2005年08月
2005年08月31日

夏の終わりはコトハジメ

夏の終わり


ああ、夏が終わっていく。

なぜだか少し悲しくなるよ。



あんなに「暑い暑い」って嘆いてたくせに。



七時には真っ黒になってしまう空だったり

涼しい風になびいてる ロングヘアーの後ろ髪だったり

そう言うものが風鈴に入り込んで 優しく鳴いている。


なんだかんだ言って 何にしても後ろ髪ひかれるんだよな

それが弱さでもあり強さでもあるってか。


消費者金融しか見えないのも悪くないな

「お金が一番じゃないんだぜ」なんて 思えた時期もあるにはあったし。

いや、今も思うかな? にしては物欲激しいな…。


僕も含む世の中の綺麗事が好きな人々って言うのは

とんでもない矛盾で成り立ってるんだよね。


良い車が欲しいとか 持ち家が欲しいとか 受け売りの欲望で成り立ってるくせに

世の中は金じゃないなんて吠えるんだよ。

「人類は皆平等の筈だ」とかさ 新宿で嘆いてるオジサンには笑ったね。

基本的に平等なんて有り得ないんだよ。


僕たちは、敢えて僕たちはと言うけれど

答えをなんとなく漠然と解ってしまっているんだよね。


これからの行く末とか 向かっている場所だとか

不安ではあるけれどなんとなく見えていて 最後には必ず終わりがある。


バッドエンドかハッピーエンドかは別にして

夏みたいに不思議と終わる事を知っている。


それに対するアンチテーゼとして

「終わりたくない」なんて思っちゃったりもしたよ。


だから はじめるんだろうね

一つ、終わっても 全部、終わらないために。


なんか何にしても「終わり」を思うと総括してしみじみしちゃうな。



さあ、次は黒いオレンジのコトハジメだ。



 
Posted by tokyo4 at 03:04COM(0)普通の日記 ,hatenadel.icio.us
2005年08月30日

紫


敢えて簡単に言えば


何かに挑戦できなかったり やる気が起きなかったりするのは

自尊心がズタズタにされるのが怖いから 逃げてるだけなんだよね。



「そう言う奴に限って オッさんになってから美談にするんだよ」なんて

結果を残しながら頑張ってる奴が言うと絶望に襲われるね。

どちらかというと もう既に美談になってるんだよ。




とにかく 駄目なものは 駄目だから

好きなものを もっと好きになるしかないな

好きな奴を もっと好きになるしかないな


「好き」って良い言葉だな。


もっと「好き」を「好き」になろっと。


結局 世界は自分の価値観でしかないんだよ。


 
Posted by tokyo4 at 02:43COM(0)普通の日記 ,hatenadel.icio.us
2005年08月29日

防衛タワー

ぽ



遠いのか近いのかよく解らないので

とにかくジョギングしてきます。


 
Posted by tokyo4 at 01:05COM(0)フォトテキスト ,hatenadel.icio.us
2005年08月28日

黒青白

黒青白


ipodがぶっ壊れたので iAUDIOってヤツに鞍替えして

ワクワクしながら持って帰って箱を開ければHDエラー。


ハードディスクは弱いなあ。


で、業界一位のメーカーに対するジレンマとも

僕は一生 戦い続けないといけない様で


周辺機器やアクセサリー ユーザー数が多い事による利点もあるんだけど

メーカーのふんぞり返る姿が目に見えてくると本当 絶望。


アップルなんてその典型。だけど吸引力はあってアンチにはなりきれない。



ipodのシェアはとんでもないので

とんでもない抜け道なんかが発生して

実は僕はあまり損をしていない気もする。

要は発想の問題だけども。


そうそう、コメントが返せないと失礼だと思うので

当分はコメントを受け付けない事にします。

また馬鹿に寂しくなったら受け入れるのでお願いします。


更新はがっつりやりますぜ、オジキ。




 
Posted by tokyo4 at 01:05COM(0)普通の日記 ,hatenadel.icio.us
2005年08月27日

スクラッチ

スクラッチ


全部削る前に 答えがわかってしまう所が好き。

こいつは当たりかな 外れかな。

 
Posted by tokyo4 at 07:36COM(7)フォトテキスト ,お気にフォトhatenadel.icio.us
2005年08月26日

新宿タイフーン

つよいあめ


いやあ、今日は 予想が大当たりの日だ。


その予想の中でも 一番熱かったのは

午前0時のNHKで 「新宿の中継です」って聞こえた瞬間に

急いで録画ボタンを押したら


案の定。


新宿が写った瞬間に 20代後半のフリーターが携帯で誰かに電話して

少ししてから 恥ずかしそうにピースして

その後いきなり 顔が陽気になって 激しくピースを始めたんだ。


多分、友達か彼女辺りが 「おお、写ってるよ!」なんて言ったんだろうな。

そうやって考えると 何かとても微笑ましくなって 何回か見返したりした。


こういう友達、小学生くらいの時にいたなぁ。

あいつ何してんだろ。


それと、かなり雨足が強まった頃に Tシャツとハーフパンツで外に出て

雨に当たってみたら叫びたくなった。

叫びたくなるって解ってたけどやっぱり叫びたくなったな。

今日は台風に さらわれなかった僕の勝ち。

植木鉢が飛んできて そのまま死んだら僕の負け。



ジャイアンみたいな人の心の友がこんな事を言ってたよ。


「普通じゃなくなればなるほど 自分が好きになれるし 

 最近、雨が好きになってきたりなんかして

 本当、どうかしてるんだけど 天気って好きになればなるほど裏目に出るし

 ダイエットコーラでも飲んで痩せようかな」


僕もそう思うけどダイエットコーラでは痩せないよ、太ったのびた君!



