2006年07月
2006年07月28日

大いなる偶然が続く

ここって、ヒューマックスやん?

おお、久しぶり。街でばったり出くわす、友達。

おお、なんてこった。聞けば、友達の経路を知らず知らず辿っている、僕。

とりあえず、落ち着いて笑え。自販機でカフェオレを買い、飲みながら写真を撮る。

それが、この写真。休憩がてらの写真。電池が切れそうな焦燥の中での写真。


孤独が好きとか言ってみたって、友達が居ないとやっていけないよな、色々と。

なんとなく、笑う。感謝しなきゃな、もっともっと。集中して、感謝しよう。


この世の中の全ての光と闇に。

 
Posted by tokyo4 at 07:37COM(4)普通の日記hatenadel.icio.us
2006年07月27日

チャリンカー渋谷

チャリンカー

もう一年も乗っていなかったオンボロ自転車を修理して、渋谷へやってきた。

コックピットって言うには貧弱なハンドル周りの撮影は、なかなか手強いぜ。

OK?

カゴが邪魔なのかな。腐りかけてもう使い物にならないお飾りのカゴ。

ハンドルバーにチープなハロゲンを二つ、くっつけて、目を作ろうか。



何やら、試行錯誤しています。

考えているときが、一番楽しいです。


久々にバイク→自転車に乗って気付いたメモ

利点
1.運動と移動の両立
2.地球に優しい
3.財布に優しい
4.写真が撮りやすい(すぐ止まれる)
5.あれ、こんな店在ったっけ。が多い(発見)

欠点
1.肩身が狭い(歩道も車道も私の居場所じゃないみたいだわ)
2.後方確認、左右確認が困難(何度も車が飛び出してきたわ!O塚家具に轢かれそうになったわ)
3.良い自転車が欲しくなる(女房と畳は新しい方が良いらしいわ)

改善策
1.チリンチリンは鳴らさず、(なるべく申し訳なさそうに)声をかける、咳払いをする。
2.慣れ?今思うとガキの頃はメチャクチャな乗り方をしていたな。設置済ミラーの活用。
3.頑張って買う、もしくは、ガマン。

んま、当分、チャリンコを楽しもうと思う。

足の筋肉も引き締まっていくし、最高ですよ。
皆さんもこれを機に是非乗ってみてください。

体力の低下に焦りを感じるはずですよ。
僕はやっとマトモになってきた気がします。

あー、なんて真面目な感じ。
まあ、いいや。そう言うのも好きだし。








 
Posted by tokyo4 at 01:39COM(4)普通の日記hatenadel.icio.us
2006年07月26日

虹糸の蜘蛛

1

蜘蛛の糸が虹色に光ってた。

2

顔に絡まると、嫌な糸。

3

だけど、とても美しい。

なんにしてたって、突き詰めると美しいんだ。

そう言う目線を、何に対しても持てると良いな。

44

今日は写真を沢山載っけてる。

何故か、そんな気分。


撮影の時、不審者がられるのが嫌で、尻込みしてしまう時があるけど

例えば都市の中の排水溝を撮りためていると、よく怪しむ目に出くわすけど

そこに何かを残すためには、ネガティブな要素も受け入れて行きたいと願う。

目的を忘れると、何をしたらいいか、解らなくなるし。


それで、ネガティブ要素にやられそうになったら、光を浴びることにしよう。


光

光は希望。何よりも希望。

もっともっと希望を撮れればいいな。

で、もっと、もっと、コメントが増えると良いな。

今、見てくれてる人を、繋ぎ止められればいいな。

そんな気分。気分屋の気分。よし。以上。

 
Posted by tokyo4 at 03:47COM(8)明治神宮hatenadel.icio.us
2006年07月25日

ずぶ濡れのちぐはぐ

青緑




 
Posted by tokyo4 at 00:04COM(4)普通の日記hatenadel.icio.us
2006年07月24日

フランス人は青森生まれ。 5

犯人ハオマエダ!


