2006年12月08日

ニューキャンパスの写真

031a11ad.JPG 教室棟
  
Posted by tokuri3 at 18:42Comments(6)clip!

2006年11月05日

教師全員に配られた。

4628aa98.JPG 専門家の来校にさいして。   
Posted by tokuri3 at 12:04Comments(0)clip!

2006年10月15日

常州市も太湖に接していた!

d7b25731.JPG171mの山から太湖を眺めた。無錫の山の重なりが きれいだった。つぶやきブログ参照。
  
Posted by tokuri3 at 17:03Comments(0)clip!

2006年10月09日

安部総理が8日に訪問した。

fe59bd0b.JPG 9日の新聞記事。  
Posted by tokuri3 at 10:57Comments(0)clip!

2006年09月08日

値上がりしていた!

5f13b479.JPG 2年も愛用しているお酒、右のクコ酒。 一本8.5元だった。 9月に買ったら9元だった。
 左はアルコール度46%の 高粱からの蒸留酒。15元。
 クコ酒は35%。クコ・ナツメ・サンザシ・米・高粱から作られ、甘味がある。
 中国では 酒の種類分けで、白酒・黄酒・葡萄酒・ピーチュー(ビール)・和酒 という言葉がある。 紹興酒は 黄酒に分類され、料理酒としても 利用される。
 白酒とは 蒸留酒のことである。
  
Posted by tokuri3 at 12:36Comments(0)clip!

2006年09月04日

原木シイタケ  50円弱

53321839.JPG スーパーでおかずを買ってきた。シイタケをあけて見たら、あまりにも立派なので 写真を撮った。舌触りは とてもよかった。味は いまひとつ。
NHKニュースによれば、中国の生シイタケから 基準を超える残留農薬が検出された とのこと。これにも含まれていると思う。  
Posted by tokuri3 at 22:49Comments(0)clip!

2006年09月02日

あさって、4日から新学期

2日の夜8時過ぎに帰り着いた。列車の切符がうまく手に入ったからだ。上海駅で切符を買うべく 並ぼうとしたら、一人の男性が キャンセルする切符の買い手を捜していた。目的地が合致した。40分後に出発だ。並んで買えば きっと 遅い時刻のしか 買えなかっただろう。
 部屋に着いて 日本語科の先生に電話した。明日会って、教科書を渡してもらうことにした。あさってから 授業がある。  
Posted by tokuri3 at 22:26Comments(0)clip!

2006年06月27日

朝鮮族自治区 吉林省延吉市。 白頭山の北 国境の町 

dd968614.JPG 漢字とハングルが半々。ハングルばかりの看板もある。中国語をしゃべれない人もいた!?   
Posted by tokuri3 at 21:10Comments(0)clip!

2006年05月24日

町の中心部にて ある魚屋

250bc533.JPG日曜日の11時ごろ。ちょっと 休憩中。  
Posted by tokuri3 at 10:18Comments(0)clip!

2006年05月19日

ろくろ(手動式)を使って、円柱の棒を作る。作りながら売る。

aadcfe3c.JPG 右手に持った 弓型の物を 削りたい棒に巻き付けて 回す。左手の鑿で、削る。  
Posted by tokuri3 at 14:25Comments(0)clip!

2006年05月08日

労働節休みが終って

cc8f97aa.JPG ゴールデンウイーク(7日間休み)に、ほとんどの学生は、自宅に戻った。月曜日、1年生(2クラス)の授業後 お土産をたくさんもらった。二つセットで贈る習慣があるようだ。写真以外にも お菓子や飴など たくさんもらった。明日の授業でも ニューキャンパスの学生がくれるかもしれない。
 考えるに 中国では 贈られる人の気持ちより、贈る人の気持ちを優先して 品物の質・量を決めているように思われる。品物はすべて その地の名産品であった。   
Posted by tokuri3 at 18:20Comments(2)clip!

2006年04月29日

昆山・揚州の学生がいるが、花のことは あまり・・・

fec66586.jpg知らないので、驚いた。  
Posted by tokuri3 at 21:57Comments(0)clip!

揚州の花「ケイカ(八仙花)」

e93adcb4.JPG 4月15日に揚州へ。28日に昆山へ行った。詳しくは「つぶやき」ブログ。  
Posted by tokuri3 at 08:53Comments(0)clip!

