September 24, 2016

忘れてたわ リーグ戦 浦和戦

前半 東京にしては かなり はっちゃけた空気の中 始まる ルバァンカップにもつながるリーグ戦の浦和戦。とてもいい雰囲気で試合が始まる。しょーやが仕掛け、室屋も踏ん張り、心配だった 徳永、もしかした 決めちゃうのでは?くらいいい感じだし、梶山がここでも通用するのがとても心強い。あっという間に前半折り返す。

後半 しょーやが 引っ掛けられてPK お決まりのモリゲど真ん中で先制!

このあとに異変を感じる。応援のトーンがぐんと下がった。ん?違和感。

どーしたんだ みんな!勝たせるんだろ?リードしてるのにどうしたんだい?

ビックチャンスをケントがミスる うーん、もったいない!

投入された 面倒くさい忠成に返され、

必死に守りに入った東に秋元のパンチングしたボールが当たり、

逆転され、コオロギにダメ押し。うーん。


そんなことより、あのトーンダウンだよな、もしかしたら、東京勝てなくて当たり前に
落ち着きたくなったのかね無意識に。いや、ほんとにどーんと落ちたから。

次は、そういうのなしでいきましょうね、

歴史を超えるには まず、我々から。

ホームでタコ殴りで勝ちたいじゃん、みんなで。

実は リーグも何が起こるかわからないから、上位をまだまだ諦めてなかったので
勝ち点3逃したのは 凄く痛いけど、上位との対戦まだまだ続くんでね、こっから 上げていきましょう!

もうさ、悔しい みたいの今年はいらねーから 勝ちに行きたい!というわけです。

この日の前半の応援が当たり前になるかどうかは みなさん一人一人次第。
当たり前にしなきゃね。

さて、次は吹田 しっかり 勝利しないとね。行く人 頑張りましょう。

ホームは少し空いちゃうけど、力を溜めといね。ホームでドカンとやりましょう!

リーグをとろう!カップはいらない。リーグは俺もとりたいよ。

でもさ、現実的にいま 目の前にあるカップを取りに行くことも意味がある。

とても悪い病気と闘っている東京な仲間が それで免疫上がるなら、ミラクル起せるなら、
1個でもタイトルは取りに行かなきゃ。応援てのはそこまで含めて踏ん張るもんだからね。

来年、南米では至宝扱いのコパスルガに東京出るなら、病魔に負けるわけにいかねーし、
天皇杯とってACL出るなら、ますます、病気に負けるわけにはいかねーし。

そう、だから、俺たちが簡単にあきらめちゃダメなんだよ。

もっともっと やれるよね、やろうよ。悪い病気と闘ってる奴らのためにもな。
彼ら彼女らの分も もっともっと ハジけようぜ!

やっとやりがいのある連戦!ビシバシいきましょう!

試合は試合。カンコーはカンコー。楽しむときは楽しんで、やるときはやろう!90分だけでいい。東京に力を!男も女もねーぜ!

よろしくお願いします。








tokyo_la12 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

忘れてたわ 笑 リーグ戦 浦和

前半 東京にしては かなり はっちゃけた空気の中 始まる ルバァンカップにもつながるリーグ戦の浦和戦。とてもいい雰囲気で試合が始まる。しょーやが仕掛け、室屋も踏ん張り、心配だった 徳永、もしかした 決めちゃうのでは?くらいいい感じだし、梶山がここでも通用するのがとても心強い。あっという間に前半折り返す。

後半 しょーやが 引っ掛けられてPK お決まりのモリゲど真ん中で先制!

このあとに異変を感じる。応援のトーンがぐんと下がった。ん?違和感。

どーしたんだ みんな!勝たせるんだろ?リードしてるのにどうしたんだい?

ビックチャンスをケントがミスる うーん、もったいない!

投入された 面倒くさい忠成に返され、

必死に守りに入った東に秋元のパンチングしたボールが当たり、

逆転され、コオロギにダメ押し。うーん。運の悪さだよね。

監督もコメントしてたけど、守備的な交代ではなかったと思う。あと1点の交代だと思ったんだけどな。福岡ではハマったから。ただ、惜しいところで突き放せなかっただけ。


そんなことより、あのトーンダウンだよな、もしかしたら、東京勝てなくて当たり前に
落ち着きたくなったのかね無意識に。いや、ほんとにみんなでどーんと落ちたから。

次は、そういうのなしでいきましょうね、だいたい想像した悪い方に行くものですよ笑

歴史を超えるには まず、我々からではないですか!

ホームでタコ殴りで勝ちたいじゃん、みんなで。

実は リーグも何が起こるかわからないから、上位をまだまだ諦めてなかったので
勝ち点3逃したのは 凄く痛いけど、上位との対戦まだまだ続くんでね、こっから 上げていきましょう!

もうさ、悔しい みたいの今年はいらねーから 勝ちに行きたい!というわけです。

この日の前半の応援が当たり前になるかどうかは みなさん一人一人次第。
当たり前にしなきゃね。

さて、次は吹田 しっかり 勝利しないとね。行く人 頑張りましょう。

ホームは少し空いちゃうけど、力を溜めといね。ホームでドカンとやりましょう!

ルバァンカップはいらない!リーグをとろう!はわかります。うん。とりたいよ。

でもね、ルバァンをとると 南米では至宝扱いのコパスルガに出れるのね!ほらほら、最近きた君は知らないだろ?それはそれで、楽しいんだぜ、ぶっちゃけ、こういうタイトルに進むことで、悪い病気と闘う勇気が持てる人がいるんだ。だから、目の前のタイトル全力で取りにに行って 免疫力あげてもらってさ、ミラクル起こしてもらって、まだまだ、東京と過ごしてもらいたいんだよね。天皇杯とってACLでりゃもっと良くなるかもしれない。

そういう思いもあるんだよ応援は。でもシンミリしてもしかたねーし、馬鹿騒ぎし続けるよ、いい歳してな。













tokyo_la12 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 20, 2016

FC東京U-23 vs ブラウブリッツ秋田 石川復活祭

レジェンドの帰還

image



味スタ初のU-23のホームゲーム。

飛田給の駅には18番のユニフォームを身につけたファンが多かった。

あいにくの雨だが 試合開始30分前には 解放されたメインスタンドはまずまずの入り具合。

むじんのゴール裏中央に 躍動する石川選手の大きな幕。おかえり 石川直宏の幕も。

スターティングメンバーの発表 サブ入りの石川に大きな拍手が送られる。


いよいよ アップが始まる レジェンドの帰還だ。

にこやかな笑顔で 登場。

アップが始まる。その姿がスタジアムにあることに感動する。

やっとたどり着いた再びの一歩目。確かめるように芝生の上を何度もターン。

軽いアップからシュートを確認するように放つ。

その姿が待ち遠しかったのだ。

秋田に移籍した下田選手と握手するナオ。

雨が強くなってきたので上層階に移動。

前半は0-0 カンテラあがりの選手たちの落ち着きぶりは素晴らしい。水沼 もっとやってくれ!そんなもんじゃねーだろう。ハヤシはガツガツいっているし、野澤はいいスルーパスのチャレンジや泥臭い守備で貢献。カコイは今日も好調をキープしているようだ。ヨシタケはいい選手だよなほんと。

秋田はサイドに流れる9番の動きが良く厄介。ビックチャンスわずかに外れる。危ない。

ハーフタイム

先ほどより厳しい表情の石川が気合を入れてアップし始める。

見ていてワクワクしてしまう。

ハーフタイム終了。ベンチにかけてあった18のユニフォームを手に取り 下がる。

後半 秋田も加速してきた。

そしてとうとうその時が来た。

待ち遠しかった瞬間。

実に418日ぶり。あのフランクフルトとのゲーム中の大怪我だった。今年に入り 何度か行けそうだという話は聞いた。ACLを闘うチームに リーグ戦で苦しむチームのためにと焦ったのかもしれない その度に 苦しい思いをし かける言葉を失って行った。

そして、やっと その時が来たのだ。


後半21分

ステップ イン!

レジェンドが味スタに帰ってきた。

右サイドに入るも球が出てこない。左に流れてきて引き出そうとする。

ファーストタッチは右サイドから。

あっという間に時間が流れていく。

残り5分。石川が入り 蹴り込むサッカーにアクセントがもたらされた。このゲームの肝は彼。

勝利を引き寄せる応援はこれしかない。ただ、なんか歌っていてもね。

二階席で座りながらも歌い始める。

ほんの数人で。

その声が広がる。


石川 ドリブルからフェイント フェイク 前線へパス これが起点となり ハヤシから再び 走り込んだ石川 シュート!そのこぼれを水沼!87分 先制!


メインスタンドコーナー側に広がる歓喜の輪。

両手を広げ 石川も輪に加わる。それをハグで受け止める羽多野 いいとこにいるなw

そのまま 試合は終了。


忘れることの出来ない復帰戦となった。


試合後、インタビューで、

「ここがゴールではなく、スタートライン。僕の維持、FC東京の意地とプライドを持って最後まで闘いたい!」


最高。


そして今日もバカあたりしていたカコイ。

下に降りてはじの前の方にいたら、試合後の挨拶に来たので、

カコイ!吹田!スタメン狙え!ACLだけで終われねーぞ!
秋元押しのけて出て来い!

一瞬固まって そのあと、ものすごい笑顔した。

おおいに期待したい。


ナオ、待ってたぞ!次はトップへの道を確実に歩もう!

