医学博士で心臓血管内科を専門にしている坂井秀章先生
(はまのまちハートクリニック・ながさきハートクリニック理事長)
を招いて毎週火曜日に放送している「ハッピー診察室」。
今回のテーマは…。
S02液晶-テーマ

まずは歴史から
S03カカオ豆、チョコレートの歴史

マヤやアステカなど古代メキシコでは、カカオは
「神様の食べ物」といわれ、大変高価なものでした。
それが16世紀頃ヨーロッパに渡り、上流階級の人が
シナモンや砂糖を加えて飲み甘い飲み物になりました
19世紀になると、固形にする技術ができ、
チョコレートを食べることができるようになりました。
そもそも日本へはどのように伝わってきたんでしょうか
S04液晶-チョコレート伝来

阿蘭陀商館員が自己使用のために持込んだ物が遊女への払い下げ品として流布したもので、
量的にも少なく、大変珍しいもので
長崎だけに知られていたと考えられます。
チョコレートの原料は
S05液晶-チョコレートの原料

チョコレートは、カカオの種子を発酵・焙煎した
カカオマスを主な原料としています。
S06液晶-ポリフェノール

そのカカオには、ポリフェノールが含まれています。
動脈硬化やガンなど、さまざまな病気の原因となるのは、
「活性酸素」。研究では、それを抑制させる働きがあると
言われているのが「ポリフェノール」です。
内閣府が進める、「脳の健康」の研究チームが中高年の
30人にカカオを多く含むチョコレートを1か月
食べさせる実験を行い、学習機能を高めるとされる
大脳皮質の量が6割の人で増えたと発表しました。
しかし、チョコレートを食べることが若返りにつながる
メカニズムはまだわかっていません。
本日の処方箋
S09液晶-処方箋

この処方箋は一週間分ですので
来週火曜日にまた必ず当診察室を受診してください。
ハッピー診察室では質問も受け付けています。
身近なことで構いませんのでお送りください。
0205_はがき(打ちかえ不可)