じゃん。15安打?そんなに打たれるほど巨人投手陣が悪くはなかったと思う。今の阪神の打力がすごすぎるんだよね。けが人と不調の選手が多くなってる今の巨人じゃちょっと勝てる気がしなかった…。

阿部とか谷とか長野とか良く頑張ってたんだけど、いかんせんラミちゃんの不発が大きかった。今日もチャンスでたびたび凡退。バットを重いやつに変えて今年はホームラン王狙いらしいけど、やっぱり軽いバットに戻して3割打ってくれるほうがいいなー。まあ、ホームランと打点はちゃんと結果を出してるんだけど、この3連戦に関してはあと一本ってところで凡退が目立っちゃったね。小笠原も左の好投手が多かったこともあって目立った活躍ができなかったし。脇谷も他のチームとの対戦では松本の代役としてよく頑張ってくれてたんだけど、今日の最後の藤川との対戦は明らかに役不足だった。ワンバウンド振って、頭の上のボールを振ってては藤川のボールが打てるわけがない。長野が厳しいボールを見極めてフォアボールを選んだのとは対照的だったな。松本早く帰ってきてくれー。

内海は今日は勝てなかったけど、敗戦投手がついたわけでもなく内容も今の阪神打線を相手にしては仕方ないかな、と思います。次の登板でまた気持ちを入れなおして頑張ってほしい。内海は心配してないんだけど、巨人は今は他の投手陣が心配だねー。スライダーの曲がらないゴンザレス、球威がイマイチのオビスポ、良かったり悪かったりの西村、本来の切れの戻らない山口、ストライクの入らないクルーン・・・いいのは内海と東野と久保と越智くらいか。小林雅なんてよくあれでメジャーで投げてたな、と思うくらいの球威だもんなぁ。育成出身の星野という若い投手も出てきて期待できるんだけど、まだ重要な場面では荷が重そうだし。

松本、亀井に早く帰ってきてもらって、あとは投手陣をどう立て直すかが今後のカギになるね。今年は阪神が強いことはよくわかった。この悪夢の3連戦は反省だけしたら早く忘れて次に挑もう。阪神だってそんなにみんな絶好調なんて状態がずっと続くはずがないんだから、必ず不調な時期が来るし。でもマートンとブラゼル対策は考えないといけないね。

すごいぞ、長野!

長野すげー。巨人のルーキー長野(ちょうの)久義選手。社会人野球のHONDAから入団して1年目の選手です。今年こそドラフト1位での入団でしたが、これまで巨人入りを熱望して叶えられず2度もドラフト拒否をしていました。社会人No.1外野手という評価を受けていながら25歳にしてついに入団してきました。ルーキーにしては若くない年齢、鳴り物入りの実績・評価、これまでの道のりもこれからの道のりも決して楽なものではないはずですが、今シーズン開幕早々から素晴らしい活躍をしていますね。

昨年は東海大相模高校の大田泰示という大物ルーキーを取るために長野の指名を回避したわけですが、その大田も打撃の穴の多さと守備のまずさでなかなか1軍に上がれない状況が続いています。つまりは大田よりも評価が低かった長野が今年入ってきてどこまでやるのか…大田よりは年齢も行ってるし安定感があればいいな、という程度に期待してましたが、どうしてどうして。ここ数試合でチャンスを与えられるや、連続打数ヒットに特大の初ホームラン、走っても9回の重要な場面でのスチール成功など大活躍でチームの勝利に貢献しています。

巨人の外野は不動の4番で大黒柱のラミレス、昨年の新人王で今シーズンも5割を超える打率に俊足好守の松本、昨年5番に定着した強肩の巧打者・亀井、ベテラン谷に俊足の鈴木、復活したプリンス・高橋由伸とそうそうたるメンバーが揃っています。その中でルーキーの長野がスタメンで出るチャンスなど皆無だろうと思ってたら、なんと打撃不振の亀井をベンチに追いやり、高橋に一塁を守らせて、谷・鈴木を差し置いて長野がスタメンに抜擢されるようになりました。如何に長野の活躍が評価されているかがわかりますね。谷や鈴木を代打・代走・守備要員で置いておくのはもったいないというか、ぜいたくな話ですが、原監督のことですから選手を腐らせないようにうまく入れ替えながら使っていくんでしょうね。

