PCパソコン設定 初心者お役立ちサイト

エクセル・ワード・インターネット・メールなどのパソコンでどうしたらいいの?というお悩みを解消! 自分で困った事例をどのようなキーワードでどのサイトで調べたかを発信!

windows7

windows7のバックアプ方法

windows7のバックアップ方法についてです。
パソコンは精密機器ですので、いつどのような不具合があるかわかりません。

その為、バックアップを取っておく行為は非常に重要です。
HDは消耗品ですし、いつ破損するかもわからないですので、大切なデータのバックアップは大切ですよ。


まずはwindows7のシステム全体のバックアップ方法についてです。
ここではシステムイメージの作成をまず行います。

作り方はまzは紺tロールパネルを開きます。次にシステムとセキュリティ内にあるバックアップの作成をクリックしましょう。

次は保存先の指定です。ドライブ上か光学式ドライブを使用し、DVDなどに保存する事も出来ます。
そして、次へボタンをクリックすると、バックアップの対象選択の画面に移ります。

その後は、システムに使用している領域を確認、選択しましょう。
その後項目を確認していくと、バックアップの作成が出来ます。


バックアップの使用方法については、コントロールパネルからまた始めます。
システムとセキュリティ画面から、バックアップの作成をクリックしましょう。
ここまでは作成と同じですね。

次に、システムの設定またはコンピューターの回復をクリックします。
そうすると、システムの復元か高度な回復のどちらかを選択可能になります。
高度な回復を選択すると、windowsのインストールディスクを使用した復元か、以前に作成したシステムイメージかの選択画面になります。

以前に作成したシステムイメージを選択肢、実行すれば復元することが可能になります。
ただ、画像データなどもその前の状態になりますので、データの保存はしっかり行うべきでしょう。


こういったデータのバックアップはPCを使用していく上で非常に重要です。
ウイルスに感染する場合もありますし、何よりHDが破損する場合もあります。
その為、重要なデータはバックアップしておくべきです。

windows7のタスクバーへのアプリケーション追加

windows7のタスクバーへのアプリケーション追加方法についてです。
この方法は非常にシンプルな方法です。

例えばマイクロソフトのエクセルをタスクバーに入れたい場合です。
エクセルファイルをドラッグし、タスクバーに運ぶ事、それだけです。


またもう一つの方法としては、まずはスタートボタンを押します。
次に全てのプログラムを選択します。

一覧が表示されますので、タスクバーに入れたいプログラムを右クリックします。
そうすると、タスクバーに表示する、という選択肢があります。

それをクリックすると、タスクバーにアプリケーションが追加されます。


通常、デフォルトの設定では可能になっていますが、まれに出来ない場合もあります。
それはレジストリをカスタマイズしている場合です。

HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfileのIsShortcutを無効にしている場合もそれにあたります。
実際に出ている症状としては、要するにショートカットアイコンの矢印を表示させなくしている場合のことです。

この場合、上手くタスクバーにアプリケーションの追加をする事が出来ません。
この場合は、有効にしましょう。そうすれば可能になります。

また、どうしてもタスクバーへのアプリケーションの追加が出来ない場合もあるでしょう。
その場合は、システムの復元を使用しましょう。

これは最終手段ではありますが、確実に不具合のある前の状態に戻す事が出来ます。
その為、システムの復元ポイントは大きな変更の前に必ず作ると便利です。
バックアップは必要ということですね。

windows7のタスクバーの色を変更する方法

windows7のタスクバーの色を変更する方法についてです。
windows7のデスクトップはテーマごと変更する事が出来ます。

その組み合わせには、ウインドウ自体の色、サウンド、スクリーンセイバー、背景があります。
この中でウインドウの色を変更すると、タスクバーの色も変わります。


ウインドウの色を変えることによる変更点は3つあります。
それはウインドウの境界、スタート・メニュー、タスクバーの色です。
このウインドウの色を変更することで、タスクバーの色も変更されるのです。


