PCパソコン設定 初心者お役立ちサイト

エクセル・ワード・インターネット・メールなどのパソコンでどうしたらいいの?というお悩みを解消! 自分で困った事例をどのようなキーワードでどのサイトで調べたかを発信!

ワード(Word)の設定

ワードの罫線(けいせん)を消す(削除)方法

ブログネタ
エクセル・ワード・アクセス・パワーポイント に参加中!
ワードの罫線を消す方法について。

ワードで罫線を引いて作業をしているとき、ここの線はいらないなぁ。
と思うことありますよね!?

その部分だけの罫線を消すには消しゴムを使えばいいのです。
消しゴムは、ワードを開いて、ツールバーの罫線をクリックして
罫線ツールバーのところの消しゴムマークを押せば使用できるようになります。

もう一つの方法はツールバーを右クリックして、罫線にチェックを入れると常時、出てくるようになりますね。


ちなみに、罫線を昔から<らせん>と呼んでいましたw

同じ読み方をしていた方がいたら今日から読み方を覚えましょう!
<ケイセン>が正しいですよぉ♪




また、罫線といっても、表や図などで使うのもではなく、ワードを開いたとき(新規作成)に便箋のような横線がひかれているときもあります。

この罫線を消す場合、ツールバー⇒表示⇒グリッド線を選んで非表示に
すればOKです。



ワードで罫線を自在に扱うことが出来るようになると、かなり使えますよ!

表を作ることも簡単なので、資料作成などでは大いに役立つでしょう。

単調な表だけでなく、今説明したような罫線を消したり増やしたり出来ればさらに役立ちます。

ワードの罫線の引き方は先ほど消しゴムの出し方を説明しましたがそこに鉛筆マークがあるのでそれを使えば罫線が引けます。


罫線を絵柄にしたり(飾り枠)、点線にしたりいろいろできるので
まずは罫線についていじりまくると面白いかもw

ワードテンプレートで資料作成の無料ダウンロードの方法

ワードテンプレートで資料作成の無料ダウンロードの方法

ワードにはテンプレートというとっても便利な機能があります。
そのテンプレートを使って資料作成をすると、仕事の効率も上がって
重宝しますよ♪

しかもワードのテンプレートは無料でダウンロードできるのです!


ワードのテンプレートを駆使して資料作成を効率良くするためには
まずテンプレートをダウンロードしなければいけません。

ダウンロードは無料できるのでうれしいですね♪



ワードの資料作成用のテンプレートを無料ダウンロードする方法を
下記に書いておきますので、参考にしてください。


マイクロソフトのホームページからテンプレートが無料ダウンロード
できるので、必要なテンプレートをダウンロードする。

マイクロソフト ワードテンプレート一覧

1、目的のテンプレートが見つかったら、サムネイルまたはリンクをクリックします

2、テンプレートについての情報、大きなプレビューとの間にあるボタンを確認します

3、対象のプログラムが起動して、テンプレートが表示されます。テンプレートによっては、使い方のヘルプが一緒に表示されます。


詳しい使い方は、上記のマイクロソフトのホームページに書かていますよ!




テンプレートの使い方は、ワードを立ち上げて、メニューから
ファイル→新規作成
をすると、右側に新しい文書という項目が現れるので、その下方の
テンプレートというところからダウンロードもできますし、最近使用した
テンプレートというところから呼び出すこともできます。


エクセル・ワードのようなフリーソフトオープンオフィスをダウンロード!

エクセル・ワードのようなフリーソフトオープンオフィスをダウンロード!

エクセル・ワードは高いから、無料で同程度のソフトがほしいという方に朗報!

エクセル・ワードはフリーソフトではないのですが、エクセル・ワード
のようなソフトは無料ダウンロードできるのです!

その名もオープンオフィス!

Microsoft WORD, EXCELとの互換性もないことはないですが、
場合によってはレイアウトが崩れたりしますが、かなり使えます

オープンオフィスを使えば、エクセルやワードのように表計算や文章を
作ることができます。
他にもいろんな機能が満載なので、オフィスソフトに数万円かけるなら
オープンオフィスで十分かもしれませんね!

ただ、仕事で使う場合はあまりおすすめしません

データを他の人にメールで送ったりするときに、大体のひとがエクセル
ワードを使用しているので、そこにオープンオフィスのファイルが
きたら困っちゃいますからね!


個人的に使うのであれば、無料だし機能面も問題ないのでおすすめ!

オープンオフィスの使い方については、ホームページか検索すれば
たくさんでてきますよ!


オープンオフィスのダウンロードはこちら

ワードで水平線(二重線)が消えない!そんなときの対処法

ワードで水平線(二重線)が消えない!そんなときの対処法


ワードで水平線が消えない!
文字の下に二重線があって、DeleteでもBackspaceでもまったく
消えない!

どうやったら消えるのか?

いろいろ調べてみたら、対処法がわかりました♪



水平線が消えないときは、罫線設定をしてある場合がほとんど!
罫線設定をしたのを忘れて、なんでこんな線があるんだ!

