こんにちは!
デザイナーの小嶋です。
30歳以下しか参加できない青年会のフレッシュなブログですが、
オーバー40の僕が、また記事を書かせていただきます。



数年前までは、
キャラクターを使用した広告展開は、小児科さんが主流という感じで、
全体的にクリニックのデザインは固いものが多いなという印象でした。

最近では、時代の流れもあり、
東海広告デザイン室では、
診療科目関係なく
やわらかくて親しみやすいキャラクターでの広告展開をご提案しています。


chara-01

しかし! 勘違いしてしまってはいけません!
やみくもに広告面にキャラクターを入れれば良い広告になるというもんではありません!


クリニックの雰囲気に応じて
じっくり練りに練ってデザインされたキャラがあり、
それを活かすブランディングがあってこそ、はじめてキャラクターが活き、
良い広告となるのです!

そこがまた広告の難しいところなのです・・・



そこで、ブランディング確立へ向け、
クリニックのコンセプトにあったキャラクターを提案し
まずはキャラクターで目を引かせ、興味を持ってもらうことで、
クリニックを深く知ってもらう「キッカケ」「入口」となるようにお手伝いしています。






ここで、いくつか
キャラクターブランディングのお話しをしていきたいと思います。

まずは
伝馬歯科様のキャラクター「みがクマ」です。

migakuma-01


歯をみがく と クマ で、「みがクマ」です。
顔が歯になっていて、ツキノワの部分がハブラシになっています。


展開例:電柱広告

小学校や幼稚園周りの電柱に連続的に掲出し、
通学中の小学生や園へのお迎えの親御さん達に話題になるようにと考えました。


IMG_9917
IMG_9922

ありそうでなかった、矢印誘導の代わりをキャラクターがやってくれる電柱広告です。
みがクマが「あっちのほう」と指差してくれています。
「伝馬町徒歩5分」の誘導文があるので、アバウトな方角案内でもOK。
まずは、何コレ?って思ってもらうことが重要なんです!

ありきたりなデザインになりがちの電柱広告ですが、
院名よりも、標語やキャラを目立たせることで
目を引くデザインとなります。
ガチャガチャと奇抜な色合いにせず、
あえて色数を減らすことも効果アリ。
ダークネイビーの中に差し色のオレンジが映えますね!



展開例:ビル壁面広告


壁面でもキャラクターがしっかりアピール!
134524 (2) 2

大事なのは目を引くこと!それが「みがクマ」なのです!
そうすることで自然に目線の誘導ができ、「矯正歯科とインプラント」を読ませ、
さらに、検索窓=伝馬歯科 に誘導できる仕掛けです。


屋外でどれだけ文字が大きくても、興味をそそらないと読みませんよね?
景色と化してしまってはいけませんから!

目立つ イコール 「目を引くデザイン」でないといけません。




続きまして、

すずこどもクリニック様のキャラクター「れおくん」です。

suzu_leo-01


顔が「すず(鈴)」になった子ライオンです。
たくましく強く育っていってほしいと願いを込めてライオンをモチーフにしました。

最初はマークの中の顔のみだった「れおくん」。
このマークを
院長先生に大変気に入っていただき、
webに登場するにあたって体ができ、家族や友達ができ、、、、

あれよあれよと、、、、

今ではこんなに増えました!!!!(本当はもっといます)

suzu_nakama-01


展開例:絵本

なんと、れおくん、絵本になりました!!

suzukodomo_book-800x800

院長先生は、小児アレルギー治療や、漢方治療に特化し
ステロイドを使わない診療を心がけていらっしゃいます。

そんな院長先生の思いが、子供達、親御さん達にもっともっと分かりやすく
伝わるようにと、アレルギー治療についての絵本制作のご依頼をいただきました。

IMG_3635

今では3冊を刊行するにまで至りました!
院長先生ありがとうございます。


先生とヒアリングを重ね、おおまかなストーリーを決め、
ページ割、台本ができてから、挿絵を入れていきます。


今では主人公のれおくんを抑える人気キャラが出てきたりと
子供達には受けが良いようで何よりです!

そして、次回4作目のお話もあるようなので
今から気合いを入れています!!



展開例:電柱広告

こちらも院名より標語やイラストで目を引かせます。

都西分8完成
都西分7完成
都西分6完成


実はこれ、内山小学校学区ということで
「う」「ちや(ゃ)」「ま」の頭文字で、あいうえお作文的な標語になっており、
連続して掲出することで、合わせて学区名になるという仕掛けです。


院長先生に伺ったところ、
この電柱広告を見て来ましたという患者様がいらっしゃるようで
嬉しい限りであります。


クリニック周辺の
その他の学区でも頭文字にて同じ展開で掲出しております。
千種区に行った際は、ぜひ注目して見てみてください!!


長々と書いてしまいましたが、
これからも「人のココロを動かすデザイン」をモットーに
がんばりますので、よろしくお願いいたします。


ではまた