2005年12月10日

米国連邦地裁が「暴力的」ゲーム有害論は根拠なしと判断

ITmediaニュース:イリノイ州のビデオゲーム販売規制法に違憲の判断

 ケネリー判事は、暴力的なビデオゲームをプレイすることが攻撃的な考え方や行動に永続的な影響を及ぼすという見解を支持する証拠は提示されていないと指摘。

残虐ゲーム規制法、イリノイ州も敗訴

判事は、子供の粗暴化とゲームの因果関係が「十分に証明されていない」と指摘。さらに、「言論の自由に恐ろしい影響をもたらす」として、違憲と認定した。

松沢神奈川県知事のブログにトラックバックを送っておきます。
日本でも表現の自由が憲法で保障されているので、同じ訴訟を起こされれば同じ判決が出る可能性は高いでしょう。
日本のゲーム業界団体にも、根拠のない有害論の排除に努力して頂きたいものです。
根拠のない有害論による規制がまかり通る事によって、ゲーム業界にゲームを売れなくなるという損失をもたらす事は勿論ですが、
未成年者にもゲームを買えなくなるという損失をもたらすからです。
未成年者には力がありませんから、自らの権利を侵害されてもなかなか声を上げる事ができません。
ゲーム業界団体が法廷の場で争う事は、権力濫用から未成年者を守る事にもなるのです。
これこそ昨今叫ばれる青少年保護の理念に適う行動といえるでしょう。

ところで、今日の産経新聞コラム「正論」に、以下のような記述がありました。

異常性愛の傾向を持つ者は昔から存在した。しかし、これが連鎖し、歯止めがなくなっているように見えるのはなぜか。一つは、犯罪や性に関する情報、とりわけ小児性愛に関する情報が、“表現の自由”の名の下に、漫画、DVD、ネットなどを通じて氾濫(はんらん)していることである。しかも一部の精神医学者・社会学者は「欲求不満の解消になる」と擁護してさえいる。

全く逆です。
「児童の保護」の名の下に児童ポルノ禁止法が制定され、
同意をとっても児童(18歳未満の者)が「被害者」となるようになりました。
これを受けて、漫画などのフィクション作品でも自主規制が強まる傾向となっています。
理由はというと、犯罪を助長する「有害性」があるのだそうです。
しかし現実には、規制を強めた後に凶悪な事件が起きました。
勿論、最近2つの事件が起きた事のみをもって、規制との関連を論ずる事は早計です。
しかし、あえて関連付けて論ずるのであれば、以下のように記述するべきでしょう。

異常性愛の傾向を持つ者は昔から存在した。しかし、これが連鎖し、歯止めがなくなっているように見えるのはなぜか。一つは、犯罪や性に関する情報、とりわけ小児性愛に関する情報が、“児童の保護”の名の下に、規制されていることである。しかも一部の精神医学者・社会学者は「犯罪を助長する」と有害だとしてさえいる。

参考リンク
残虐ゲーム規制法、イリノイ州も敗訴で施行ならず:Garbagenews.com

taka_threeの何でも適当に:日本もこういうところはアメリカを見習えばいいのに

なんか ゆんゆんいってる:暴力への行政規制が本格化



この記事へのトラックバック
【HOT WIRED Japan】によると、アメリカ各地でムーブメントが起きている「残虐ゲームに対する規制法(主に州法)の制定・施行」について、イリノイ州が制定した「残虐ゲーム規制法は憲法違反だから施...
残虐ゲーム規制法、イリノイ州も敗訴で施行ならず【Garbagenews.com】at 2005年12月10日 20:16
Excite エキサイト : 社会ニュース 相性悪くカッとなった 女児刺殺で萩野容疑者 「カッとしてやった」という理由は、相も変わらず下らん理由だよな、とは思いますが。 今朝の番組でこの事件を取り上げていたときに、またコメンテーターがこんな意見を言ってました。 ...
またゲームと関連づけようとしてましたYO【taka_threeの何でも適当に】at 2005年12月11日 08:38
(10月21日記述)遅ればせながら、NHKクローズアップ現代「ゲームは子どもに有害か?」を見ました。今まで私はNHKの報道を中立性において評価していたのですが、失望しました。確かに、番組の前半では有害論への賛否両論を挙げており、規制の是非を問う内容ですが、番組の後半...
10月13日「どうやってゲームを規制するのか?」と、中立性を欠いたNHKの報道【フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う】at 2005年12月23日 09:23
NHKの話題じゃなくて こちらの話 http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/CONN00082222.html 元ネタはやっぱりこれ? http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html 出演者が臨床心理士とかで、社会学者でなかったところが・・・(出てた教授は社会系ぽいけど)
TVはまず見ないんだけれど・・・【いつもゴロゴロダラダラ】at 2005年12月24日 23:55
人間は不安に駆られると、その原因を何かに決め付けて安心したがる弱い存在である。しかし、不安は理性で解消しなければならない。ワイドショーで取材VTRや評論家たちが少年事件の度に強調する「少年による凶悪犯罪が最近激増している」という認識の誤りは、大分前からインタ...
12月16日ニュースJAPAN「ゲームの影響で少年犯罪が増加している」という風説を否定する。【フィギュア萌え族(仮)犯行説問題ブログ版・サブカル叩き報道を追う】at 2005年12月26日 00:19
この記事へのコメント
  1. TBありがとうございました。
    頂いた記事とは別のものですが、こちらからもTBさせて頂きました。
    何かっつうとすぐゲームや漫画のせいにするのは、タダ単に叩きやすそうなのと、叩いても自分たちには直接の被害がないからでしょう。

    端から見てると、「おまえら何も考えてないだろ」と思いますね。
  2. Posted by taka_three at 2005年12月11日 08:44
  3. 大衆に不満があって、明確な「悪の根源」を特定できない時や、逆に特定されては困る時に、
    別の「悪の根源」を捏造して叩くというのは、歴史的に結構よくある事なんですよね。
    魔女狩りがいい例です。
    叩く人は「悪と戦う英雄」になれて結構な事ですが、
    叩かれた方や叩いても結局不満が解消されない大衆はたまったものではないです。
    規制後に今回の事件が起きたように、下手をすれば叩いた事によって、
    かえって不満が増幅する事にもなりかねませんしね。
  4. Posted by 匿名希望 at 2005年12月11日 19:14