windows7のタスクバーへのアプリケーション追加方法についてです。
この方法は非常にシンプルな方法です。

例えばマイクロソフトのエクセルをタスクバーに入れたい場合です。
エクセルファイルをドラッグし、タスクバーに運ぶ事、それだけです。


またもう一つの方法としては、まずはスタートボタンを押します。
次に全てのプログラムを選択します。

一覧が表示されますので、タスクバーに入れたいプログラムを右クリックします。
そうすると、タスクバーに表示する、という選択肢があります。

それをクリックすると、タスクバーにアプリケーションが追加されます。


通常、デフォルトの設定では可能になっていますが、まれに出来ない場合もあります。
それはレジストリをカスタマイズしている場合です。

HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfileのIsShortcutを無効にしている場合もそれにあたります。
実際に出ている症状としては、要するにショートカットアイコンの矢印を表示させなくしている場合のことです。

この場合、上手くタスクバーにアプリケーションの追加をする事が出来ません。
この場合は、有効にしましょう。そうすれば可能になります。

また、どうしてもタスクバーへのアプリケーションの追加が出来ない場合もあるでしょう。
その場合は、システムの復元を使用しましょう。

これは最終手段ではありますが、確実に不具合のある前の状態に戻す事が出来ます。
その為、システムの復元ポイントは大きな変更の前に必ず作ると便利です。
バックアップは必要ということですね。


スポンサードリンク