水鏡
2009年04月30日

西新宿トリコロール

P5120283


水の中に住みたい、です。


 
Posted by tokyo4 at 22:36COM(1)水鏡
2008年09月25日

韓国ティッシュ

P9237401


韓国に行ってきました。

あちらで適切に生きている友人と、色々な話をして、
お互いの価値観を高め合うための旅でした。


韓国は、思っていたよりもずっと、開放的で、適当な国でした。

東京に住んでいると、大久保界隈にあるリトルコリアの雑多感を想像するのですが、僕が滞在していたホンイク大学という場所は
「朝6時まで眠らない代官山」という感じの、若さがあふれる街でした。


P9237122


それで僕が思っていたのは、自由と自治のことでした。

自由とは自分の思い通りにすることで、
それにはつまり、責任が伴います。

韓国では
バイクで三人乗りをしていたり、カフェでふざけている人たちを見ても
「まあ、このくらいは良いだろう」という目で周囲が見守っていました。

それで自治、という言葉がふと、腑に落ちたのです。
みんなでみんなを治めることは、厳格に締め付けることではなく
それぞれが限度を把握し合って、許すことにあると、感じたのです。

自由とは自分のためにあるのではなく、他人のためにあるのだ
と思ったら、なんだか多幸感に満たされました。


新しい嗜好や思考に出会うと、全身がわくわくします。


新しい主観を受け入れるのは、
そんなにすんなり行かないことだって多いし、
潤沢な抵抗が頭の中で渦巻いたりするのだけれど
最終的にいつだってそれは、僕の味方になってくれました。


なので
経験は、死なない限り享楽です。



P9237405


あらためて

これからも、ありがとう。





 
Posted by tokyo4 at 20:45COM(1)水鏡 ,
2008年09月17日

歌舞伎町水鏡

P8316070



「たぶんあたしはずっとなんだかわからないものに対して、憧れを抱き、東京してるんだと思う」
僕の知る限りで一番歌舞伎町っぽい人が、そうやって言う。

「東京に幻想しているという意味では、同じですねー」
僕はいつだって、誤解されることを、むしろ望んでいる。

美しい話のストックを二、三個披露しあって、
「明日が早いから」と終電で帰宅するのは、不文律。


さよならはいつだって、もどかしい。


「みんな、寂しいんだよ」
どこかで聞いたことのあるメロディが流れてる。

アイライナーが溶けて、黒い涙。
涙をこらえて、吐き気。


人間関係、鏡論。

いつだって、
そこに映る像と自分自身は見合っていて

今はけだるさが、すごく調和してる。




 
Posted by tokyo4 at 09:16COM(3)水鏡
2008年08月20日

水鏡に映る今。

P7294158

大変だよねー、って言われると
そうでもないですよー、だし

楽ちんだよねー、って言われると
むむ、これでも頑張ってんだい!