本当に長期のリハビリに折れずに よくここに。
戻って来てくれてありがとう。

「本当はゴール決めたかったんですけど、欲張ると良くないんで(笑)少しずつにします」

だってw


image
image
image
image
image
image












tokyo_la12 at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2016

待っていたぞ!石川復活

http://nao.football-age.com/2016/09/18/7701/

怪我を乗り越えた 僕らの英雄の帰還。明日U-23で初めての味スタのピッチにアップだけかもしれないが彼が帰ってくる。

普通の人ならまず叶えられない夢と言っても過言ではない怪我を乗り越えた。

僕はある時から 彼がいつそこで終わってもおかしくない という覚悟を胸に闘っているように感じていた。

ある時はもういつ終わってもおかしくないんでと笑っていたりしたときもあった。

でもあと3年はいけると思うんで!と彼は話してくれた。


ドイツで 怪我をした。中継だか配信だかを見ていて すぐ連絡した。

ベンチに普通に座る姿を見ながら 不可解な交代に 冷えていた。

「やっちゃいました」

彼がマリノスのユースの頃から知ってるんだから もう長いよね。

あくまで、選手とサポーターとしての距離を心がけていた。


今回の怪我の前は 何時頃戻れるとかどのあたり目指すとか ACL睨んでの復帰話をファンエリアでしたりしてた。

やっとその日が来た。明日は例え練習だけだとしても 味スタ。

素晴らしい偶然ではないか。

新しい始まりを僕は目に焼き付けに行きます。

ここから始まる新しいストーリー。

最初は 無理するなと雨でスリッピーだったら とか相手が下手でまた…とか

思ってしまったけど、

「思い切り味スタのピッチで暴れちゃえ!」と言ってしまったよ。

だってさ、誰よりもこの復活を待っていたのは 彼だから。

そして 今夜も遠足の前の日の子供のような気持ちなんでしょ?

彼に出会えて、彼を見てきて 応援できていることは

最高に幸せです!

さあ、行こうぜ!ナオ!

本当ならばACLの舞台の復帰だったんだけどな、とにかく 戻れること。最高!

あ、平常心 で頼むよ!w

写真は随分前だね。

image

tokyo_la12 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 12, 2016

リーグ 最下位湘南戦 いい人東京発動せず勝利!

image
image
image
image

はい、勝利お疲れ様でした〜。長谷川ジャスール歌に始まり長谷川ジャスール歌で終わる長谷川祭。

このところ、下から 2番目と 1番下に 勝って ワタクシ喜んでおります。
(過去は いい人東京 発動で 落として来たパターンでしたが…。)
みなさんもやたら喜んでますが、あえて言おう!


ビリに勝ったダケ!



そこを忘れてなきゃ良いのですが、忘れてると 上位との差に ギャーーーとなって また イッキにSNSにタテイシ辞めろーーな訳で。最近のそういうの本当に呆れる。

もし、本当にタテイシ辞めたら 辞めろと煽ったヤツらちゃんと責任取れよ!
俺はスクショしてっからな!謝るなら今のうちだよーん笑

いやホントね、冷静に考えて。次どうするの?なわけですよ。マジで。
いないよーなかなか。来てくれないよー。そこわかって批判してね。次誰々連れて来いまで言うように!それがないなら 黙ってなって。

確かにお友達人事とかね、いろいろ?はあるけどさ、例えば、大陸動いたら 簡単に持っていかれるよ、彼の生涯年収の数倍出しても買い物としては安いはず。中国はもう彼の存在と仕事ぶりをACLで知ってますからね!あなたの好きなあの選手、あの選手連れて行くことだって考えられちゃうのが今なのですよ。中国はそこまで考えてるはずですから!

と無責任に騒ぐことにもワタシは一石を投じたくなるわけであります。
そういうこという方々は本当に東京好きなの?と思ってしまうのですよー。


今日の試合は見ての通り。相手は8連敗中。
少ないシュート数でしたがそれをキチンと決めて 勝ち切りました。
(テレビでは見れないもの、感じれないものがスタジアムにはあるので、本当に来た方が良いですよー。)

いい人 東京 の卒業は 今後の戦いに大いに希望が持てます。

湘南はここ9試合の中で1番パフォーマンスは良かったのだそうです…。
(泣きそうになるね。)彼らは次はアビスパ戦で、直接対決なので勝てると良いのですがとのことでした。

俺は両方頑張って欲しいのです。


前半圧倒するもののゴール決まらず、ペースダウンした膠着状況のなか、しょうやの綺麗なゴールが見事に決まりリード。で、福岡でも改めて提案してあったしょうやの歌がいきなり始まりました。結果 どうでした?ありでしょ?

後半の河野のゴールは 見事でした。あれはキーパー取れないですね。

そして 橋本ケントの怪我明けなのに絶好調 なフェイクからのセンタリングを マーエーダー!ダァー!と豪快なアタマ!飛びながら逆方向に決めるとこが凄い!

ホーム3-0は 相手が、8連敗中の最下位とはいえ、18000人は笑顔になったのではないでしょうか?


途中からでてくる選手がグングン チームの勢いをあげるという印象が強かったのも大事。
マルも絶好調ぶりを出していたし、ケントももちろん。

しかし、福岡戦に続き、涼しくなれば 俺の出番!とばかりに 梶山のゴリゴリぶりが また たまらん。あのど変態パスが唸りを上げておりますし、ギリシアで鍛えてきたガタイがハンパない!

ルバァンカップで ゴールしたソータンもいい感じだし、今日はバックアップに回った秀人もいるし、なんだか、それなりに幾つかの闘えるパターンがあることが嬉しいわけです。

で、次の浦和に 諸々、勝手に期待しすぎて 応援というより、見にくる人がドーンと増えると また それはそれで。東京はいい試合をしてくれると信じてますけど、俺はルバァ〜んカップの前哨戦 ラウンド0的な感じかな。ルバァ〜んのときは、代表いないから、また、別物ですけどね。ここ本当にガツーンと叩いておきたいとこですねー。

前回の博多で400%のチカラを出したので、今日は100%で抑えました。みんながいるってステキなことね。

あと400%で勝利したら ステキなことが。

マッチデイにこのあいだの試合のあのシーンが見開きで!あんなのってさ、ずーっとJで応援しててもなかなかないことですからね、本当に嬉しいし、懐かしいガス臭いことを秀人がやったことがイカしてると思うのね。あのスマートじゃない喜び方w 最高だよね東京。

とても嬉しかったです。額にいれて 保存。保存。



というわけで、シノラーがお送りいたしましたー。

次回、飛田給のコンビニでルバァンカップのチケットを買おうと考えてる方、あなたの地元で頑張ってとってからのが絶対にいいと思うよ。アウェイ楽勝に取れる?おそらく四年前を知らない方がたくさんだと思います。(なんか 嘘ついていたフリとかしなくていいと思うのね、初めてでドキドキでいいじゃん。逆にカッコ悪いです。)

俺は今回はチケット楽勝!そう思えないのです。なぜなら、相手は日曜。まず、割り当て絞られそうでしょ?俺なら対戦相手分 絞りますね絶対。勝ちたいから。東京ホームだって 久々に行ってやるか!なんて人がたくさん。そりゃなくなるパターンすな。ま、平日なんで そこは逆にラッキ〜ですけど。浦和の人も来てますからね〜。無駄な争い イン 飛田給 は要りませんねー。

楽々取れたら、それはそれにこしたことはないですけどねー。念には念を入れて立ち向かいましょー。

あと、東京のゴール裏は 声を出して飛び跳ねて当たり前 率が60%を超えました。
やっと この時代が来たねー。応援はみんなのチカラで力強くもヘナチョコにもなります。
実質100人の声でルバァンカップ福岡 あんなでっかい声の応援作れるんだよ。みんなに出来ないわけがない!浦和を倒すと同時に日本で1番 イカしてる応援と言われるには みなさんの覚悟が必要です。勝たせるためあなたのチカラを東京に!!!















tokyo_la12 at 03:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 08, 2016

美味しいルヴァン カップ アビスパ福岡ホーム

image
image
image

朝寝坊してしまった。 ギッリギリに成田へ向かうことに。(危なかった危なかった。)タイコを抱えて東京駅を疾走するのはこれきりにしよう。と思ったら 目当てのバスが満員。(予約したバスはとっくに行ってしまったのね。)
別会社のバスに乗るため、また、猛ダッシュ!汗ビッショリで到着ギリギリ乗れた!ラッキー!道も空いていて荷物を預けられるギリギリに到着。バスの横の人申し訳なかったなー俺相当発熱してたはずなので。
カウンターで待ち合わせた清水っちと合流。毎度ご迷惑をおかけいたします。すいません〜。

飛行機も定刻に乗り込めたのに飛ばずに30分南京。LCCでは狭いので あかん気分になりつつなんとか離陸。重い荷物で走り回ったため興奮してるのか ネレナイ。

飛行機は飛ばしてくれたのか定刻に到着。ん、雨、風ないね。

待たせたお詫びに美味しい店に連れて行く簡単なお仕事。食いしん坊でハズレなしのDくんに聞いた バタービーフ焼き(お安くて美味)をしっかり食べて試合に備える。クマさんと合流して のんびりして チェックインして のんびりして 再び 駅に集合して レベル5スタジアムへ。朝日君にも声かけて 安くタクる。しかも、当日券は なんとかという番組を見た!といえば100円です と!(スポンサーのアパマン全面協力らしいです。素晴らしいスポンサーだわ)1000円の前売りなのに羨ましく感じるという。

実際、開催もあやぶまれた台風12号がなぜか手前で立ち止まり(平山と前田が海岸で フーフーして食い止めているのを想像していました)この試合を見届けてスッと通過するという ミラクルが起きた。(リーグで成績がやばいアビスパもこの先の過密日程が怖いから今日出来て本当にホッとしたらしい。)

スタジアムに着くと すでに想像以上の東京ファンの姿があった。ちょっと感動したね。

よくぞ、やって来た!我が東京の精鋭達よ!って気分になるよねホント。
東京を愛する人々は素晴らしいよ。

台風の接近に観戦を諦める方もいて当然という流れだったし。実際ご家族がご心配され泣く泣く諦めたり、無理やり止めるのも無理はない状況でしたから。(見れない人の分も絶対次に繋がなきゃと強い気持ちになりました)こんな状況にもかかわらずメインも合わせて200名ほどの東京ファンが 駆けつけた。

100円の効果かそこそこスタジアムも埋まった。これは良いこと。これキッカケにアビスパ見に来る人が増えたら 福岡落とさない!という雰囲気がこの先のリーグで何かを変えるかもだしね。(今日は東京勝つけどな!)