変更方法ですが、デスクトップ画面から右クリックするとページが出てきます
ここから個人設定をクリックします。


そうすると、デスクトップ、ウインドウの色、サウンド、スクリーンセイバーと選択肢が出てきます。
次にウインドウの色を選択します。

そうするとパレットが出てきます。
初期のカラーはそら色ですが、このそら色を含め、16色選択可能です。


以前のOSのWindows Vistaでは選択出来る色は8色でしたから、倍になったことになります。
また、その際色の濃度を変更する事が可能になります。

透明感を有効にするかどうかの選択も出来ます。

要するに基本は16色ですが、オリジナルのカラーでPCを使う事が出来ます。
その為、実際は数え切れない位のカラーバリエーションがあることになります。


windows7はオリジナル性が非常に高いOSと言えそうですね。
カラーリングを変えると気分も変わりますし、面白い使い方も出来るもの。
windows7を面白いパソコンに変える為に、重宝しそうな機能ですよ。

windows7のUAC(ユーザーアカウント制御)

windows7のUAC、要するにユーザーアカウント制御ですが、このシステムはセキュリティに必要な機能になっています。

ですが、実際にPCを使用していく上では、確認の表示が出ますので、面倒な機能でもあります。
仕事上でパソコンを使用している人ほど、効率は重要ですし、制御がなければと思う場合もあるでしょう。
実はこのwindows7のUACの制御ですが、解除する方法があります。

ただ、セキュリティの機能は落ちますので、慣れた人限定になると思います。
無効にするメリットはありますが、デメリットもありますので、使用の際は注意してください。


windows7のUACを無効にする方法について説明していきます。
まずはコントロールパネルをクリックします。

次に右上にある「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックします。
すると、ユーザーアカウント、保護者による制限などの項目が出てきます。
ここではユーザーアカウントを選択します。

そしてユーザーアカウントのへの変更から、ユーザーアカウント制御設定方法に入ります。
そして続行するかどうかのウインドウが出ますので、続行を選択。

ユーザーアカウント制御の設定画面に入り、常に通知するから通知しないまで選択することが可能になります。
ここで通知しないと選べば、windows7のUACを無効にする事が出来ます。

その後PCの再起動を行うことで、windows7のUACの無効化されます。
ですが、これはセキュリティ機能の低下も伴う操作です。

実行する際はデメリットの認識など注意が必要ですよ。

windows7とPS3を共有する方法

windows7とPS3を共有する方法についてです。
ここでいうwindows7とPS3を共有する方法とは、PS3からwindows7パソコンのデータが見えるということです。
この方法を可能にすれば、PS3からパソコンに入っている画像や動画を見る事が出来ます。
だいたいPS3をネットワークで使用する場合、LAN機能を使いますよね、
ここでは、このLAN機能を使ってPS3からwindows7パソコンのデータを見ることを可能にしています。
見る事が出来るのは、ミュージック、ビデオ、ピクチャのフォルダ内のデータです。

ここで使う機能はホームグループです。
よくプリンターなどをPCとLAN接続をする時に使う機能ですが、PS3にも適応可能なのです。
それでは、使い方について条件を説明していきます。
まずは使用しているパソコンのOSがwindows7である事が必要です。
ただし、バージョンがHome Premium、Professional、Enterprise、Ultimateでないといけません。

まず最初に行うことは。ホームグループ

動画を見る際はWindows Media Player が多く使われていますよね。
今はWindows Media Player 12でしょうか。
ここでまずプログラムを開きます。
次にストリームを選択、そこから「その他のストリーミングオプション」を開きます・
次は「次の場所にあるデバイスを表示」内を見ます。
そこでは他のパソコンなどの名前もでますが、不明なデバイスという選択肢もでます。
この不明なデバイスとはPS3のことを示します。
アドレスがPS3のものか確認した後、デバイスのアクセスを許可にします。

