相手方御名前は聞きませんでしたが、全て「例えは駄目です」と言うのが印象的なイスラム圏のこの方、(autism)アーチザムの如くに西アジア北アフリカの現イスラム パックス圏の利用者との通訳をしてくれたレディ、通訳有り難う御座いました

@tanakaTokugawa このアーチザムの人と良く似た作家を竹中直人氏が真似していました、おんなじだった「そんなんじゃなくて!そんなんじゃなくて!」竹中直人氏の真似が面白かった 

この外国人は翼参を使う君臨者グループらしい

@tanakaTokugawa イラン革命時にホメイニ氏は知られる存在では無いが宗教指導者の立場を持ちそのグループを使う事が出来、10年でホメイニ親衛隊迄作り上げた、シーア派を立てたのでは無い、ホメイニがシーア派を翼参化したのだ


@tanakaTokugawa 内向的な三人称で 俯瞰でしかない、そのグループ以外には通じない話しであり、作ったものだ 有史以来今だ必要の無いものを理想と思わせるアニミズムであり世俗でしかない 、責任回避をしつつ洗脳の道具

《Twitter短文なので注釈、アニミズムとは精霊的な存在性、

アニミズム=人との関係は超能力者の下僕の神(都合良い個及び団体用で上位に置き逃避用でもある) 

・マナイズム= 其の場所のパワースポットから引き出し表した個、人格と云う意味、

団体のパワーは帰属性で現れる、

どれも人の思惑(自分たちの団体からの人格と個性を持たせ作った聖霊の大王化 )イベント ドラマ化への所作だ、

かの男について 叉一人加わって来たと思った、其々の一神性教義だ 彼等も対比の上だ、この男の態度からもアーチザムを感じた其は

便乗分派)

@tanakaTokugawa 私の剣を蕃族が奉っているが其のままにした、彼等には理想的だったろう、剣だから概念化にはね、

落し物で有りアリストテレスを知ってるローマは思うだろよ、

おのれ等の神に議会出席するシーザーの剣を蕃族は射し込み、シーザーの人格も使い神を殺すそして概念化し叉殺す

@tanakaTokugawa 

概念もグループ別の俯瞰であるのにその固執を誤魔化してコントロールしたいようでした、 通訳は邦国の皇貴な生まれのladyでした


@tanakaTokugawa 存在性について 人の考える事は同じ、

その加わるグループからも逃避に自分の俯瞰を使うに辺り責任転嫁をする 

それも自分のコンセプト(概念)以外は不必要としているが、通用しないので洗脳型と階級性を取り入れてるだけ、


@tanakaTokugawa これ等の概念グループは主体的になり得ないし 不必要

「例えては駄目です」と言う彼が哀れでそれは例えだと言えなかった 

しかしこちらは否定する、社会認知には存在性の有る勢力化にしなければならない、この人のコンセプトは崩れる


@tanakaTokugawa 私の知る内向的な人の動きを紹介する、その人は狂人扱いは人生のなか何度か有るだろうそれで身に付けたのは沈黙しかし社会参加はしたい、

群衆の中に現れ沈黙していた、人が立ち去ると壁の前で静かに佇む、それを見て嘆きの壁での瞑想の様だった、


@tanakaTokugawa 群衆と供に社会参加したがる沈黙の内向的な人が 群衆では無く目的の有るグループに残れるのは、

その稀有な存在が目的グループが他との対比に利用するときの道具としてだ、

往々にしてその者もそのグループ一部もそれを崇高と錯覚を起こす、



アカイア ギリシャ文明の哲学

例えたものをコピーし「例えては駄目です」に変えたものでした

小さなグループ作っておくと楽である、作為も責任も薄まって場合によってグループ、又は「例えては駄目なもの」 の為と言い換えにも出来る

方便は正当では無い

同時代に方や政務会議、方や神話、


繊細者を先頭に遣い(使い)レベル落ちをも利用 する、


追記18s:テロ、縁付け等と言いながらマウンテング、バイアスの心理の行動も、日々の生活行動も方向性が有る 、合致した時が運命、偶然では無い

(書き忘れていた)