 
Posted by tokyo4 at 00:38COM(3)普通の日記hatenadel.icio.us
2005年08月25日

ギャ  ップ

ギャップ



幼い頃 夢中で考えた事を もう一度やり直してみた。


それは未だに とても難しい問題だったけど

既に自分の根っこが腐って新しいものになっていた。


それが 新しいマンションの為に切り倒された大樹とリンクして

無意味に感傷的になった。


歩いてきた道も随分長くなったし これからも続くかと思うと

吐き気がするし 未だに僕がなんなのか理解できないけど

あの頃はグリコのカフェオーレが好きだったなとか

無駄に依存していたものばかり思い出す。


結局、確かな事は 空想と現実なんて大して変わらないものなんだと言う事だけで

それ以外はバターとチーズくらい曖昧な関係。


とりあえず、わびしいから 寝るかな。


どうやら空は哀れで滑稽で それで居て傲慢に満ちている模様。




 
Posted by tokyo4 at 02:26COM(2)普通の日記hatenadel.icio.us
2005年08月24日

新宿ポンコツ大虐殺

高層



猿とキジと犬が 新宿までやってきました。



はじまりは森のうわさ話でした。

どうやら人間界では続いていた動物ブームが飽和状態に向かっていて

人気者になった動物は住民票が与えられるという噂がまことしやかに囁かれていました。


猿、キジ、犬の子孫は 鬼退治をきれいさっぱり忘れて

人間並の生活を送るべく新宿にやってきた訳です。


鬼の方はアスベスト被害に苦しんでいましたが

それはストーリーと全く関係ありませんので あしからず。


高層ビル群に立った二匹はキジが居ないことに気付きました。

猿「ウッキー。ウィーウィー(キジのやつめ、空を飛んだな)」

犬「ワンワンワンバウバウバウ(ちくしょー)」



ロビン


キジは案の定、空にいました。


空を飛ぶと何か下の2匹のことなど忘れて

南の方にある野鳥公園に向かおうかとも思いましたが

あまりにもきれいな空を2匹に教えてあげたくて

下界へと向かいました。



本当は疲れただけだけど。



下界に降り立ったキジは言いました。

「ケンモホロロ(おい貴様ら、空が綺麗であるぞ)」


猿と犬は少し羨ましかったのですがキジが息切れしていたので

なんとなく安堵してまた元の編隊に戻りました。


猿が言いました

「空って難しいよ。考えれば考えるほど なんなのか解らなくなる

 物理的には解っているけど それは僕の答えじゃないと思うし

 だからって 未来に繋がる青だって思えない事もあるし」


犬はいつも思っていて言葉に出来なかったことを猿に言われて

少し嫉妬しましたがすぐに言いました。


「あながち 解らないから宝物なのかも知れないよ」





とちょ


夏の終わりの風が 少しの空白を作って

一つの素敵が彼らをよぎりました。


猿「じゃあ、その宝物を持って帰らないか?」


犬「そうだね、もしかしたら出来るかも知れない。

  でもそれで空に穴が開いたらどうしよう。みんなが悲しむかも知れない。」