とか思う、今日この頃です。



そんなとき、水鏡は、ほの暗く映り込み、暗闇を見せつけてくるようです。


光があれば影ができる。

そんな当然のことに、感動している僕がいます。

そうやって影を作りたがる僕は確実に存在していて

だから、影ばかり僕は言った。



いやあ、本当は何も知らないだけであって、

僕は誰でもなくて、誰か別の僕がさっきまでは楽しんでいて

なんというか



ごめんね、それにありがと。

僕の責任で、うわずった心は

たぐり寄せようとしたのだけれど

なぜか引きずられて、うわずってしまった。



おやすみ。



 
Posted by tokyo4 at 01:17COM(3)水鏡
2008年07月20日

ネガポジ新宿

0P7182633


夢が夢じゃなくなる東京は新宿です。

あの、

気にしていることほど「気にしない」と言います。
それはネガティブなときほど「ポジティブポジティブ」と、まるで呪文のように唱えるのとよく似ています。

僕はさいきん「気にしない」を言うことが増えています。

図太くなりたいから図太いふりをしているだけです。
心から図太かったとしたら、もっと素直に、あなたを
大好きでいられると思います。



ひとつだけ、表明しておきたいのですが


「僕はあなたに感謝しています」


そして、僕とあなたがこうして、
東京ティッシュを通じてつながっている以上、
東京ティッシュを通じて、おたがいが良くなればいいと
思っているのです。

他意はありません。

僕は昔から、善意でやったことで怒られることが多いので
今回もびくびくしているのですが
あなたが好きであれば、とても嬉しい水鏡です。

こんなものしか、あげられないけれども、
記憶に残ってくれると、僕は浮き立つのです。

ありがとう、ございます。

こういう滅多にしないやりかたで
あなたと僕の関係が
もっとたいせつなものになってくれると、感謝です。

 
Posted by tokyo4 at 00:13COM(9)水鏡
2008年07月07日

踏み越える最先端

P5020063

僕はむかし、新しいとか新しくないとか、そう言うことに価値を見いだして、生きていました。

たとえば、
月曜発売のジャンプは金曜日に見るからこそ、価値が上がると思っていたし

好きな歌手の新譜は発売日に聴いていることが素敵なことで「まだ聴いてないの!?」と周囲に新しさを強いる始末でした。

それは、小学生の頃の話です。


近頃、少しだけ大人になりました。


古くから今に伝わっていることこそ、
ふるいにかけられた大切なことなのだと
見つけたのです。

きっとアリストテレスは100年後もアリストテレスとしての価値があるし
アリストテレスから見るとずいぶん新しいビートルズも、100年後だってそこそこビートルズだと思うのです。

それで、なるだけ新しくないようにしようと、近頃は生きています。
新しい思想とか、何とかブームとか、3の倍数がどうとか、鼠先輩だとか、なるべく、どうでもいいです。

どうせ、流行りものは塞げど入ってくるので、好奇心だけ、公然と丸出しにしておこうと、思っています。

だって、てるくはのるとか、もうなんのことかすら覚えてないし。
たぶんてるくはのるは僕の人生にだいたい影響してないし。

でも、てるくはのるって覚えやすいなあ。語感がいいなあ。
って何のことかよくわからないまま言ってるけど、大丈夫か、てるくはのる!

というわけで、ということです。

夏本番、ですね。
今年は、例年に増して、いい年なので
水たまりのあたりを、じっくりみてください。




 
Posted by tokyo4 at 11:06COM(3)水鏡
2008年03月19日

お約束の約束

びっくびくびく

お前なにいってんの、とか攻撃的な言葉を彼は平気で言う。

アジアンジャパニーズ読んで、バックパックして、バイトして、バックパックして、別に彼はそういう生き方を望んでいるわけではなくて、なんとなく、そこにいれば正しそうだからそこにいるのだと言った。
面白い、と思った。

ブンガクとかシャシンとか、そういうものに打ち込んでいるフリをして、依存して、なあなあと生きていこうと思っているのならせめて、文章を書いたり写真を撮ってろよ、ヘタとか上手いなんて主観的な問題だし、行動している以上は誰も文句は言わない、と僕が言うと

お前なにいってんの、のあとに、自己弁護が始まる。別に僕は、何か、表現をするべきだなんて言ってなくて、本人がやると言った以上は期待するし、紹介したいし、応援するから、約束としてやってほしいと言ったまでだ。

自由の意味はどこにあるだろう。


 
Posted by tokyo4 at 03:03COM(4)水鏡
2008年03月13日

東京は多面的に鳴り響く

LIOB

僕の前だけでは、本当の気持ちを言って欲しかったのだけど、残念な痛ましい夜でした。

水鏡に映る自分は、風が吹き、ゆがんでこわれた。


 
Posted by tokyo4 at 03:03COM(3)水鏡
2008年02月14日

今、ここにある希望だけが真実だ。

結果より希望

「俺は結果を出しているヤツ以外興味がないんだよ、だってそれ以外って測りようがないだろ」
彼は「お前も当然そうだろう、そうだよな、そう、そうなんだよ」と言い聞かせるようにして、それを話した。

