2005年08月30日

平沼氏が郵政民営化法案に反対する理由

平沼氏からいただいたメールです(空色さんの分家ブログ)

空色さんが平沼氏にメールを出したところ返信を受け、許可を取った上で公表されました。
これについて書きたいと思います。
返信によると、平沼氏が持っている郵政民営化法案についての懸念は大きく3つに分けられるでしょう。

  • 郵便局が地方から撤退する事
  • 米国などの外資に公社の金融資産を買収される事
  • 公明党に郵政民営化法案成立と引き替えに人権擁護法案成立を求められる事

最初の2つはよく見られる反対論ですね。まず郵便局が地方から撤退する事についてですが、郵便事業については法的な制限を受けます。
万国郵便条約でユニバーサル(全国一律)サービスの提供が義務付けられているのです。

万国郵便条約とユニバーサルサービス

郵貯、簡保については不採算地域からの撤退に法的な制限はありません。
しかし、郵政公社が民営化されれば民業圧迫がなくなりますから、民間金融機関の地方進出が進みます。
支店だけでなくATMの設置も進みます。
それでもATMが設置されないとか、支店が欲しいという事であれば、
地域住民の判断で地方公共団体が設置したり誘致したりすれば良い事です。

2つ目の外資による買収ですが、これに関連してよく見かけるのが、
米国から日本政府に提示される「年次改革要望書」に載っているから悪いという理屈です。
冷静に見れば意味不明な理屈ですが、結構まかり通っているようです。
米国が国益を実現すると困る国と仲の良い人が多いのでしょうか。

さて本題。結論から言えば特に気にする事はないです。
金融機関の株を公開すると外資に買収される可能性があるなんて言い出したら、株を公開している全ての民間金融機関を国有化しなければならなくなります。
それに、外資に買われるというのであれば、高く売り付けようという発想がどうしてないのでしょうか。
そもそも実際に外資にどれだけの株を取得されるというのでしょうか。
どれだけの株を取得されると、どのような損失が発生するというのでしょうか。
疑問は尽きません。
ただ漠然と外資に買収されると言っても具体的に何が問題なのか不明で、恐怖感を煽っているだけです。

最後に人権擁護法案との引き替え論。これは論外ですね。
引き替えは断固拒否する、郵政民営化法案が成立しても人権擁護法案には反対すると宣言すればそれで終わりです。
それも議席を失ったら意味がありませんけどね。
人権擁護法案の成立を危惧するなら、自らの政治生命を守っていればそれで良かったのです。
無意味に政治生命を危険に晒して、今更何を言っているのでしょうか。



Posted by 匿名希望 at 21:01│ 郵政民営化
この記事へのトラックバック
本来の政治家としての姿勢を見せていただきました。 自粛しなければいけない期間に入ってしまいましたが、別段特定の政治家の後援会に入っているわけでもなく、政治活動しているわけでもない。 平沼氏自身のメールも公示前であるということで、素直に私の感想を。 が、その...
平沼赳夫氏の姿勢。【親父の威厳BLOG.ver】at 2005年08月31日 10:51
今度の選挙はおっもしれえだわ。 しろくまは郵便局はぶっ壊したほうがええと思うとるよ。 ここでやっとかんとまあ次はいつのことか分からんもんね。 それより、何で反対するのかよう分からんだけどね。 民営化されたら、コストも競争だけど、サービスも競争にな.
選挙!【名古屋駅のしろくま@言ったもん勝ち!】at 2005年08月31日 17:18
平沼赳夫氏からのメールhttp://adrenaline.exblog.jpを読んで、また新たな疑問が生じました。しかし、それについては匿名希望さん http://livedoor.jp/tokumeikibon/ 、じょりーさん http://blog.goo.ne.jp/jory1970/ 、坂さん http://banmakoto.air-nifty.com/blues/ ...
小泉首相が非情?フツーじゃん。うちのオヤジなんか性格悪いし底意地悪いし気分屋だし超自己中だし【今日の出来心】at 2005年09月01日 23:30
衆議院で郵政関連貌が可決される中、造反議員の中では新党結成組以外では平沼赳夫議員と野呂田芳成議員が反対票を投じたことに強い感銘を受けました。
政治:あくまで郵政民営化反対の姿勢を変えぬ議員たちの義侠心【野に降る星】at 2005年10月13日 05:52
この記事へのコメント
  1. 何だか、揚げ足取りのようなブログですね、まぁブログは個人の私物なんだからいいのでしょうが、本来であれば、前回の総選挙の自民党のマニフェストがどのくらい実行され、実現されたのか?どのくらい信頼できるのか?
    という基本的な考え方が吹っ飛んでいるような気がします。

    郵便局を民営化するのと、廃止するのとどちらが小さな政府か?
    どうすれば一番良い案なのかという本質的な話は無視というのは残念ですね。

    揚げ足を取るのは誰でも出来ますし。
    少々真面目なブログかと思えば失望しました、長文すまん。
    気に入らなかったら削除してもらって構わないですよ(笑)
  2. Posted by 匿名希望です、すまん  at 2005年08月31日 00:47
  3. 貴方のコメントと私の記事と、どこがどう繋がっているのやらさっぱりなのですが。

