2018.9月 勉強会(ミーティング)



IMG_2574

秋を告げる「姫りんご」  まさに豊穣  隣家(庭)の借景です  📷9/23(日)

国体ー1 ハンドボール

IMG_2523 (2)


IMG_2520

IMG_2510

IMG_2536

ハンドボール 少年男子決勝戦 福井・北陸高校(赤ユニフォーム)VS富山・氷見高校(緑)

福井県勢決勝進出とあって県体育館3.000人の大観衆 「28対27」の僅差で惜敗

高校生の身体能力は高い スーパージャンプに感動! 📷9/17(祝)



勉強会(ミーティング)


9月の勉強会は21日(金)に開催されました。

話し合われた主な議題、内容は次の通りです。


1. 労災保険「負傷、疾病」の事業主証明


労災保険は労働者の業務上の負傷、疾病(病気)について補償する保険制度。

請求は「被災した労働者」です。ただし、実態は会社が代行して一切の書類を作成して提出しています。


給付請求書には、記載事項の中に「災害の原因、発生状況」「負傷もしくは発生の年月日」があります。

これらについて事業主は「記載された通りである」と証明します。これが「事業主証明」です。


今回のテーマは、事業主は被災したものとされる労働者の疾病が仕事との関係が薄いと考えられ、証明を躊躇する事案の取り扱いです。

具体的には「構内にいた労働者の近くで、トラックが警笛(一回)鳴らしたことにより、労働者が難聴になった。難聴は業務上疾病である」と主張するものです。


法律では「請求者(被災者)から証明を求められた場合には事業主は速やかに証明しなければならない」(労災施行規則第23条)とされています。ただし、今回のような事例を想定して「事業主は労働基準監督署長に意見を申し出ることができる」と規定されています。証明拒否理由書です。


証明拒否事例としては「腰痛」「うつ病(精神的疾患)」「単独作業の負傷」等種々あります。証明拒否事案は労基署長が職権で調査し、判断を決定します。法律上定められているいる制度です。


事業主としては自社労働者が負傷、疾病になった場合、何をおいても救済(補償)し、さらに原因を調べ、対策を打つのが通常です。 が上述のように「 事実関係の確認の難しいもの」「慢性の病気で仕事との関係の度合いが不明」事案には疑問が残ります。証明を拒否して行政(労基署)に判断を委ねるのも一手段です。

少し難しい課題ですが「難聴」を事例にケーススタディしました。


2.賃金控除(賃金から差し引くもの)


賃金は「通貨で毎月一定の日に労働者本人に直接全額支払わなければならない」(労基法24条)の大原則があります。

ただし、税、社会保険料は法令に別段の定めがあるとして控除できます。

会社は社員の福利厚生のため社員会費、親睦会費など賃金から控除(差し引く)事例があります。


今回のテーマは賃金控除の方法です。

社員の過半数で組織する労働組合(組合のない場合は過半数を代表する者)との間で書面による協定が必要になります。「賃金控除に関する労使協定書」です。

この協定書を作成した後、初めて給料から天引きができます。なお、賃金控除労使協定書は労基署への届出は不要ですが、従業員に周知できるよう保管しておくことです。


労使協定がなく賃金控除を行ってしまうと法令違反として罰金30万円が課される恐れがあります。賃金計算受託にあたってはコンプライアンス(法令遵守)に配慮することが重要です。全員勉強しました。


3.「日雇い派遣」の例外


日雇い派遣(30日未満の派遣)は、働く労働者にとって雇用が不安定で、スキルアップが望めないことなどから平成12年禁止されました。

ただし、専門性の高い職種の派遣は例外となります。

通訳、添乗員、受付、イベント関係者などで法律で例示され認められています。

ついで、労働者の特性によって認められている例外があります。六十歳以上、学生、日雇いを副業とする者、所帯主でない者です。


他方、企業には短期間(30日未満)の雇用のニーズがあります。

今回のテーマはこれらのニーズに応える日雇い派遣の例外事例です。


①労働者と雇用期間を31日以上とし、派遣先へのスポット要請に応じる。この場合、労働時間は週20時間以上とし雇用保険に加入する。

②企業側が「日々紹介」として直接雇用する。 雇い入れ通知書の交付等と人事手続きを事業主として実施する。


担当者から例外事例の紹介があり、さらに「同じ業務で3年間派遣を使い続けることの禁止」の説明がありました。派遣法は1986年の制定から現在まで9回改正される等頻繁です。また、行政通達を読む必要があり難解です。コンプライアンスもあり全員勉強しました。