やたらとパンキッシュで可愛かったので、しばし雑談。

外人さんと話すと、狭い自分が、広がってく気がして良いね。


で、外人さんとの会話。

この子のお父さんは片言で日本語がしゃべれる人だったんだけど、Tシャツのバックプリントに「若頭」って書いてあって、胸のプリントに攻撃の「攻」って書いてあったのね。

で、彼は「攻」を指さして「ファイト!」ってかっこいい顔で笑ってたんだけど、後ろの「若頭」の意味は曲解しているらしくて、それを認めた僕は「若頭、カシラ、ジャパニーズマフィア!」って言ってやった。

すると彼は「ホワイ?」って顔をして「これはボスだろ!ボスだろ!」って言うのね。

で、多分このTシャツの真意は893を揶揄することにあると察知した僕は

「ジャパニーズマフィア!ヤクザ!ヤクザ!」って言ったら
だんだんと意味を理解してきた彼の顔が徐々に青ざめてきて
「これって、ヤバイ?ねえ、ヤバイ?」って聞くもんだから、いたずら心、もとい僕の中の"さまよえるSっ気"が噴出しそうになって

「そうだな、勝手にこの俗称を使用したとするとだな、ちとヤバイことになるぜ…トウキョウワンって知ってるか?ボーイ。」(下手くそな翻訳調)

って言いたくなったんだけど、外人さんを心から尊敬している僕は「オーダイジョブダイジョブ、ユーモアよ、ユーモア!スバラシ!!」って何故だかカタコトでいたずら心を詫びる始末となった。

なんで、外人と日本語で会話する時、カタコトになっちゃうんだろう。
間違ってる方にあわせるのって、何か変だよね。


あー、楽しかった。なんか、良かったな。相手も楽しんでくれてればいいなー。


そして、バイバイ。もう二度と会えないかも知れない人たち。

『ほんのひとときの、他愛の無い会話』

写真はそいつを繋ぎ止めてくれるから好きで

写真はそいつを伝える事が出来るから好き。



なんだかな「ありがとう」としか言いようがない。

全部に対して、ありがと。以上。



 
Posted by tokyo4 at 02:14COM(3)普通の日記hatenadel.icio.us
2006年07月21日

幸せなマンション

幸せマンション

最初はどうって事無かったんだけど、だんだんと愛着が湧いてきたマンション。

こうして寄って見ると、それぞれの違う色をした小部屋が、違う光を放っている事が解って嬉しくなる。


それから、色々、湧いてくる。


今日の、あの人の光は何色かな、って想像する。

とても、強いことだけは確かだって笑う。



最近、特に感じてる事なんだけど

視点の変化が面白すぎる。


マンション一つ撮っても、見え方は違ってくるワケ。

例えば、マンションの部屋を訪ねて、この一つの光の中から撮ったらさ、なんだか繋がってくるでしょ。

空間が立体になる感じ。

あっちからの視点、こっちからの視点。

イメージが繋がる快感。ゾクゾクするや。


僕の大好きな作家、寺山修司はかつて「どんな鳥も、想像力よりは高く飛べない」と言った。

ほら、こんな短い言葉だけで、鳥より高い想像力をイメージできたでしょ?


人間は想像力の生き物なんだぜっ!


だから僕はいつも、想像力を促す写真を願いながら、撮ってる。

写真が写真としてではなく、写真が想像力として伝わっていけば、何よりナノダ!



あー、なんか熱く語ってしまったよ。
どうせこんな時はコメントつかないから、後で悲しくなるって解ってるのにな。笑


まあ、でもいいや。


いつか願いは叶うと思う。思うって言うか叶う。

叶うって言うか、なか卯。

あ、なか卯の親子丼食いたい!

想像力は思わぬ方向に。


いやほんとね、叶うよ。叶うって思えなかったら、叶わない。

そんな発想くだらないって思う時もあるけど、最近やたらと実感するのは写真を撮ってる時。

きちんとイメージングしながら、想像力を注入するようにシャッターを押すと、自分なりに納得のいく写真が撮れる。


…オカルトか!


