東京タワー
2011年03月12日

東京タワー、曲がる。

P3129356


東京タワーの先っぽが

曲がっていました。


ほんとみんな、頑張りましょ。
 
Posted by tokyo4 at 00:19COM(8)東京タワー
2011年03月08日

夜明け前とタワーについて。

P7178510

 
Posted by tokyo4 at 07:12COM(2)東京タワー
2010年12月24日

めりくり東京タワー

PC249325


というわけで、メリークリスマスです。
東京タワーの下は、例年通りものすごい人だかり。

しかし、今年は本気であっという間でした。

いろいろと書きたいことがあるのに、
書けずじまいだった気もしていて、
来年はあんまり対外的なことを気にしないで
いこうかなとも思っています。

東京ティッシュを見てくれているひとは
ネット上だけの関係ではない人も多いし、
仕事関係の方も見てくれているし、
ネガティブなことを書いたら誤解されるかなあとか
そういうふうに見えない視線的なものに遠慮してて。

そう思うと、何も書けなくなるといった自意識過剰ぶりを
発揮していた気がします。はあ、めんどくさい性格です。

でも、前だけ向いてる人ってなんだか気持ち悪いし、
バランスってとても大切で。

あまり過激なことは年を重ねるにつれ
書きたいと思わなくなってきたけれど
こんなにも自由に書けて、
それなりに見てくれている人が居る場所なので
それに少なくともあなたが見ていてくれるので、
ありがとうございます。来年も続きます。

ところで、これを見てて
最近、疎遠になってる人は連絡を願います。
携帯が壊れて、番号が消えました。
近況とか知りたいです。


そういえばちかごろ、検索で東京ティッシュに来てくれる人がとても増えました。
ティッシュで検索すると、2位とかなんですよね。
ティッシュの情報が満載じゃなくてごめんなさい。

なんかね、今年は早かったけど、色々ありすぎた一年でもありました。

すごいすきだった人が死んでしまって、
「もうどうでもいいや」って思ったりもしました。
こんなにも無力感を感じたのは、はじめてでした。
でも、身近な人が居なくなることって、たぶん増えていくんですよね。

いろんな経験を経て、強くなるのか、弱くなるのか、
どちらを選ぶかは自分次第なのだと思います。

守る側か、守られる側か。
それは、男だとか女だとかそういう問題でもなく、


ぼくは誰かやなにかのせいにするのがものすごく苦手なので、
けっきょく不本意にせよその状況を選んだのは自分なので、
守る側でありたいと思っています。
すくなくとも、自分と、そばにいる人だけは守ろうっと。

そして人はたぶん、守ることで守られています。
そういうのって、けっこうしあわせだと思う。


よいお年を、です。

来年も東京ティッシュを
なにとぞ、よろしくお願いいたします。




 
Posted by tokyo4 at 21:03COM(6)東京タワー
2010年10月01日

今日は毎年恒例のピンクタワー

PA019233-1



毎年恒例のイベントは、

去年の今頃はなにをしていただろうかと、

思い出すことができるので、好きです。


今日はいい天気で、

タワーにはオーラがかかっていました。


おやすみなさい。





 
Posted by tokyo4 at 22:55COM(8)東京タワー
2010年09月22日

価値観の相違

P8128614


涼しくなったり、暑さがぶり返したり、困った天気です。
いかが、お過ごしでしょうか。

自分はそれなりに、ほどほどの日々です。
なんだかいろいろと行きたいところがあるものの、
いつの間にか開催期間が終わっていることがしばしばで、
思い立ったが吉日の自分をもっと出していきたいなと思っています。


ちかごろ「価値観が違う」という言葉が耳につくようになりました。
しかも、それはどうやら「生理的に受け付けない」と同じような意味で使われている、様子。

ぼくは、最初から、判り合えないことを前提としている空気に、
すこし、寂しくなりました。
違うからこそ生まれる世界というのはごまんとあるのに、自分の決めた正しさを、ゴリ押しする姿は、けっこう、滑稽です。

受け入れられる範囲が広いということは、きっと素敵なことです。
自分が小さいせいで、他人にレッテルを貼ることをしたくないです。

自分の思惑だけで世界が回るわけではないので、
たぶんこれからもいろんな悲しいことがあります。
でも、きっと、それは、嬉しいことへの布石です。
思い返してみると、そんなことだらけじゃないでしょうか。


ちかごろあらためて感謝するのは、自分の周りに
自分の価値観を理解してれる人が数名、いてくれることです。

価値観が似ているかどうかと問われれば、
皆それぞれに、ものすごい偏った価値観の持ち主なので、
まるで似ていないのですが、
ちゃんと認め合うことが出来る人が少なからず、います。

けっこう自分は、レッテルを貼られやすい人間で、
いろいろと困ったことも多い人なのだけど、
そこを理解してくれる人が少しでもいることは、
ほんとうにありがたいな、と思います。