4.「重量物取扱い業務」の腰痛特殊健康診断


健康診断は事業主が労働者の健康管理を進める上で重要で法律で義務化されています。

 全労働者を対象とした「一般健康診断」

 危険・有害業務を対象とした「特殊健康診断」 に分かれます

今回のテーマは機械の梱包(木製)作業を行う顧客から「重量物取扱いの腰痛特殊健康診断」についての問い合わせです。


危険・有害業務は有機溶剤、特定化学物質、粉じんと各規則(法律)で定められており、健康診断が義務づけられています。

また、行政指導により健康診断を実施すべく定められたものがあります。「指導健康診断」です。

この中に「重量物取扱い作業」があります。行政指導とは「通達」のことで「職場における腰痛予防対策指針」として詳細に示されています。


では「重量物の取扱い作業」とは具体的に○○ kg 以上を指すのでしょうか?

 「概ね30 kg 以上の重量物を労働時間の1/3以上を取り扱う業務」

 「概ね20 kg 以上の重量物を労働時間の1/2以上取り扱う業務」


以上は平成22年5月 規則(省令)改正通達で示されています。 問題の「重量物の取扱い」の内容は、さらに遡って、昭和51年10月16日の通達内容を踏襲するとなっています。


担当者はWeb検索と労基署への照会でこの「根拠」を把握しました。筆者は元労基行政経験者ですから旧知ですが、一般人がここにたどり着くには強い探究心と努力がいります。感心。この「根拠」について勉強して顧客へ答えました。


5 中小企業退職金共済制度(中退共)の加入条件


「中退共」は独自で退職金を設けることが困難な中小企業のために、国の援助によって退職金制度を設け、中小企業で働く労働者の福祉の増進を図るもの。国は普及のため種々の助成しています。


①掛け金の助成(新規加入の場合掛け金の一年間1/2助成) ②掛け金は全額非課 ③手続きの簡素化 等です。

対象を「中小企業」に限定していることから、一般業種(300人以下)、卸売・サービス業(100人以下)、小売業(50人以下)と労働者数の加入条件(限定)があります。


今回のテーマは加入条件の従業員数が増加した場合どう取り扱うかです。

「中退共」へ「資産移換」の申出をします。この場合、企業は次のいずれかの退職金制度を準備しておく必要があります。

 確定給付企業年金( DB)  (いわゆる 従来型退職金制度)    会社が運営に関与

 確定拠出企業年金( DC)  (いわゆる  自己責任で資産運用型) 同上

 特定退職金共済制度     (中退共に類似 運営主体は民間保険会社 窓口は商工会議所    
                     加入条件は無 掛け金は月額1.000円~3万円 全額税法上非課税
                    在職一年未満の退職者でも退職金支払いあり )


担当者は顧客の労働者数が増加することから、中退共からの脱退、新制度移行への道筋について勉強し提案しました。その発表です。通常事務能力が限られている中小企業では「特退共」への移行が多いようです。



IMG_2552

天皇陛下ご訪問と国体選手を歓迎して、丸岡IC出口交差点に「歓迎花壇」

福井県教育博物館

IMG_2565

IMG_2555

IMG_2561

IMG_2558

IMG_2560

IMG_2559


9/28天皇陛下 坂井市春江町 県教育博物館 ご視察

ニュースを聞いて、県民として当該博物館の見識を得たいと訪問 入場無料


旧春江工業高校を改修 平成29年4月15日オープン fukui-educate.jp/museum/index

「幕末から現代までの福井県の教育に関する資料が展示」されている 玄関で「二宮金次郎」がお出迎え
レトロな教室、始業鐘、教材等昭和20~30年代の学校がよみがえる   📷9/19(水)



DSCF2591

今月は「服部さん」の誕生月です 今♪ Happy birthday to“YUKI” ♪ と流れています

元気でいつまでも勤めてください!