その後PS3を開くと、Windows Media Playerアイコンが表示されます。
あとは再生したいデータを選択すると、再生可能になります。
要するにホームネットワーク機能とWindows Media Player の機能を併用するということですね。
リビングのテレビで見る事が可能になりますので、非常に便利な機能になると思います。

windows7でリモート接続する方法

windows7でリモート接続する方法についてです。
windows7では自分のPCで他のPCを操作出来る機能があります。それをリモート接続といいます。
このリモート接続は非常に便利なPC活用方法です。

例えばAとBの二つのPCがあったとしましょう。通常はAのPCで保存された情報はAのPCでしか見る事は出来ません。
ですがこのリモート接続を行うことが出来れば、BのPCでもAのPCの中身を確認する事が出来ます。
しかもBのPCで操作する場合、基本はBのPCですのでAではインストールされていない内容でも操作可能で。スペックもBのPC相当の動きになります。
その為、複数のPCを連携させて使いたい人には、非常に便利なシステムなのです。


windows7でリモート接続する方法ですが、まずスタートボタンを押し、次にコンピューターを右クリックします。その中からプロパティボタンをクリックしましょう。
次にリモートの設定をクリックするとシステムにプロパティ画面になります。そこの中にリモートとある部分があります。
画面内にリモートアシスタントがありますので、コンピューターのリモートアシスタント接続を許可する、にチェックをいれます。
そうすると、リモート接続される側は、設定できたことになります。

次にリモート接続する方法です。
まずはスタートボタンから全てのプログラムに進み、その後にアクセサリファイルに入ります。そして、リモートデスクトップ接続をクリックします。
そうするとコンピューター名を入れる画面が出てきます。
このコンピューター名はコンピューターからプロパティに入ると確認する事が出来ます。
そこにリモート操作したいコンピューター名を入れ、接続ボタンをクリックすればOKです。

windows7スリープモードから復帰しない時の対処法

windows7で省電力にする為にするモードにスリープモードがあります。
ですがこのスリープモード、長時間放置すると復帰しないことがあります。すぐ使えるようにする目的もあるスリープモードですし、復帰しないと困りますよね。
この場合の対応策はいくつかあります。

スリープモードで通常はマウスを動かした時だけで復帰します。
ですが、それだけではスリープモードから復帰しない場合もあります。
この場合は、どこでもいいですのでキーボードのボタンを操作しましょう。

この復帰が早く便利なスリープモードですが、復帰しないのには理由があります。
まず一つに周辺機器が上げられます。
スリープモードとは、要するに電源管理の方法の一つです。
この電源管理に対応しきれていない機器があった場合、それはトラブルの原因になります。
その為、スリープモードから復帰しない場合、周辺機器を外すのも良い方法となっています。

次に、各種プログラムも原因の一つにあります。
また、OSを入れ変えたした場合も以前のOSで使用していたプログラムが、新しいOSに対応していない場合もあります。その為、注意していきたいですね。
もしwindows7のPCを購入し、その後スリープからの復帰は出来ない場合は購入後に導入したプログラムを疑った事が良いでしょうね。
加えて、ドライバを最新にするのも、良い対策となります。
どうしても復帰しない場合は、PCの電源を切り、再起動するといいと思います。
ですが、これではデータが失われる場合もありますので、最後の手段になりそうです。

PR:引越し準備

windows7スタートアップへの登録と削除

windows7スタートアップへの登録と削除についてです。
windows7ではスタートアップ自体は、全てのプログラムを選択後、スタートアップを選択すると、プログラムが表示されます。
ここの表示されているアイコンを消すと、スタートアップが機能しなくなると思う人もいるかもしれませんが、それは違います。
この部分を削除するだけでは、システム部分での適応は出来ないのです。