2006年04月20日

合唱コンクール

eca240a8.JPG旧キャンパスの1年生が 先週の水曜日に「未来」という歌を知っていますか?と問うた。コンクールがあるとのこと。手持ちのテープを調べたら、あった。歌詞は 聞き取りにくかった。何とか文字にして、印刷した。月曜日に 学生に渡し 歌詞を訂正し、授業で2回練習した。水曜日の夕方が 本番だという。水曜の授業でも1回歌った。練習は それだけ。どのグループも 練習時間を取れなかったようだ。
 審査員は7人の学生だ。その前で 歌う。聞いてくれる聴衆はいない。これは、広い会場がないからなのだろう。歌う張り合いがないだろうと思うのだが・・・・    
Posted by tokuri3 at 22:03Comments(0)clip!

2006年02月19日

中国青年報の記事・同性愛

7ce77902.JPG 同性愛者が意見表明をしている。上海の有名大学(フクタン)だ。中央に座った女子学生が ヒソヒソ話をしている。同性愛の生まれる背景について 解説を加えてある。  
Posted by tokuri3 at 09:57Comments(1)clip!

2005年11月26日

期末試験の準備

 ヒヤリングの試験問題を作った。中国では、追試験用のも 同時に作って提出することになっている。それを忘れて、本番用だけを出した。指摘されて早速作った。
 使用するはずのないものを 作っておくのだ。内容は簡単。本番用から少し問題数を減らすだけ。
 2006年1月6日が 僕の場合の最終試験日だ。だから帰国は1月中旬になってしまう。。。   
Posted by tokuri3 at 16:05Comments(0)clip!

2005年10月28日

日本語サークル(学生の自主的組織)の活動の一環として 

 私に話をしてほしい とのこと。十八番の「字源の話」をした。
 「右」「左」の1画目 2画目の筆順が違う。形も良く見ると 違うのだ。それを確認してから、なぜか?と展開させる。
 「教」は、どんな絵から 出来上がっているのか?「育」はどうか?
 こうして 教育論哲学に発展する。 現職時代から 練りに練った展開、手からできている字を系統立てて 観察しつつ 進める話は、過去の大学でも 圧倒的に支持され、好評をはくした。
 ゲームを導入に使い、大合唱で締めくくった。「山賊の歌」は 外国人でも、一発で歌えるのだ。調子に乗って 大声を出したので、今日は 喉が痛い。
  
Posted by tokuri3 at 20:54Comments(0)clip!

2005年10月23日

黄河鉄橋を警備する 解放軍兵士

e41a723f.JPG 国慶節休みに旅行した時の写真。列車が黄河を渡った。兵士二人が 敬礼していた。これが 彼等の仕事。  線路にいたずらするような人間はいないのだが・・・
 中国の治安は とてもよい。政府にたてつくような 根性のある人は いないように見える。10月22日23日も 反日デモは起きなかった。

 cnjcnj@hotmail.co.jp  
Posted by tokuri3 at 18:19Comments(0)clip!

2005年09月21日

ペットを飼う

98455201.JPG  生活にゆとりができたのだと思う。
 店先で ウサギの世話をしている。通りがかりの
 子供や女性が 覗き込んだりしている。
 かごの大きさだが、犬にとって 小さ過ぎるのも 見かける。
 イギリスの動物愛護団体の人が見れば、騒ぎ出すような 窮屈そうなかごに閉じ込められている、そんな飼いかたをしているのも 見た。
   
Posted by tokuri3 at 17:34Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月18日

バイクが主流 自転車全盛時代は過ぎた。 

8d016263.JPG 自転車で もの凄い量の荷物を運ぶ。その流れ・精神は今も 生きている。
 電動バイク、スクーターが主流になっても、荷物の積み方は 日本人の及ぶところではない。荷物入れに入らないものは、足元に置く、引っ掛ける。両足をひろげ、その間に置き、落ちないようにガードする。写真の女性は 少ししか置いていないが、中秋節の祝い品を たくさん足の間に置いて 走っている人を 何人も見かけた。  
Posted by tokuri3 at 11:56Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月12日

国立大学に私立大学を併設!!