IMG_2489

IMG_2486

女子プロゴルフ「コニカミノルタ杯」 富山小杉カントリークラブ 9/5~9/8 4日間

賞金総額2億円、優勝3.600万円 国内最高金額のメジャー大会 真剣さが違う

1泊して終日生観戦  📷9/5(水)


IMG_2576


秋の休日の午後 トランペットの音が冴え渡る 丸岡城下「一筆啓上の館」ミニコンサート 合計107歳の二人の地元トランペット愛好者が「聖者の行進」等ポピュラー曲を演奏 40分 トランペットの生演奏は珍しい  トークもあり楽しいひととき 📷9/24(祝)


いよいよ「福井国体」です 身近で一流アスリートの競技を見るまたとない機会です。

ワクワクします。 しっかり見物したい。

(土蔵)







2018.8月 勉強会(ミーティング)

IMG_2481

IMG_2482


秋の味覚 「梨」 を求めて近所の I 農園(丸岡町一本田)へ

全て「有袋栽培」 6月に袋をかぶせる 病虫害を防ぎ、品質向上(表皮がキメが細かくなる)を図る 最大のメリットは農薬の使用量を大幅に減らす 食の安全   📷8/26(土)


IMG_2367

IMG_2384

IMG_2377

IMG_2371


「ひまわり」10万本が花開く 三国町池上地区 「ひまわりパーク」

休耕畑の維持を目的に栽培 2012年から観光資源としてPR

炎天下で満開の様子を撮るべく午前10時現地 暑い!  📷8/11(土)


8月勉強会(ミーティング)は8月29日(水)に開催されました。

話し合われた主な議題と内容次の通りです。


  1. 企業実態に合わせて労働保険手続を的確に


当事務所は多数の企業の「賃金計算、各種手続き」を一括受託しています。

最近は後継者不足などから、企業の M & A(合併・買収)が行われます。 また、業態の変化に合わせて支店、営業所の新設、移転、閉鎖等実施されます。 企業は生き物です。


労務関係のデータを委託先からいただくと当然これらの情報が入ります。

今回は顧客企業の営業所の変更です。担当者は賃金計算から 人事異動、勤務先(営業所)変更を把握しました。その対応報告です。


労働保険は原則、事業所(支店・営業所)ごとに成立させますが、「事務合理化」のため「継続事業一括認可申請書」を労基署に申請することによって、一つの保険番号で処理できます。また、名称変更は「労働保険被一括事業の名称等変更申請」をすることにより、一つの保険番号で処理できます。。


今回のテーマは、担当者は情報を把握しこの手続きが必要と判断、顧客に提案し、電子申請手続きを終えました。 その報告です。


顧客情報の最も近くにいる当事務所は「変化」に対応して労務手続きを「先取り」して、かつ「適正」に処理しています。


2. 雇用形態が異なっても年次有給休暇を


最近の人手不足は深刻さを一段と増しています。 求人倍率は公表2倍ですが、実態は4~5倍ではないでしょうか。 当然「雇用形態」は働く人の意向に従って多様化しています。

短期、有期、パート、アルバイト、中高年の再雇用など求職者の希望が優先します。


今回テーマになったのは、「年次有給休暇」(年休)です。

顧客の労務業務を進める中で、必要があり「労働条件通知書」を調べたところ、1年間契約の有期労働者の年休は規定がなく、不支給となっていました。担当者は当該労働者の勤務期間年数を精査すると「契約雇用期間は1年間」となっているものの、毎年「継続反復」して雇用が続いています。


年休は「6ヶ月継続勤務し」「全労働日の8割以上」出勤した労働者に与えなければなりません。日数・時間の少ない人にも比例配分して与えます。

企業側は正規労働者には当然年休を与えていますが、有期雇用者、パート等短時間労働者には目が届いていない場合があります。

折角採用して戦力として働いてもらっている労働者の労働条件については、慎重な配慮(法令遵守)が必要です。

この旨顧客に説明して了解を得ました 。


3. 失業保険の再就職手当


失業保険の受給者が常用労働者(1年を超えて雇用されていることが確実)として採用されると、一時金として「再就職手当」が支給されます。再就職手当は失業保険の給付日数の残が1/3ある者が対象で、支給額は雇用期間10年未満で90日分です。