それはともかく長野選手。不敵な面構えというか、ガッツを前面に出す強気な顔立ちをしています。初めてのプロの舞台にも臆する様子もなくのびのびとプレイできています。かなりの強心臓、そして自分の置かれている立場を理解してキャンプからきっちりプロとしての準備をしてきたからこその活躍なんでしょうね。プロ向きの性格なのかもしれません。2度のドラフト拒否もそうですが、キャンプで打席の中央にベースから離れて立つ構えを指摘されても「自分のスタイルだから」と変えなかったそうです。それでいいんですよね、プロは。結果さえ残せば、振り子だろうとガニ股だろうと天秤だろうと、自分の技術が発揮できればいいのです。むしろ、人の言うことに振り回されて自分の長所を消してしまうような選手はプロでは生き残っていけないですよね。

久しぶりに巨人の右の大砲が現れてくれるといいですね。松本・坂本・山口に続く若手の台頭になってくれることを祈ります。まだまだシーズンは始まったばかり、この好調をどこまで維持できるか、また調子が下がってきたときにどう立て直すか、社会人よりもはるかに多い試合数に体力がどこまで持つか、未知数な部分はまだまだありますが、長野選手の活躍を期待しています。これからも長野選手の打席は目が離せないですね。

プロ野球開幕

いよいよプロ野球が開幕しました。我らがジャイアンツは開幕のヤクルト戦こそ負け越しでしたが、続く横浜戦に勝ち越してまずは五分のスタート。調子のいい選手、悪い選手、それぞれいますが、良くもなく悪くもなくまずまずのスタートといったところでしょうか。

新人の長野の活躍、山口の先発転向、リリーフに加入した小林の出来などは、期待半分、不安半分といったところです。今日は広島戦で山口が初先発。ドキドキしながら観てましたが、結果は良くなかったですね。やはり初めての先発というのはプレッシャーもかかるし難しいものなんでしょうか。山口らしからぬ球が結構ありました。まあ、今日の結果が悪かったからと言ってこれで終わるはずもないので、次のチャンスにまた気持ちを切り替えて、悪かった点を反省して次に生かしていってもらいたいと思います。原監督の言っていた通り15勝くらいできる力は十分あるはずだし、ちょっとしたコツのマスターとあとは先発としての自信を付ければきっと良くなると思います。しかし山口もプロになる前はずっと先発投手やってただろうに、不思議なものですね。

坂本も開幕戦を見た限りでは心配してたんだけど、その後眼を覚ましたように打ちまくってますね。松本も活躍してるし、この若手1・2番の好調はすごくいい材料です。いつもスロースタートのラミレスも今季は春先からハイペースでホームランが出てるし、亀井・小笠原の不調はあるとはいえ、打線の方は当分心配なさそうです。リリーフ陣が山口が抜けた大きな穴をどう埋め合わせていくのか、原監督の手腕が問われるところですが、越智にかける負担をなるべく減らせるよう他の投手陣に頑張ってもらいたいところですね。この間ルーキーの土本がスレッジにサヨナラホームランを喫しましたが、若い好投手を育てながら勝つという難しい課題を今年も原監督は取り組んでいるみたいです。マイケルは今年もあまりいいとこなしみたいでがっかりしてます・・・小林も今のところ目覚ましいピッチングというわけではなさそうですし・・・ルーキーの土本に期待をかけなきゃいけないところがちょっと不安点ではありますね。カーブのいい木村正太とか今年はでないのかなー。

春先、今年も絶好調なのは阪神。城島の予想以上というか、期待された通りの大活躍でよく勝ってます。ブラゼルやマートンといった外国人選手の活躍も大きいですね。でも投手力の不安や主力選手の調子の波が激しいことを考えると、悪くなるとガタガタっと行きそうな感じもします。その点で怖いのはやはり中日。中日も巨人と似たようなもので五分くらいのスタートで来てますが、徐々に調子を上げてきそうです。今年は落合監督も期するものを持ってるでしょうし、打線の集中力、投手陣の層の厚さは油断できませんよね。まだ次の対戦が阪神との初対戦、中日とはまだですが、一度当たってみて手応えを感じてみたいですね。いずれにせよ今年も野球が楽しみです。野球ブログではありませんが、印象に残った試合はこれからも感想をアップしていきたいと思います。

祝!ジャイアンツ日本一

ジャイアンツ日本一!おめでとう!