ef2ff542.JPG 僕がすんでいる場所は、旧キャンパス。学生も多数勉学している。一時代前の建築であるが、まだまだ使える。バスで50分ほどの場所に 新キャンパスが 去年オープンした。学生宿舎、教室等 とてもきれいだ。
 旧キャンパスを利用することはできないか?一石二鳥の手があった。
 私立大学を作ろう。たくさんの金を集めることができる。日本語科で言えば、新キャンパスの新入生は、1クラス。旧キャンパスの新入生は2クラスなのだ!
 中国の大学も せっせとお金儲けにいそしんでいるのだ!!特定の個人が 私腹を肥やすのではないと思うが。

 写真は 旧キャンパスの グランド。
 
 張り紙があった。「日本国立高知大学の教授の講演会がある。テーマは
溶解現象における興味ある一現象について」
 この大學は、化学分野では 有名なのだそうだ。   
Posted by tokuri3 at 08:59Comments(1)TrackBack(0)clip!

2005年09月11日

勧善(懲罰) 

721f6597.JPG  優秀学生を表彰する。
奨学金を伴って。
これが中国流。  
Posted by tokuri3 at 09:12Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月10日

常州 東坡公園(京杭運河沿い)

2b2ffffb.JPG 蘇東坡(北宋時代)ゆかりの地。乾隆帝なども 訪れている。
横を通る運河は、今も産業の大動脈。ひっきりなしに 船が行き交う。
 40mほどの船10隻を引張るタグボートもあった。操船技術に
驚かされる。運河を整備した記念碑(現代のもの)もあった。
 東の端 とがった三角形の中ノ島の先端に 屋根をつけてもらって
立っていた。運河を大切にしている気持ちが 滲み出ていた。
(写真は つぶやきブログに)  
Posted by tokuri3 at 13:41Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年09月07日

新しい赴任地・常州の大学に活気が・・・

 今日は、居留証のための健康診断に 町へ行った。終わって 本屋に行き、地図を買った。これさえあれば 一人歩きはお手のもの。
駅前のバスターミナルへ行き、長距離バスの路線を調べた。駅前に大勢学生がいる。荷物をたくさん持っている。我が大学の名が聞こえた。そうか、新入生が来たのだ!専用バスもチャーターしてあるようだ。
 このあと、繁華街へ行った。新しく巨大スーパーが開店していた。(8月下旬)無料バスも6路線ある。見ると、わが町「白雲路」があるではないか。大学の横まで来るのだ。まだ10日ほどしか たっていないので、誰も教えてはくれなかったのだ。まだ知られていないのだ。9往復ある。これで、町へただで行ける。ラッキーだ!!

 夕方、大学構内を歩くと 活気が溢れている。親と歩く新入生、ハンガーその他 生活用品を売る 臨時の店。携帯電話各社の競い合い。そして、空のペットボトルを拾い集める人たち。
 新学年の始まりだ。1年生は下旬までは 軍事訓練。(集団行動の訓練)
 それまでは、火・金 2回だけの授業だ。  
Posted by tokuri3 at 20:07Comments(1)TrackBack(0)clip!

2005年07月06日

碧眼の美少女と

b8ef96af.JPG カシュガルは ウイグル族の町ですが、他にもたくさんいます。カザフスタン国境沿いには、カザフ族。タジキスタン国境沿いには、タジク族。タジク族自治県パキスタン国境の町、タシュクルガンで2泊しました。タジク族のおばさんには、大変なお世話になりました。4000mのカラクリ湖で 野宿を覚悟した時、トラックの助手席にいた彼女は、運転手の若者に 止めさせたのです。このヒッチハイクのおかげで夜11時半にタシュクルガンにたどり着いたのです。タジク族は 精悍な顔つきで お化粧の仕方も垢抜けています。民族帽をかぶり、アイシャドウをした女親分のごとき彼女の写真を撮れなかったのは、残念です。
 写真の少女とは別の かわいい少女との写真もありますが、このプログには1枚しか 載せられません。  
Posted by tokuri3 at 10:54Comments(0)TrackBack(0)clip!

