PCパソコン設定 初心者お役立ちサイト

エクセル・ワード・インターネット・メールなどのパソコンでどうしたらいいの?というお悩みを解消! 自分で困った事例をどのようなキーワードでどのサイトで調べたかを発信!

エクセル(Excle)の設定

エクセル(Excle)2007と2010の違い

ブログネタ
エクセル・ワード・アクセス・パワーポイント に参加中!
エクセル(Excle)2007を使っている人で2010にバージョンアップしようかどうか迷っている人もいるかと思います。

そこで、エクセル2007と2010を比較してどこが違うのかを調べてみました。

まず、エクセル2010の新機能について。

・スパークライン
1つのセル内に小さなグラフを作成できます

・条件付き書式
条件付き書式の色がグラデーションに対応し、よりデータが見やすくなりました

・ピボットテーブル、ピボットグラフがより使いやすくなった

・スライサー
新しい検索フィルターとしてポぼっとテーブルで集計している大量のデータから必要な情報を素早く探せます。

・ピボットチャート
ピボットグラフ上で直接フィルターを掛けることができます。


2010の新機能として上記のことがマイクロソフトのHPにあげてあります。


読んでみて何それ?
って方は特にバージョンアップの必要はないでしょう。

エクセル2010を使った人たちのレビュー(感想)を見てみると

「基本的には2007とほとんど同じ」
「並べ替えがさらに簡単になった」
「メニューレイアウトが極端に変更になったので使い勝手が悪い」(2003から乗り換え)


という感じです。

エクセルをバンバン使いこなす人なら2010の新機能も他の小さな変更もありがたいものになるでしょうが、グラフを作ったりちょっとして表計算や管理をするくらいなら特にバージョンアップをする必要はないようです。

2007よりも前のエクセルを使っている人はPCの買い替えやバージョンアップでかなり使い勝手が悪くなる可能性もありますが、慣れるしかないでしょう。

エクセルで曜日を自動入力(表示)させる関数は?

ブログネタ
Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)情報 に参加中!
エクセルで日付を入れたら、自動で曜日を表示させたい場合は関数を使えば簡単に出来ます。

関数の設定さえしておけば、何年の何月何日と入力すれば一発で、
曜日が表示されますよ!


それでは、エクセルの関数を使用した、曜日の自動入力方法ですが
「WEEKDAY」という関数を使用します。

曜日を入力したいセルの上で関数(Σ)を入力し、WEEKDAYを選択します。
そうすると、選択したセルに曜日ではなく、数字が入りますね。


これは、曜日を示す番号なわけで、これだけでは、まだ終わりません。


ちょっと面倒なんですが、手帳やカレンダーでも日曜日の位置ってバラバラですよね?

だから人それぞれ違うので、こういった設定になっています。


さて、曜日を示すところに数字が入ったら次のステップに進みましょう。



次の関数は「CHOOSE」を使用します。
これは「1」だったら●●「2」だったら××という設定をする関数です。


これによって、先ほど設定したセルの数字に曜日を当てはめていきます。


この辺は、文章だけで説明するのも大変だし、わかりずらいと思うので、
こちらのサイトに任せます↓
エクセル 曜日はどうやって表示する?



というわけで、とても中途半端な説明になってしまいましたw


エクセルの関数って使えるとすごい便利ですが、その時しか使わない
ものはすぐに忘れてしまいますね・・・。

だから、エクセルの関数の本が一冊あるとかなり便利だと思います↓
エクセル関数1000技+α




家計簿はエクセルで無料ダウンロード

ブログネタ
家計簿 に参加中!
家計簿をつけようと思っても有料の物をいきなり買ってきても
続かないということもあるし、家計簿ごときにお金を使いたくない!

という方もいるともいます。
というか私がそう思っているので・・・。

それじゃ、無料で家計簿ソフトをダウンロードすればいいんではないかと思っていろいろ探してみました。

そしたらいいものを発見しましたよ!

というのは、エクセル

エクセルのテンプレートを使えば無料で家計簿が付けられちゃいます
エクセルのテンプレートはマイクロソフトのホームページからダウンロードできるんですが、かなりいろんなタイプのものがあるので自分に合った家計簿テンプレートを探せばいいかと思います。

エクセルのテンプレート機能って結構使えるんですよね!?
家計簿だけではなく、カレンダーやスケジュール管理、見積もり、雛型などのテンプレートがあるので、この際いろいろと見ても面白いかも♪


簡単な家計簿をつけるならエクセルのテンプレートでOK。
無料で使えるし、使いやすく計算式も入っているので面倒な作業は一切しなくて大丈夫ですもんね。


家計簿テンプレートを無料でダウンロードはこちら

エクセルの関数はこうやって覚えろ!

エクセルの関数はこうやって覚えろ!

エクセルには関数という便利機能が付いています。

エクセルの関数を使いこなせるようになれば、かなり仕事も効率アップ!
関数を使える使えないでかなりの差が出ますので、覚えておいた方が
いいですよ!

関数といってもいろんな種類があって、一つ一つ説明するのも大変だし
場面場面によって使う関数が違うので、こういう場合はどういった
関数が使えるのかな?とか
もっと効率よくできないのか?
といったことを常に考えるようにしましょう。

そいうい疑問が出たら、エクセルのヘルプを参照してみましょう!

