windows7のバックアップ方法についてです。
パソコンは精密機器ですので、いつどのような不具合があるかわかりません。

その為、バックアップを取っておく行為は非常に重要です。
HDは消耗品ですし、いつ破損するかもわからないですので、大切なデータのバックアップは大切ですよ。


まずはwindows7のシステム全体のバックアップ方法についてです。
ここではシステムイメージの作成をまず行います。

作り方はまzは紺tロールパネルを開きます。次にシステムとセキュリティ内にあるバックアップの作成をクリックしましょう。

次は保存先の指定です。ドライブ上か光学式ドライブを使用し、DVDなどに保存する事も出来ます。
そして、次へボタンをクリックすると、バックアップの対象選択の画面に移ります。

その後は、システムに使用している領域を確認、選択しましょう。
その後項目を確認していくと、バックアップの作成が出来ます。


バックアップの使用方法については、コントロールパネルからまた始めます。
システムとセキュリティ画面から、バックアップの作成をクリックしましょう。
ここまでは作成と同じですね。

次に、システムの設定またはコンピューターの回復をクリックします。
そうすると、システムの復元か高度な回復のどちらかを選択可能になります。
高度な回復を選択すると、windowsのインストールディスクを使用した復元か、以前に作成したシステムイメージかの選択画面になります。

以前に作成したシステムイメージを選択肢、実行すれば復元することが可能になります。
ただ、画像データなどもその前の状態になりますので、データの保存はしっかり行うべきでしょう。


こういったデータのバックアップはPCを使用していく上で非常に重要です。
ウイルスに感染する場合もありますし、何よりHDが破損する場合もあります。
その為、重要なデータはバックアップしておくべきです。

スポンサードリンク