    >郵便局を民営化するのと、廃止するのとどちらが小さな政府か?
    >どうすれば一番良い案なのかという本質的な話は無視というのは残念ですね。

    無視も何も、そんな事を取り上げた記事ではありませんし。
    もしかして、「やはり民主の郵政改革案は適当だった」の私のコメントへのレスですか?
    まぁどちらでも良いですが、脈絡もなく揚げ足取りだの、「基本的な考え方」が吹っ飛んでいるだの言われれば、
    そりゃ気に入らないどころか頭に来ますな。もう少し言いように配慮して頂ければ幸いです。
    物も言いようで角が立つと言いますからね。
  4. Posted by 匿名希望 at 2005年08月31日 01:45
  5. 貴方の言う「基本的な考え方」は記事ともコメントとも繋がりが見えないのでスルーさせて頂きますが、
    どちらが小さな政府か?と言うならどちらも変わりませんね。完全民営化する事が前提になりますが。

    どうすれば1番良い案なのかは、「預入限度額を500万円まで段階的に引き下げる(民主党)」でも
    「やはり民主の郵政改革案は適当だった」のコメントでも書いています。
    どうも私の文章が拙いのか、私の考えがうまく伝わっていないようですが、
    だからといって文句ばかり付けられても何が伝わっていないのか分かりませんよ。
    もう少しお手柔らかにお願いします。
  6. Posted by 匿名希望 at 2005年08月31日 01:45
  7. 匿名希望様

    こんにちは、じょりーと申します。
    空色様のブログから飛んで参りました。
    TBもさせていただきました。
    宜しくお願いします。

    ただ、金融機関の地方進出は、まずないでしょう。
    ATMに関しても相互利用が進んでおり、金融機関のカードでも郵便局のATMが使用可能なので、固定費や人件費の負担増に他なりませんから。進出するとすれば、よほどのコネかメリットがないと無理でしょう。
    私の利用している銀行の支店では半数以上がパート化されています。
    この現状を見ても進出の難しさを物語っております。
  8. Posted by じょりー at 2005年08月31日 11:26
  9. こちらこそ宜しくお願いします。

    勿論撤退直後に別の民間金融機関が進出してくるという事はないでしょう。
    そんなところから撤退しない筈ですからね。
    また、今は大手銀行が公的資金の返済に追われており、社員のパート化など経費削減に手一杯で
    新たな進出がしにくいとされています。
    しかし、それも完全民営化される頃には終わっているでしょう。
    需要の変動もありますし、長期的に見れば新たに進出してくる地域もあると思います。
  10. Posted by 匿名希望 at 2005年08月31日 19:56
  11. 匿名希望さん、すごくわかりやすく整理されていますね。勉強になりました。ここまで明解に説明できる政治家がいないのが悲しいですよ。そもそも「郵政民営化賛成派blog集」を政治家達に見せてやろうと思ったのは、彼等があまりにもレベルが低いからなんです。反対派だけでなく、すべての政治家に、自分と民間とのレベルの差を自覚してもらいたいと思うんです。
  12. Posted by 空色 at 2005年08月31日 20:17
  13. お褒め頂きありがとうございます。明快な説明となると、小泉首相にはとても敵いませんけどね。
    小泉首相の「ワンフレーズ」に「民間にできる事は民間に、地方にできる事は地方に」というのがありますけど、
    これを真っ向から否定する反対派はいないと思います。
    しかし平沼氏の理屈ですと、何でも地方からなくなる、外資に買収される、だから中央政府(国)がやらなくてはならないという事になってしまいます。
    このような大きな矛盾を解決しない限り、反対派が説得力を持つ事はないと思います。
    矛盾があろうとも圧力団体には逆らえないという人も多いのでしょうけど、少しは筋を通った理屈を立てないと、遅かれ早かれ国民に見捨てられるでしょう。
  14. Posted by 匿名希望 at 2005年09月01日 01:54
  15. こんばんわ。空色としても、平沼氏のメールを読んで、平沼氏に対する否定的な考え方が変わりませんでした。残念です。空色(別ブログではルウニィ・三途河原ですが)なりの感想を書いて見ました。TBさせていただきましたので、よろしくお願いします。
  16. Posted by 空色 at 2005年09月01日 23:37
  17. 平沼さんのお考えの通りですよ。このブログでは、たいして気にすることはないと言ってますが、自分のことではないので、どちらでもいいのでしょう。反論をお待ちしてます。
  18. Posted by 激論 !日本 at 2005年09月06日 02:09
  19. そんなコメントにどう反論しろと?
    私の記事について議論がしたいのなら、問題と考える箇所を、根拠をもって具体的に指摘して下さい。
  20. Posted by 匿名希望 at 2005年09月06日 02:21