2007年06月
2007年06月27日

あついあつにぬるい話し

そらとマンソン


広場にて

空と、億ションを見ながら、一時間くらい漠然と思っていたんだけど

「あの頃の僕…不安定で、救いようのない僕は、どこへ行ったのだろうか…」

と振り返る日は必ず来るはずで、来て欲しいと願っている僕もいて、その日の僕は、ダメな僕に戻るのもいい、とか思っちゃうんだろうなって笑って

「若さは揺るぎないのに、なんて若さは不条理なのだろうか!」と、とりあえず、吠えてみた。周りに人がいない時を見計らって、すごく小声で。

「ねえ、口先で何を言っても同じで、欲しいのは事実だし、手に入らないものだけが欲しいんだからさ、楽しんで欲しがりなよ!」

と、また口先で吠えた僕は、何故かすっきりとした気分で僕はその広場を後にした。


実感したのは、永遠だ。



 
Posted by tokyo4 at 23:27COM(2)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月25日

灯台もと暗し

ひさびさ


そういえば、こういうオフィスで仕事している人たちは幸せですか

と、宣教師みたいに呟いてみる。

東京タワーって、いったいどうなるんでしょうか。

そろそろみんな、切り替えの時期っぽいです。



 
Posted by tokyo4 at 14:45COM(4)東京タワーhatenadel.icio.us

ムシムシするシバラクは

梅雨なのに梅雨っぽくないよね、昨今


喉の奥が詰まるのは、何だって先延ばしにしてきたヤツのせいだ。



 
Posted by tokyo4 at 14:28COM(3)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月23日

アキバイバイ

石丸


子供が終わるにおいを撒き散らしながら、あちらこちらにお辞儀をして回りました。

秋葉原から神田の方に待避します。

渋谷で言うと、センター街から円山町へ心を売りに行く感じの

真人間にやたら憧れます。


 
Posted by tokyo4 at 15:05COM(2)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月22日

Hello, by friend [蝶でも蛾でも、ひらひらしてろこのノンシュガー]

最初から遊びだったけど


都立大学にて、積極的に賛辞する平日は朝の10時。


こんな時間に30前後の大人が、酒臭い言葉を交わしているなんて

前後不覚で、優しくて、なんて平和なんでしょうかと、嬉しくなった。


「どうでも良いくせにやたらと大切なコトを放棄すれば、簡単。たいていは」


そう聞かされた僕は、ここ最近ずっと、あどけなさがぬぐえないまま、子供の頃にほんの数分だけ心を奪われた、蝶の行方を捜している。


高橋さんが「青さは恥ずかしい」と言い

山田さんは「それが良いんじゃないですか」と笑った。

僕は、どっちも捨てきれないので、どっちもうなずいて

「それはそうとブルーとグリーンどっちが好きですか」と言いたかった。

が、何となく恥ずかしくて、言えなかった。

もどかしい僕に二人が発言を促したので「まあ、なんにしろ僕は一生青いです」と無理に笑った。


僕のipodがポケットから落ちて、山田さんが勝手に僕のプレイリストをチェックしだした。

「どんなの聞いてんの」あたり触りのない質問に

「青」と言うプレイリストを見せつける。

ザ・タイガースの青い鳥に、BLANKEY JET CITYの青い花、上々颱風の愛より青い海に、ZEPPET STOREのロウソクの炎と青い空、スガシカオの青白い男とか、チューリップの青春の影、RADWIMPSの青い春…

「"青"で検索して、抽出された曲ですよ。ちなみに春と言うプレイリストにも最後の二曲が入ってます。つまり、機械的な青です」

それを聞いた山田さんは「見た目に似合わず、古いの聞くんだね」と言って

高橋さんはどうでも良さそうに、ビールを飲み干した。


出し抜けにパンクっぽい兄さんに

「最近どんなの聞いてるの」と聞かれて

「フジファブリックのアラカルトってやつです」と返し

「へー、良いバンドなの」と聞かれ

「僕は好きですねー」と答え

「今度、聞いてみる」と返され

今聞けるのに評価するのが怖いのかなこの人意外と優しい人なのか、と思い

「ところで、良いとか悪いってのは、いったい誰のための言葉なんですかね、やっぱりみんなのための言葉なんですかねー」と話し

「いや、自分のための言葉で良いんじゃない?みんなって、広すぎるし」と返され

「おお、にいちゃんのための言葉じゃなくて良いんだな」と言いたかったが

ピザが美味しかったので、ピザをみんなに勧めた

「さあ、トマトが熱いうちに」


帰り道、

[学芸大学前←]と言う標識を見かけて

東京に来たばかりの頃、都立大学と間違えて、学芸大学に降り立った僕は、ちゃんと教えてくれなかった"東京生まれ東京育ち"に立腹したことを思い出していた。

そして、なんだかとても良い気分になった。

理由がわからないから余計に良い気分だった。

今も、理由なんか知りたくもなくて、とても良い気分だ。


ひらひらと蝶だか蛾だか解らない虫が、整然と植え付けられた街路樹の周りを舞っていた。

「なぜ僕はあんなものに惹かれたんだろう」と

「まあ、どうでもいいさ」と

コンビニに、カフェラテを買いに歩いた。


そして、僕は蝶の行方を捜している。

誰か藪から棒に差し出してくれないかな、あの蝶の行方を。


つまり僕は、蝶の行方を捜している。



 
Posted by tokyo4 at 11:33COM(0)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月16日

不安願望

かっこいい


風は吹くし、光は射す。なんだか、当然で、凄まじいこと。


これ、よく僕も忘れそうになるんだけどさ

奇跡だよ、地球は。そう、僕らが生きてることは。


どうしても不安になってしまう人ね

むやみやたらに不安を煽る人は

不安を煽ることで利益を得る人であることを忘れてはいけないよ。

欲望達成型の宗教は、今のままじゃ犬死にですよと風潮しては献金と組織票を得ることができるし、

マネー雑誌は、老後の不安をでたらめに煽ることで広告主にゴマがすれる。



なんにしろ構図がある。そんな当たり前のことも渦の中に巻き込まれると気づけない。



「大丈夫だってば」そんな言葉さえも不安になる?