最近は一旦会社を退職しても人手不足から転職が容易です。国も「手当」を支給して再就職を後押しています。


今回のテーマはこの「再就職手当」を受けている者が、自己都合で離職し、さらに再就職した場合、手当が支給されるか否かです。


この件は珍しい事例なので法律を調べてみても判明しません。

ハローワークに問い合わせたところ、「行政解釈」で「前の受給期間内の離職であり、前の支給日数が残っている場合に該当すれば支給される」ことがわかりました。つまり 「前の受給資格が復活し、残りの手当日額がもらえる」 ことです。


早速手続きに入り、無事「再就職手当」の支給がありました。 面倒・複雑な手続きでも正面から向き合って対処することによって事務は適正に処理されます。自信につながります。

担当者から発表がありました。


4. 有期契約労働者の無期転換 職種変更は


パート・アルバイト等「有期契約労働者」が5年を超えた場合、申し込みにより「無期契約労働者」(期間の定めのない、いわゆる正規社員)に転換されます。平成30年4月1日施行。

パート・アルバイト等の労働者を戦力として定着化させる制度です。


今回のテーマは無期転換する場合、職種変更は可能か否かです。企業は常用労働者として正式採用するするのですから、それ相当の役割、能力を求めることになり職種、転勤等の課題が生じます。


結論としてこの件は「労働条件の問題」ですから、就業規則に定めておくべき事項になります。有期労働者が無期労働者になることの申し込みをすると、「労働条件はどうなるのか」事前にわかる就業規則の整備が必要となります。「別に定める」として別規定でも可です。



いずれにせよ労働条件は、労使の話し合い(協議)によって決められるものですから、就業規則に定めておき、話し合って円滑・納得して移行するのが正解です。無期転換については4月1日以降相談があります。勉強して的確に対応しています 。


5. トラックドライバーの労働時間管理


トラック運送業の仕事は100%取引先、顧客からの依頼です。したがってその特性から短期納入、長距離運転、さらに交通事情等種々の要因から所定労働時間の遵守が難しく、長時間労働になる傾向があります。


今回のテーマは、企業としてはドライバーの日々の労働時間管理が煩雑なことから実態に基づいて「1ヶ月の平均労働時間外数」を推計して、時間外手当を定額制にして支給することの可否です。


発端は労基署の是正指導です。

会社は定額時間外手当を支給して事務簡素化を図ってところ、労基署はドライバーの1ヵ月間の労働時間を精査して、定額制では時間外数に対する手当が不足することから不足分の支給指示がありました。


厚労省は「労働時間の適正な把握のために使用者基準」を定め、その中で「使用者は労働時間を適正に管理するため、労働者の労働日ごとの始業、終業時刻を確認し、これを記録すること」 としています。全労働者が対象です。

ただし、「管理監督者」「みなし労働」「裁量労働制」の労働者は対象外となりますが 、「健康確保のため過重な長時間労働をさせないようにするために適正な労働時間管理を行う責務がある」として、基準に準じて時間管理をすることを求めています。


長時間労働、過労死事案で企業側の安全配慮義務違反を訴える裁判が見られますが、この場合、前提となる「労働時間の把握」を怠ってると敗訴になります。


運送業は労働時間管理が最も困難な業種ですが、働き方改革法案では、2020年4月1日から運送業も時間外労働は「1か月100時間未満」「1年960時間(月平均80時間)」が適用されます。運行管理を一段と適正に行うことが求められています。

トラック業者の実態、そして管理の難しさについて話し合いました。


5. 新規顧客の安全パトロール報告


今度新規顧客が加わりました。安全衛生業務の受託です。

コンサルタントは、まず実態を把握するため、工場をパトロールしその概要について PP にまとめ発表しました。事務所として「顧客情報の共有」です。 全員が当該事業場の仕事のあらましを理解して、「一時対応」できるようにします。「電話応対」「関係者と会った場合のあいさつ」です。ビジネスマナーに欠けないようにしています。知識は「 百聞は一見にしかず」です。

   永平寺

IMG_2404

IMG_2425

IMG_2430

IMG_2409

IMG_2421



永平寺旧参道 石畳で復元 

県 永平寺町 大本山永平寺が取り組む「永平寺門前再構築プロジェクト」 10億円完成

旧参道は現土産店が並ぶ通りの南(裏)側 幅3m 長さ350m にわたり石畳が敷かれ、改修された永平寺川の「せせらぎ」の音が聞こえる 山中温泉「ゆげ街道」に似ている