いやー、今日決められて良かった。最終戦までもつれ込んだらちょっとやばいかもと思ってたけど、第5戦の劇的勝利の勢いのまま押し切れました。今日は内海の頑張りと稲葉のまさかのミスが勝敗を分けましたね。しかし最後まで目を離せない好ゲームでした。日本ハムも本当に強いチームでした。これでダルビッシュが万全でフル回転されたら・・・と思うとぞっとします。巨人の苦手とする左投手がリリーフ陣にもう少しいたら、さらにやばかったですね。1戦目から4戦目まではそれぞれのチームのいいところが出たほうが勝ちという展開で、内容的には全くの互角といってよかったと思います。やはり第5戦、絶体絶命の9回裏、守護神の武田久から亀井と阿部の2発でひっくり返したうっちゃり勝ちが大きかったですね。

巨人は警戒していた稲葉とスレッジを後半はよく抑えました。その分、高橋と小谷野にはやられましたけどね。田中賢介にもよく打たれましたね。一方の日本ハムも小笠原とラミレス、坂本を徹底した配球でよく抑えていました。巨人がなかなか思うように点が取れなかったのも、この3人が抑え込まれたことが大きかったですね。結果、接戦になったときにリリーフ陣がよく持ちこたえた巨人と、大事な場面で伏兵の打者(谷や阿部や亀井)に打たれた日本ハムリリーフ陣との差が結果に現れたような気がします。

ベンチの作戦でも原監督の采配は日本ハムベンチの上を行っていましたね。度重なる代打の成功、打たれても信頼する山口、越智、クルーンを使い続けて、3人は信頼に応えました。一方で今日は内海をスパッと代えて、越智が危ないと見るやクルーンを早めに投入して最善の結果を引き出しました。特に東京ドームでリリーフ陣の調子に対する不安や打順の関係から、結果的に投手の交代時期に迷いが見られた日本ハムベンチとは対照的でした。原監督の選手を信頼する采配、の真骨頂と言えるかもしれませんね。

好調だった選手、不調だった選手、結果が出た選手、出せなかった選手、どの選手もしかし全力でプレイしている気迫が伝わってくる素晴らしい日本シリーズでした。結果が出る出ないは紙一重、相手も研究し分析して一流の投手が抑えにかかってるんだから、打てなかったのも仕方がない部分はあると思います。一瞬のスキ、小さなミスに付け込んで1点を奪う高度な野球が見られて本当に面白かったです。その上でわが巨人軍が勝ってくれてこんな嬉しいことはありません。

今の巨人が強いのはやはり層の厚さとチームワーク。2軍でしっかり育成して、力のある選手たちをベテラン、若手を問わず原監督が上手にチャンスを与えて鍛え上げ、それぞれの力を上手に引き出しています。試合においては主力が打てなくても誰かが打つ、先発がこけても中継ぎ以降で立て直す、そして最後まで勝負をあきらめない気迫が少し前の暗黒時代の巨人の選手たちの淡白な試合運びとは大きく違う粘り強さ、相手にとっては怖さを与えています。原監督が常々求めている、自立した精神的に強い選手が増えてきたということなのでしょうね。大舞台を経験し勝つことで、こういう選手たちはどんどん更に強くなっていきます。坂本や松本もきっと近いうちに小笠原のような強い精神力と集中力を持った選手に成長してくれることでしょう。今日負傷退場した東野投手や第4戦で打たれた木村正太投手にも、この経験をばねに来年更に成長した姿を見せてもらいたいものですね。