「価値観は成長するものだ」

むかし、40歳も年の離れた友達に、
そう言われた時のことを思い出しました。

そうだよね、価値観が凝り固まったものなら、
ぼくらが大人になる意味なんてないもの。

あらためて、価値観という言葉の意味を考えている
今日この頃です。


あなたはどんな価値観をもって、生きているでしょうか。






 
Posted by tokyo4 at 20:30COM(3)東京タワー
2010年09月19日

世界はきれいですね

P8128620-3

なにも考えずに、タワーと空を見ていました。
流れる雲は早くて、まるで日々のようでした。

たまにはこんな日があってもいいかなと思いながら、いつの間にか色々なことを考えている自分に出会いました。

恐ろしいほど過ぎていく時間に、
「うまくいかないこともあるからこそ、楽しいのでしょう」と言い聞かせて、被害者でも加害者でもどちらでもない日々を満喫していこうと、画策しています。

「世界は綺麗ですね」
ちかごろメールフォームからこんなメッセージが届きました。

そうやって世界を見れるあなたがきれいです。
と、ぼくここであなたに返事をしたいと思います。

ぼくもできればずっと、
この世界をきれいだと、
信じつづけていたいです。

 
Posted by tokyo4 at 00:23COM(2)東京タワー
2010年08月14日

第23回東京湾大華火祭タワー

P8148753-1


花火は、なぜ火なのにもかかわらず、

少し涼しい気分になるのでしょうか。


自分だけなのかな。



残暑見舞い申し上げます。

もうすこし涼しい夜になると、いいです。




P8148763



 
Posted by tokyo4 at 20:44COM(7)東京タワー
2010年07月19日

衣替え

P7188580


蝉の声が、ものすごい季節になりました。

照明の色が変わると
まるで違った顔になりますね。

どちらがすきか、という話は
ライトアップが二種類あるからこそ思えることなので、
どっちも好きだと思える、今日この頃です。

夏風邪にお気をつけあれ。 
Posted by tokyo4 at 03:56COM(2)東京タワー
2010年07月15日

霧のエリューシヴ

P42881762



暗中模索が好きです。暗夜行路と同じくらい。

悩むこととか、迷うことって、そのときはすごく困るけれど、
あとから思い返すと、その課程で立ち止まってみることが
好きなんだろうなあって思う。

それから結局のところ、考える。
悩んでいるだけじゃ答えは出ないけれど、
考えていれば、正しかろうが無かろうが、おのず答えは出るので。

だから最初は、ちゃんと悩んで。
それから、ちゃんと考えて。

たとえば キャリア、とか、
たとえば 恋、とか
たとえば 夢、とか

自分はいろいろとまっすぐな回路ではないので
聞く耳くらいしかもてないけれど
けっこうその、
悩んでたりすることって、豊かですよって思う。

せっかく向き合える人生があるんだから、
ちゃんと向き合えることは幸せです。

悩みには必ず未来があるから好きです。
それはちゃんと向き合えてる証拠。


生きている時間というのは、恐ろしいほどに有限だから、
したいことをしたほうがいいって思うし、
でもそのまえにしたいことが欲しいよね、とかも思うし

だから、好きがあるってことは、
案外大切なことなのだと思ったりして。

つまり、好きに向かっていってください。
あなたの好きなようにね。

なんて、言葉では簡単な話も、
実際経験してみると、そんなにうまくは行かないけれど、

それでもちゃんと世界は回っているし、
悪い妄想ばかりしていない限り
悪いようにはならないものだから
行けば行ったでなんとかなりますよ。

自分探しと自分なくしの旅を交互に繰り返すみたいに、
なくしてはまた探して、見つかったと思ったら、違ったりもして。

自分のことって、遅かれ早かれ考えざるを得ないから
それは自明なのだけれど、なぜだか照れくさくもあって
他人から見ればたわいのない話も、当事者にとってはすごく重大な話で。

立ち止まればいいと思うんですよ。
ずっと、走っていなくとも。


東京タワーなんて、もう半世紀以上そこにいるし
ふと見上げるとなんだかうれしいし、
居てくれるだけでここは東京だなって思うし
結局、自分がとどまっていたところで
周りが変われば、自分も変わって見えるわけで
たくさんの影響を受けるわけで、僕はよい影響を受け続けます。

しかしちかごろです。
それはちがう、と言われることに過度におびえてて。
とくにじぶんの認識不足とか、そういうのを指摘されるのがいやで。

でも、そういうのを正してもらえるチャンスでもあるんだよなあ。
こうして、思っていることを、思っているように、書くことは。

そう、メールとかコメントとか、すごく嬉しいです。
本当、どれだけ感謝しても足りないです。

東京タワーを中心に、東京ティッシュを中心に回っている僕の世界は
けっこう豊かで、大好きな世界です。

そういう世界をちゃんと、
ゆっくりと守っていけたら、と思います。


自分が自分で、本当によかったわけです。


 
Posted by tokyo4 at 06:54COM(7)東京タワー
2010年07月05日

ミライカコイマ

P6248479



東京タワーが、サムライブルーに輝いていたのは、
サッカーのおかげでした。ありがたや。

これは、LEDだからなのかな。
ダイアモンドヴェールの光はとても面白くて、
近付くにつれ、白く光っていくんですよ。

場所によって、見える色が違う。
やっぱりまるで、人間のような鉄塔です。


そう、ちかごろずっと言葉を書いていないおかげで、頭がうまく回らないことが多くて、歯がゆい思いをしています。
特に手帳に手書くという作業は、自分のとりとめのない気持ちを整理整頓するという、すごく大切な行為で。
いつもやっていたから気付かなかったけれど、手で書くという作業には、いろんな魔法が隠されている模様です。

