医学博士で心臓血管内科を専門にしている坂井秀章先生
(はまのまちハートクリニック・ながさきハートクリニック理事長)
を招いて毎週火曜日に放送している「ハッピー診察室」。
今回のテーマは…。
S02液晶-テーマ

大動脈瘤とは…
S04液晶-大動脈瘤

動脈硬化などで弱くなった大動脈に、こぶ状の膨らみが
できることがある。これを、「大動脈瘤(りゅう)」と呼ぶ。
“瘤(こぶ)”は風船と同じで、小さい時は
大きくなりにくいが、いったん大きくなり始めると
加速度的に膨らみ、最後は、壁が薄くなって破裂する危険がある。
ほとんどが無症状なので発見しにくい。
破裂してから初めてわかることが多い
S05液晶-大動脈瘤破裂の死亡率

大動脈瘤破裂の場合、心肺停止で来て、
心臓マッサージをすれば、かえって血管内の血液を
血管外に押し出すことにもなり、どうしようもない。
だから予防と検査が重要。
破裂したら、ほぼ命にかかわる病気です。
胸部大動脈と腹部大動脈にできます。
S06液晶-大動脈瘤

S07液晶-腹部大動脈瘤

病気の原因と検査は…
S08液晶-大動脈瘤の原因と検査

人工血管に置き換える手術
最近では、ステントグラフトと呼ばれるカテーテルによる
治療もある
S09液晶-大動脈瘤の手術

大動脈瘤が破裂したら死亡率が高いので、
動脈硬化のリスクを持っている人は、一度CT検査で
動脈に瘤(こぶ)がないかどうかチェックされることを
おすすめします。
そこで本日の処方箋です。
S10液晶-処方箋