ヘルプを見たら、関数についての詳細がのっていると思います。


エクセルの関数の本が一冊あるとかなり重宝します。↓

【超保存】アスキーPC特選 エクセル関数1000技+α エクセル2000/2002/2003/2007全対応! ウィンドウズビスタ/XP全対応! (超保存アスキーPC特選) (超保存アスキーPC特選)
アスキー・ドットPC編集部
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 91078
おすすめ度の平均: 4.0
4 悪くはない



また、時間があるときには、こういった参考書を見ながら練習しましょう!
実際にやってみると、使い方がわかるようになります。

用途によって、どの関数をよく使うとか変わってくるので、
その辺もやっているうちにわかるようになります。

すべて覚えるのではなく、よく使う関数はマスターして、あまり使わない
関数は本を参考にするというやり方がいいのではないでしょうか?

エクセルは無料でダウンロードできるの?

エクセルはダウンロードできるの?

エクセルのダウンロードの方法は有料ソフトを購入するしかありません。
エクセルやワードといったソフトはマイクロソフトのソフトで
オフィス2003とかオフィス2007といったシリーズに入っています。


Microsoft Office Professional 2007 日本語版


これが結構高い!

パソコンを新規に購入すれば、ほとんどOfficeソフトは付随してくる。
最近のパソコンはビスタ、XPともに、Office2007にアップバージョンして
います。

パソコンになくて、ソフトを購入してダウンロードするのであれば
ソフトを購入したときに説明書がついているので、それを参考に!

オフィスソフトは基本的にパソコン1台で1つしかダウンロード
できません。
不正はしないようにしましょう(笑)

ただ、どうしてもエクセルやワードでなければいやだ!という方以外
であれば、無料でダウンロードできるエクセルやワードのような
ソフトもあります。

エクセルやワードのような高性能ではないのですが、ほとんどの人が
その性能を使えていないので、家で使う分には無料のソフトで
十分かもしれません。

エクセルやワードのような機能を持つ無料ソフトはオープンオフィス
といって、結構使われていますよ!

使用する場合は、自己責任でお願いしますね!

オープンオフィス無料ダウンロードはこちら

Microsoft WORD, EXCELとの互換性もないことはないですが,
レイアウトが崩れたりするかも。


エクセル・ワードのようなフリーソフトオープンオフィスをダウンロード!

エクセル・ワードのようなフリーソフトオープンオフィスをダウンロード!

エクセル・ワードは高いから、無料で同程度のソフトがほしいという方に朗報!

エクセル・ワードはフリーソフトではないのですが、エクセル・ワード
のようなソフトは無料ダウンロードできるのです!

その名もオープンオフィス!

Microsoft WORD, EXCELとの互換性もないことはないですが、
場合によってはレイアウトが崩れたりしますが、かなり使えます

オープンオフィスを使えば、エクセルやワードのように表計算や文章を
作ることができます。
他にもいろんな機能が満載なので、オフィスソフトに数万円かけるなら
オープンオフィスで十分かもしれませんね!

ただ、仕事で使う場合はあまりおすすめしません

データを他の人にメールで送ったりするときに、大体のひとがエクセル
ワードを使用しているので、そこにオープンオフィスのファイルが
きたら困っちゃいますからね!


個人的に使うのであれば、無料だし機能面も問題ないのでおすすめ!

オープンオフィスの使い方については、ホームページか検索すれば
たくさんでてきますよ!


オープンオフィスのダウンロードはこちら

ワードやエクセルで、文字を他の文字に変更する「置換」のやり方

ブログネタ
Windows全般 に参加中!
置換という機能を知っていますか?

ワードやエクセルで、この文字だけを変更したいけど、いちいち
すべての文字を変更していくのはめんどう・・・
ということってないですか?




たとえば、エクセルで家計簿を作ったときに、「光熱費」という
項目を「光熱水費」に変更したい!

でも、光熱費という項目を10個くらい記入しちゃって、探すのも
面倒だし、変更するものめんどう・・・;


こんなときに、置き換え機能を使います。

置換機能を使うと、自動的に「光熱費」という文字を探して、
自動的にすべての「光熱費」を「光熱水費」に変更してくれます!

これは便利♪

作業の効率化も図れるし、なんといっても面倒な作業が減る!
(うちの母は毎回教えても覚えてくれませんが・・・)


やり方はとっても簡単!
だから、覚えておこうね♪


メニュー→編集→置換(または検索)で「検索と置き換え」を
表示して、「置換」タブを開きます。

「検索する文字列」と「置換後の文字列」を入力して「すべて
置換」ボタンをクリック!
これで置換ができました。


(オプションボタンを押して、書式ボタンをクリックして、
対象とする書式を選択すれば置換後の、フォントやサイズ
も変更できます)



ワードとエクセルだと、ちょっとやり方は違うかもしれませんが
基本的にはほぼ同じなので、画面を見ながらやれば大丈夫だと
思いますよ♪


■関連記事
エクセルのテンプレートで家計簿を無料で作ろう
ワードで文字の下に、赤や緑(青)の波線が表示される

エクセル名前を「あいうえお順」に並び替えがうまくいかないときの対処法

ブログネタ
エクセルVBA に参加中!
エクセルで名前などのデータをあいうえお順」に並び替え「をするとき、漢字やローマ字がはいっていると、うまくいかないことがありますよね?


