windows7になり、機能はアップしましたが、それに応じてソフトの方も重くなっています。
加えて、やれることも多いですので、データは蓄積されていきます。
その結果、PCの処理速度が遅くなったり、動作が重くなったりします。
ここでは解決方法について書いていきます。

windows7が遅い!重い!を改善する方法について、まず大切なことはパソコン内の整理です。HD内が一杯だったり、メモリは不足していると動作は重くなります。
デスクトップ画面の情報量にも注意です。デスクトップ画面のアイコンが多すぎると初期の動作が遅くなります。その為、まずすべきはメモリの負担を軽くする為のレジストリの削除と、デスクトップアイコンを清掃、フォルダにまとめることですね。
HD内の整理もすれば、さらに効果はアップします。

またパフォーマンスも大切です。
動作について、品質を優先にするか動作などのパフォーマンスを優先するか選択可能ですので、パフォーマンスを優先する選択肢をとりましょう。
他にWindowsには一時ファイルも蓄積していきますので、データを移動するなど対策をしましょう。

他にPC本体に問題として、ウイルスに感染している場合もあります。
その為、ウイルススキャンを行い、PC内の確認も必須ですね。

以上のことを行えば、PC内の清掃は完了です。
これでも動作が重い場合は、PC自体のスペックの問題の場合があります。
その為、メモリの増設や今は各安なPCも多いですので、買い替えもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク