徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡・禁煙外来 052-875-0550:徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡・禁煙外来

HOME > 診療日記

2020年05月25日

みなさん、待ちに待った新コロナウイルスの抗体検査が
かかりつけ医でも行えるように今日からなりました。
今、連絡がありました。

IgGの測定です。持続免役です。
100%の感度ではないそうですが、一歩前進です。
正確に言えば、感度80%以上、特異度90%以上だそうです。
感度とはコロナ陽性の人をきちんと陽性であると拾える確率です。
特異度とは陰性の人を正しく陰性と言える確率です。
ややこしいですが、要するに陽性なのに陰性とでるヒトが少し居ると言うことです。
しかし今までの様な出所不明のキット検査ではなく、
検査会社(当院ではFALCO)でお願いするものです。

誤解をしないで欲しいのですが、
熱があったり今感染を疑って行うのがPCR、または抗原検査です。
今お伝えしているのは、過去にかかったことがあるかどうか、
これからかかりにくい免役を持っているかの検査です。
抗体があればワクチンを接種したことと同じかそれ以上ですから、
安心感が全然ちがいますよね。

当院では検査費用は全体で7000円です。
他院で10000円で行っているとの情報もありました。
検査の依頼は全て今は予約が必要だそうで、当院でも予約制とさせて頂きます。
ご興味のある方はご相談くださいね。

絶対やるべきです。


2020年05月20日

先日、家から出かけようとしたときに、
 
 「ホーホケキョ、ケキョケキョケキョケキョケキョ〜」

とさえずりが聞こえました。
妻がすごくいい声で鳴いてるねって言いましたが、
季節的にも時季外れでしたし(3月が多い)、あまりに大音量だったので、

 ご近所の誰かがコロナによる自宅待機ですさんだ心を癒すために
 スピーカーで流しているんだよ

と私は妻に言いました。
本当にそう思いましたし、それほど綺麗な綺麗過ぎる声で
CDデビュさせたいくらい軽やかなリズムで
半径1kmまで響き渡るくらい大きな音でした。
妻も納得していた様子でした。

後日、お散歩日和の日に愛犬アンと出かけました。
するとその途中、突然小さなグレーの鳥が私達の真上の電線にやってきて、
私達に向かって(そう思いました)、

 「ホーホケキョ、ケキョケキョケキョケキョケキョ〜」

と始めたのです。
私達の周りには他に誰も居ませんでした。
私はあっけにとられ、その次の瞬間気がつきました。

先日のウグイスのさえずりが本物ではない、
と言う私の言葉を聞いていて、

 「あの歌声はわたしのものよ。本当に居るのよ。」
          (鳴くのはオスでしたっけ?)

と伝えに来たんだと。
間違いない。

ちなみにその鳥のことを家族にホトトギスとしばらく言っていた私でした。




減少傾向にある新型コロナウイルス感染者ですが、
未だ愛知県では数人、新規感染者が報告されています。
もう一息、もう少し我慢すれば安心できるところまで行けそうでしょうか。

このところ問い合わせが多いのは、新コロナウイルスの抗体検査についてです。
私もこのブログで書かせてもらっているように、
抗体があることがわかれば、安心感が全く変わってきます。
もちろん、うつされなくなる訳では無いですが、
自力でウイルスをはじく確率がかなり高くなると思います。

そこで、検査会社に問い合わせしたところ

 抗体検査をすることは出来るけれど、指定された病院、医療機関以外では
 新コロナウイルス抗体価検査は行えない

という返事でした。
国からの指示でしょうが、早く希望者全員が検査できる環境を作って欲しいです。
経済活動はこころの問題ですから、この安心感はとても大事だと思います。

ただ何度も言うとおり、抗体があるからと言っても、
濃厚接触をしたり、抵抗力が落ちた状態で接触すれば発症する可能性はあります。

気を引き締めつつ、徐々に日常へ生活を戻していきたいですね。

2020年05月15日

厚労省が1万人規模で新コロナウイルスの抗体検査を行うと発表しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a86569035ef78d888431c4e26a3b4bdf711e1f41 

前回にも言いましたが、確かに今後のために行うことも大切ですが、
今、国民のみなさんは新コロナウイルスの恐怖に苛まれているんです。
今なんです。
先のことも大切ですが、多くの国民のみなさんが早急に抗体検査をすることで、
抗体がある方はある程度安心できますし、
抗体の無い方に優先的にワクチンを打つようにすればムダも省けます。
その安心感が経済活動再開のきっかけになります。

スピードと全体の把握。
1万人規模なんて生易しいことを言っていないで、
一気に全国民の抗体検査をやって下さい。

2020年05月13日

このところ、私自身も含め鼻炎症状が出てきていヒトが多いです。
スギやヒノキ花粉の飛散は終息に向かっていますし、
イネ科の雑草群はもう少し後だと思いますので、
変だなーと思っていましたが、
今日の気象庁の発表ですと黄砂が飛んできているようですので合点がいきました。
みなさん、新型コロナ対策で大変ですが、
PM2.5の付着した黄砂にお気をつけくださいね。

院長紹介

Archives
Recent Comments
特大 大 標準
文字の大きさを変更できます。



内科・小児科・乳腺外科・肛門外科・皮膚科(アレルギー外来)
乳腺外来(乳がん検診)・禁煙外来・痔外来

徳重ながさわクリニック
電話番号:052-875-0550
〒458-0815
愛知県名古屋市緑区徳重二丁目1621

内科・小児科・乳腺科(乳腺外来/乳がん検診)
肛門科・皮膚科(アレルギー外来)の徳重ながさわクリニック
には
名古屋市緑区、徳重、平手、熊の前、常安、神の倉、鳴海
名古屋市天白区、南区、豊明市、三好町
などの方がご来院いただいております。