(autism 対人交渉を極力避け、願望や苦悩を抱いたまま、自己の内界に閉じ込もる状態;からの対人社会認識、孤立不安 )


(16s2/12 文改 追記)

…………………………………………………

社会主義圏も其以前の歴史を踏襲し宗教組織帯も傘下にして主宰行為を手にしている、

勿論無神者国家だ、それ以前の市民革命から魂と言う階級の拒否世界は在る、その旧権威の組織内化は

徳川の各宗門を制圧と変わらない、黒衣の宰相は当たり前だ、

其と西側からアスピリンが入らず未来への希望も持たせなければ、

西側インドネシアの集落の祈祷士は病に祈るが、

マラリアならばどうすると聞かれ 答はアスピリン飲ませると云う (Twitterより)


社会主義圏にしては伝統継承型の、主宰内での寺院は許容して、

神秘超能力型の形は ジャンヌダルクが神秘から自分の魂と言う階級を創ってくれたキリスト教文化に従ったように崩し捨てさせて行く、

戦国カトリック大名は御家の主宰をしている

この点は良く判っていたろう

公儀への叉、内心への暫定的なプロデュースをしはじめローマカトリックの勢力帯より 離れた切支丹で本質的させた、

カトリックとは無縁にみずから進んだ、 (Twitter寄り)


帰属する団体により其の生命の寿命は決まる、

「言っても聞いて貰えないならば、やめた方が良い]と思うなら 埋没であるし、

それで付属しているつもりなのだろうか、人によっては、スポンサー的な思い込みをもって件のごとくものを言うものもいるが、

単なる伏兵に過ぎない、本団体の攻防の様子をうかがっての奪い取り行動だ


トリムルティを元と無縁で整理決議させたローマ、

ローマはアポロンの文化であるがエジプト神皇もかねている、エジプトはラーの世界だ、 


エルサレムにはローマが居る、

隔絶される事を平和と秩序としてエルサレムの譲歩と新勢力や仲介者はローマの主権を脅かす、無縁にする 

(17s12/23 追記 )