巨費を投じただけあって風情のある遊歩道 本山は旧盆で参拝客で賑わう 📷8/14(火)


 福井市中央公園
IMG_2443

IMG_2441

IMG_2475


福井市中央公園再整備事業完了 メインは「掘割広場」 笏谷石で幅20m、高さ5.4mで石垣再現 工事費約10億円 8/18芝生広場で記念式典 📷8・18(土)10:00


IMG_2474

IMG_2447

IMG_2466

福井しあわせ・元気国体に向けた集火式 

福井市内4地区で採火した火を灯火台に移すセレモニー オープニングは市消防局吹奏楽団 次いでチビッ子による「よさこい」踊り 福井は国体に向けて盛り上ります

📷8/18(土)11:30


 小松

DSCF2589

「2018 コマツオープン」 ゴルフのシニアツアー  8/30~9/1 小松カントリークラブ

50歳以上のプロゴルファー69人参加 賞金6千万円 往年の名選手が見れるので盛況

毎年参加 今年は「こまつ姫御前」(観光大使)と記念撮影 📷9/1(土)

待望の9月 澄み切った青空 食欲をつけて体力回復です 食べれば元気がでる!
(土蔵)





7月勉強会(ミーテイング)


IMG_2361

記録的な猛暑  しかし青空に向かって懸命に咲く百日紅(さるすべり)

暑さを写真で表現するのは難しい 表現を可憐な花に託しました 📷7/25(水) 気温34.6度


IMG_2291

IMG_2296

IMG_2299

IMG_2300

IMG_2304


爽やかな初夏の宝石 福井市間山町「ブルーベリー農園」(福井北IC近く 416号線)

2.500坪に2.000本のブルベリーが収穫期を迎える 📷7/1(日) 気温34.1度


7月勉強会(ミーテイング)
7月の勉強会(ミーティング)は25日(水)に開催されました。
話し合われた主な議題と内容は次の通り。


1. 安全衛生指導にPowerPoint(パワーポイント PP)活用で効果大.


安全パトロール、安全衛生委員会等安全衛生活動においてコンサルタントは課題に対して説明したり理解を求めたりします。


安全衛生は「現場の状況把握」が前提です。出席(参加)者全員が「まずどこで、何が行われているか」分からなければなりません。理解がなければ意見、さらに改善についての話し合いは進みません。


当事務所は「見える化」と分かりやすさをモットーに写真を多用し,PPに編集し臨場感あふれる視覚化で効果を上げています。


① 化学物質のリスクアセスメント( RA)

化学工場の化学物質 RA 員会において、有機溶剤蒸気拡散場所において換気装置の設置がテーマに上がりました。


コンサルタントは委員会開催の数日前に工場へお伺いし、作業員から溶剤拡散場所の状況、 作業内容、換気装置の有無、状況、保護具の着用状況等詳細に調査し写真に収めました。 そしてこれらを PP に編集しました。


RA 委員会当日、会社側委員の発表の後コンサルタントは PP を正面スクリーンに映し出し、現場の状況・作業について改めて説明し、換気装置の設置について意見の場を提供しました。工場製造部中堅から種々な意見が出され、最終的に局所排気装置設置の方向でコンセンサスを得ました。


アニメーション加工した PP は効果大と痛感した次第です。


② 安全衛生委員会において墜落防止対策

施設点検中開口部から約1.7 M 転落する事故が発生、その対応策です。


現場の施設は、狭隘な場所で複雑に配管と通路が入り組んでおり、通常は行き来のない場所です。この場所の施設の点検です。

今回点検者は、初めての場所で照明がなく暗かったこともあり、開口部より下へのぞき込んだ時転落したものです。


普段作業のない、また通行しない場所なので開口部には墜落防止の柵、囲いはありません 。 コンサルタントは作業員の案内で、狭い通路を通り抜け現場の開口部周辺・施設を検分し写真に収めました。


