Boot CampでMacにwindows7をインストールする方法についてです。
MacのOSは基本的にMacのOSが使われています。
ですが、windowsの方をMacのPCで使いたいユーザーもいますよね。
そんな時の方法について、説明します。

ツールはBoot Campを使用します。
このツールは、HDのパーティションをフォーマットなしで二分割する事が可能です。要するにMacのOSを残しながら、windowsのOSを同時にインストールする事が可能なのです。

まずはwindows7のパッケージを用意します。
使用するOSを別途購入しなくてはいけません。
また土台となるPCにインストールされているMacのOSにも注意が必要です。新しいOSですので、MacのOSにも新しいバージョンである必要があります。
システム条件についてです。
Mac OS X v10.5 Leopard、Mac OS X v10.6 Snow Leopardのどちらかであつことが必要です。
または Mac OS X v10.7 Lion に付属している Apple 製の Boot Camp ソフトウェアを使用することですね。
この条件がそろって、Windows7をインストールすることが可能になります。
他にPCのHDですが、空き容量として32ビット版では16G,64ビット版では20G必要になります。他にOSをインストールする為の光学式ドライブまたは、USBが必要ですね。

さて、肝心のインストール方法についてです。
ューティリティフォルダ内にあるBoot Campアシスタントを開きます。
次にWindowsパーティションの追加を行います。
それが済めば次はWindows7のインストールDISCを入れ、インストールします。
ここでの注意として、インストール先にはBoot Campと書いてあるパーティションを指定します。

フォーマットを行った後インストール、Windows7がMacで使えるようになりますよ。
最後にMac専用のドライバなどサポートのソフトウェアをインストールすれば完璧です。

スポンサードリンク