猿「そう言う意味じゃヘリやセスナに乗れる金持ちも悪人ばかりじゃなさそうだ。」


犬「いや、違うよ 奴らは汚い心を持ってるから空の青さが解らないのさ!」


猿「そうは言っても 金持ちって言うのは搾取するのが仕事だろう?

  僕らが知らないこともたくさん知っていてとても幸せだって聞いたぜ。
  
  とにかく空は素晴らしいコレクションになるな」


キジは迷惑な顔をしながら

「出来るはずがないけど貴様達がそこまで言うなら行ってやる」と早口で言いながら飛び立った。




キジが飛び立ったすぐ後、サイレンの音がけたたましく鳴り響いた。


それもそのはず、猿と犬とキジが新宿で話をしているのだ。

公園にいた浮浪者が「犬猿の仲なんて言ったのはどいつだ?」なんて言いながら

ここぞとばかりに公衆電話の赤いボタンを押して110番した。


猿と犬はなんだかよく解らずに自分の身を守っていると

なんだかよく解らないうちに網に捕らわれて

「こいつらはこのまま毒ガスで殺されるんだ、全く世話を焼かせやがって」と人間が笑いながら話している。

どうやら、こう言う時にはそうやって言う様に決められているらしい。


キジは空を何に入れようか考えながら そのまま気圧にやられて死んだ。


気圧が急激に変化して減圧症になったキジは

手足が痺れたまま地面にとんと叩きつけられたのだ。


この話をうわさ話で聞いた森の住人達は

「人間の様な下等生物に成りたいなんて腐ったポンコツどもだ」とか

「オイラはいつも空を頭の中で蝕んでめちゃめちゃにしているぜ」なんてうそぶいた。


そのまま 話は風化していって いつの間にか全ての記憶から消え去った。


だけどせめて僕だけは 彼らの意志を継いで 空を持ち帰る術を考えている。

でも 明日になれば もう忘れてしまうんだろう。

また 新しい心の空が僕を包むだろうから。

 
Posted by tokyo4 at 00:44COM(4)フォトテキスト ,hatenadel.icio.us
2005年08月23日

天使の黒い羽根

Black Angel Shuttlecock



悪魔が天使のふりをして 幸せを振りまいている

天使が悪魔のふりをして 幸せを蹴散らしている




 続きを読む
Posted by tokyo4 at 00:33COM(4)フォトテキスト ,hatenadel.icio.us
2005年08月22日

表参道ヒルズ

イ


工事現場が面白い!

表参道にヒルズが出来るんですが 囲い枠の部分に緑が埋まっています。

緑が、しかもこの手のビリジアンが好きな僕としては大満足。


やっぱり入居管理はKENがやるのかなぁとか

地下とかにバイク置き場作ってくれないかなぁとか

でもやっぱりスポーツ選手に囲われるなら芝公園のタワーだなとか

意味不明なことを考えながら、表参道の風。 他とは違う坂の風。


ヒルズシリーズ、と言うか森ビルは六本木ヒルズを作ってからと言うもの

不幸に見舞われまくっているので

表参道ヒルズも気をつけて頑張って欲しいもんです。


ま、そんな感じで。

 
Posted by tokyo4 at 07:21COM(0)普通の日記hatenadel.icio.us