徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡・禁煙外来 052-875-0550:徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡・禁煙外来

HOME > 診療日記

2021年05月11日

5月14日、今週の金曜日に2回目の新型コロナウイルスワクチン接種に行ってきます。
1回目より2回目の方が副作用が強く出ると言う方もみえれば、
2回目の方が何ともなかったと言われる方もみえます。
当院スタッフ5人の経過をまたご報告しますね。


2021年05月10日

新型コロナウイルスワクチンの入荷が、5月25日になりそうです。
翌日、26日から接種を始める予定です。
あくまで予定ですが。

ワクチンさえ有れば、日本はインフルエンザワクチンの実績があるので、
個別接種(かかりつけ医での接種)でどんどん回せば、
2ヶ月もあれば65歳以上の方の接種はやりきれると思います。

みなさん、このコロナ危機を乗り越えるためにワクチン接種を
頑張ってやりきりましょう。

2021年05月07日

やっぱりと言いますか、2戦目もやられました。
よく2点取り返したなとは思いますが、本当に残念です。
フィッカがコロナ感染したことが悔やまれます。

ただ、その後の選手達のコメントを見て、
少し明るい気持ちになりました。

この悔しさをバネに、言うのは簡単ですが、いつか川崎を叩きのめして、
J1優勝を成し遂げて下さい。



このブログを読んで頂いている方から、我が家で飼っている(いた)ダルメシアンの
ミッキーに関するコメントを頂きましたので、ご報告させて頂きます。

一昨年12月最終週の日曜日の早朝に静かに息を引き取りました。
3ヶ月くらい前から急に足が弱りはじめました。
それまでは1時間くらいの散歩は全く問題なかったのですが、
急に坂道が上れなくなったりして、抱きかかえて帰ったこともありました。
次第に目も見えなくなって、庭にでても角でぶつかったりしていました。

あるときから、やたら水を飲む様になったので、オシッコ検査をすると、
やはり糖尿病でした。
何とかしようと、インスリン注射を少量から開始し、徐々に量を増やしていくと
少し元気が出てきたような気がして、妻とふたりで喜んでいました。

12月下旬になるともう足腰が立たなくなって、寝ている時間が長くなりました。
亡くなる前日、ご飯を全く食べないし動こうともしないので、
ミッキーの大好物のシーチキンご飯を用意して鼻先に持って行くと
急に起き上がって慌てるようにパクパクと平らげてしまいました。
その場にいた家族みんなで涙を流しながら、大笑いしました。

シーチキンご飯は私や子ども達のゴールデンメニューなのです。
この子も私の子だなと改めて思いました。

その翌朝、静かに息を引き取っていました。
その日、妻は大切な試合がありましたがキャンセルし、
みんなで見送りました。
13年8ヶ月の間、本当にありがとう。
IMG_0375

その後、どうしても寂しさに堪えきれない私は家族の反対を押し切って、
新しい家族を迎え入れました。
名前はあんちゃんと言います。
今は1歳6ヶ月となりました。
毎日イタズラが絶えない、お転婆娘です。
dog_img_1_1d3debb6bb53


2021年04月30日

悲しい結果でした。
川崎との違いはワンタッチパスが繋がること。
すなわち攻撃パターンが共有されていることです。

開始から追っても追っても引っかからず、
セカンドボールは拾われる。
良いタイミングで点を取られ、メンタルがそぎ落とされる。
そしてだめ押しの4点目。

良い攻撃もありました。
マテから柿谷に最高のパスが出て、
相手キーパーのスーパーセーブと言われればそれまでですが、
そこで決め切れていれば流れは変わったと思います。

解説の佐藤寿人さんが言っていましたが、
相馬の切り込みが速すぎて、良いところでもあり、持ち味ではあるけれど
周りが見えない。
左外にマテが良いタイミングで入って、そこにパスが出せていれば、
もっと決定的なチャンスになったと思いました。

監督が咽頭痛で出られなくなったことは残念ですが、
自己管理不足と言われても仕方がありません。

先発もどうして中谷じゃなくて木本だったのか、理解できません。
どうしてもっと早い段階で前田を使わなかったのか。

この悔しさを絶対に5月4日の2戦目にぶつけて下さい。
死ぬ気で頑張れば糸口が見えてくるはずです。

走り負けてたら勝てるはずが無い。
走って走って走るまくれ!



院長紹介

Archives
Recent Comments
特大 大 標準
文字の大きさを変更できます。



内科・小児科・乳腺外科・肛門外科・皮膚科(アレルギー外来)
乳腺外来(乳がん検診)・禁煙外来・痔外来

徳重ながさわクリニック
電話番号:052-875-0550
〒458-0815
愛知県名古屋市緑区徳重二丁目1621

内科・小児科・乳腺科(乳腺外来/乳がん検診)
肛門科・皮膚科(アレルギー外来)の徳重ながさわクリニック
には
名古屋市緑区、徳重、平手、熊の前、常安、神の倉、鳴海
名古屋市天白区、南区、豊明市、三好町
などの方がご来院いただいております。