1ヵ月以上のご無沙汰となってしまいました。移転後初の本格的な投稿になります。

今回は帰ってきたウルトラマンから第24話・キングストロン戦の画撮です。
マンション怪獣キングストロンは、身長(体長)60m、体高30m、体重15000tという設定で、かなり軽量です。もとが正体不明の小怪獣・クプクプの破片だということと関係しているのでしょう。
体高がウルトラマンの4分の3もあるのは、脚が意外に長いためと思われます。

MATが爆破処理した後に残った破片(徹底的に回収せずに引き揚げてしまうあたり、昭和らしい大らかさです)を明夫少年が拾ってしまったことから今回の怪獣騒動が始まってしまいます。
この明夫少年が、当時の言葉で言えば「鍵っ子」だったわけで、当時の世相が見えてきますね。
余談ですが、「鍵っ子」といえば、『ゴジラ・ミニラ・ガバラオール怪獣大進撃』(こちらの方が2年ほど早く制作されています)の重要なモチーフになっていました。

それでは、本題に入っていきましょう。

崩壊したマンションの中から新マン登場。
キングストロンの前に立ちふさがる。
高くジャンプして怪獣の背後に立つが、怪獣も向きを変えてくる。
キングストロンの甲羅に乗って倒立前転する新マン。
つられるように仰向けになるキングストロン。
帰ってきたウルトラマン24話00h01m56s80帰ってきたウルトラマン24話00h02m15s69










もがいているうちに体勢を立て直したキングストロンが火炎放射。
炎を浴びてしまう新マン。
何とかのがれてキングストロンの甲羅の上を転がりながら体当たりをスルー。
帰ってきたウルトラマン24話00h02m24s43帰ってきたウルトラマン24話00h02m37s86










帰ってきたウルトラマン24話00h02m40s30帰ってきたウルトラマン24話00h02m43s40










ジャンプした新マンが落下したのはキングストロンの頭部。
跳ね返された新マンが次に落下したのはマンション近くの河川だった。
(ボートが浮かんでいるので、池なのかもしれません)
帰ってきたウルトラマン24話00h02m45s23帰ってきたウルトラマン24話00h02m46s53










すかさずのしかかってくるキングストロン。
もみ合いの末に、どうにか押し戻して水から逃れる新マン。

帰ってきたウルトラマン24話00h02m49s60帰ってきたウルトラマン24話00h02m51s00










帰ってきたウルトラマン24話00h02m53s16帰ってきたウルトラマン24話00h02m54s73











再びマンション前の空き地でのバトル。
突進してくるキングストロンを側転で避ける。
なぜか両腕を振り回して砂埃をまきおこす新マン。
帰ってきたウルトラマン24話00h03m06s69帰ってきたウルトラマン24話00h03m11s96










キングストロンが怯んだところで、新マンが両手をクロスさせて頭部の角をへし折る。
ウルトラボディ落としで後方に投げ飛ばす。
帰ってきたウルトラマン24話00h03m27s23帰ってきたウルトラマン24話00h03m31s56










この角は折られてもほとんどダメージがないらしく、キングストロンが反撃。
尻尾から熱線を発射。新マンのみぞおちにヒットする。
帰ってきたウルトラマン24話00h03m38s10帰ってきたウルトラマン24話00h03m38s30










新マンが悶えているところに突進してきたキングストロン。
膝に噛みつく。
怪獣の口をこじあけようとするが、それでも食らいついてくる。
帰ってきたウルトラマン24話00h03m38s80帰ってきたウルトラマン24話00h03m39s30










帰ってきたウルトラマン24話00h03m41s26帰ってきたウルトラマン24話00h03m51s50










帰ってきたウルトラマン24話00h03m52s83帰ってきたウルトラマン24話00h03m54s26










ここでカラータイマー赤。
倒れ込んだ新マン、キングストロンの頭部にキックを浴びせ、やっと噛みつき攻撃から逃れる。
フラフラになった新マンはマンションによりかかったりしながら、かろうじてキングストロンの突撃をかわす。
帰ってきたウルトラマン24話00h03m57s26帰ってきたウルトラマン24話00h03m58s63










帰ってきたウルトラマン24話00h04m00s49帰ってきたウルトラマン24話00h04m01s40










帰ってきたウルトラマン24話00h04m06s10帰ってきたウルトラマン24話00h04m07s73










マンションの屋上に左肘をつきながらブレスレットを投げるが、突進してきたキングストロンを避けようとして狙いを外してしまう。
帰ってきたウルトラマン24話00h04m09s60帰ってきたウルトラマン24話00h04m11s53










帰ってきたウルトラマン24話00h04m15s60帰ってきたウルトラマン24話00h04m17s40










帰ってきたウルトラマン24話00h04m18s06帰ってきたウルトラマン24話00h04m20s80










地面に横たわった体勢でスペシウム光線を発射。
命中するが、キングストロンはほとんどダメージをうけていない。
帰ってきたウルトラマン24話00h04m22s59帰ってきたウルトラマン24話00h04m23s80










ここで明夫少年が「キングストロンは、角を後ろに向けると動けなくなるんだ」と弱点を暴露。
そりゃ、背中の角を後ろ向きにできるなんで、生みの親(?)にしかわからないですな…。
キングストロンの背中の角を後ろ向きにすると、地面に転がっていたブレスレットを投げつける。

帰ってきたウルトラマン24話00h04m33s76帰ってきたウルトラマン24話00h04m37s53










帰ってきたウルトラマン24話00h04m39s76帰ってきたウルトラマン24話00h04m43s30











ブレスレットが命中、爆発をおこす。
キングストロンの身体は、その後にひびが入り、皮膚が消滅して骨格だけになる。
帰ってきたウルトラマン24話00h04m43s96帰ってきたウルトラマン24話00h04m44s96










帰ってきたウルトラマン24話00h04m48s33帰ってきたウルトラマン24話00h04m52s33











こうして、マンション怪獣キングストロンは倒されたのだったが…。
ラストのオチが実にのんき。
「怪獣の破片を見つけたら、すぐにMATに通報して下さい」
こういう大らかなところ、昭和の特撮らしさがでていて好きです。