雨の中 アップが続く。東とそーたん、しょうやが良いシュート決めてる。ホームの時とはうって変わり 闘う姿勢、ゴールを奪いに行くというその強い気持ちを前面に見せ続ける東京。ベンチの前田も良い状態であることがよく分かる。東京のゴール裏には綺麗な虹がかかる!
もうね、いただきですよ!この試合!


我々がやるべきことは 勝利への後押しとなる応援をしっかりして、
ここまでやって来たのだから、この時間を誰よりも楽しむことでしょう。
普段当たり前のように来るけど今回これなかった仲間の分もしっかりやって楽しもう!と強く思ったよ。

ホームゲームでアビスパに1点返され アウェイゴールを奪われて1-1の引き分けでも 実質1-2のビハインドを負った東京。かたや、0-0の引き分けでも 勝ち抜けれるアビスパは以外にも4バックにして 闘うという姿勢で臨んできた。やるしかない、決めるしかない東京。

試合前 vamovamos elciclon vamosvamos TOKYO カップはいただき、俺たちゃ無敵の東京!を声高らかに歌い、女よりも仕事よりも東京 からの 思い切り悪い顔をして あえて、飛ばない奴はサガン鳥栖 を歌う。アビスパが彼らの生涯のライバルとする鳥栖との試合に自らを鼓舞するために歌う歌をあえてぶち込む。福岡飛ばないから お前らトース という 悪ノリ

さあさあ、上げていこうぜ!東京

YNWAで選手を迎え入れて 戦闘開始。

第1戦はマルが代表に緊急招集されて 秀人がCBでさ、ずいぶんないわれようだったので、彼にたかがサポーターのいうことだけど、とにかく相手とゴールの間に身体を置いて基本に忠実にセーフティファースト。とにかくしのげば 前が絶対なんとかする!だから、点を取りに行こうを爆発させるのはセットプレイで行こう!なんて、偉そうに俺言っててさ、俺は彼がひどく言われるのは本当に嫌なのです、彼だけじゃなくて誰でもだけど。先生なんて番組のキャラでしかなくて、本当に彼はスタジアムで応援している東京サポーターの事を大事にし考えてくれている数少ない大切な選手のひとりなんだ。これは間違いのないことなんだよ。彼は頭よすぎてちょっとぶっきらぼうなところもあるけど パスだってがっかりな時もあるけど、完成してないから 伸びしろまだまだ あるから。って思うのね。ホント。

とにかく今日はアビスパにやられないことが後ろの課題。

そしてとにかく叩き込むのが前の仕事!

レベルスタジアムは芝生も素晴らしい良いスタジアムだけど、看板でゴール裏からエンドラインが見えないのが本当に痛いよ。それだけなんとかなると良いんだけどなー。ボール出てる出てないが全くわからないから。

今日の東京は頭っからガツガツ行くのが気持ち良い。
本当に来て良かったとみんな思っていたと思う。
リミッター振り切る応援をやり続けよう。たったこれだけしかいないけど、テレビの前の奴らが驚くほどの声を引き出しましょう。

あいつが来てればこうするだろう、あいつがいたらこうやるだろう。そのチカラも借りて。
俺はこうやる!結果、もうね、タイコごと飛び跳ねちゃうから 。見た目が悪い?そんなんどーでも良いの。熱さが伝わりゃ滑稽でも良いのは世界から学んだのです。

俺たちはおもちゃ買ってのガキ。欲しいよー欲しいよーと飛び跳ねる。呆れてでもみかねてでも ゴール奪えりゃ なんでも良い!

開始早々躍動する東京。いいぞ!いいぞ!

雨が降りしきることも忘れ、とにかくゴールを奪いたい。
やれることは全部やらないと。こんなとこで絶対終わるわけにはいかないからね。

梶山が奪い ちょんだし それを受けたそーたんが巻きこむようなミドル!
ゴール!ゴール!ゴール!

わっしょい わっしょい!!!!!!!!

きたー !!!よっしゃ〜!!!!さあ、突き放せ東京!

梶山パスをニュン出したなー

そーたん うまく撃ち込んだなー。ボールがギュインと曲がったわ。

爆発とともに1点差を意識しすぎないように とにかくとどめの一撃を目指すのみ!

とにかく今年はアビスパに勝ててないからね。勝てたと思ってくらった試合もあるし。気が抜けない。

もう一点アウェイゴール叩き込んで追いすがるアビスパを蹴り離さないと。

三点差は死ぬべ。

点を取るしかない 勝つしかないをいつも求められてるのだけど、負けたら終わり となるこういうゲームはやはり格段におもしろい。そしてはっきりした時の東京は強い。河野踏ん張ってる。東も河野も守備もふんぱってくれるから。


でもアビスパも簡単には諦めてくれない。そりゃそうだろう。今年は負けていないとのだから。

でも
もう一点叩き込めば!アウェイゴールで3点さがつけば さすがに 心折れるはず。

この人数では厳しいはずの応援もみんな必死にやっている。そうじゃないのもいるけど、
いちいち気にしていても仕方ないし。たぶん、やり方を知らないのと こんな必死にやるもんだって夢にも思わねーんだろうな。 そこにいて ゴールが決まればハイタッチ 負けたらブーーーって 刷り込まれてりゃ 俺のやってることなんぞ、さぞや 滑稽だろうよ。

でも、俺は俺なんで。前半終了。そーたんコール。

ハーフタイム 雨でぐっしょりの重たい太旗 降るたびに周りに飛び散る水しぶき。雨でぐっしょりのあの布が顔に当たると本当嫌なんだよね。振る人はそこに気がつかないらしい。ハーフタイムに まず少し絞るべきということと、少し斜めにして水たまりになっていないところに置く事をすすめた。勧めただけだよ。知らないみたいだから。グランドはテーパー切ってあって溝に向かって水たまるから そこを避けておけばだいぶ違うし、旗の生地を水の抜けの良い生地を使うとか いろいろやり方は本当はあるよね。

大旗をこのリーグも にアキオと持ち込んだから未だに少しは責任を感じるよ。振ってること 別に偉くもなんともないし。やりたいことやってるだけだろ?すげえ必死に飛び跳ねて歌って応援して旗を振る人をあまり見たことなくてね。だから、機械化しちゃえと思う。自動で振るやつ。仕切るとか言っている奴いるじゃん ならさ、雨の日の振り方くらいキチンと教えてやってくれと思うよ。でもそいつも知らないのかもな。やっぱ無理か そいつも雨の日、周りの人の顔撫でてても気がつきもしねー残念な振りっぷりだもんな。どうかひとつ頼むよ。

何かおかしいこと言ってるかい?水たまりでぐっしょりの旗に顔に撫でられるのは嫌なんでね。

後半、インスがファウルされビックチャンス 決まらず。
トータル一点差のアビスパの猛攻が60分くらいから激しくなる。
でも、梶山の読み切った守備や必死に体を当ててでも止めに行く気合いでしのぐ東京。

TOKIO WOWOWの応援の中、猛攻をしのぎ ドリブルの東が倒されFK 東の蹴り込んだボールに飛び込むように身体ごと飛び込み 頭で決めたのはヒデト!

そのまま、看板飛び越えて、ゴール裏に突進!

俺んとこまっすぐに飛び込んできたー!

手を拡げて迎えるしかないよねっ!

すぐ横に東、後ろに吉本もいる。

ヒデトにおまえ、スゴイな最高だぞ!といいハグして
ヒデト 俺のタイコ素手で ダダダダダッと叩いて行ったw
すぐ横で東はハイタッチ決めて そのあと朝日が頭叩いてるw

待ちに待った 嵐のような最高の時間。東京エルシクロン!

サポーター冥利につきる瞬間。

でも、追加点が何より嬉しい。ここ。

うん。あとの時間も最高でした。

看板飛び越えて…いや、これは 後から くるな 喜びが。

後ろで しょうやが 何してんの?って感じで見ていたらしいよw

当然、動画はないw ツイッターにあげてくださった方がいたんでそれ見て。でも テレビだと切れてるし、ナビスコ動画は丸々カット。センスないなホントにw
image





あとは3点取らなきゃアビスパは無理となったので ゴール裏を行進。もうやりたい放題。アビスパは突き放したから。

試合をチラチラ見ながらも 縦横無尽。爆発する喜び。やった!準決だ。

つなげたぞ!みんな!

そして 追いすがるアビスパを振り切り 長いロスタイムを乗り越え、東京勝利!格別の眠らない街の中 試合終了のホイッスルが響いた。さっき、興奮して上がってしまったので、挨拶に来る選手の顔後ろの奴らに見えるように待つ。

いい笑顔じゃないか!東京。

そーたんのシャー、秀人は駆け寄ってきてのシャー、何度もエンブレムを叩いていった。

篠田監督は 出てきて手を上げたけど、そのあとは決勝でという サワディカ のポーズ。

テレビで見ていた人に応援聞こえたのか心配になるレベルの人数だったけど、
今日はみんな やる奴は3倍は弾けたからねっ!遜色なく聞こえただろうと思う。
勝利を呼び込む応援がピッチ狭しと聞こえたと信じたい。

さあ、なんとか次につなげた。

今回 これなかった多くの人が本当に目の色変えて浦和と戦えば
勝利は間違いないと思う。だってもう補強もできないし、
できるとしたら みなさんが変わることくらいしかないからね。

口で説明できることじゃないけど、汗びっしょりで着替えなきゃ帰れないくらい
というのが1つの目安かもね。

とにかく 遊びだけど、遊びではないからね。

ルヴァンカップまでしっかりリーグ戦う間にみんなが全力疾走できるようになるといいな。Jで最強の応援と言われるかどうかは みなさんにかかっているのだから。

口だけ、カッコだけは そういうのもういいから。

頂点を目指すために 1つ1つ 闘おう。


今まで座っていた人が手拍子、野次の人が声援、旗を振る以外棒立ちの人が飛び跳ねる、煽るために上がっている奴がちゃんと90分歌い鼓舞する、真ん中にいるだけでやった気になっている奴が汗をかき、本気でやる。メインの人が手拍子する。なんでもいい。それぞれのあと一歩が何かを生み出すと思うんだ。

悪口はもうあとでいいよ。とりあえず、騙されてやってみませんか?