それにしても原監督のリーダーシップは素晴らしい。野球ならずとも一人の指導者として部下の力を引き出す手際は見事だと思います。飴とムチの使い分けというか、時には優しく、時には厳しく、そして最終的に選手を信頼し任せる度量はすごいですね。たまたまうまくいったから名監督と言われるんだなんて思いません。原監督の選手起用、そして普段の選手に対する接し方、人間性が素晴らしいから、世代の違う若い選手が原監督の指導を理解し、努力してついていくんだと思います。その結果がこの日本一であるのでしょう。結果を予想し、起こったことを解説するのは誰でもできる。それは評論家の仕事。指導者は日ごろの育成に力を入れ、万全の準備をさせる。結果を先に考えない。日本シリーズ前には「万全の準備をして、覚悟を決めろ。そうすればジャイアンツの前に恐れるものはない。」と言ったという原監督の言葉には、真のリーダーシップのあり方が示されていると思います。かっこいいなぁ。

惨敗です。

日本シリーズ第4戦。昨日は見事な逆転勝ち。しかも点を取られたら倍にして返すという効果的な得点で圧勝しました。今年の巨人らしい良い勝ち方ができて今日は勢いに乗っていけるか、と思いきやその勢いが悪いほうに出ちゃいましたね。試合内容は点差以上に惨敗だったと思います。巨人の打線自体は全般に活発です。坂本・松本の若手コンビもいい仕事をしています。小笠原は昨日大活躍だったものの、今日はやっぱりいい所で駄目でしたね。ラミレスも最後に一発打ってくれたものの、もう手遅れでした。早い回に3・4番に一本のヒットが出ていれば展開は違ったと思いますが・・・難しいものです。

観てて思ったのは巨人打線はボール球を振りすぎでしたね。いくら調子が良くて勢いがあるからってボール球はそうそうヒットにならないし・・・日本ハム打線がほとんどボール球を振らないで巨人投手を追い詰めているのを見ると対照的でした。坂本や松本はそういう選球眼ができているのにクリーンアップが振らされてましたね。これでは巨人の誇るクリーンアップも怖さが半減してしまいます。八木は初回から結構甘い球が多かったように思います。球速もさほどではなく、コントロールも甘い、左のスリークォーターという変則フォームなことを除けばこれといって怖さのないピッチャーだったのに、本当に巨人打線は初物、左投手に弱いという弱点をさらけだしてしまいました。やっぱり苦手意識なんですかね。

初回から何度も続いたチャンスにことごとく凡打とゲッツーの山・・・昨日の猛打に勢いがつきすぎてバッティングが荒くなってしまったみたいです。その上に見えない守備のミス。3回の森本の打球、投手の高橋は一塁ベースカバーに入っていてアウトにできたのにキムタクは間に合わないと早めに判断して送球しませんでした。ツーアウト2塁でバッタースレッジでは三盗もできなかっただろうし、ミスをしてまずいという高橋の動揺もあっただろうと思います。スレッジは抑えたもののまたまたツーアウトから続く小谷野に打たれて大量失点につながってしまいました。高橋はこのあと5回にツーアウトランナーなしから日ハムの高橋にホームランを打たれてしまいます。この1点は特に痛かったですね。球威はあったにも拘らず今日のヒサノリはダメダメでした。

今日は日ハムのいいところばかりが目立ちましたね。ボールをしっかり選んで投手にプレッシャーをかけ、好球必打で繋ぐ野球。特にチャンスになると集中力が増して繋がる打線はやはり見事でした。8・9番が全く当てにならない中、7人打線でツーアウトからでも大量得点できる力はさすがです。重要な追加点は2球続けてのスクイズ。左の金刃だったからできた作戦かもしれませんが、決めた森本も見事でした。金刃はいいボールを投げていたのに不運な当たりが一塁線を抜けてしまい、その後は見事なスクイズとやむを得ない失点でした。亀井もあのぐらいの当たりは飛びつくぐらいしてくれないか、と思いましたが、もともと外野手だしそこまで求めるのは酷ですよね。しかし金刃のストレートにルーキーイヤーのような威力が戻ってきたのはいい材料でした。ちょっと前とフォームが変わったような気がしますが、安定感が出てきましたね。次の出番では頑張って欲しいです。

