2007年05月02日

第13節C大阪戦プレビュー

J2リーグ第13節、徳島はアウェイでC大阪と対戦。
現在徳島は2勝4分5敗で11位、C大阪は4勝2分5敗で7位。

いよいよ第1クール最終戦。相手はJ1から降格してきたC大阪。

C大阪と対戦するのは徳島がJに加入してからは初めてで、2000年の天皇杯での対戦以来。またリーグ戦に至っては1994年のJFLでの対戦以来13年振り。
それにしても当時の大塚FC対C大阪の試合に出ていた森島が未だにC大阪に在籍しているのは驚きだ。さすが「ミスターセレッソ」。

森島は怪我で戦列を離れているため、明日の試合への出場は無さそうだが、2トップの柿谷と古橋には注意したい。柿谷は前節17歳3ヶ月でのJ2最年少ゴールを記録し、現在注目されている選手。
そして元Honda所属で大塚FC時代に何度も戦った古橋。C大阪に移籍が決まった古橋のHondaでの最後の試合が鳴門での大塚FC戦で、試合後に大塚サポが古橋コールを行い、古橋は「Jで待ってます」と応えたという逸話がある。3年の時を経て、Jで古橋と再会。

またC大阪を率いるのは都並監督。2005年は仙台の監督として、2006年は東京Vのコーチとして、J2でおなじみの顔になりつつある。。。

下位に低迷しているが今シーズンまだ連敗のない徳島。
福岡戦での負けを引きずらないで勝点を持って帰って欲しい。

非常に興味深い試合だが残念ながら生観戦は断念。スカパーで観戦予定。

徳島に勝利を。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tokushima_vortis/50942514
この記事へのトラックバック
横河武蔵野FCと栃木SCの試合は、前後半に1点ずつ挙げた栃木が勝利し4位浮上。栃木SCはアウェーの武蔵野で横河武蔵野FCと対戦し、前半15分に北出勉選手、後半48分に横山聡選手がゴール、前節の5位から一つ順位を上げ、JFL4位に浮上した。
FC岐阜、今季初黒星!栃木SC4位に浮上! 【めざせJ1、日本フットボールリーグ(JFL)栃木SCファンサイト】at 2007年05月03日 23:17