そりゃあ、たしかに一理ある。だけど、ノドの奥が詰まってきやがる。

僕はなぜか昔聞いた、芸能界の偉い人の話を、思い出していた。
「運と実力を勘違いしている人は多いよ。実力なんて、ノウハウ通りにやれば、75点くらいまでは誰にでもなれるんだよ。あとは、運。運があれば、実力はじわじわと伸びていく」

僕は昔から運だけは、人一倍良いから、運についてぼんやりと既知化したときから、運をむやみに使わないようにしようと思っていて、だから、人生以外のギャンブルはやらないことにした。

ちなみに僕にとっての運とは、その場所や、人との相性のことで、目に見えない小さな粒子みたいなものだ。そのシャワーは、ちゃんと生きているところに降り注ぐはずで、心を閉じているところには、冷や水が浴びせられる。

池袋はそわそわした、不安げな街で、どこかみんなせっついていて、僕はそこで立ち止まる。立ち止まり、しゃがんで、笑う。

そういえば、僕が好きなのは、結果なんていうどこにでも転がっている過去よりも、希望という今、そしてすぐそこにある、今が続いていくことで成り立つ、未来なのだ。

確認して、歩き出す。僕は不安をはじき飛ばした。
さっきの今が作り出した、素敵な未来だ。

それって、尊いし、嬉しいのだ。
ありがてえ!

僕は不安防止の結果すがりよりも、
希望だらけの今だけなんだ。

それが、今を生きることだ。

今を生き続けていれば、ずっと今の僕でいられるし、
妙な言葉に惑わされることなく、生きられるのだ。

それが、今を生きる希望なのだ。

 
Posted by tokyo4 at 04:42COM(9)水鏡
2008年02月11日

意味ある劣等感

からからかん

最近、意味のあることばかりで、楽しいです。

僕は自分の生き方を
「行き当たりばったりなのに、結果的にバランスが取れているのだ」と信じています。

なんというか、どう考えても、そんな感じなのです。

いいことがあれば、わるいことがあって、
やるべきことをやり終えると
最終的に、まったりした、ほうけが待っている。
今はちょうどそんな感じなのです。

いい感じの脱力感って言うんでしょうか。
そういう気分で、直近のことを振り返っています。

「それって、よく言われることだぞ」
僕は先日、すごくえらくて、すごくえらぶったひとに言われました。

それは、僕がこう言ったときでした
「感覚的なバランスを大事にしてるんですよー」

ガハハな人は、まるで、たしなめるように言いました。
「若いうちは、知ることに限れ」

僕はすごく、寂しくなりました。
知るとか、知らないとか、知りたいとか、一言も言ってないのです。

僕は、ただ、一輪車で校庭を走り回った頃の感覚を、忘れずに生きているので、それを伝えたかっただけなのです。

その話を、大切で優しい先輩にすると、ヒロトらしい、と笑っていました。その笑顔を見ると、僕はまあ、この笑顔のための寂しさだったのだと思えました。
あのとき感じた何倍も、僕をほんわかさせてくれたからです。

僕はあんまり、人を見る目がないし、頭が悪いから、心を開いてみるしか方法がないです。

8x5を35と言って、周りを驚愕させてから
「計算機があるから良いんだもーん!」とか、そんな感じで、だけど、僕は僕を信じていて、教えられて、教えたいと思っているのです。
こんな僕でも、それとなく生きていることを、教えたいと思っているのです。

もうほんと小学3年生にはデフォルトで負けている感じの僕なので、みんなもっと僕に優越感を感じてください。

僕は劣等感を味方にします。


「利用されちゃうよ気をつけなよ」とか言われたんだけど
別に利用されても良いし、結果的にいい感じに利用し合うのが、人間だと思っています。


最近、意味のあることばかりで楽しいです。

意味のあることばかりで楽しいです。


 
Posted by tokyo4 at 00:32COM(4)水鏡