これで2勝2敗のタイ。シリーズの流れ的にも全くの互角かな?明日の第5戦が重要なのは言うまでもありませんが・・・というより短期決戦で負けてもいい試合なんてないんでしょうが、これから先、どちらのチームが自分たちの持ち味を出して試合ができるか、そこにかかってるでしょうね。巨人も今日の試合で悪いとこ全部出しちゃったみたいだし、こうすれば負けるというのが良くわかったでしょうから、明日からは気持ちを切り替えて頑張ってくれるでしょう。負けるときはこのぐらいぼろぼろに負けたほうが後を引かないからいいという説もあるし。坂本・松本の好調、小笠原・ラミレスに少しずつ当たりが戻ってきてること、金刃、野間口が使えること、日ハムに右ピッチャーが多いこと、などいい材料もたくさんあります。あとは選手たちが一致団結して明日からの試合に気持ちをどう切り替えて入っていくか、それだけですね。

明日、何とか勝って札幌の第6戦で日本一を決めて欲しいと思います。最終戦までもつれ込むとちょっと厳しいかなぁ・・・。

ドラフト会議前夜

明日はいよいよドラフト会議。今年は花巻東高校の菊池雄星が目玉ですが、それ以外にも将来有望なすごい選手が多いですね。松坂世代といわれるように、将来菊池世代と言われるような年になるのかもしれません。選抜大会で菊池投手と投げ合って勝った長崎清峰高校の今村投手もすごいピッチャーでした。成長しだいでは菊池投手を上回る選手になったとしても不思議ではありません。大学生では法政大の二神投手もいい投手ですね。他にも横浜の筒香(つつごう)選手や中京大中京の堂林選手も野手としてプロではプレイするそうです。彼らの甲子園での豪快なバッティングは今も記憶に残っています。誰がどこのチームに行くのか、楽しみです。

巨人は過去の経緯からホンダの長野(ちょうの)選手を指名することが決まっているそうです。社会人ナンバーワンのスラッガーですが社会人3年生で年齢的にもちょっと高くなり、即戦力として期待される半面、プロでしかも今の巨人はなかなかレギュラーに入り込む隙のない編成の中でどれだけ実力を発揮できるか、心配なところではあります。去年鳴り物入りで入った大田泰示選手が二軍ではまだまだバッティングが荒削りで、守備ももう一つでなかなか一軍で通用するレベルに上がってこられないことを考えると、去年ある意味大田のおかげで巨人入りを逃した長野がどれだけやれるか、ということになりますね。2軍での大田や中井選手との競争が見ものです。もちろん開幕一軍でやれるくらいの実力があればそれに越したことはありませんが・・・。松本や亀井、谷を上回る活躍ができるのかどうか、なかなか難しい気もしますが、原監督なら必ずチャンスは与えるでしょうね。

でも今年の巨人、すばらしい成績で優勝はしたものの、投手陣は外国人に頼りっぱなしでした。グライシンガー、ゴンザレス、オビスポ、この3人がいなかったら巨人の先発投手陣はどうなっていたか・・・まあ、内海や東野、高橋はいましたが、特に内海、高橋は前半戦散々でしたしね。若手はリリーフ陣には越智、山口、木村などいい投手がいますが、これに続く選手というとちょっと思い当たりません。福田、深田、会田などの投手はどうなってるんでしょうね。一軍でばりばり活躍するにはもう一つ力不足なんでしょうか?だとすればドラフトでは投手を中心に取ったほうがいいような気もします。今村投手か二神投手あたりなら先発として面白いと思うんだけどなぁ。まあでも、問題は2軍での育成だと思うので、巨人や中日、日本ハムなど強いチームはやはり2軍も強い。ここでどんどん経験を積んで成長して一軍で活躍する姿を早く見せて欲しいものです。今年注目の各選手がどこの球団に行くのか、明日は注目してます。

ところで巨人の清武代表が選手の希望球団が自由に交渉できないのはおかしいと改革を訴えていましたね。ドラフトという制度は本当に難しいです。選手たちには当然球団の好き嫌いはあると思いますし、素質のある選手なら球団も当然欲しい。相思相愛でもなかなか有望選手は希望通りには入団できないというジレンマはずっと昔からあることです。一時は逆指名制などである程度選手の希望を聞き入れるようにされたこともありましたが、ドラフト本来の意義を考えると決してプラスばかりではないようです。いまでこそ、テレビに映るのは巨人だけ、というようなことは無くなりましたが、人気球団と不人気球団の差はやはりあります。巨人の独裁体制が変わってきたのはプロ野球界全般にとっていいことだとは思いますが、その分アメリカへの流出も多くなってきました。選手の希望ばかりを優先すると、本来戦力の均一化を目的の一つとしているドラフト会議の意味が無くなってしまいます。職業選択の自由を侵害してるんじゃないか、なんて声もありますが、プロ野球選手という職業はちゃんと選べてるわけだから、どこのチームでプレイするかまで大きな問題とするのはちょっと行き過ぎのような気もします。弱いチームなら出場のチャンスが増え、活躍できる可能性も高まりますし、強いチームでは素質があってもなかなかチャンスが回ってこないこともあるわけですから、その辺は考えようかな、と思います。現にまーくんは1年目から打たれてもどんどん投げさせてもらえて、多くの経験を早くから積めたおかげで今の活躍があるわけですからね。例えば巨人や日本ハムでこれだけ早い成長ができたかというとわからないかもしれません。(逆に20勝投手になってたかもしれませんが)選手は高いレベルで野球がやりたくてプロになるのでしょうから、球団の好き嫌いにかかわらず指名された球団に行って欲しいな、と思います。

「原監督は神ですか?」

昨日のセ・リーグクライマックスシリーズ第3戦、巨人はよく逆転しましたねー。三日連続で初回に先制されて、昨日も初回の失点だけは防ぎたいと言っていたにもかかわらずまたしても森野にツーランホームラン。初回に勝負球が甘くなる今シリーズでの巨人投手の傾向が高橋投手にもありました。その後巨人も初回、2回とチャンスを作るものの要所を吉見投手に抑えられて無得点。またしても重い展開になってしまいました。

高橋投手はその後、2イニング続けてワンアウト2・3塁のピンチを背負いますが、森野・ブランコを連続三振、あるいは吉見投手でゲッツーを取ってしのぎます。この追加点をしのいだことが徐々に試合の流れを引き寄せましたね。巨人攻撃陣は本来の調子を取り戻してきた吉見投手の前にあまりチャンスも作れず凡打が続いていましたが、6回についにラミレスが吉見の球を捕らえました。右中間スタンドへのソロホームラン。気持ちを切り替える前に続けて亀井がライトスタンドへ連続ホームラン。一気に巨人に流れが来るかと思われました。ところが・・・

7回表、6回から登板していた越智ですが、ボールが荒れ気味でやや制球不安定なところが心配でした。昨日もツーナッシングからの3球目、有利なカウントで追い込んでいながら甘く入ったストレートを軽々とライトスタンドまで運ばれました。球威、制球とも調子はあまり良くないようです。先頭の代打井上にヒットを許すと、送りバント後荒木にフォークを狙い打たれて1・3塁。クリーンアップを迎えるところで原監督は山口にスイッチ。山口のボールは素晴らしい切れとコントロールがありましたが、森野の当たりそこねのボテボテのゴロでゲッツーが取れず、三走が生還。その後止めたバットに当たったブランコの打球が1・2塁間を抜けて2点を勝ち越されてしまいました。