と四苦八苦w


それじゃ、どうやって消すのだ?

線の消し方をこれから説明しましょう♪


1.まず、段落罫線が設定されている段落全体を選択。

2.メニューバーから[罫線]→[線種とページ罫線と網かけの設定]を
 選択。

3.[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを開く。
 
4.[罫線]タブに切り替える。
5.[設定対象]が「段落」になっていることを確認。
6.[種類]で[罫線なし]を選択。
7.[OK]ボタンをクリック。


これで消えていると思います♪



もしこの方法でも線が消えない場合は、他にも方法があるはずなので
教えてgooやyahoo!知恵袋などで、「ワード 線 消し方」などで
検索してみてね!


ワードやエクセルで、文字を他の文字に変更する「置換」のやり方

ブログネタ
Windows全般 に参加中!
置換という機能を知っていますか?

ワードやエクセルで、この文字だけを変更したいけど、いちいち
すべての文字を変更していくのはめんどう・・・
ということってないですか?




たとえば、エクセルで家計簿を作ったときに、「光熱費」という
項目を「光熱水費」に変更したい!

でも、光熱費という項目を10個くらい記入しちゃって、探すのも
面倒だし、変更するものめんどう・・・;


こんなときに、置き換え機能を使います。

置換機能を使うと、自動的に「光熱費」という文字を探して、
自動的にすべての「光熱費」を「光熱水費」に変更してくれます!

これは便利♪

作業の効率化も図れるし、なんといっても面倒な作業が減る!
(うちの母は毎回教えても覚えてくれませんが・・・)


やり方はとっても簡単!
だから、覚えておこうね♪


メニュー→編集→置換(または検索)で「検索と置き換え」を
表示して、「置換」タブを開きます。

「検索する文字列」と「置換後の文字列」を入力して「すべて
置換」ボタンをクリック!
これで置換ができました。


(オプションボタンを押して、書式ボタンをクリックして、
対象とする書式を選択すれば置換後の、フォントやサイズ
も変更できます)



ワードとエクセルだと、ちょっとやり方は違うかもしれませんが
基本的にはほぼ同じなので、画面を見ながらやれば大丈夫だと
思いますよ♪


■関連記事
エクセルのテンプレートで家計簿を無料で作ろう
ワードで文字の下に、赤や緑(青)の波線が表示される

ワードで、文字に下線、取り消し線、影付きなどの文字飾りの設定をする


ワードで文章を作っていて、この文字に取り消し線をつけたり、
下線や、影付き、中抜き、浮き出し、浮き彫りなどの
文字飾りの付け方についてお話しますね!


ここの部分は大事だから、下線を引きたい・・・
二重取り消し線を引きたい・・・


そんなとき、どうします?




と、言われてもこまりますよねw


ワードで文章を作成するときに、下線や取り消し線などの設定
ができます。

これを覚えておけばかなりワード文章作成も上手になるでしょう♪


やり方はとっても簡単♪


文字飾りをつけたい部分をドラッグして、

メニュー→書式→フォント

フォント画面で「取り消し線」や「下付き」「影付き」
などの横にチェックを入れれば、OKです。


すっごく簡単でしょ!


文字を飾るから、「書式設定」と覚えておきましょう!

最初は覚えられないかもしれませんが、ワードを使いこなして
いるうちに、徐々に覚えていくものです。

ちょっとずつでいいので、覚えていきましょう♪


こういうものが、デスクにあると便利かも・・・

ワード(word)を印刷するときに用紙サイズを変更する

ブログネタ
パソコントラブル に参加中!
ワード(word)で文章を作って、印刷するときに、A4サイズのものを
はがきサイズやB5サイズのものに変更するときの設定に
ついてお話しますね!


A4サイズでワード文章を作って、いざ、印刷するときに、
サイズが違う用紙に印刷して、はみ出したり、余白が大きすぎたり
とバランスが崩れてしまうことってありますよね!?

こんな時には、ページ設定で、用紙サイズの変更をしてください!


やり方は、
ワード(word)を開いて
メニュー→ファイル→ページ設定→用紙タブ

この用紙タブのところで、用紙サイズの変更をすればOKです!


ただし、ワードで文章を作り終わった後に用紙サイズの変更を
行うと、レイアウトなどが崩れてしまうので、なるべく、
ワード(word)で作成する前に、用紙サイズを決めてから作成するように
してくださいね♪



さて、既定のサイズ以外の用紙に印刷するときにはどうすれば
いいでしょうか?


A4やB5といったサイズがあればいいのですが、たまに既定外の
用紙に印刷する場面もあると思います。


そうしたときには、その用紙の縦と横のサイズを定規で測って
(ミリ単位で)そのサイズを先ほどの用紙タブの所に、記入すれば
OKです!