再発防止策の中で、出席者から「開口部に簡単なくさり、ロープ等で手すりの設置」意見が出ました。


コンサルタントは開口部を下から撮った写真( PP)見せ、墜落危険性が大なので「恒常的な鉄製柵の設置」を提案しました。通常は使わない場所なので「行った人」は開口部に気付かず転落する恐れがあります。間違っても転落しないよう鉄製柵がベストです。


PPの[危険見える化」で全員の了解を得て、改善が進むことになりました。


③ クレーンの荷扱い(玉掛け作業)の安全化

コンサルタントは移動式クレーンで 大型トラック荷台から重量機械の荷降ろし作業に出会いました。クレーンの玉掛け作業です。


この作業は「危険な作業」なので、労安法では「玉掛け作業」として特別規制を設け、作業の安全化を図っています。作業従事者の資格者制度、吊り具(フック、ワイヤー)の点検、「吊り荷の下に入らない」などです。


吊り荷を所定位置に下す場合、 通常は「介錯ロープ」で位置決めをします。しかし吊り荷は形状、重心、風などの諸条件で定位置に着手はしません。

この場合、どこまで「作業員が荷に触れてよいか」これが課題です。コンサルタントの自問自答です。


重量機械、長尺物の鉄筋等の吊り上げ状況見て各自意見を出し合いました。

結論は出ませんが、「作業を安全に行うにはどうすれば良いか」 PP を見ながら議論が深まります。安全衛生指導は他の人の意見も参考に再考することも大切です。


内部検討の勉強会でもツールとしてPPは有効です。.


2. 建設業退職金共済制度(建退共)


 顧客(建設業者)から,人手不足の折から一旦退職した高齢労働者を再雇用して働いてもらっている。 ゼネコンの下請けしている中で「建退共の証紙が送られてきた。建退共の仕組み、証紙の取扱い、退職金の見込み等」の問い合わせがあったもの。


建退共は国が作った退職金制度で、窓口は県建設業協会。

建設業の労働者は現場を移動し、事業主も変わることが多いが、働いた日数に応じて現事業主から共済証紙が支給され、共済手帳に貼る。証紙枚数(日数)は通算され退職金が支払われる制度。証紙は元請けが購入し下請けへ配布します。

試算では10年働くと約100万円の退職金となります。


通常建設会社は社員に対して退職金制度(中退金または自社積立)を設けていますが、下請分に関しては関与しません。これを補充するの「建退共」となります。

担当者は制度の詳細について調べ上げ、顧客に報告し了解されました。その発表です。

あまり聞きなれない言葉・制度ですが「建退共」について勉強しました。


3. 遺族年金を受けている母親 「扶養家族」?

これはかなり専門的なテーマです。


「扶養家族」は所得税法上「扶養控除」の対象です。一家の主の税金が安くなります。

健康保険では「扶養家族」は一家の主の保険を使えます。

両者とも前提として、一家の主が母親を扶養している、つまり、生計を同一にしていることが要件です。


所得税では障害年金、遺族年金は所得税の対象にはしません。非課税所得です。

母親は年金以外に(基準以下の)所得であれば扶養親族となります。


一方健康保険では扶養家族とは年収が130万円未満(60歳以上は180万円)の認定基準があり、この年収には障害年金、遺族年金も含まれます。


顧客から従業員の母親が受給している遺族年金について相談があり、調査したところ所得税の扶養家族に非該当として税を納めていました。担当者は両制度について説明し、所得税5年分について再計算し、還付請求手続きをして顧客から感謝されました。


金額は僅かですが、その努力と誠意が顧客から評価を得ました。


4. 通勤途上の交通事故 労災保険、自賠責の適用


通勤途中の交通事故は、相手側の自賠責保険や任意保険を活用するのが一般的です。

注意したいのは自分側に過失が大きい(7割以上の場合)自賠責の支給額は2割ないし場合によっては5割減額されます。


一方労災保険は過失割合の減額はありません。


通勤災害、業務上の交通事故はよく発生します。

自賠責、労災保険両方適用できます。法律上は両制度どちらでも適用可。


「過失運転」がある場合、労災保険を先行した方が有利です。この場合労基署から「労災保険先行願い」の提出を求められます。


今回顧客から通勤災害について「労災保険先行で手続き」を依頼され、担当者は両保険について調べ、事案内容(過失割合)を勘案し、労災保険の手続きをしました。その経過の説明です。改めて身近な交通事故の補償について知識を得ました。


