2013年01月

2013年01月31日

悪者探し

今、いじめや体罰問題が取りざたされているが、昔から常態化されているから特に驚かない。

確かに人間はやられたことをやってしまう傾向にあるので、その辺は冷静に立ち振る舞わないといけない。

私は悪ガキだったので、親や先生からいつもボコボコにされてきた。もちろん嬉しいわけはない。少なくても感謝はない。

小中学校で何度もあった連帯責任という全員正座とか全員ビンタ。

誰かの筆箱が隠された。消しゴムが捨てられた…全員目をつぶらされ、やった者手を挙げろと先生。続いて見た者、知っている者と聞いていく。誰も挙手しない。すると、渇!といわんばかりに全員ビンタ。

今思うとむちゃくちゃだ。私など、名指しされ、お前本当のこと言えよとすごまれる。何もしていないのに疑われ、給食抜きにされたこともある。挙げればきりがない。

悪者探しは確かに原因と結果追及において、最たるものではあるかもしれないが、問題解決にはならない。

いじめもそう。いじめた人間を問いただしたところで何にもならない。

大切なことは、人を敬ったり認め合える環境をどう作るかだ。そう、チーム作りだ。

例えば、野球でエラーして負けた。当事者は当然落ち込む中、お前のせいで負けた。あいつがいなければ勝てた…と、監督、選手、周囲からなじられたら、全員にいじめられたのと同じ構図だ。

どうフォローするのか、負けても頑張ったことに対して、ねぎらいや称えあいを行えるかどうか。そこで人生が終わるわけではない。当人も周りもそれを教訓にどう前向きに活かし、成長につなげるかを考えなくては、その負けは人生の敗北になってしまう。そんなことで人生を終わらせてもいけない。

自分は責めてもいい。だけど他人を責めたり、攻めてはいけない。頑張っている人にはとにかく褒める。

そして、指導者は皆が一生懸命頑張るような仕組みや環境を整えるようにしなくてはならない。

わが社もそう。特に店舗においてはみんなが同じ方向を向いていかない限り、戦えるチームにはならない。好き嫌い、感情のままでやったりやらなかったりではいけない。

今、ちょうど卒業シーズンの入れ替わり時期を前に、各店今一度現状のスタッフの和について考えるタイミングなのかもしれない。

強い個の集団は勝ちに走り、他人を蹴落としても這い上がろうとする。勝って自己評価を上げようとする。

弱いけど、チームになっていければ、皆で協力しながらひとつのことを成し遂げることが出来る。

私は後者を選ぶ。しかし、弱いままで終わらせてはいけない。チームになれば目標が出来ることによって、そこに向けてまい進することができる。

今、社内の仕組みづくりと店舗のチームづくり並行しながらだけど、やらなくてはいけない。







2013年01月25日

志望の道

今、受験シーズン真っ最中。

下の娘は第一志望高校の推薦は叶わなかったが、第二志望はたった今、合格通知が届いた。おめでとう!

まだ一般受験があるんでがんばって欲しい!

考えれば私の受験、進路は一度も第一志望に受かったことはない。

高校、大学ともに第二志望。大学受験ではどうしてもリベンジしたく、受かった大学があったにも関わらず浪人を選んだ。

結果はまたも不合格。第一志望合格は叶わなかった。

就職もそう。希望通りにはいかなかった…

いつも第二の人生??