砂漠地方 12日間の旅

adf47aeb.JPG つぶやきプログが調子悪くなりました。写真をたくさん載せたいんだが・・・

 パキスタン国境越えの峠の東が カラコルム山系で、その最高峰がK2峰、中国名 チョゴリ峰8611mです。(頭の 右が峠。左の雪を頂く山がカラコルム) 写真は タシュクルガンの石頭城にて。井上靖は「中国の高峰」出版に際し一文を寄せ、タシュクルガンのことを「アジアの屋根の町」と表現している。

 上海を起点に 12日間、5万円(日本円換算)の旅でした。往路飛行機、復路列車。88時間かけて帰ってきました。   
Posted by tokuri3 at 10:40Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月19日

別天地  上海とは思えぬ・・・

372c4d04.JPG 日曜日 午前の上海植物園にて。  
Posted by tokuri3 at 12:07Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月16日

作文の試験風景

0b790d3b.JPG 3年生。「この日の教室と室内にいる人間を見て、風景描写・人物描写をしなさい。」という課題。飄々とした個性派の一女学生が 課題など どこ吹く風とばかりに 朝からの「今日は試験日だ」という 自分の心の中を書いている。描写は 最後の方に少しだけ。それが 面白い 上手な文なのだ!
 開始1時間後、9月からの日本人教師の名を書いた。「あっ 西先生とは お別れなんだ。」と気付いて、「何ともいえない気持ちになりました。」「ちょっとセンチメンタルに・・」などと書く人もいた。
 とにかく 中国人学生は 可愛いのだ。   
Posted by tokuri3 at 17:45Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月12日

ぺっちゃんこの桃 「ばんとう」 蟠桃

eee1cdb8.JPG 江戸時代の大阪の町人学者「山片蟠桃」は、きっとこの桃が好きだったのでしょう。つぶれたような形に 何か思うところがあったんだと推察されます。
 おいしい桃です。種はしっかり大きく 子孫を残そうと頑張っています。
 杏子(あんず)と比べてみました。杏子もやまなしも沈みました。ばんとうは 浮きました。(写真は つぶやきブログ)

  
Posted by tokuri3 at 15:54Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月08日

ホリエモン 登場 

32c786bc.JPG 7日の上海で一番発行部数の多い新聞「文hui報」に大きく載った。
 靖国・A級戦犯などの報道ばかりだったので、新鮮に感じた。日本で 靖国関連の発言があると、翌日には とり上げている。
 ホリエモンは 新しいタイプの経営者として、評価されている。  
Posted by tokuri3 at 13:43Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月04日

やまなし が大きくなった。

9cd800ae.JPG 直径3cm弱になった。自然に落ちるのは、いつごろのことなのだろうか・・・トプカプ・・トプカプ・・  
Posted by tokuri3 at 13:42Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月01日

スピーチコンテスト

 3日午後、3年生全員がスピーチをする。4月末からテーマを予告しておいた。「諸君、〜〜しようではありませんか!」という題。昨日の授業では、私が書いた「読書しよう!」という短い文で、スピーチの練習をした。間の大切さ、メリハリをつけること、訴える気持ちを表すこと 等を伝えた。
 原稿を再度書き直した学生が 直してくれと持ってくる。800字ほどの原稿を彼等は 暗記してしまうだろう。一夜漬けの暗記には 強いのだ。      
Posted by tokuri3 at 17:10Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月28日

卒論口頭試問

 論文の提出締め切りは 5月31日。6月10日が 口頭試問の日。二人の教師が一人の学生に 約20分試問する。2時間くらいで 終了する予定。
 そこまでわかった。ここから後は、私の想像。
 口頭試問を本当に実施したよ という証拠を残さなければならない。ごく簡単な文を残すことになるだろう。記録者を専属で設けないから、詳しくはできないと思う。以前の大学では、詳しい記録を残した。監査の時 困らないために。細かなことを指摘する事務官監査員の要求にこたえるために、煩雑な書類を せっせと残していた。
 大学によって 事情は随分と違う。  
Posted by tokuri3 at 17:57Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月27日

もうすぐ期末試験

40aafcf6.JPG 試験問題(用紙)を作った。作文の授業だ。上が 私のワープロによるもの。下は 我が校の「格式」に基づいたもの。作り直しになることがわかっているので、下書きとして作った。中国は「格式」を大切にするので、かっこいい用紙になる。「A巻」は、本番用。「B巻」は、追試用。始めから 二つ作っておくのが 中国流。

  
Posted by tokuri3 at 15:15Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月25日

一ヶ月ぶりの植物園

8e2b4064.JPG 6月券発売日なので、買いに行った。37日券ということになる。
 木の実が大きくなっていた。このブログには、写真は1枚だけなので、ヤマモモ以外は、「つぶやき」ブログで 見て欲しい。およその直径を書いて置く。
 ヤマモモ11mm、サンザシ12mm、やまなし(大)17mm、(小)5mm、李30mm、サクランボ10mm。(5月25日現在)    
Posted by tokuri3 at 19:07Comments(0)TrackBack(0)clip!

