2007年04月09日

グルコサミン

グルコサミン

■ グルコサミンとは
グルコサミンは、天然アミノ糖の一種です。
糖タンパクとして、もともと多くの動物の体内に分泌している成分です。軟骨関節の水分を保持し軟骨に多く含まれ、激しい運動や、肥満による部分的なストレス、また年齢を重ねることで減少してゆきます。
肘・膝・腰などの関節でクッションの働きをする軟骨を健康な状態に保つ大きな役割があります。健全な関節軟骨は、65〜85%の水分と2種類のタンパク質(コラーゲン・プロテオグリカン)を主成分としてスポンジ状のクッションを形成しています。このプロテオグリカンの生成に欠かせないのがグルコサミンです。飲み続ける事により、関節の働きを滑らかにし、膝や肘の痛みや違和感をとります。日本では食品として摂取されていますが、ヨーロッパでは薬として使用されています。また、アメリカでグルコサミン療法を紹介した本がベストセラーになり一大ブームを巻き起こしました。

■ グルコサミンの成分
糖タンパク(天然アミノ糖の一種)
原料:カニ・エビなどの甲殻類の外殻(キチン質)
カニ・エビなどの甲羅を原料にしていますので、甲殻アレルギーの方、若い方の大量摂取は自然な軟骨の再生能力を弱めるため注意が必要です。



■ 「グルコサミン」が効果的なお悩み・症状
関節痛/肩こり/腰痛/痛風



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星