2012年09月

2012年09月15日

政治屋さん

DSCF5550忙の字は心を亡くすと書く。

忘の字は亡くした心。双方ボウと読む。

ボウっとしている暇はないけれど、日々やることを追いかけていると、やらなくちゃいけないことも忙しさ紛れで忘れてしまう。

物事優先順位だけはつけたいものだ。

テレビをつけると今、政治屋さん達が立派なことを言っている。

言うは易しというけれど、彼らが国をつかさどるなんて、あまりにもおこがましい。

リーダーは言うだけでなく、行いも伴なわないといけない。自らをタイトに律しられる人でなければならない。

今の私…なってない。いけない。反省だけではだめだ。

携帯が壊れた。ショック。っていうか、もう携帯なんて持ちたくない。昔のように縛られない生き方をしてみようか。

2012年09月11日

計画と行動

DSCF5551計画と行動。どちらも大事。

それが一致できれば申し分ないけれど、なかなかそうはいかないだけに難しい大義だ。

私の場合、猪突猛進的な部分がかなりあり、思い立った瞬間に動いてしまうことがある。

そこには緻密な検証だとか計算だとかは無い。行けると思えばまったなしで突入してしまう。

一人で済む問題なら別になんでもないのだが、組織としてそれはいかがなものか。

そこにひとつの難儀があり、ひとつの苛立ちもある。行かれるのに後ろ髪を引かれるマッタ…

右手と左手が同じ位置と勢いで重なると手拍子が出来る。しかし、高低バラバラだといくら合わせても音すらならず空振り。

どうやら、計画づくりが組織を動かす上で大きな役割を果たすらしい。頭にあるものを形にする。実は苦手。

と言いつつやらなくちゃいけない。感覚や感性では成り立たない計画づくり。緻密さが要求される。

語るから誰か作ってくんないかなぁ…