7回裏は投手が高橋聡に代わって少しはチャンスができるかなーと思ったけど、3人であっさりチェンジ。あとは8・9回を浅尾・岩瀬で終わっちゃうなぁ・・・と絶望的な気分でした。しかし野球はほんとにわかりませんね。8回表を豊田がピシャッと3人で抑えると、浅尾が登板。やはり第2ステージ初登板の緊張感からか力んだ様子でやや制球が定まらず、先頭坂本にフォアボール。松本がヒットでよくつなぎました。小笠原は倒れましたが、続くラミレス。1.2塁間を抜けようかという当たりをセカンド荒木が超ファインプレイ。先のヘッドスライディングといい、荒木は本当にすごい選手です。これで流れが途切れるかと思いましたが、亀井の打席。ここがラストチャンスと思いましたが、変な当たりがショート前へ。不規則なバウンドで一塁に間に合わせるために突っ込んで取りに行った井端がファンブル。結果ショートのエラーで1点が入りつながりました。このプレイは本当に大きかったですね。あのプレイを井端のミスと責めるのはちょっと気の毒だと思います。処理してアウトにしていればファインプレイ。ここをアウトにしていればこの試合は中日が勝っていたかもしれませんね。

1点差になって代打脇谷。脇谷は毎年、1回か2回、大仕事をやってくれますが、普段はほんとに守備要員。打撃は僕は全く期待していません。原監督はなんでこの選手を期待して使い続けるんだろうと不思議に思っているくらいです。見送り三振じゃなければよしみたいな、そんな代打が多い選手でした。ところがこの場面、やってくれましたね。エラーと一点の興奮冷めやらぬ初球、低めの球を振りぬいた打球はライトの頭上を越えフェンスまで。1塁ランナーまで一気に生還して逆転!意外な一打を亀井が打ってから、わずかの間にまさかまさかの逆転打でした。この場面で出した代打が脇谷、しかも逆転ツーベースって・・・「原監督は神ですか?」という巨人ファンの気持ち、よくわかります・・・。

おそらくは急遽登板になったクルーンも最初は不安定でしたが、先頭の立浪を抑えて落ち着きましたね。ランナーを出してクリーンアップにつながればまだまだ安心できない流れでしたが、今シリーズのクルーンは冷静に丁寧にやってくれていると思います。この王手は非常に大きい1勝になりました。明日は一気に決めてほしいものです。ナイスゲーム!

祝!3連覇

巨人V3達成ー!!おめでとう!
今年は本当に強かった。序盤の圧倒的な強さはもちろんのこと、オールスター以降、やや選手たちに疲れが出て勝ちのペースが落ちてきたときに、中日の猛烈な追い上げがあり、一時は首位の座も脅かされそうになったけど、正念場の3連戦でまさかの3連勝。一気に中日の追い上げムードに冷水を浴びせる形で追撃を振り落としての独走優勝でした。本来なら優勝を一気に決めたこの中日3連戦、このあたりが今シーズンの天王山になるはずでした。ところがそれが一気に優勝を決めるシリーズになるとは・・・。今年は要所要所で中日と当たってそこでことごとく3連勝してきたのが勢いを加速する原因になりましたね。

好投手に当たっても打線が粘り強くなったこと、グライシンガーは本来の力からすればもう一つでしたが、ゴンザレス・オビスポの二人の外国人投手の大活躍、越智・山口の奮闘、そしてクルーンの安定感が昨年より大幅に増したことが特に大きかったように思います。選手たちはそれぞれの立場で全力を尽くしてよく頑張ってくれました。坂本・亀井・松本・木村拓也・鶴岡・古城など、ベテラン・若手を問わずいい働きをしてくれた選手の名前を挙げたらきりがないほどです。阿部や谷も前半はやや出遅れましたが後半は素晴らしい活躍でしたね。そして年間を通して軸となり、打線の中心をどっしりと担って巨人打線の精神的支柱ともなり続けてくれた小笠原とラミレスの二人。一軍にいるすべての選手がそれぞれに自覚を持って集中して勝利に向かう、いい形が完全にできていました。優勝するときというのはこんなものかもしれませんが、ここまでチームを纏め上げた原監督の手腕というのは多くの評論家が高く評価していますね。