5. 建設会社の労働時間の繰り上げ 「暑さ対策」


福井県下も連日34~35度の猛暑が続いています。屋外作業が主となる建設業では、熱中症対策の一環として、早朝から仕事にかかり効果を上げる会社が出てきました。

「労働時間の繰り上げ、繰り下げ」問題です。


第1に労働条件を定める就業規則に「業務の都合により、労働時間を繰り上げ、繰り下げいることがある」旨明記しておくことです。

第2に実際の運用にあたっては従業員に「業務の都合の具体的事由」「その期間」「始業・終業時刻」を説明し、了解を得ることがポイントです。


この問題について顧客から質問を受けた担当者は、上記内容について調査し、労基署へ確認し回答しました。

また、同時に熱中症対策の具体的事例を調べ、写真(PP)で説明がありました。..

企業の暑さ対策の真剣度合いが伝わってきます。


当事務所も天井エアコンの他にサーキュレーター(丸型枠扇風機)を購入し、冷風空気の循環を図っています。ささやかな熱中症防止対策です。


6. 内職者の取り扱い


いわゆる内職者(家内労働者)について顧客から問い合わせがありました。

「家内労働者が怪我をした場合、労災保険が使えるか」です。


担当者はこれを契機に内職者(家内労働者)を保護する家内労働法について勉強しました。


家内労働者は「一人親方」「自営業者」と同じで「労働者」に該当しません。当然労災保険は使えません。

委託者(事業主)に家内労働者が怪我・病気にならないようにする義務(安全安全衛生措置義務)があること。そのため、もし家内労働者が事故にあった場合には「家内労働者死傷病報告」の提出の義務があること。その他「家内労働手帳の交付」「委託条件(工賃の明確化)」などです。


これらについて担当者から発表があり、普段目にすることのない「家内労働法」の基礎知識について勉強しました。


これも「働き方改革」の一つ


7月ミーティングは全員が揃い、最近業務で「効果があった」または「苦労した事例」について発表しました。普段は説明に力が入り会議時間が延長ぎみになります。


ところが当日は「丑の日」は過ぎましたが、 ソウ「うなぎランチ」の日です。正午前にお店に入らなければ食い外れになります。


各自これが頭にありますから、テーマは「短く要領よくまとめ」発表しました。要点が明確なので質問も的を得ています。会議は濃蜜な時間となり無事11時50分に終了しました。


「働き方改革」は労働者自身が目的を持って効率よく働く(生産性向上)ことが主目的です。各自のモチベーション(ヤル気)が大きく左右します。うなぎの効果は大です。テーマ(議題)は深く理解され効果がありました。


伊藤忠商事は平成13年から「働き方改革」で、20時以降の残業禁止、朝方勤務(残業)「5時~8時」を採用しています。時間外割増り率は50%です。 そしてニンジンは「朝食無料」提供です。8時まで仕事に全力投球し、食堂で「焼き立てのパン、卵焼き、ジュース、サラダ、そしてコーヒー」とくれば、ピッチが上がります。

人間本能の食欲とリンクさせ、労働時間の締め切り(切り上げ)時間があると、創意工夫してメリハリのあるワーク(仕事)になります。


お店で高価な「うな重」を食べながらの感想です 。 



img_main 北前舩


北前船寄港地フォーラム in 三国湊(港) 7/12,13 三国未来ホール 他

300~200年前 船主が 各地港で物資を購入、販売し巨万の富を得る 現在の商社に相当

今年は24回目 20府県から400人参加 観光振興策について話し合う

昨年「日本文化遺産」に認定される  休憩時間に地元チビッコが「三国祭囃子」を披露

北前船について知識なし フォーラムに参加し勉強しました 📷7/12(木)未来ホール

DSCF2577

DSCF2575


土用の日は「うなぎ」ダ!

ミーテイングが終わり徒歩3分 割烹「玄白」さんへ

貴重な「うな重」をよく噛みしめていただく 全員満足の笑み 📷7/25 12:30

私は良く散歩します。お気に入りは国交省「鳴鹿大堰」(雄大で湖そのもの)です。夕方は湖上を風が吹き抜けます。8月になると涼しく「秋」を感じます。歩きながら「健康」に感謝しています。
(土蔵)