特撮ソング好き

懐かしい曲から熱い曲、少し変わった曲など、大好きな特撮ソングをご紹介します

1972~1973年に放映された「ワイルド7」のオープニング曲を紹介します。

「毒を以て毒を制す」という故事のように、法で裁けぬ悪を倒すために集められた悪党。
そのバイオレンスな世界観が明確に表現されている曲です。

曲はいきなりトランペットが長めの2音をパンチのように繰り出して始まります。
この2音にはティンパニが被さり破壊力増。
間髪入れずヴィブラスラップが「カー!」っとジャブ。
そしてすぐに華麗なステップのようなメロディが短く続きます。

わずか3秒で2、3発食らいました。続いてはエレキギターが加わり、そしてドラムとペットが重い5発。開始早々10秒足らずで10発もくらったらもうグロッキー。印象的なイントロです。

この曲では全編にわたってパンチの効いたサウンドであふれていて、それが荒々しさを表現しています。
音の立ち上がりの速さと強さが強調されているのです。
軸となる音を短く強く奏で、ゆらがずひきずらない。これが「叩き付ける」ような印象をもたらしています。

0:10「お前がやれぬことならば」では、最初の「」から強く入ります。
れぬらば」と次々にパンチを浴びせるように、短く強い音の連打。
イントロに加えてこのボーカルの始まり方。これでこの曲の印象が決まったと言っていいでしょう。

少しかすれて濁ったボーカルを「粗削り」と評価するのは簡単ですが、私はそうは思いません。
注目したいのは「音をずらさない」ということです。
しゃくりやフォールという類の音をずらした装飾をせず、狙った音を狙った高さにピンポイントで撃ち込む歌い方です。
この曲では「お」は「お」です。「ぅお」でも「ぉお」でも「おぉん」でもありません。
この真っすぐで力強い声がこの曲全体の印象に大きく影響してると言えます。

そして詞も秀逸。1番の「お前がやれぬことならば 俺がこの手でやってやる」という最初のフレーズだけでおおよその設定が理解できます。物語と雰囲気と説明がすべて成り立っている詞です。

そして最も印象深いのは「どぶさらい」というフレーズ。
「誰もやりたがらない汚い仕事」をわずか5文字で的確に、かつ印象的に描写しています。
このフレーズはあまりに印象的だったためかこの作品のキーフレーズのようになり、後に制作された作中でも使われることになります。

ここまでこの曲の荒々しく退廃した雰囲気をご紹介してきましたが、決して誤解してはいけない点があります。
それはこの曲が「荒々しい雰囲気が秀逸な曲」なのであって「荒々しい曲」ではないということです。

同じ音やリズムを連打するようなことは決してなく、流れるようなメロディと変化するリズムで構成されています。
曲全体の印象としてそれが目立たなくされているだけなのです。

それもそのはず、作曲は多くの抒情的な歌謡曲を生み出した森田公一なのです。
荒っぽいケンカのような雰囲気の曲でありながら、どこか哀愁を感じるのは彼のメロディのなすところ。
特に、
0:10「お前がやれぬことならば」の「やれぬ」と「ならば」、
0:33「暗い闇夜をひきさいた」の「ひきさいた
の部分の哀しげなメロディラインはその最たるところです。

0:39「何かありそうなあの七人」からの13秒は良く聴くとバックのドラムやベースは歌謡曲のよくあるパターンで、少しも乱暴ではありません。

荒く、不器用で、でも真っすぐで、熱く、どこかに哀しみを隠し持つ。そんな男を感じる曲です。


曲名:ワイルドセブン
作詞:阿久悠
作曲:森田公一
編曲:小山内たけとも
歌:ノンストップ
番組名:ワイルド7(オープニングテーマ) 

2005~2006年に放映された「魔法戦隊マジレンジャー」のオープニング曲を紹介します。

音楽を聴く環境は人によって様々です。
音域の広いスピーカーで聴く人もいれば、イヤホンやテレビやパソコンで聴く人もいます。
この曲は環境によって印象が変わるのが大変不思議な曲です。

幅広い音が再現できる環境では豊かな世界感を感じドラマティックに、カジュアルな環境ではノリのいいリズミカルな調子が活きるところが、この曲の特徴です

スケール感のあるイントロから急に音空間が変化してボーカル部はロック調になります。
広い音域を感じられる環境では、イントロからロック調に変化するところの落差をハッキリと強く感じます。
オーケストラ調の広がりのある音からバンドミュージックに転換するポイントは、音の広がりが変化してまるでドアを隔てて別室に入ったようです。

本編のバンドミュージック調になってからは左右から響くエレキギターのギャリジャリした演奏が強烈に響きます。
この荒々しさに勢いがあり楽しいところなのですが、環境によっては聞こえにくい。
カジュアルな環境でこの部分の魅力が伝わりにくいのは大変残念なところです。

