ブログネタ
Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)情報 に参加中!
エクセルで日付を入れたら、自動で曜日を表示させたい場合は関数を使えば簡単に出来ます。

関数の設定さえしておけば、何年の何月何日と入力すれば一発で、
曜日が表示されますよ!


それでは、エクセルの関数を使用した、曜日の自動入力方法ですが
「WEEKDAY」という関数を使用します。

曜日を入力したいセルの上で関数(Σ)を入力し、WEEKDAYを選択します。
そうすると、選択したセルに曜日ではなく、数字が入りますね。


これは、曜日を示す番号なわけで、これだけでは、まだ終わりません。


ちょっと面倒なんですが、手帳やカレンダーでも日曜日の位置ってバラバラですよね?

だから人それぞれ違うので、こういった設定になっています。


さて、曜日を示すところに数字が入ったら次のステップに進みましょう。



次の関数は「CHOOSE」を使用します。
これは「1」だったら●●「2」だったら××という設定をする関数です。


これによって、先ほど設定したセルの数字に曜日を当てはめていきます。


この辺は、文章だけで説明するのも大変だし、わかりずらいと思うので、
こちらのサイトに任せます↓
エクセル 曜日はどうやって表示する?



というわけで、とても中途半端な説明になってしまいましたw


エクセルの関数って使えるとすごい便利ですが、その時しか使わない
ものはすぐに忘れてしまいますね・・・。

だから、エクセルの関数の本が一冊あるとかなり便利だと思います↓
エクセル関数1000技+α





スポンサードリンク