エバーノートというクラウドアプリで、デジタルなデータをまとめることができるようになったので、検索の容易性から、そちらをつかっています。
あれってなんだっけ、を検索で取り出せる世界は、快適そのものです。
そこでわかってきたことは、一見無駄に思えていたどうでもいい落書きのような手書きたちが、かなり重要なウェイトを占めていたってこと。
無駄って言うのはたぶん、人間であることのために必要不可欠なものです。

手帳の上には無駄な落書きと同居して、その日起きたいろんな出来事や、読んだ本の要約を書いていました。
その混沌さは、脳を書いているようで、すごく楽しかった。

手書きは、なかなか消せないし、自分の言葉で要約する必要があるので、そういう意味では、会話のようです。
なるほどそうか、無駄だと思いながらも、なぜだかとめどなくあふれた落書きは、自分との会話だったのか。
手書きに戻った方が、楽しいかも知れないなあ。

あなたは、ちゃんと、自分と会話してますか?
それはたぶん、
照れくさいかも知れないけれど、とても大切な行為です。




とある人のブログを、読んでいたら。
過去を振り返るのが多くて素敵だ、という言葉が飛び込んできました。
「その気持ち、すごくわかるなあ」と独りごちていました。

やっぱり、過去の積み重ねによって今があるし、
過去があるから、世界は未来へと繋がっていくのですから。

そのうえで、年を積み重ねるごとに
過去を振り返ることは自己憐憫によく似ている、と思うようになりました。

あのころ、はいつも美化されていきます。
あの頃はよかった、という大人をどこか馬鹿にして生きてきたのですが、いまはむしろとても共感する自分がいて。
だからって過去に逃げるようなまねは、悲しいと思いますが、やっぱり、あの頃はよかったし、今がいいと思えるのは、あの頃がよかったからです。

そうやって、積み重なっていくという事実に
あらためて、呆然とします。
そうか、だんだんと大人になっていくのだな。な。


なんだかね、
他人からどう思われるか、ということが
いつのまにか生きる指針となっていました。

東京ティッシュを始めた2005年だって、それはそうだったし、
たぶんうまれてこのかたずっと、一人では生きていないから、身近な人にどう思われるかを、意識し続けてきたのだと思う。
でも、すきなことを仕事にしていくにつれ、捨てなきゃいけない感情があるんだってことを実感することができた。

客観視を繰り返し続けて、いろんな人の立場を考えながら、どれだけ注意しても滑りやすい舞台では転んだりして、だんだん言葉にすることが怖くなったりも、して。

心が、開けなくなったりも、して。
昔は美しいと感動し続けていられた風景が
たんなる繰り返しの日常になりさがったり、して。


それは心を病む、だとか、そういうのではないです。
病気と正常の境界線を、医者とはいえ人間が定義できるなんて、そんな風には思えないし。つまり、自分の精神の正常と異常を誰かや何かにゆだねるなんてまねはできないし。けっきょくこの心と体は、自分の責任だし、自分の自由だから。


やっぱり、世界ってきれいだし、
繰り返していく日常も悪くない。
決めるのは自分です。


言葉はたくさん使えば使うほど、増えていくものだから
湯水のごとく、じゃぶじゃぶと使えばいいです。

自分の発する言葉は自分を作るから、だから、自分の好きな言葉を使っていきたい、というか、いきます。
なんだかちかごろ、なおざりだったからなあ。



ずっと繰り返してきた言葉は、ゲーテの言葉。



「心が開いているときだけ、世界は美しい」



そう、心が開いていなければ、どんな美しい世界だって、
うす汚れて見えてしまいます。

そんな当たり前のことも、当たり前すぎてわからなくなってしまう。
自分の根っこにある言葉のことを、自分を作っている言葉のことを、
もっとちゃんと大切にしたいと、思いました。





失いかけていた言葉を
取り戻せた気分。


きっかけをくれたブログの人、ありがとう。





いろんなひとに、

ごめんねと

ありがとうを

ちゃんと伝えたいと思いました。


思えば迷惑ばかりかけてきたし、

これからもきっと、

いろいろとお世話になるんだろうなあ。



したいことをできる自由は、

それを肯定してくれる人々に支えられています。



さいごに、この言葉を届けます。




いろいろごめんなさい、

そして、これからもありがとう。



そこにいてくれる、あなたに。




 
Posted by tokyo4 at 03:51COM(5)東京タワー