そんなふうに思います。

image
image
image



















tokyo_la12 at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 04, 2016

ルバァンカップ ホーム アビスパ戦

はっきり言って この相手にこれでは困るのだよ東京。

タイトルを取りに行く!強い気持ち 忘れないでくれよ。
ファンもだけど、なんとなくで 獲れるほど、甘くないよ。

気持ちと技術 練習でやったこと その積み重ね 忘れないでくれって。

リーグ2試合勝ててないけど、CB2枚いないとはいえ、東京攻撃陣はそのままなのだから。
(徳永が立てなくなった時、ゾクッとした)

と言えたのは途中迄。

切り込み打開していたムリキが…痛んだ。

スペースに何度も走り込む。有効なパスは一度もでない。見てもいないのかもしれないし、
それを出す技術もないのかもしれない。ひたすら 勝利に向かい 闘っていたムリキがピッチを後にした。

怪我の状況は分からないが担架で運ばれた。

しょうやがスクランブル出場。
歓声が上がる。期待感?わかるけど、ムリキダメだぞ…
俺には違和感。もちろん、期待してるけど、出場を喜ぶ気持ちはわかるけど、複雑。
(ムリキが痛んでの交代なのだよ。キャーじゃねえだろ 少なくとも。)

そのしょうやが 気を吐く。グイグイ チームを引っ張る。彼に刺激されたように動き始める東京。しかし、ゴールは遠い。しょうやはチャンスと見るや枠を狙う。コレ基本だよね。

1000本パス繋いでも0点だもん。

前半終わり。

7000に満たない 決勝になれば 気が狂ったようにチケット探すんだろうに。

この一戦一戦を勝ち抜いてたどり着く過程も みといたほうがいいよー。

後半 室屋のエンジンがかかり始める。

前田の放ったシュートをGKが弾き、しょうやが左のアウトサイドで、ゴール!

やっと先制!長かった。ここまで。

さらに上げていきたいが うーん、うーん

城後アウト。ホッとしたのもつかぬ間

残りわずかなところで 見事なミドルを叩き込まれ 終了。

アウェイゴールいらないよ。

2-1で後半という 計算になる。

台風を睨みながら 当日 乗り込む予定。


負けらんないのです。こんなとこで。

いけない人 たくさんいるのは しょーがねーよ。

台風に向かっていく?バカ言うなと止めるのが普通。

それは愛ですよ。当たり前。

つないでくっから、次の試合 その分も燃えて燃えてください…

飛ぶかな〜なのです。


image






tokyo_la12 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 31, 2016

勝ち点2を落としもの 名古屋アウェイ

勝ち点3をザンネンながら逃した東京。

メインスタンドで力む田中さんにガソリン注入し損ねた東京。

引くくらい毎度おなじみの失点シーン。

相手のシュートを弾き飛ばす距離が短いのか、たまたま弾いた先に相手がいる不運なのか…。目の前に落ちて1歩が出ずに目の前の失点が痛い。

ま、いつもの事なんで 気にしませんが。

終始 こんなんで、ペース握ってもゴールならず。
足の止まった名古屋。ここから見せ場!

ムリキが出すよー出すよー出すよーくらい貯めて出して インス ダイレクトで楢崎の苦手な
低い弾道のインサイドぶち抜いてゴール!!!

のハズが、

あまりの好機に 焦りました?
ごっつぁんゴール得意なのに。
あれを決めてりゃ 彼自身の価値、立場変わったのに。
残念すぎるよー。

というミス。

クボくんならどうでしょう?

その後、

しょうや やっと使われて サクッと同点。

ロスタイム 4分あれば 足の止まった名古屋相手 ここは仕留めて逆転を!!!

そこを目指すもできず。

アビスパ、鳥栖にやられたんだから 一回くらいやり返そうってのが東京の男だろと。

むーーーー同点でおしまい。

勝ち点3ならジャンプアップだぜ。

もったねーぞ東京。と思いつつも 見つめさせていただきました。

次はスルガをとって世界一 でおなじみの 平日 ルバァンカップ。

今年一度も勝ててない福岡さんを舐める権利はねーな。

どうせ、負けないだろう は 通じません。

というわけで、ネクタイハチマキにハジけよう飛田給でございます。

19:30のキックオフ。

勝ち負けを気にする方味スタ集合で。
image

image

image

tokyo_la12 at 04:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 26, 2016

ホーム 名古屋戦

image

image

今回もヨコハマの王様 ナカムーラがお休み。シュンスケ!見たいわ素直に。

試合前に東京ヤングから昇格発表!オーーー羽多野GOくんに マコに喜丈くん おめでとう!味スタ目指せ!!!目指せ!即戦力!!!先輩も何へったくれもないピッチの中では実力世界!応援してるぞ!

雨の味スタ。
そして キックオフ!

ところが!

ながーい前半。時間が進まない。つまり、つまんない時間が多いってことだよね。

でも〜

ひとり前半の頭から全開の男。五輪帰りの室屋くん。引き締まったいい顔してんぞ!

前半35分過ぎあたりから ムリキが持ち込んでシュート!や低いシュートを東!とか
持ち込んでソータンのミドル!とかのシーンが出始めて、ボールが室屋に渡ると
ギュンギュン切り込んで 東 ムリキ 東 ズドン!
ゴーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!!!!!いやー素晴らしいぞ、東!
ワンツーから思い切り打ち込んで先制!!!

なにかにつけ、東は〜〜みたいな人に響いたかな?

新潟も今日も彼のゴールだぞ!

あの懐かしのアウェイ甲府での皆さんの東への塩反応を見て、俺の天邪鬼発動。時間かかったけど、東京で1番熱い東への変貌は嬉しいです。

とにかく 鬼のように時間のたたない 長い長い前半は この一撃で時の流れが一気に復活した。白黒がカラーみたいなね。

しかし、室屋は素晴らしい。世界へ駆け抜けていくことも考えられるので、彼のワンプレイワンプレイをしっかり心にメモリーしとかないといかんね。

出来たら しょうやも頭から使って欲しかったなぁ。今はチャレンジなわけだし。え、確実な結果?ふうん、なるほど。通じる通じないって使わなきゃ 出ていくだけですから。

後半のビックチャンスを決めて151にしたかったのは 間違いなく前田自身のはず。しかし、ああいうのを決めてほしいですわ。そして 長いドリブルからムリキ!これもダメ。

秀人がドリブルから最後打たずにパスを選択した場面はムリキがスッと動きシュートコース空けたから迷わず、ここはともかく撃って欲しかったなー。ムリキにパスより、こぼれをムリキ!が良かったです。

時間をかけにかけてかけてかけて 交代するムリキ。

もう一点とは思うけど 時間をかけて。

ですが、

水沼くんは あれではダメだよ。

誰よりも喜び ファンサービスも素晴らしい だからこそ、

もっともっともっと 走り抜き、持ち込み、大切に運ばれたボールをもっと大事に
そして決断したら思い切り蹴り込まないと。あなたに何よりもゴールを求めます。

チームオーダーはあるとは思うけど。

期待してますよ 水沼くん U23常連では困りますから!

というわけで、ホームで勝利。

次は名古屋だぎゃ。

トーウリオ スタンドで怒鳴るなよ〜。

アンバサダーの子たちも 東京楽しんでいるようでいいね。きっかけがなんでも 楽しんでくれることは大事だと思うのです。

そして 「東京 」を歌う Mayumi Yamazaki ことヤマちゃんも
ゴール裏で応援。放置になってしまいましたが ガンガン歌覚えて飛び跳ねて 相手にブーイングして 楽しんだみたい。「勝利は最高ですね!」とのことでした。

ご要望のあった東京 シングルカット 出ました。\500円。

image


スタジアムで歌う歌ではないけど、歌詞を教えてとの声があったので書きまーす。

東京 (Mayumi Yamazaki & teruyuki Takatsu)

東京 僕らの願い 大きな夢 期待抱いて
高層ビルに映る 勇気が渦巻いたあの日を

東京 僕らの時代 今こそほら 立ち上がるのさ
改革 1つになろう 逆風にも負けない強さを

傷だらけになっても
倒されそうでも
悔しくて泣きそうでも
明日は大丈夫

ゴールはもう すぐそこさ
諦めず 声あげて 輝け
チャンスはそう 掴み取れ
最高の笑顔がきっとみえるはずさ

東京 僕らは集い 心に誓い ハグを交わして
構想 膨らませよう 歓喜で渦巻いたあの日を

傷だらけになっても
倒されそうでも
悔しくて泣きそうでも
明日は大丈夫

ゴールはもう すぐそこさ
諦めず 声あげて 輝け
チャンスはそう 掴み取れ
最高の笑顔がきっとみえるはずさ

もしも歓声がぼやけて聞こえなくなりそうでも
見渡せば 仲間がいる
この広い場所で 道途切れることは永遠ない
同じ歩幅で駆け抜けていこう

ゴールはもう すぐそこさ
諦めず 声あげて 輝け
チャンスはそう 掴み取れ
最高の笑顔がみえる

ゴールはもう すぐそこさ
諦めず 声あげて 輝け
チャンスはそう 掴み取れ
最高の笑顔がきっとみえるはずさ

ご希望の方はtokyola12shop@yahoo.co.jpまで。明日の名古屋にも10枚ほど持って行きまーす。

image



tokyo_la12 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 15, 2016

アウェイ神戸 完全に敗北

前田選手の待ちに待った史上5人目の150ゴールを目の当たりにできたことは誇りですね。

たったの5人しか達成していない記録であることを どれだけの人が知っていたのだろうか?と思うけど。

スタジアムでこの素晴らしい時間を過ごせたことはサッカーを愛するものとして 誇りです。


しかし、勝負というものは 思い通りにはなってくれないものだ。


ひとつ後ろでフリーでパスを受けた渡邉千真選手が 冷静に 流し込むようなインサイドのミドルシュートを東京のゴールに決めた。反撃の狼煙。

前半は確かに抑えていた。しかし、東京のウィークポイントを確実に突くように神戸の攻撃は前半のものとはまったく違いダイレクトを有効に使い東京を切り裂き始めた。そして一気に確実性を増した。

