windows7のUAC、要するにユーザーアカウント制御ですが、このシステムはセキュリティに必要な機能になっています。

ですが、実際にPCを使用していく上では、確認の表示が出ますので、面倒な機能でもあります。
仕事上でパソコンを使用している人ほど、効率は重要ですし、制御がなければと思う場合もあるでしょう。
実はこのwindows7のUACの制御ですが、解除する方法があります。

ただ、セキュリティの機能は落ちますので、慣れた人限定になると思います。
無効にするメリットはありますが、デメリットもありますので、使用の際は注意してください。


windows7のUACを無効にする方法について説明していきます。
まずはコントロールパネルをクリックします。

次に右上にある「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
すると、ユーザーアカウント、保護者による制限などの項目が出てきます。
ここではユーザーアカウントを選択します。

そしてユーザーアカウントのへの変更から、ユーザーアカウント制御設定方法に入ります。
そして続行するかどうかのウインドウが出ますので、続行を選択。

ユーザーアカウント制御の設定画面に入り、常に通知するから通知しないまで選択することが可能になります。
ここで通知しないと選べば、windows7のUACを無効にする事が出来ます。

その後PCの再起動を行うことで、windows7のUACの無効化されます。
ですが、これはセキュリティ機能の低下も伴う操作です。

実行する際はデメリットの認識など注意が必要ですよ。


スポンサードリンク