windows7でリモート接続する方法についてです。
windows7では自分のPCで他のPCを操作出来る機能があります。それをリモート接続といいます。
このリモート接続は非常に便利なPC活用方法です。

例えばAとBの二つのPCがあったとしましょう。通常はAのPCで保存された情報はAのPCでしか見る事は出来ません。
ですがこのリモート接続を行うことが出来れば、BのPCでもAのPCの中身を確認する事が出来ます。
しかもBのPCで操作する場合、基本はBのPCですのでAではインストールされていない内容でも操作可能で。スペックもBのPC相当の動きになります。
その為、複数のPCを連携させて使いたい人には、非常に便利なシステムなのです。


windows7でリモート接続する方法ですが、まずスタートボタンを押し、次にコンピューターを右クリックします。その中からプロパティボタンをクリックしましょう。
次にリモートの設定をクリックするとシステムにプロパティ画面になります。そこの中にリモートとある部分があります。
画面内にリモートアシスタントがありますので、コンピューターのリモートアシスタント接続を許可する、にチェックをいれます。
そうすると、リモート接続される側は、設定できたことになります。

次にリモート接続する方法です。
まずはスタートボタンから全てのプログラムに進み、その後にアクセサリファイルに入ります。そして、リモートデスクトップ接続をクリックします。
そうするとコンピューター名を入れる画面が出てきます。
このコンピューター名はコンピューターからプロパティに入ると確認する事が出来ます。
そこにリモート操作したいコンピューター名を入れ、接続ボタンをクリックすればOKです。

スポンサードリンク