February 22, 2007

アイデンティティー3

 全体的にサスペンス、ホラー映画でした。
 幼い頃に虐待を受けた主人公が、精神分裂症を患い、映画の大部分は自分の中の様々な人格を消していく過程が映像化されています。その人格の一つには、過去に現実の世界において殺人を犯した人物がいる。最後のシーンからは、幼児虐待を受けた心の傷は理性に打ち勝てることはできず、昨今の親殺しの事件を考えさせられるものとなっています。
 

Posted by tokumeikibou at 23:33│Comments(0)TrackBack(0)clip!☆☆☆ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tokumeikibou/51348648