でもそれって、同じ環境で、同じカメラを使っても、撮れる写真が違う事の説明になるはず。

集中力と想像力を上手く使いこなしながら、歩みます。

ナンダカンダで、楽しんで歩みます。


 
Posted by tokyo4 at 22:45COM(7)普通の日記hatenadel.icio.us
2006年07月20日

Y雑ドラマチック

Y雑


だからこそのシンプルを見つけ出せ。



 
Posted by tokyo4 at 04:30COM(2)hatenadel.icio.us
2006年07月18日

何かを習得する時は

覚えること



試しにやってみてスンナリ出来たことを誇るよりも、出来なかった事をどう認めるかが大切だな。

すぐ出来る人よりすぐ出来ない人の方が可能性に満ちているとも言えるね。

出来なかったら、やり方を変えてみよー。

優越感は見せかけの安心でしかないね。


うん


そうやって、感じてる。

覚えなきゃいけないことが増えて、必要に迫られる形で色々な勉強をやってるんだけど、覚えていく度に感じることを、覚えておきたいと思った。

「覚える時に感じた過程を覚えたら、思い出しやすくなりそうだ」と思ってさ。

あとは、基本的すぎるけど「手段と目的」を取り違えないこと。

巷に溢れるお金が目的になってる人とか、くだらなすぎる。


基本を無視して、結果だけを得ようとしてしまいそうになるけど

僕らは基本ありきで成り立ってるんだから、基本を無視しちゃいけないよね。


その上で、結果は出さなきゃならない。

それが、目的とまるで違うエンディングだとしてもね。

で、映画で言うところのエンドロールはちゃんと見る。

最後の最後にありえない大オチが待ってるかも知れないからさ。


yees.





 
Posted by tokyo4 at 11:13COM(4)hatenadel.icio.us
2006年07月15日

シルエットオブボトムインケース

your silhouette

ケースバイケースの情熱みっけ。




 
Posted by tokyo4 at 21:31COM(2)hatenadel.icio.us
2006年07月12日

東京タワーが愛しすぎる

投光塔

もうすぐライトアップ変更。オレンジから純白へ。

近頃はライブカメラでチェックして、なんだか毎日、タワー日和。
行きたくなったら、迷わず行くさ。

ありがたいなあ。行きたいと思ったときに行ける今の環境が。
ほんと、好き。誰よりも何よりも好き。なんなんだ、この胸の高鳴りは!

いや、さ、汗が出てくるんだわ。明らかに興奮して。
湯気が出そうだわ。もうああ、愛しい。

愛は執着だから、恋の方が正しいとも思うけど、モノに対してなら愛せるし愛しても良いと思う。
もはや、モノに見えない気もしてるんたけどさ。

いや、これ客観視すると、やばいな。うん。なんか…ヨダレが垂れそうだ。
いや、違う違う。僕、マトモ。きっと。
まあ、でも、夜中に一人で鉄塔を見上げてるのがキチガイって言うならキチガイでも良いんだけど。

最近、暖かくなってきたから、人が多くなってきたんだよなー。

群馬ナンバーのジャージさん達がやってきて
タワーによじ登りだしたら警察がやってきて
なのに警察は普通のカップルの車に職務質問。トランクを開けさせてる。
その間に逃げてくジャージさん。背中にKANIって書いてあった。

なんか、不条理だなー。明らかにポリスは認識してるのに。
でも、ああいうカニの無秩序な振る舞いって、絶対出来ないからこそ羨ましくなったりする。

だってさ、やっぱりタワーの足から写真撮りたいもん。笑
足から広がっていく東京の景色なんて素晴らしすぎるじゃないか。

だけど、僕には当然出来ないんすよ。その辺の感覚は持ち合わせてて良かったなとも思うわけだけど。

まあ、いいや。

こんな真下から、こんな時間に見られるだけでも感謝なんだから。
ルールは守って、ルールの中でどれだけ自分を出せるかって事だね。
何にしても同じ事か。

そう、何にしても同じ。当たり前のことほど忘れやすくて、原則はいつも心にとどめておかないといけない。当たり前だからこそ、いつも確認して生きよう。

はい。









 
Posted by tokyo4 at 04:20COM(6)東京タワーhatenadel.icio.us