また、印刷するときだけサイズを変えたいのであれば印刷時に
印刷オプションで変更できると思います。

印刷オプションでのサイズ変更については、また気が向いたら・・・;


■関連記事
ワードで文字の下に、赤や緑(青)の波線が表示される
IME2003・2007で郵便番号辞書をダウンロードして住所検索をする
IME2007の不具合・・・・IME2003への変更の仕方

ワードの文章をメールに添付して送るには圧縮してから!

ブログネタ
Windows全般 に参加中!
ワードファイルを圧縮して、メールに添付して送ってくれ!

ある日、上司にこんなことを言われたあなた・・・。
ワードはいつも使っているから、わかるけど、圧縮ってなに?
どうやったらいいの?

添付ってメールにワードの文章を添付するのはどうやったらいいの?

こんなこと、今更聞けないですよね・・?

だからといって、メールの本文にワードの文章をコピー&ペースト
して送ったら大目玉くらいますよww



さて、ワードファイルの圧縮方法ですが、

ワード文書自体を右クリック → 送る → 圧縮(zip形式)フォルダ

で圧縮できると思います。
http://www.rescueme.jp/support/faq/00002.html



もう一つの方法としては、圧縮ソフトが無料であるのでダウンロード
して、その圧縮ソフトのアイコンにドラッグ&ドロップで
圧縮&解凍ができますよ!


でも、上のやり方のほうが簡単なので、おすすめします!


圧縮したいワードファイルを右クリックして、送る。
圧縮フォルダで圧縮できるので、そうしたら、メールソフトを
立ち上げて、新規メール。

送信先アドレスを入れて、その圧縮したワードファイルを
メール本文のところへドラッグ&ドロップで添付ができます!


■関連記事
ワードで英単語を入力していたら先頭文字だけ勝手に大文字になる(オートコレクト)
ワードで文字の下に、赤や緑(青)の波線が表示される
エクセル(Excle)の設定
IME2003・IME2007について

ワードで勝手に(自動)箇条書きになるのを解除する方法

ブログネタ
トラブル解決方 に参加中!
ワードで文章を作っていて、箇条書きにしたいときに、
「・」や「■」や「▲」などの記号を使って書きますよね?

そして、改行をすると次の行から自動的にというか、勝手に
箇条書きになっていて、同じ箇条書き記号がでてきちゃ
ったりすることってありません?


箇条書きにもしたくないときとか、なんか使い勝手
悪いですよね?


これは、入力オートフォーマットタブで解除できちゃいます!


やり方は簡単です♪

ツール→オートコレクションのオプション

このなかに、【入力オートフォーマット】というタブが
あるので選択。

そこに、「箇条書き」という項目があるので、この
チェックを外せばOK!

同じように、勝手に連番「1.2.3.4.5など」が
振られたりするのも同じように直せますよ!


こうやってオートコレクションのオートフォーマットで
自動的に箇条書きになるのを直せる(解除)わけですねぇ!



このオートコレクト機能の項目をいろいろ見てみると、
いろんなことができますね!

たとえば、URLを入力したときに勝手にリンクをはって
しまうのを解除したりもできちゃいます!

ワードを自分の使いやすいようにいろいろいじってみましょう!


ワードもエクセルもPCのソフトは使い倒していくと
徐々にわかってくるものです!


壊れない程度に、いじりまくろう!!


■関連ページ
ワードで英単語を入力していたら先頭文字だけ勝手に大文字になる(オートコレクト)

ワードで文字の下に、赤や緑(青)の波線が表示される

ブログネタ
Windows全般 に参加中!
ワードで文章を作っていると、文字の下に赤や青で波線が
自動的にひかれますよね?

印刷するときえているんだけど、この線はなんだ?

と疑問に思っている人もいるかもしれませんね?


ワードには、自動スペルチェック機能がついていて、
日本語としてふさわしくない表現をつかうと、赤や緑の
波線が自動的にひかれるようになっているんです!


間違いをさがしてくれるので、便利といえば便利ですが
目ざわりといえば、目ざわりですね・・・。


じゃ、この自動スペルチェックをさせないためには
どうすればいいのか?


これは、ワードの設定でできるので、覚えちゃいましょう!!


「ツール」→「オプション」→【スペルチェックと文章校正】

この中の「自動スペルチェック」の左側のチェックを外せば
OK!



でも、ワードで文章を作成していて、気がつかない入力ミス
などがあったときに、教えてくれないとちょっと不安ですよね?


そういう時は、波線を見えないようにしながらスペルチェックが
できる方法があるんですよ♪



ワードを開いて、一番下の部分(ステータスバー)に「本」の
様なマークがありますよね?

その本のマークを右クリック。
→「スペルチェックの赤い波線を表示しない」
 「文章校正の緑の波線を表示しない」
のチェックをつけてください。

そして、間違いを探したいとき、文章の見直しをするときなどに
このチェックを右クリックで外せばいいのです!


うまく、スペルチェック機能をつかって作業効率をはかりましょう!


■関連ページ
ワードで英単語を入力していたら先頭文字だけ勝手に大文字になる(オートコレクト)
IME2003・2007で郵便番号辞書をダウンロードして住所検索をする