エクセルで漢字の並び替えがあいうえお順にならないという方は
その漢字のフリガナを確認してみてください!

漢字入力したときに、難しい漢字や訓読み・音読みがわからない
漢字のときに、読み方と違う振り仮名が振ってある場合が多い
です!


エクセル(excle)でフリガナを確認する方法は
メニュー「書式」→「ふりがな」
にあるので、ふりがな設定を変えてあげると、漢字のあいうえお順
になります!


ローマ字に関してですが、こればかりはどうしようもありません!

ひらがな、カタカナ、漢字は、アイウエオ順に対応していますが、
ローマ字はそもそも日本語ではないですからね!


しかし!



ローマ字をアイウエオ順にする方法は無いということではありません!


ローマ字の横にフリガナ欄を作って、カタカナ読みで入力すれば
いいのです!

漢字やカタカナ、ひらがなもそのふりがな欄にフリガナを入力
して、振り仮名欄であいうえお順に並び替えればOKというわけ!


でも、振り仮名欄は印刷したくない!という方は、並び返して
から消去するか、フリガナ欄を見えなくなるくらい小さくして
しまうか、A列にフリガナ欄をつくって、印刷設定でA列は
印刷しないようにすればいいのです!


これで、漢字、ローマ字などのアイウエオ順のしかたは
マスターできたかな!?


エクセルの参考本が一冊あると便利♪


関数の並び替えや、マクロの並び替えについては、いずれ・・・。


■関連記事
エクセルで時間計算!時間を足し算・引き算しよう

エクセル自動保存をして、システムエラーなどでのデータ消去を防ぐ

ブログネタ
Windows全般 に参加中!
エクセルで作業をしていて、なんらかのトラブルやうっかりミスで
excelが閉じてしまい、データの保存がしていなくて、今日やった
仕事がほとんど消えちゃったときのショックはでかいですよね!

私も、パソコン初心者の時は良くやりました・・・。


保存したと思って×を押して、そのまま、メッセージを無視して
消してしまって、4時間くらいかけてやったデータが全て
保存されていなかったりしたこともあったなぁ・・・。


あのショックは、ドラクエのセーブデータが消えてしまうくらい
の悲しさがありますよね!


そんなデータ保存忘れを予防するために、エクセルには自動保存
という機能がついているのです!!


これは便利です!

急にパソコンがフリーズしてしまったり、なんらかのトラブル
があってシャットダウンせざるを得ないときに、データ保存が
できない!

そんなときにすっごく役立ちます。


エクセルの自動保存の方法はオプション画面で行いましょう!


メニューから「ツール」→「オプション」
オプション画面で、自動保存タブを開きます。
「次の間隔で回復用データの自動保存を行う」のチェックボックス
をオンにする。
「分ごと」ボックスの間隔を自分の好きな分数に設定すればOK。

これで、エクセルデータの自動保存ができるようになったぞ!
一安心だな。

あと、良くあるのが、違うデータの上に上書きしてしまうこと。

違うデータから開いたのなら作業の前に、保存をしておくと
上書きで消してしまうことを防げるぞ!


エクセルの参考本が一冊あると便利♪

■関連記事
エクセルで日付から曜日を表示させる方法

excel(エクセル)で行見出しや列見出しを全てのページに付けて印刷する方法

ブログネタ
パソコントラブル に参加中!
excel(エクセル)で、表を作って印刷するときに、行見出しや列見出し
を全てのページに付けて印刷したいときありますよね?

数ページにわたる印刷のときに、見出しがないと2ページ以降は
何のデータなのかいちいち1ページ目に戻らないと確認できない
なんてそんなのナンセンス!!


2ページ以降も行見出しや列見出しを付けて印刷する方法を
伝授しよう!


見出し印刷の方法はとっても簡単♪


メニューから「ファイル」→「ページ設定」
「シート」タブをクリック
「印刷タイトル」のところに「行のタイトル」「列のタイトル」
というのがあるので、見出しとして設定したい範囲を選択
すれば、OK!

これで、ちゃんと全てのページに見出しが印刷されるのかを
確認したいときは、印刷プレビューを活用しよう!

次ページボタンをクリックすれば2ページ以降の見出しが
確認できるはずだ!


印刷してから、「あ!やべ・・・見出し印刷なってないし!」
というのは、印刷用紙の無駄遣いにもなるのでなるべく、プレビュー
を確認してから印刷する癖を付けましょう!


これで、行見出しと列見出しを全てのページに付けて印刷する
方法はマスターできたかな?

細かいことですが、こういったことができると、会議などの
資料作りに役立ち、上司や同僚からの評価もあがるかも!



■関連記事
エクセルで日付から曜日を表示させる方法
エクセルでの並び替えがうまくいかない原因!漢字・名前の並び替えの仕方