我々はそしてあなたも夢を見るのと同じくらいこのチームの抱えるいくつもの問題もスタジアムで見ている。申し訳ないがそれがテレビの画面でわかるかはわからない。スタジアムでピッチを見ているので。

そして そのいまだ改善されないいくつかの部分が ほころびとなり、監督の交代という劇薬で2連勝で好転したかに見えたチームが目の前で崩れていく。

ダイレクトに効果的に回し、釣り出し、崩し叩き込む。

決して簡単にはやれないはずが 動かなくなった一歩の遅れで次々とゴールが決められていく。



それでも まずは一点を返すこと を目指し、諦めることなく応援するのは、目の前で 鳥栖も福岡も やれたことだから。あいつらにできて 僕が諦める理由はないから。

しかし。次々に投入された選手の活躍もなく、必死に名前をコールした選手も期待に応える活躍をすることはなく、決めるべきところを打ちきれず サブだった理由が分かるだけだった。

単体の攻撃は残念ながら ネットを揺らすことはなく 長いホイッスルが吹かれる。
試合は終わった。

ピッチで動けなくなり、抱えられベンチに連れて行かれる丸山。ピッチに倒れたまま、担架で運ばれたのは野澤。笛が鳴るまで全力で戦った行為は誇りである。

いちいち発表などされていないが 90分のゲームを終えて熱中症の症状が出ているのはよくあることだと 以前選手に聞いていた。判断が遅れ、どこか朦朧としていても プレイはできてしまうものらしい。あれだけの期待と応援を受けていればそうなるのが当たり前なのかもしれないと言っていた。

応援している側も酒を飲んでというのは 別にしても 水分を取り応援している中で その症状にやられることもある。気をつけていてもそうなるのだから、あれだけ走りなお勝利を求め走れば当然。珍しくチームが発表したのはピッチで倒れて心配させてしまってということなのだろう。



今日は完敗。




そういうしかない敗戦。ヒステリックになることもなければ、悔しがる絵を作るつもりもない。

最後まで 選手を信じ応援し、倒れるまで戦った彼らを平然とけなす気持ちが僕にはわからない。そのうち、どうせ、過去見てきたように飽きていなくなるだろう。

明日もチームは福島でチャリティマッチ。U23が天皇杯予選で中断とはいえ、スケジューリング考えないと。福島の人が期待する東京のメンバーと大きくずれなければいいけど。
僕らはU23なメンバーだろうなと思うけど、あちらの人がチケットを楽しみに買う東京となればいいが。こういうスケジュールに関しては フロント大丈夫?と思うが。

次はホームゲーム。どう巻き返すのかが楽しみ。

前回のがやたら 注目されましたが、ご心配いただいた方もいらしたのですが、正直なんともありませんので。俺はずっと同じようなことしか言ってないのでなんでこの話だけ?となりました。

U23から金の匂いとか平気で書かれた件だけはいろいろ考えることになりそうで面倒です。



image
image
image
image
image





















tokyo_la12 at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 09, 2016

u23 栃木戦へ

さて、昨日の勝利に酔ったまま いや その後の美酒にひたったまま 急遽 ノリで栃木に行くことに!


オイオイ!調子悪いのに大丈夫か俺!

ノリで栃木に乗り込む仲間は5人!

佐野で降りて初めて 佐野ラーメンを。

ここがまた 美味かった!竹竿で生地を伸ばしてさ

並んでることも苦にならない麺の美味さでした。

一路 スタジアムへ。


熱心にU23を応援をする人たちが歌ってる。
暑い中熱心だよ。


暑いから日陰で試合を見る。
相手は首位栃木。

でもさ、クラブユースチャンピオンで固めた後は 何の問題もないの。
ビビらねーし、バックラインでも堂々と回せるから。
むしろ そこに入ったトップメンバーのシャカリキが見たいわけよ。

どうしても タスク、コータ、バンズィに目が行く。

もっとやれんだろ!もっとやれよ!って思いだよね。

ユースたちは堂々とチカラを出しているのだから。

よくわからないファウルを取られてPK!!! 1点奪われた。

完璧にやられたならしかたねーけど、何だありゃ。

そのあと あわや2点目のピンチをカコイが弾き防ぐ。

心に火がつく。

後半、人のいない バックスタンド側に。

熱心に歌う人たちを邪魔したくねーけど、俺の東京を後押ししたくなる。


タスク!もっとやれんぞ!

行こうぜ!バンズィ!半谷もっと行け!もっと行け!
ハヤシ!見せてやれ!行こうぜ!ハヤシ!

言葉はシンプルだよ。

俺の応援はBGMじゃない。

タイコもチカラ入れてただひっぱたくからせっかくのみんなの声をまた、潰してる。
声をかき消すタイコなんて最悪。カタチだけで真似してるからね。いきなり誰でもできそうで なかなかやれんよ。まあ、なにもかんがえてもいないんだろうな。

人数 声量に合わせて引き出すのが基本ってこともそりゃ知らないんだろう。

俺は好き勝手にぶっ叩いてるわけじゃない。
タイコをたたく彼が本気なら トップでどうやるのかをせめて体験してくれよ。
まあ、簡単じゃねーけど。俺は案内人じゃねーしな。
あの人数なら俺はどう引き出すのかしか考えない。多分使わねーわ。
みんなの声をかき消す粗悪なコピー応援。ひどい?いやいや 変に崩さずにU23らしくやれるでしょ。変に崩せば指導入りまーすwはいんねーよw

熱心なのに残念だよ。

俺ならああやるこうやる いろいろあるけどなぁ。
あ、言われて聞きにきても遅いから。ここ大事ね。

とか簡単に言うけどさ、誰でもできることじゃないから。
こう見えても2,3万の人を動かしてるのですよ。

ずーーーーーーっとやってきて身についたこと。
SNSにこんな声が真似されて上がることもサル真似以下だぜw
ちなみに ネットには出てないから!!!


声と手拍子と指笛 じゅうぶん。

まずは1点!とにかく ここ。

正直、邪魔はしたくもないのね。
一生懸命ジャン。多分目一杯でしょ?

やっと歌が止まったので、ここぞとばかりに ハヤシの歌。
ずっと人がいいキックくんが様子を見てるから やらないから、点を
取らせるなら行こうぜと。

あの魂の男 赤嶺の歌を継いだんだぜ!ハヤシ!見せてやれ!見せてやれ!そんな思いで
昨日タイコなのに勝たせたくてとにかく声量落ちると煽る気持ちで思い切り誰よりも歌いまくったから、さらに風邪でガラガラ声だけど、歌った。頑張る期待のプレイヤーの名前を連呼する。いいプレイした選手の名前を連呼する。ダメなやつ 足りないやつの名前を呼んで叱咤激励 全部基本だろ?

君の親方は教えてくれない?ありゃカタチだけの人だからねー無理無理。引っ張ったことないもん。ぶら下がってるだけ。



半谷が飛び込んできて PKを奪い取る!

よしっ。!キターーーー!

ボールを持つのは ハヤシ。

GKと小競り合いに成る。胸を小突きやがった!

コラーーー!
悪い左手だぞ!

ダイちゃん そんな子に育てた覚えはねーぞ!

すぐに電光掲示板見て 名前で煽る

ダイちゃん、悪い子はゴール決められちゃうぞ!

ハヤシが
決める!

よっしゃ〜〜〜!

さあ、行こうぜ、東京!

後は コータとバンズィ乗せて逆転だろ!

バンズィの歌 がなるがなる!そりゃ ここで結果出さなきゃ
戻れねーんだろ?後押しするさ。
コータもリーダー面なんかしてここにいちゃダメだよ。
CKにきたコータも煽りに煽る!だってさ、もっとやれるんだから!

ユース達の完成度を高めるのがプロたちの仕事だぞ。
足引っ張るとかあり得ないから。


応援の原点 を 思い出す時間。

俺の東京のためにここにいるんだ。

かわいそうで応援したことねーし、歌がねーと淋しそうと歌ったこともねーし。

そんな理由でやれるかって。
カタチだけの応援なんてクソ食らえ!
決め事パターン、いる?ここで?

攻め込まれても弾きかえすという安心感。後ろであんだけ回せるんだぜ。
あいつら すげぇ、世代だよほんとに。

残りの時間 猛攻撃のU23
バンズィのヘッドはゴールを割れなかったけど、首位相手に引き分けた東京U23

俺のやることは 品がねーし 嫌な人もいると思う。
熱心に応援する人たちの邪魔はしたくない。
でも、
最高の応援で彼らを迎えるといい続ける トップの味スタで駆け上がってくる彼らを待つ者としては やらないわけにいかないよ。

彼らが目標としてくれる東京でないとね。

要するに 思いが伝わったら ヘソ出すぐらいやれって話ですw

何てことを強く思った日だった。

うー体調悪いーw

オリンピック代表 しょうや、室屋は頑張っていたから 何とか勝利を引き寄せて欲しかった。
1点目を決めたあいつはスウェーデン戦でも決めてたあいつだ。
2点目はここ1番で絶対やってはいけないミスだよ。それを責める気持ちはわかる。でも、球蹴りしていた奴はみんなわかると思う。あの時のあのプレイのあの気持ち。あれをやってしまった時の気持ち。しかも借り物みたいな枠でそこにいるのだから。

だからこそ、チームは諦めず、良く立て直し浅野も決めたし、しょうやも素晴らしい判断で撃って決めた。

見ていた人は あと1点何とか勝利を!と 祈るような気持ちで画面を見つめたと思う。

ブラジルまで行ってる帰りの期限を決めていない仲間たちも必死の声が聞こえていたから。

全力で勝って他力に左右されるけど、 日本は全力で勝利を目指すしかないよね!がんばれ!ニッポン!







image
image
image
image
image
image

tokyo_la12 at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

U23 栃木にて

さて、昨日の勝利に酔ったまま いや その後の美酒にひたったまま 急遽 ノリで栃木に行くことに!