信じなくて良いよ、信じたくないんならさ。

ただ、なんか計画的な人って、楽しくなくない?

なくなくなくなくなくなくない?


僕は、できれば笑って生きたいらしくてさ

だって、明日不慮の事故で死ぬかもしれないんだってさ、僕たち。


もうみんな気づいていると思うけど、この世界はてきとうで、でたらめだからね。

それってとっても笑えることだよね?


ねえ?



 
Posted by tokyo4 at 12:22COM(10)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月15日

花びらピンク

おはな



あまりにも美しきピンクだったので、思わずレンズを花びらの中にぶち込んで撮ってしまいました。

アリっぽいキミ、驚かせてごめん。


花の名前は、知りません。

花言葉とか、毒性とか、色々と知りたがった時期もありますが、言葉や情報として花を見ると、花を見た瞬間の情動が薄れている自分が居て、それが気持ち悪くて、積極的に図鑑を見ることをやめました。

それって、人にも言えることです。

勤めている会社とか、大学とか、家柄とか、自分にとって価値があるかどうかで判断している気配は、誰にでもあるわけで、言葉とか情報、肩書きで人を判断するのは、懸命でないな、と思います。そりゃあまあ、効率的でしょうけど。

僕にとって美しいのは、たぶん情動です。瞬間的で、でたらめで、誰がなんと言おうとも揺らぎのない意志です。


そして、美しさって、そう長くは続きません。

きっと続かないから、美しいのです。



なんにしろ

可能性を、笑いながら奪わないで、ください。





 
Posted by tokyo4 at 05:52COM(3)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月13日

未来に乗っ取られる現在

むせるのど


僕の空想という未来は現在を乗っ取りたがってるんですが、そろそろ何かやりたいという幻想は、現実を駆逐しないですよね。さて、ザ・男らしい犯罪、銀行強盗でもやって、捕まりに参りましょうか?

と問いかけた結果

そんな映画みたいなことみんなほしがるけれど現実は甘くないんだよガキめが甘い甘い、とあまりにも杓子定規な回答が返ってきたので、それはスルーして、

先輩の本当にやりたいことってなんですか?って聞いてみたけど、逆にスルーされたので、なんだそんなもんかと見切った気分の僕は、ただ弱い。

たいていの質問は、相手のことを知りたいんじゃなくて自分のことを知らせたいというか、知りたいんだよ。本当は自分がどういう人間かなんて、ほとんどの奴はわかっちゃいない。

なんて、解ったような解らないような言葉で、お茶を濁してしまえ若者よ。だって何とかなるからね、なんにしろ、生きられるし。


当事者になりたいな。

加害者。

被害者面の、子羊ちゃんはやだな。

できるだけどうでも良いことに希望しよう。



 
Posted by tokyo4 at 22:01COM(4)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月11日

清澄庭園の青臭い色気

Posted by tokyo4 at 23:57COM(3)普通の日記hatenadel.icio.us
2007年06月09日

「三田を見た」という希望的な青信号はなぜか

すばらしいメメントモリ


「梅酒はロックだ」

ソーダ割りとか、水割りは認めません、という一方的なジャッジが隣で呑んでいるおっさんの口から漏れて

このオヤジなに人の梅酒の割り方断定してんだよてめえ50m何秒だ、と思いつつ、

そういえば元々僕は梅酒をロックでしか飲まない男だったと思い出した。

だけど、自分で決めて呑むのと、人に決められて呑むのとでは、梅酒の味も変わってくるってもんで、

僕は自家製と銘打たれた梅酒を、全速力でオーダーした。


それで出てきたのが、明らかにいつも僕が家で呑んでいるチョーヤと同じ味。

自家製の梅酒って言ったらアレだろ。氷砂糖ダブダブの、アレじゃないとおかしいだろ、

と梅酒に向かって僕は抗議した。

チョーヤ製と断定された、梅酒の気持ちや、さあいかに。



いやはやしかし。



昔からの友達が三田に越した。

東京タワーの見えない部屋だ。

だけど、タワーは少し歩けばそこにある。

「ちょっとした庭さ」彼は言った「電波障害でノイローゼにならないと良いけど」

そうねそうね、もうすでにその発想とかゆがんだ顔面がノイローゼと感じる僕なのだけれど。



「こいつが一人暮らししたら入り浸るだろうなー」って

何回かそう思った経験があるけど、意外とそういう予想って外れるんだよね。

意外と秘密主義だったり、生活のリズムが違ったり、会うことに理由が必要、みたいな定義付けが始まっちゃったりなんかして。

遊ぶこととか、呑むことに、理由とか意味なんていらないんだよね。

そんなことより、その時間の密度をどれだけ楽しめるかだよね。

まあ、なんか理由つけた方が、予定あけてくれやすいから、理由つけるけどさ。

「ちょっとじっくり呑みたいから」

すごく一方的だ。だけど意外とスンナリと、素直な理由は通りやすい。

物事は複雑にしなければ、すごく単純な話なので、それはそれで素敵でしょ。




にしても、アジトが欲しい。

誰か、作りませんか?主に、税金対策の方向で。





 
Posted by tokyo4 at 20:52COM(2)東京タワーhatenadel.icio.us