内海や東野への厳しい評価や課題、越智や山口に対しても登板過多を心配する声をよそに一定度の配慮をしながらも厳しく結果を求め続けました。期待する選手にはあえて厳しい要求や課題を与え、なおかつ「いまどき」の若者であってもついてこさせる求心力、不調の選手を2軍に落とす際にも腐らせないよう言葉をかけたり、逆に2軍から上がってきた選手はなるべく早く起用してチャンスを与えるなど、選手を信頼し選手からも信頼される、これこそがリーダーシップの真の姿と思える見事な采配を見せてもらいました。WBCの優勝により自信をつけ、風格も出てきた原監督の名監督ぶりが今後も楽しみです。

今年も2軍から上がってきた若い選手の台頭が多く見られましたね。松本、中井大介、円谷、オビスポ、工藤、木村正太など。巨人の岡崎2軍監督や斎藤コーチ、小谷コーチあたりの指導力も他チームのフロントからは高く評価されているようですが、1軍で通用するレベルの若手がどんどん上がってきて、原監督も状況に応じて早め早めに起用して育てながら勝つ、という難しいことを上手にやっています。中には期待したほど活躍できなくてすぐ2軍に戻される選手もいますが、その辺の見極めが原監督はうまいと思います。期待の大田選手も来年当たりは力を出してくるんじゃないでしょうか。楽しみです。

優勝を決めてビールかけが終わった後、選手たちはインタビューにも淡々と答えて、話題はすぐにCS、日本シリーズに向いていました。監督も選手たちもリーグ優勝に浮かれる気持ちはまったくなく、目標は日本シリーズ制覇にあるというのがはっきりと伝わってきました。「今年こそは」日本一になって欲しいと思います。

まさかの3連勝

今回の中日-巨人3連戦は何とあの中日を相手に3連勝。優勝マジックまで点灯してしまいました。まだ中日戦は6試合も残っているし、天王山と言うには少し早いと言われていましたが、それでもこの3連勝は大きいですねー。巨人優勝に大きく前進しました。最悪一つ勝てばいい、勝ち越せたら上出来と思ってたんだけどまさか3連勝とは嬉しい誤算でした。

やっぱり大きかったのは初戦の逆転勝ちでしょうね。難敵チェンを相手に中盤まで2点のビハインド。かなり苦しい展開でしたが、ゴンザレスが終盤まで追加点を許さずよく踏ん張ってくれました。そして攻撃陣も岩瀬が出てくる前によく同点に追いつきました。前のゲームでヤクルトの守護神イム・チャンヨンから粘って押し出しとはいえ逆転した粘りがチームにいいムードを呼んでいたのかもしれませんね。この厳しいゲームを逆転して勝ったことがこの3連戦の雰囲気をがらりと変えてしまいました。

2戦目は苦手の川井投手でしたが、このところ調子を上げてきたラミレスの大活躍で圧勝。この連戦で勝ち越して勢いをつけたかった中日のリズムを大きく狂わせることに成功しました。こうなると流れというのは恐ろしいもので、勝ちたいばかりに固くなる中日選手と2勝して気が楽になった巨人選手の気持ちの差がはっきり出たのが3戦目でした。あの中日が内野手のエラーで失点したり、ちぐはぐな攻撃で点が取れなかったりするんだから、やはり野球は人間がやっていること、気持ちの問題や勢いの問題は大きいんだなって思いました。

クライマックスシリーズがあり、巨人の目標は日本一奪回にあるんだから終盤の勢いは大事。ゲーム差があるからと言って油断せず、いい試合を続けて行って欲しいものです。高橋由伸は帰ってきたけど腰の状態は万全ではないようだし、中継ぎ投手陣も一時の疲労状態からは回復しつつあるようだけどまだ少し心配がある。木村正太がいいピッチングをしていることや、松本の調子が上がってきたこと、ラミレスに本来の長打力が戻ってきたこと、坂本も調子を戻してきてることもいい材料です。若手の力で更にチームに勢いをつけて欲しいところですね。

Profile

とこちゃん

Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor 天気
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
楽天市場
プロフィール

とこちゃん

  • ライブドアブログ