米屋  米の値段

148250dc.JPG 写真は 市場の米屋。隣りは穀類屋。その隣りは乾物屋。向こうに果物屋が見えている。
 米の値段。写真の大きな袋は25kg入り、50元。 スーパーで調べた。
 10kg→34元から45元まで、5種類。 最高値は 5kg→30元。
 量り売りは、500g→1.75元。10kg換算35元。
 2年間自炊した日本人が、「可的」というコンビニの米がおいしいよ。と言うので、調べた。5kg24.8元。
 レートを 1元⇒13円で計算すると、次のようになる。
 一番安い 米屋の米。25kg→650円。10kg換算260円。
 一番高いもの。  10kg換算780円。  
Posted by tokuri3 at 13:39Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月24日

今日の新聞記事「副総理・・・」

8210f369.JPG 「第一財経日報」の一面。このポーズ。下の短い文には、日本政府首脳の発言は不満である と書かれている。突然の帰国の理由「重大な公務が生じたため」とのコメントは、誰が発したのだろうか。理解できない。  続きを読む
Posted by tokuri3 at 14:21Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月23日

今日の上海の新聞記事

 1936年上海北方、長江に近い町で 日本軍による虐殺行為があった。2244人が犠牲になった とこの記事に書いてある。当時9才だった写真左の人 金さんは逃げた。「その日のことは永久に忘れられない。過去の行為を深く胸に刻み、平和を追求したい。」と結んである。金さんの言葉のように書いてある。しかしこれは、記者の文章である。(私自身もSARSの時、新聞に載った経験から)人々はみんな 記者が作った文であることを知っている。  続きを読む
Posted by tokuri3 at 11:28Comments(1)TrackBack(0)clip!

「日本でも破壊行為・・」学生の認識。 

 3年生 スピーチの原稿(中日友好を深めよう)の中に、こんな一節があった。今回の反日デモに反発した日本での事件内容を日本の新聞で調べた。
「横浜で中国銀行の入った建物に火炎ビン、ガラス扉に9箇所のひび。東京の中国大使館に封筒が・・、大使公邸に赤ペンキが吹き付けられた。別館の扉を叩いて傷を付けた。報道担当者が話した。いたずらを超えた犯罪行為・破壊行為であり、許し難い。」
 学生は 中国の新聞かニュースからの情報だろうが、破壊行為の内容については知らず、担当者談話だけを聞いたのだ。
 物事を正確に認識する。より正確に。難しいことだ。私は 調べたことを 彼に伝えた。
   続きを読む
Posted by tokuri3 at 08:15Comments(0)TrackBack(0)clip!

2005年05月22日

人民日報の記事「日本老兵士 贖罪の旅」

 21日・22日の新聞にこんな記事が載った。写真入り。「ある91歳の日本人(姓名入りで)が、北京郊外戦争発端の地を訪れた。橋の上でいきなり膝をついて、頭を垂れた。戦争中のことを詫びたのだ。」  翌日の上海の別の新聞は、その人が 上海の慰霊施設で 献花した写真を載せた。彼が上海に来たことは、記者たちに知れ渡っていた。慰霊碑の周りには何人かの記者がカメラを構えている姿も写っていた。彼が膝をつくだろう事は予想されていて、小さい敷物が置いてあり そこに膝をついて、詫びた。二つの新聞とも、「詫びた」ということを 強調していた。以上が報告で、次は 私の思ったこと。
 
 彼はおそらく4月中旬の 反日デモをきっかけとして この旅を決意したに違いない。「私はまだ詫びに行っていない。死ぬまでには行かなくては・・・」
 立派な人だと思う。中国の新聞も 高く評価したように感じた。
   
Posted by tokuri3 at 19:31Comments(1)TrackBack(0)clip!