担ぎ上げる人格を現した新勢力が旧来を破壊した場合

其の場所が伝統権威地、神聖地であっても其れまでにあった性格人格のパワーを受け取れる物ではない、

旧パワーは内部からの食い潰しと為るからだ、

破壊者が潰した人格からの約束を取り付ける事と同じだ、

其を行えば先の人格が表されており新勢力は旧からの名義で行うの事と為る、


性格ではない、性格で物と見なしパワースポット化として前の力の元との契約となり模造品で、邪だ


概念因り人格が作られ本尊となり、シッダルータは脇仏叉は要らない、本尊に対しての裏切り行為だからだ

それぞれ基本は全知全能永代を言っているが、世の勢力組織が結び付いている、有史以前から団体の攻防はあった、


旧来勢力因りは貴種が現れる、


同調性、即ちその場だけの嘘 を使って侵食も行ってくる場合も有るが、

たかる者はたかる事のみの知恵である、

貴種の者叉はその側の者の優先事は既得制圧者側で有ることから踏襲 方法に至る、

「彼の息子」だと云う事は、

子供年齢でも関係無く寄子の話を聞いた事情通では終わらない、叉首謀者としてターゲットにも為る、


集めた互助会的な冒険物語な仲間受けヒューマニズム ロマンチスト達に行う「和睦」は一部の者を残し

集まった寄子の分裂、圧迫を手伝わせるのを手段として採る

和睦の、残す者も排斥される者も其のパックスゲスト身分では無いからだ


アトス、アラミス、ポルトス、アラミスだけ彼の行動と心の支柱がこの世に有る、現したとする外部勢力


各団体が唯物論で創った唯一人格神仏との運命付け用の階級が同等性の魂等と言うものだが、

曖昧な言い方で参動するためと他からの引き込み安くする為の階級だ、


則ち全能だか深淵な全知があり、

未必性 (出来ない、慈悲も 守護も 人も 寺院も指導も関係無い、) をも現す、

この世と結ぶ神仏の奇跡を創ったするこの世の団体勢力の引き込み用と責任のがれだ、


唯一神論(本尊)組織の唯物論は現す団体の集めた魂の気化、来生で叉殺すこと神との融合等と言う

先史以来これ等の団体があり攻防がある


犬でも知っている事は噛めばお仕舞いだ、


だからこれ等の自称オブザーバー団体グループは自覚し《止めてしまう》団体関連の運命を口実にし未成熟性を表明する、

そして《有る》と翼産者をも使い埋没し公につながる
…………………………………………


此方の十年来の国政方からの懸案の話しを友とした、いわく 「その人 ずるいね」と言われ なるほどと思った

何処で此方とリンクするのか と、思っていたが

「ずるい」とは考えていなかった

(matterに変わる事も考慮せねば、「知らない勝手に言ってる」程度ですまぬ事、)


「懸案からはじまる話し」

http://blog.livedoor.jp/tokugawawakou/archives/1068429421.html

こちらは元老では無いつもりだが、

わが先祖に徳川老中達がゐる(首相)、幕末先祖老中の失敗は「名門」と「思う」で参与に加えてしまった、

年寄り達は任期と決議が有るが「名門」に任期は無い、名門は 思う参同者達と思いを変質させた、


「彼の元老は年寄りだ、それで我らのリーダー取られたね、

彼は直接言ってくるな、リーダーは彼に上げてしまおう、なあにリーダーは此方側だ上手くやってくれるよ」

モーゼとその互助団体に見せた勢力は都から離れた、

キャンペーンではない参同を取り入れた、勢力帯の頭の決定だ、

西側パックスにゐて、叛服のGoogle も同じよふ事、
モラルは先史依頼である「 有る」のだろうか、

源資(根本)等無いとするのも、その文化圏、団体内で通用もしない、

ギリシャローマの混沌はその文化圏の人格も表している、

仏教他、唯一論、それぞれの源資とは別人格で叉同宗門間でも國別の物語があり他との統合性なはない、有るぞ、その勢力は、

チベットは仏教の聖地でも釈迦の聖地でも邦國の物語の出来た神仏の聖地でもない、


自己勢力の神秘主義者正当性で魂をつぎに受け渡す儀式等の他行為の正当性は複数の受け継ぎ者を政治的に作り出し確保した者達が正当性が出る、たとえ法衣に共産党のバッチを附けていても優位になる、
単なる互助組織では無い、
それらを神話ではなく歴史上決定を附けたのはこちら達であり、

テロ宗門に 宗門や結社の自由、表現の自由、

行動の自由、団体許可を貰ったと言うが徳川の私から承認があるのかと、


荻生徂徠朱子学との朱子学及び道教世界観論争での気、魂の拡散論(存在の抹消)は道教の源資内での話であり、
所属する
現実に有る来生性もロマンスに置き換えた、団体の責任回避でもある、

日本において

徳川の源資で有る神仏混合の神君家康の有る様、東照権現及び神仏は東照宮より幕府側明治側、掘り返され連なる源資が無くなっている、
元より神秘の名義用の為の人物でも無い、再概念化思い込みアイテムでは無い、神君は記録では無い、人格殺しロマンスだ

廃仏毀釈以後の御先代は徳川家でなおさらに無い

自らも判りきった責任逃れを行ふ為から「私」一個人称や小家族を自称しだし、かなわぬふりで見棄て、

なおも背信(裏切り)の正当性を足す為に 此方に相談事の如く聞く者、集団、

どうしたらいいか、等と聞いて来る者に

努力してきた者を差し置いて、裏切りを足させたのは此方と責任を取る、

その「私」一個人の背景集団にも告知し許さない、

天下取り神君の先鋒隊は、敵側からの徳川に付いた領主だ、
(上野東照宮)

有邦のもの 法度のもの故に ものを思うの、
法案の上で魂の同類性は無いぞ、其を云う者は引き込み用食い潰しものだ、 異質異戒も含め他も制圧下に置いたものだけだ、