しかし、所属した本郷高校、明治大学、ミツカンもどれも誇りを持っている。

愛校心や愛社精神は今でも持ち続けている。

もちろん、後悔もしていない。そこにいて学んだ事経験した事、全てが財産だ。特に友人や出会いは計り知れない。

脱サラして選んだ居酒屋の道。考えれば、この瞬間こそ、人生最初の第一志望だったもしれない。いや間違いなくそうだ。

しかし、続ける中で試練は次々起こる。正直へこたれたくもなってくる。

だけど、好きで選んだ道だから、軌道修正をしながら進んでいかなくてはならない。

今もこの仕事に誇りを持っている。以前のようにもっと発信しないといけない。自分らしく生きよう。

ヤッパ自分にはこんちくしょう魂がないといけない。本気で立ち向かう。



2013年01月15日

病床にて

mini_130113_1733 (3)今日、やっと布団から出た。と言っても、まだ本調子ではないので、また休むのだが。

4日も寝っぱなしだったのは近年記憶にない。

5,6年前インフルになったが、タミフルですぐ直ったので、そこまで苦しまなかった。

今回は風邪の診断が、実はインフルだったところに長引いた要因があったのかもしれない。

何れにせよ、歯がゆい思いを余儀なくされた。

営業は出来ない。取引先との打ち合わせも4件延期。家族とのお参りもしかり。

家の中にいても受験の娘の手前、犯罪者のように隔離されてしまった。

雪かきや犬の散歩、買い物等、家内への負担も大きく、大変迷惑をかけた。人手不足の中動いている社員へ対しても大変申しわけなく、かたじけなかった。

友人との飲み会はまだしも、東家での本郷高校カヌー部OB会顔出しもそうだし、あの甲斐バンドライヴにも行けなかった(涙)

不自由の中で、普段当たり前にやれていることが本当にどれだけ大きなことなのかを痛切に感じた。

しかし、おもしろいことがひとつだけあった。それは大好きな酒を飲みたいと思わなかったこと。むしろ、見たくもなかった。

ということは、もしかして、普段当たり前に飲んでいた酒は実はどうでもよいことだったのかもしれない?

寝る時間も短くさせ、飲みすぎて翌日に悪影響を及ぼす酒は、病床では魔物と思えて仕方なかった。

お茶が恋しくて、どれだけ美味しいものなのか。ポカリがこんなに素敵な飲み物だったのか。ホントにそう思えた。

病床の中ではっきり見えたのが、健康、仕事、家族、社員、スタッフが大切な領域で、飲み会やライヴ、外出や買い物、遊びは二の次、三の次の領域だったということ。酒は番外(笑)

もしかすると、いろいろなプレッシャーやらストレスの中でその順序が逆転してしまっているのではないか。いつの間にか、悪の誘いや習慣の中で、大切なものを見失ってしまっているのではないか。

これを機にしっかりと自らの方向を変えて行かなければならない。良い転機と捉えたい。






2013年01月13日

インフルエンザ

先週の木曜日から調子は悪かったけど、今倒れると大変な事になってはと翌日病院へ。

風邪との診断で薬をたくさんもらった。

いっこうに熱が下がらないので、今日違う病院に行ったらインフルとの診断。

イナバウアーならぬイナビルという吸入器を2つもらっただけ。

これで治るのだろうか??

体調が悪いと何も出来ない。自制しないといけない。

現場の社員、スタッフにも風邪やインフルが蔓延している。

言葉だけでなく、予防接種等の策を考えないといけない。

スタッフには感謝してるけど、いろいろと申し訳なくてならない。

まずは早く治さないと…

2013年01月08日

後悔しない航海

皆様、遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

いろいろやりたいことはあるけれど、できないでいるこの現実をどう打破するのか。

即実行が自分の取り柄であったけれど、それが失敗の始まりになったのも現実。

そうすると身動きが取れず、うようよと浮かんでいるだけの船になってしまう。

自分は船の舵取りをして来た。しかし、何艘もの舵取りは出来ない。

やり方は見せてきたけれど、同じように出来ないでいるのを見て悶々としてきた。

同じことを繰り返していてはいけない。

一旦、船を降りて、航海図を見せてゴールを示さなければならない。

今週から社員面談が始まった。ゴールが行きたいところになるために、目的地を合わせて行こう!

行きたくない所にいくのはやめよう。行きたい所をたくさん探して巡って行こう!

そうすれば辛い航海も楽しめるはずだ!共に船出しよう!