まずはスタートアップのプログラムの表示方法についてです。
スタートボタンをクリックします。その後プログラムとファイルの検索ボックス内n「msconfig」と入力します。その後msconfigプログラムを起動します。
そうすると、システム構成がでてきます。
全般、ブート、サービス、スタートアップ、ツールが表示されますので、その中からスタートアップ項目を選択します。
するとスタートアップのプログラムが表示されます。
その中のチェックを外すと、機能しなくなるわけです。
ですが、これらのプログラムの中には、重要なプログラムも入っています。その為、マイクロソフトの名称が入ったプログラムは避けるべきでしょうね。
その後、再起動をすることでプログラムが適応されます。

プログラムを追加する方法はまたちょっと違います。
全てのプログラムから表示されるスタートアップのフォルダの中にショートカットを入れます。そうすると自動的に起動時にプログラムがスタートするようになっています。
追加は簡単ですが、削除してしまうと後でトラブルの元となる事もあります。
その為、きちんといらない機能かを確認する事が大事です。
念の為、システムの復元は出来るようにしましょう。

windows7が遅い!重い!を改善する方法

windows7になり、機能はアップしましたが、それに応じてソフトの方も重くなっています。
加えて、やれることも多いですので、データは蓄積されていきます。
その結果、PCの処理速度が遅くなったり、動作が重くなったりします。
ここでは解決方法について書いていきます。

windows7が遅い!重い!を改善する方法について、まず大切なことはパソコン内の整理です。HD内が一杯だったり、メモリは不足していると動作は重くなります。
デスクトップ画面の情報量にも注意です。デスクトップ画面のアイコンが多すぎると初期の動作が遅くなります。その為、まずすべきはメモリの負担を軽くする為のレジストリの削除と、デスクトップアイコンを清掃、フォルダにまとめることですね。
HD内の整理もすれば、さらに効果はアップします。

またパフォーマンスも大切です。
動作について、品質を優先にするか動作などのパフォーマンスを優先するか選択可能ですので、パフォーマンスを優先する選択肢をとりましょう。
他にWindowsには一時ファイルも蓄積していきますので、データを移動するなど対策をしましょう。

他にPC本体に問題として、ウイルスに感染している場合もあります。
その為、ウイルススキャンを行い、PC内の確認も必須ですね。

以上のことを行えば、PC内の清掃は完了です。
これでも動作が重い場合は、PC自体のスペックの問題の場合があります。
その為、メモリの増設や今は各安なPCも多いですので、買い替えもいいかもしれませんね。

Boot CampでMacにwindows7をインストール

Boot CampでMacにwindows7をインストールする方法についてです。
MacのOSは基本的にMacのOSが使われています。
ですが、windowsの方をMacのPCで使いたいユーザーもいますよね。
そんな時の方法について、説明します。

ツールはBoot Campを使用します。
このツールは、HDのパーティションをフォーマットなしで二分割する事が可能です。要するにMacのOSを残しながら、windowsのOSを同時にインストールする事が可能なのです。

まずはwindows7のパッケージを用意します。
使用するOSを別途購入しなくてはいけません。
また土台となるPCにインストールされているMacのOSにも注意が必要です。新しいOSですので、MacのOSにも新しいバージョンである必要があります。
システム条件についてです。
Mac OS X v10.5 Leopard、Mac OS X v10.6 Snow Leopardのどちらかであつことが必要です。
または Mac OS X v10.7 Lion に付属している Apple 製の Boot Camp ソフトウェアを使用することですね。
この条件がそろって、Windows7をインストールすることが可能になります。
他にPCのHDですが、空き容量として32ビット版では16G,64ビット版では20G必要になります。他にOSをインストールする為の光学式ドライブまたは、USBが必要ですね。

さて、肝心のインストール方法についてです。
ューティリティフォルダ内にあるBoot Campアシスタントを開きます。
次にWindowsパーティションの追加を行います。
それが済めば次はWindows7のインストールDISCを入れ、インストールします。
ここでの注意として、インストール先にはBoot Campと書いてあるパーティションを指定します。

フォーマットを行った後インストール、Windows7がMacで使えるようになりますよ。
最後にMac専用のドライバなどサポートのソフトウェアをインストールすれば完璧です。