しかしこの曲の楽しさはカジュアルな環境でも失われません。
それは、底抜けに明るい爽やかさと、体育系のような熱さが満ちているからです。

魔法というと、どこか不思議で謎めいたもの。
しかしこの曲にはそんな謎めいたところはないのです。

初っ端から「Go Fight!」と勢いのいい歌い出し。
軽快な曲調に「OK!オーライ!」という楽天的な歌詞が載って楽しさ満点です。

「君が超えたいものはなに?」と、目標とすべきハードルを問いかけてきます。
大空 逆風 昨日の自分」という選択肢がまた熱い!
いずれの選択肢も「誰もが超えたい」ものなのがズルい!
このあたりの歌詞の熱さはすっかりスポ根ものです。

続く中盤はヒーローの使う魔法を固有名詞を列挙して一気にご紹介。
やや説明的ではありますが、徐々に盛り上がりながら後の「冒険のはじまりさ」に続くメロディと歌声が素敵です。

「GO FIGHT! マジ マジ」をクッキリハッキリ分けて歌うのはイントロからのこの曲の特徴。
続く「限界チャレンジャー」も「げん かい ちゃ れん じゃ!」と分かれます。
この明解なリズム感は明るさと疾走感につながり、この曲の勢いの根幹をなしているところです。

努力を重ねれば新たな魔法が得られてステージが開けるという本編の展開に準じるように、前進し続ける勢いを感じる曲調と爽やかなボーカルがあいまって、希望に満ちた将来を感じる曲に仕上がっています。

昨日の自分を越える努力をすれば未来が開けるようという気持ちにさせる、爽やかで希望に満ちた曲です。


曲名:魔法戦隊マジレンジャー
作詞:岩里祐穂
作曲:岩崎貴文
編曲:京田誠一
歌:岩崎貴文
番組名:魔法戦隊マジレンジャー(オープニングテーマ)

1971~1972に放映された「シルバー仮面」のオープニング曲を紹介します。

この曲は猪俣公章の作曲。歌謡曲に数多くのヒット曲を持つ大家です。
シルバー仮面以外の特撮ソングはすぐに思いつかない、このジャンルには珍しい作曲家。
彼の曲は「メロディの持つリズム」が際立ってカッコいい。「音の置き位置」とも言えるでしょう。

この曲と同年のヒット作「おふくろさん」でも「おふくろ さんよ」「おふくろ さん」と区切りの妙がありました。
ボーカル部分だけではなく、演奏部分でもそのテクニックが活きているのが猪俣作品。
坂本冬美「あばれ太鼓」のイントロの太鼓を思わせる演奏など、ダイナミックで心に響くタイミングで音が響きます。

この曲のイントロは小刻みに震える低音と、高らかに響く高音の管楽器同士の掛け合いがとても楽しい。
ヴァーッバ!」と低く響けば、「パパパパー!」と高音が鳴る。速さ、強さ、音質の違いが印象的な始まりです。
2回繰り返した後は高音のカッコいいメロディが続き、「ダッダダダ! ダッダダダ!」とハッキリ刻んでボーカルへとつなぎます。

ボーカルは主役を務めた柴俊夫とハニーナイツ。
こういう編成の場合、普通は柴俊夫がメインでハニーナイツがコーラスとなる場合が多いのですが、この曲は区別がありません。
どれが柴俊夫なのかわからないほどハニーナイツが前面に出ています。
しかしそのグループボーカルがこの曲の特徴ともなっているのです。
特に中心人物がいない大人の男声合唱の主題歌というのは実は珍しい。

シルバー仮面は大人の5人兄妹の物語。厳しい状況の中で兄妹が生き抜く姿が描かれました。
1番の歌詞は特にその雰囲気が色濃く、各地をさすらいながら地球のために戦う姿を感じさせます。

歌詞としても音としても特徴的なのは0:34「兄よ妹よ弟よ」。
あによ~ いもとぉよ おとうとよぉ」というところでまた猪俣のリズムの妙が活きてくるのです。
哀しげなメロディを一音一音が弾むような調子で歌います。
演奏はリズミカルで勇ましく、軍歌のように高揚感を煽ります。
勇ましさの上に載る哀しみ、兄妹の団結、親も家もない状況。そんな複雑な構造は本編と共通です。

ところが3番の歌詞は「ジャンプ」や「キック」、「倒せ!」が中心となる歌詞に一変。
本編がテコ入れによって派手さが増した11話以降は3番が主題歌として使われました。
路線変更で主題歌の使われる部分が変更になるというのも興味深く、曲を聴けば理解できる部分です。

印象的なイントロ、その後の勇壮な演奏、哀しい歌詞、グループボーカルの響き。
いずれも素晴らしい要素ですが、実は最後に一番カッコいい響きが残っています。

2:16「シルバー シルバー シルバー シルバー アー」のハーモニーです。
この部分のカッコいいボーカルには思わず聴いている方も参加したく鳴ります。
特に最後「アー!」の余韻は最高にドラマティック。

厳しい状況下で懸命に生きる姿とヒーローの勇ましさの両面が感じられ、最後には複雑な余韻の残る独特な曲です。


曲名:故郷は地球
作詞:佐々木守
作曲:猪俣公章
歌:柴俊夫、ハニー・ナイツ
番組名:シルバー仮面(オープニングテーマ)
番組名は第11話より「シルバー仮面ジャイアント」に改題されました。

↑このページのトップヘ