オイオイ!調子悪いのに大丈夫か俺!

ノリで栃木に乗り込む仲間は5人!

佐野で降りて初めて 佐野ラーメンを。

ここがまた 美味かった!竹竿で生地を伸ばしてさ

並んでることも苦にならない麺の美味さでした。

一路 スタジアムへ。


熱心にU23を応援をする人たちが歌ってる。
暑い中熱心だよ。


暑いから日陰で試合を見る。
相手は首位栃木。

でもさ、クラブユースチャンピオンで固めた後は 何の問題もないの。
ビビらねーし、バックラインでも堂々と回せるから。
むしろ そこに入ったトップメンバーのシャカリキが見たいわけよ。

どうしても タスク、コータ、バンズィに目が行く。

もっとやれんだろ!もっとやれよ!って思いだよね。

ユースたちは堂々とチカラを出しているのだから。

よくわからないファウルを取られてPK!!! 1点奪われた。

完璧にやられたならしかたねーけど、何だありゃ。

そのあと あわや2点目のピンチをカコイが弾き防ぐ。

心に火がつく。

後半、人のいない バックスタンド側に。

熱心に歌う人たちを邪魔したくねーけど、俺の東京を後押ししたくなる。


タスク!もっとやれんぞ!

行こうぜ!バンズィ!半谷もっと行け!もっと行け!
ハヤシ!見せてやれ!行こうぜ!ハヤシ!

言葉はシンプルだよ。

俺の応援はBGMじゃない。

タイコもチカラ入れてただひっぱたくからせっかくのみんなの声をまた、潰してる。
声をかき消すタイコなんて最悪。カタチだけで真似してるからね。いきなり誰でもできそうで なかなかやれんよ。まあ、なにもかんがえてもいないんだろうな。

人数 声量に合わせて引き出すのが基本ってこともそりゃ知らないんだろう。

俺は好き勝手にぶっ叩いてるわけじゃない。
タイコをたたく彼が本気なら トップでどうやるのかをせめて体験してくれよ。
まあ、簡単じゃねーけど。俺は案内人じゃねーしな。
あの人数なら俺はどう引き出すのかしか考えない。多分使わねーわ。
みんなの声をかき消す粗悪なコピー応援。ひどい?いやいや 変に崩さずにU23らしくやれるでしょ。変に崩せば指導入りまーすwはいんねーよw

熱心なのに残念だよ。

俺ならああやるこうやる いろいろあるけどなぁ。
あ、言われて聞きにきても遅いから。ここ大事ね。

とか簡単に言うけどさ、誰でもできることじゃないから。
こう見えても2,3万の人を動かしてるのですよ。

ずーーーーーーっとやってきて身についたこと。
SNSにこんな声が真似されて上がることもサル真似以下だぜw
ちなみに ネットには出てないから!!!


声と手拍子と指笛 じゅうぶん。

まずは1点!とにかく ここ。

正直、邪魔はしたくもないのね。
一生懸命ジャン。多分目一杯でしょ?

やっと歌が止まったので、ここぞとばかりに ハヤシの歌。
ずっと人がいいキックくんが様子を見てるから やらないから、点を
取らせるなら行こうぜと。

あの魂の男 赤嶺の歌を継いだんだぜ!ハヤシ!見せてやれ!見せてやれ!そんな思いで
昨日タイコなのに勝たせたくてとにかく声量落ちると煽る気持ちで思い切り誰よりも歌いまくったから、さらに風邪でガラガラ声だけど、歌った。頑張る期待のプレイヤーの名前を連呼する。いいプレイした選手の名前を連呼する。ダメなやつ 足りないやつの名前を呼んで叱咤激励 全部基本だろ?

君の親方は教えてくれない?ありゃカタチだけの人だからねー無理無理。引っ張ったことないもん。ぶら下がってるだけ。



半谷が飛び込んできて PKを奪い取る!

よしっ。!キターーーー!

ボールを持つのは ハヤシ。

GKと小競り合いに成る。あ!ハヤシの胸を小突きやがった!

コラーーー!
悪い左手だぞ!

ダイちゃん そんな子に育てた覚えはねーぞ!

すぐに電光掲示板見て 名前で煽る

ダイちゃん、悪い子はゴール決められちゃうぞ!

だいちゃんってばー


落ち着いて蹴り込み

ハヤシが
決める!

よっしゃ〜〜〜!

さあ、行こうぜ、東京!

後は コータとバンズィ乗せて逆転だろ!

バンズィの歌 をがなるがなる!そりゃ ここで結果出さなきゃ
トップに戻れねーんだろ?後押しするさ。

コータもリーダー面なんかしていつまでもここにいちゃダメだよ。
CKにきたコータも煽りに煽る!だってさ、もっとやれるんだから!

ユース達の完成度を高めるのがプロたちの仕事だぞ。
足引っ張るとかあり得ないから。


応援の原点 を 思い出す時間。

俺の東京のためにここにいるんだ。

かわいそうで応援したことねーし、歌がねーと淋しそうと歌ったこともねーし。

そんな理由でやれるかって。
カタチだけの応援なんてクソ食らえ!
決め事パターン、いる?ここで?

攻め込まれても弾きかえすという安心感。後ろであんだけ回せるんだぜ。
あいつら すげぇ、世代だよほんとに。

残りの時間 猛攻撃のU23
バンズィのヘッドはゴールを割れなかったけど、首位相手に引き分けた東京U23

俺のやることは 品がねーし 嫌な人もいると思う。
熱心に応援する人たちの邪魔はしたくない。
でも、
最高の応援で彼らを迎えるといい続ける トップの味スタで駆け上がってくる彼らを待つ者としては やらないわけにいかないよ。

彼らが目標としてくれるトップの東京でないとね。

要するに 思いを伝えるのはスタイルではない。それが伝わったら ヘソ出すぐらいやれって話ですw

何てことを強く思った日だった。




オリンピック代表 しょうや、室屋は頑張っていたから 何とか勝利を引き寄せて欲しかった。
1点目を決めたあいつはスウェーデン戦でも決めてたあいつだ。
2点目はここ1番で絶対やってはいけないミスだよ。それを責める気持ちはわかる。でも、球蹴りしていた奴はみんなわかると思う。あの時のあのプレイのあの気持ち。あれをやってしまった時の気持ち。しかも借り物みたいな枠でそこにいるのだから。

だからこそ、チームは諦めず、良く立て直し浅野も決めたし、しょうやも素晴らしい判断で撃って決めた。

見ていた人は あと1点何とか勝利を!と 祈るような気持ちで画面を見つめたと思う。

ブラジルまで行ってる帰りの期限を決めていない仲間たちも必死の声が聞こえていたから。

全力で勝って他力に左右されるけど、 日本は全力で勝利を目指すしかないよね!がんばれ!ニッポン!


image
image
image
image
image
image





tokyo_la12 at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ホーム磐田戦

ホーム磐田戦

来世紀ブラジルで始まった応援。新潟で勝利し、これなかった多くのファンの前で勝利を!と選手に伝えたが、ガチガチじゃないか東京。新潟で見せた良さが出ない。

名波監督の狙い通りの先制点を許してしまった東京。

前に出て頭越されるのが毎回気になる。基本的なDFのポジションミスなんですよね。
やってはいけないプレイだと思うけど、東京は多い形なのが悔しいです。

その後、ムリキがうまーくPKをもらう。

決まった!ん、なぜかやり直し???

同じコースに決めて同点。簡単なプレイのようにやるけど、簡単ではない…

ダメな主審への あてつけ のようなゴール。後でビデオ見たら PK自体頂き物。
マリーシア全開なムリキ。凄い選手だよ。そりゃシャーやらないわけだ。

前半終了間際、秀人が悪質なジャンピングニーを脇腹に食らう。もんどりうつ秀人。
悪質だよ。あれ。

後半にはいる。

さあ、追い上げて勝ち越し!と思いきや ものすごいのを食らう1-2 ポストに当てて台形。ありゃ無理。

もう一度追いかける東京。

再度ムリキがFKを得る。これまたビデオで見た当たってない。うまいわ。ファウルのもらい方もプロ。みんな盗むべき。

気迫でしのぎ攻める 泥臭いよ、華麗ではないよ。でも、これがリスタートした東京。

野澤が秀人に変わりイン。
彼はシンプルにさばきリズムを作る。元々手倉森ジャパン。今の五輪代表のレギュラーだった男。雪辱しなきゃ。こないだも優しい笑顔ピッチで見せてる暇ねーぞ!このままで終われないよね。と話してきたばかり。

田辺、徳永とつなぎ中に入れたボールに頭で東がすらして ムリキが足の裏で見事に押し込み同点。

さあさあ!

さらにインスが投入される。彼もこのオリンピックを逃した1人。
彼はJ3でゴールを決めているがほとんどがPKとごっつぁんゴール。でも、それも1つの持ち味。トップでそれを決めれれば彼の勝利なのだから。

前田の頭での落とし 田辺がとびこみ こぼれを…インス!!!!!!!!
逆転ゴールを決めたのはインス!

