2013年06月14日

球の話

おはようございます。

今、プロ野球の公式球が今年から飛ぶ球になっていたことを巡り、コミッショナーの発言が物議を醸し出しています。

不祥事でないとか、知らなかったと言っておりますが、それはトップとして言語道断です。

仮に事務局から知らされていなかったとしても、本人名が球に印字されているわけですから、責任は明確です。

即刻退場でしょう。

部下が勝手にやった…

弱小組織にありがちなパターンですが、それを一度許容してしまうと、時に制止出来なくなる危険性があります。

必ず目を凝らして、チェックする仕組みを作らないといけません。

現場は楽な方に、また暴走する傾向にあります。

手法はいくつもありますが、道筋だけは明確にしておかないと、方向が違って進んでしまってから戻すのは、お互いにストレスを感じてしまいます。

やはり理念に沿った道筋。最後はここしかないと思います。

教育も作業に従事させるのでなく、なんでそうなるなかの意味合いとやった事の喜びを伝えないといけません。

繁盛店は一日してあらず。教育に王道はなし。

ひとつひとつ積み重ねながら、言い訳でなく、意義を語っていきます!



tokotonsuzuki at 10:02│Comments(0)TrackBack(0)社長の独り言 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