2013年04月22日

馬場は激戦区?

先週、高田馬場店が15周年を迎えました。

ひとえに支えてくれているたくさんのお客様、スタッフ、業者様、家族、仲間、みなさんのおかげです。

ここに改めて、感謝の思いを伝えさせていただきます。

「いつもありがとうございます!」

そんな中、ビルの2階に近隣で3店舗目の居酒屋が入り、1階も近々他のテナントが入るようです。

うちはうち、という発想ではなく、ライバル意識で対応するのでもなく、ビルが飲食ビルとして多くのお客様に認知されるとするならば、それは良い効果だと考えたいところです。

この間、周辺をくまなく散策してみましたが、15年前に比べると倍近く飲食店が増えているのは確実です。

物販店が減りました。洋服屋、本屋、八百屋…いわゆる商店街が崩壊する中で、飲食店だけが増えている。

しかし、早稲田通りは入れ替わりも激しく、月に数件はテナント工事が行われているのも事実です。

乗降客数や人口は多い街ですが、学生という入れ替わり、浮遊層も多いという点を考えないで出店すると、これはかなり危険です。

とことんは学生をターゲットにせず、周辺のサラリーマン、OLに支持されるように努めてきました。

今後も同様に必要とされる店として認知されるような行動をしていきたいと思います。

とことんは本日より、日本酒飲み比べを始めます。

今後ともよろしくお願い致します。

併せて姉妹店、どんどこ西池袋店、東家所沢店、俺たちの炙り家新狭山店もよろしくお願いします!


tokotonsuzuki at 10:41│Comments(0)TrackBack(0)社長の独り言 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