強い磐田ではない。でも、ひさびさにホームに響く眠らない街

篠田東京 ホームでの初勝利の夜。

そうそう 何かと物議をかもしていた 観戦女子の子たちの何人かが試合に来ていて
ゴール裏で観戦してたよ。1番後ろの立ち見席でね。あ、席はなかったのかな?それでも東京を楽しんでくれたようで。一過性のことでもありだと思うんだよね。みんなが何かのきっかけで東京になったのと同じだと思うのね。中にはサッカー経験者もいたりさ、面白いと思うんだよね。

とにかく みんなでホームでの勝利
何よりも嬉しいよね。本当にそう思うよ。

この日は CD東京 を作ってくれた ヤマちゃんのギターリストであり プロデュースのタカッツーも来てくれてて 東京の勝利に感動してくれたんだ 本当に良かった。さらに 初めての観戦で ど真ん中で試合と応援を体感した PUFFROULのタケちゃんから連絡あって 次のミニアルバムに その時感じた想いを曲にしたから 聞いて!と連絡が!

なんかもう 嬉しすぎるよ。どんな曲かまだわからないけど、俺たちの東京がいろんなところに 火をつけてるのが嬉しいよね!期待しちゃうよ!

image

image

image

image

image












tokyo_la12 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 06, 2016

磐田戦の日は朝早くから3Fの店開けるつもりなんで、よろしくお願いしますねー。

マルがこの曲やっぱいいっすねーと 言ってくれた。
ん?どの曲?なに?ああ、mayumi yamazakiの歌う 東京

お!おおー、東京 ね!


そう一足早く聞いてもらっていたのです。
めっちゃ嬉しくなりました。
臨場感ある歌詞の内容もすごく響きますよねーって もうね、言うことないわあ。

このCD ダウンロードとかできないのですよ、ライブ会場限定手売りなので。

で、やまちゃんにお願いして トウキョウラドセショップにて 週末 販売決定です!パチパチ!

シングル 東京 は 1枚500円 最新 アルバム POPGRAM (全12曲入り)は 3000円ですが
東京セットとして 両方合わせて 3000円! で15セット販売いたします。アルバムはほんといいよー元気になりますから!遠征のお供に最適ですよー。

そして、篠田監督にも 東京 渡してきたんで今度感想を聞いてみたいと思います。

ガッチガチのスタジアムで歌う応援歌ではなく、聞いていて癒されつつも熱くなるという
サポーターと選手に向けての応援歌です。長く応援しているけど、曲をプレゼントされたのとか初めてで感動してます。はい。

あと明日は 売り切れていたドライシャツも入荷してくるし、(サイズが選べるうちにどうぞ)
新しいステッカーも登場なのです。あと評判の青赤イヤリング、ピアスもあるよー。

それとフリーペーパーもトラブルの嵐の中、なんとかご用意出来ましたので、 フリーペーパー見て終わりではなく 3階の方にも 遊びに来てくださーい。

なお、明日は早くから店開けてるよー。なんか
早めに開けて欲しいという声がありましたので答える予定です。でも、もう、1時半…うう。

ま、そんなことより何より、気迫あふれる試合をするであろう東京を いい後押しになる応援しましょー!




image


image


image


image


image





tokyo_la12 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

第40回 クラブユース選手権 東京優勝おめでとう!!!

第40回 クラブユース選手権 東京優勝おめでとう!!!

気持ちいいくらいはめて、相手がパスを出すところがなくなり、そこを狩るとか、ミスをしたあとの全力のリカバリーとか 体を使ううまさとか、慌てて対処という場面が ほとんどない
U-18 意識していようがいまいが J3との対戦が彼らの経験に繋がっているのだろう。バックラインの落ち着きぶりがハンパねーから。

岡崎くんから始まるフィードとか 半谷くんの受けっぷりとか もう 見所満載。弟分などと言っている諸先輩方よりももしかしたら はるかに高い次元でサッカーをしているような気がします。チカラでなく技術勝負なら負けないかもね。彼ら。

1点目もそこにそう展開したらこう打つ!というピンポイントのミドルがポストの跳ね返りでGKにあたりゴールという あたりまえ のようなゴールを呼び込んだとも言える。

飛び級で川崎戦素晴らしいゴールを決めた久保くん目当ての人も多く、3人いた得点王も彼だけクローズアップされる この国らしい報道に苦笑いですが、彼以外の高1 岡庭くんと平川くんには衝撃受けたよ。16であれができたら どーなるの?楽しいだろうなーフットボールw


この日は2-0で登場した久保くんはリードしている状況を考えてプレイしているように見えた。それでも 素晴らしいタイミングの右のシュートがあった。もうね、使ってみるべきだよU-23 こないだもスタッフに言いましたけど。彼多分やるよ。アレ。

もちろん、対戦した清水も上手かった。ただ、今回相手が悪いね。乗ってる東京はつよかったよ。

GKのお調子者 GOくんもプレイはビッと決めてたし。

とにかく 見に行ってよかった というのが感想。



トップももっと優勝しないと 優勝した後がモノマネ応援できなくてグダグダになっちゃうから、優勝しないとなー。テレビの人に煽られるとか最悪っすからね。

image

image



tokyo_la12 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 01, 2016

新潟アウェイゴール裏にて

新潟にどうしてもこれなかった みなさんへ

テレビには映らない雰囲気だけでも。

(肝心なのが抜けてました ゴメンなさい)


ユルネバ

https://youtu.be/n_4C40kEgnA




東のゴール直後

https://youtu.be/qhBiM_inCo0

女よりも仕事よりも東京 からの 東のシャー

http://youtu.be/A0PzPuFFI-A?a

東のシャー

https://youtu.be/OLJtc3z3Dc0h

選手挨拶 吉本we are TOKYO

https://youtu.be/EofweAaoyW4

篠田東京コールからの 篠田シャーまでフルタイム!

https://youtu.be/1xzkteAxpXg



tokyo_la12 at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

アウェイ新潟戦 篠田東京初陣





とりわけ好調でも不調でもない新潟との


今の時代のFBやオフィシャルに書き込まれた おそらく 正義。 のコメント。吐きそう。
俺は一言言ってやった!なのか?気持ち悪いす。
頼まれてるわけでも 仕事でもなく 気に入って行くようになったはずだよね?
どしたの?偉そうに。上からって奴嫌いなんでしょう?見直してごらんあなたの書き込み。
あ、謝罪いらないす。

監督変えて気が済んだ?ああ、強化の謝罪がないから気に入らないんだっけ?
あとは残留確定させないと許さないんだっけ?いやいや、そういうのももいいから。
それが楽しいならいいけど、なんか角度がおかしくない?

俺も歪んでるよ。だから、必死にスタジアム行く。そこが大きく違う。

この日スタジアムに駆けつけたのは1100人。たった1100人。
応援必死にする数なんてどんな時も変わらないから。
そんなもんなんで。

東京は必死に戦った。ハシモトが怪我で離脱した。そーたんが急遽ピッチに。
気迫にびびってんのか主審がカードをひたすら掲げる。そのカードを恐れず飛び込む高橋。

ムリキが小川を叱る。たくさん怒られて伸びればいい。
ムリキのプレイは物凄い切れ味だ。

ゴールを奪う そして 勝つ。
という1つの目標に全力の東京。

今までもそうだったはず。しかし、うまくいかない時もある。

秀人の素晴らしいミドルがネットに突き刺さった!!!!
歓喜の中 線審がフラッグを上げている。オフサイド?

文句の言えないゴールを奪うしかないらしい。

そして、後半、ソータンのパス、ムリキ、前田、そしてこぼれ球を 東が全力で叩き込んだ。

気持ちのこもったゴール。東も戦犯扱いだったもんな。

60分を過ぎ、がくんと東京が落ちる時間にはいる。ここを乗り越えて勝たないと。

交代で出たヒロキが怒っている。なんで、俺をかえるのだ!と言わんばかりだ。

ムリキが交代の合図を気がつかないふりをして時間を稼ぐ。1秒でも減れば勝利に近づくから。


吉本が入り1点を守る!が明確になる。


長い時間。ロスタイムも4分!

長いホイッスル。

勝利。

ベンチは優勝したみたい。和の上にムリキが笑顔で飛び乗ってる。

選手が来る。久々にいい笑顔。

東がシャーして いい笑顔。エンブレムを掴み去る。

篠田東京 コールを繰り返す。

挨拶に出てきた。

そのまま シャーw


気持ちと気合いの入った奴。

最高。


強くも弱くもない新潟に勝っただけ。それだけだよ。

でも、最高に笑えたし、ACL並の応援したよね。

すんげえ疲れたけど、すんげえきて応援してよかった。

きた奴が偉いのかみたいなこと言う人いうけど、違うよ。

こんな楽しいのを見逃すなんてかわいそうに!という人が減ればいいのにねと思うだけだよ。それだけです。


とにかく疲れた。勝ててほっとした。
ホームでもあれを見せないとね。
文句言ってる奴のほとんどは 来てねーからさ。

そういや、勝つまで応援しないとか言ってた人 1試合で終わっちゃったねぇ。おまえ、これから死ぬ気でやれよな。勝ったぞ東京。

チームの大風呂敷に目くじら立てなさんな。騙されて逆に乗せてやりゃいい。
あんなもん ただの目印。それを言ったのになんでやらねーとかうるせーよ。ミドリ行けよ。
試合直後マッシモが鹿島に勝ったと喜んでるあなた 誰も止めないからトスを応援すればいい。あなたがいなくても東京はまったくなにも変わらないから。応援もね。ご安心してください。

たかが東京、されど東京。

さあ、この暑さ、負荷のかかる練習だけが心配だぞ、東京。

昨日の試合が新しい基準。頼むぜ、東京。





そういえば 記者が適正ポジションなんて言ってたけど、あれ、試合見て書いてないね。あんなのに流されないでほしいわぁ。あんだけ入れ替わり、ポジション変えてた部分無視すんなって話。何が適正じゃ。東FWの動きだろ なにがトップ下だよ。


image


image









tokyo_la12 at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 26, 2016

新監督 初練習

image
image


急遽小平に向かった。時間を作って。

新篠田東京初日 小雨降るグラウンド バス通りまで 声が響く。

新監督、コーチ 東京の下部をみていたコーチ陣が一丸となって

ハードなトレーニングを開始しているようだ。

少し遅れて到着。

たまたま大金社長と会えたので、一言二言 話す。

ガンガンみっちりトレーニングして 熱を取り戻して欲しい ガンガン応援するんでと俺。
image

活気のあるハードなトレーニングをして巻き返して行けるよう頑張るので応援よろしく
と社長。だいぶ、疲れた顔してたけど いいトレーニングして巻き返さないとね。


練習メニューの変わり目は必ず大きくグラウンドを使い8の字を描くように全員でランニング。緩急をつけ ダッシュ ジョグ、腿上げ それを二周三周。その後次のメニュー。ダラダラはさせてもらえない。

新監督の大きな声が響く。「ワタル!声出していかないと!」「(意思表示の)声出していかない奴は試合で使われないぞ!俺よりデカイ声出して行け!」

選手を名前で呼び、指示を飛ばす新監督。

新しいメニューの中 誰よりも飛ばしていた印象が強いのはにゅうさん。
体現して見せて行く。最高のベテラン。

今日は涼しいから いいけど これから暑くなったらこりゃハードだぞ!
でも、このくらいやってくんなきゃ。

東京のユースコーチ陣 だったミニラも声を飛ばす。

東京の現場がすべてのチカラをあわせ、この局面を乗り越えようと動き出しているのを感じた。

15:30に始まった練習はあっという間18:00 10分前に終わった。
ギュッと詰まった闘うためのトレーニングだった。

グラウンドを大きく使うのでファンもポケモンGo並みに 向こう側こちら側 ゾロゾロと移動。

移動する時に ナオにあえた。

「自分ももう一度ピッチに立つために焦らずやっていきますよ。熱をなんで失ってしまったのかわからないけど、そこから やり直しです。」と笑顔を見せてくれた。

次々と飛び出す 局面局面の対策メニューはハード。
マルあたりは明治の練習思い出したのではないかな?

うまく流すのもプロ。いい練習メニューだとおもう。
締めのハーフのゲーム形式も3チームが休む間なく やる形。


まだ、初日。今後誰が抜け出してどんなメンバーが組まれるのか全くわからないけど、U23に出ている選手もみていた監督な訳だから、横一線と思っていいだろう。

この練習に根をあげた奴は終了。ってわけだ。

この間きたときはいなかった阿部、前田の姿も全体練習の中に見えた。

次の試合 必ず
勝てるなんて保証はない。

でも 勝利を目指していいトレーニングして試合に臨むしかないからね。

俺たちもいい応援していい結果に繋がるように応援するしかねーよ。


バーンズィに新しいトレーニング 良いけどハードだね というと いや、めちゃくちゃハードだよ!と笑っていた。新潟あなたのゴールで勝利を望むよ!というと そうなるように頑張ると笑顔だった。

東に 次頼むぜ!積極的にゴール狙えよ! ハイ! ハードなトレーニング疲れたろ?笑顔でハイ。

ケントも疲れ切っていたけど、お前が仕掛けてきめりゃあいいだけだよ!というと 真顔になって ハイ!頑張りますと。

監督が早々にきたので
「ハードなトレーニング最高です。東京に熱を取り戻すチーム作りお願いします!」とちゃんと伝えてきたよ。

とにかく 新たにチームは勝利を目指し、いい結果を掴むための過程をしっかり 始めた。

降格と怯えるのは構わないが、そこも見据え しっかりやるしかない。

俺は巻き返すために一戦一戦応援していこうと思うよ。









tokyo_la12 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 25, 2016

解任


image


解任


出来ることなら 誰もが見たくなかったこと。

勝ちまくってりゃ前監督を超えた!となりゃバンバンザイ。

それは間違いないよね。

こんな展開 鳥栖、福岡 あんなん誰が想像する?

巻き返しに今は絶好調 川崎 しかも ナカムラ復帰かい!と。


僕は5年前の時、いろいろ状況を聞いていた。親しくしていたから。

正直 あの時は 厳しかった。今回、よく受けるなと思った。

だから、距離をとった。

チームに必死に明確な指名理由を言ってくれと言った。

なぜかって?

一度下ろされた神輿に再び乗るのはあまりに無謀だったから。
そしてあの降格を忘れていないはずの選手が数多くいるから。
俺が選手だったら、全てを委ね指示に従うことはない。
一度信用して酷い目にあわされたら、もう信用できないだろ?普通。
ただ、プロとしてそんなことは口にしないけど。
心のどこかに絶対信用できない はついて回るはずだよ。
僕は大概のことは忘れてしまう。その時は鬼のように怒っても。
引きずらない。相手はトラウマになるかもだけど。

でも、チームが切ったとはいえ、忘れられない迷走だった。

だから、開幕前言いまくった。お前、何言ってるの?みたいにずいぶん、本当ずいぶん言われたよ。


去年のあの成績を盾に何やっても言われる。

あの時の指揮官に誰もが全幅の置けるか?つー話ですよ。
あの時からいる選手山のようにいるんだぜ。
それでも やる!と決めてきたのだから、俺の東京 応援するしかねーと。


勝ちが続けば、おそらくそれも消えて行ったろうが
ノッキングを起こしたような運転。

本当かどうかわからないが監督の希望を重視しての補強選手。
前監督が信頼し起用した選手の冷遇
(これに関しては我々には夢のような時間と希望を作り出した。)

僕はこのチームでずっと気になっていたことがある。

ピッチに立つ選手から熱が感じられなくなりつつある気がするのだ。
こんなところでプレイしている場合じゃない と言わんばかりの選手。

それは形だけ、表面だけの真逆。
無骨でも心震えさせ、応援を作る源になる。

ちょっと見てわかることではないよ。もうさ、40年も日本のサッカーと過ごしてんだよ。

部活と呼ばれた頃からの 東京伝統の 熱 熱量の多いプレイヤーほど愛されチームの顔になる。象徴に。

日本代表だろうがものすごく巧かろうが 熱を感じさせない選手は顔になれない。
それはずっとそうだ。今始まったことではない。

しかし、城福監督も馬鹿だよ。もっと演技して 堂々として見せればいいのに。
負けたら 私の采配ミスです。だけいってりゃいいのに。勝ったら選手たちの力です!で、すぐに愛される監督の出来上がり。あとは いつもありがとう!と熱く笑顔の写真握手でもサービスすれば簡単なものさ。


今回のことは 様々なことを見失いつつある東京 が 原点を見つめるためのことかもね。

また、付け焼き刃 うまいこと ごまかせば さらに厳しいことも起きるかもね。


浦和のおかげで タナボタ 手に入れたACLプレーオフ

チームを作り直す時間のなさ

それと何より あの時の選手が数多くいること。


プレイオフを勝ち抜き、アジアの旅を共にできた。
ベトナムで試合前 我々の声援に応えた姿は忘れることはない。

今回鬼の首を取ったかのように騒ぐ お前らスタジアムろくに来てないよな。
冷たいことばっか言いやがってさ。満足かい?遠くから石を投げるようなのって
昔からいたけど、本当ひどいよな。

熱と強さを取り戻すきっかけになるといいけどな。

フロントもサラリーマン気分でいつまでもやってるとケツについた火がひどくなるぞ。

なんとなくいる奴は辞めろ。

ファンもフロントもね。

そういう簡単なお仕事だろ?

フィジコは共に腹を切った。そういう男。


あの人 城福監督が連れてきたわけではないよ。

急にフィジコ持ってかれて、東京がやっと契約にこぎつけた人。

日本で最初にフィジコを目指し、ヨーロッパ、ブラジルで修行し、94W杯でブラジル代表と共に時間を過ごし。

足が悪いこと(プレイヤー時代の怪我が元)を気にしたけど世界では当たり前にフィジコをやれる。それを体現し 韓国でも師と仰ぐ代表選手も多い。そういうプロフェッショナル。

みんな知ってた?この損失でかいよ。

いい加減無責任なくだらねえ声に踊らされてんじゃねーぞ!東京。


さて、週末から 俺たちの東京に 熱 を取り戻す簡単なお仕事 始めますか。












tokyo_la12 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 24, 2016

アウェイ リーグ 川崎戦

image

image

ナビスコ含め15戦負けなしの川崎に この厳しい状況で絶対勝利を目指した東京。

みんな知ってた?今の川崎は 過去ないくらい 調子がいい。

柱のナカムラを欠いても負けなかったからね。

等々力に行かれた方、お疲れさまでした。

僕はゆっくり銭湯で疲れを癒しました。
全力で応援。持てるチカラを出し切ることを選手に求めたので。
結果 勝てなくて残念。

結果が全てという声もあるけど、僕はその過程が大事だと思う人。
ワクワクするのは圧倒的にその過程だから。



また あいての象徴に敵ながらあれしかないというゴールを決められてしまいました。
怪我明けの中村フリーでやらせすぎ。キッチリ抑えられなかったのが厳しかったね。


より確実に より正確に得点を。必要以上な慎重さが硬さを生む。

こんなに苦しんだのにあんなに簡単に決まるのか 。
こんなに苦しんだのにこんなに簡単に勝利できるのか。

その日の笑顔を見るために次も行く。
U23の選手の目指すトップチームにならねーと。


今日の試合に関しては 選手の闘う気持ちもひしひしと感じたし どうしても勝利をつかもうといういつも以上に強い気持ちを僕は感じた。

川崎の攻撃を跳ね返し ムリキ、バーンズィ、ケントが勝負をかける東京。

アクシデントでヨネがピッチを去る。背筋が寒くなる。スタジアムでは伸びたところに相手がのしかかるように見えたので。たいしたことがなくすぐに戻れるといいのだが…心配。

高橋がピッチに。彼がピッチに立つことを僕は望んでいたがこんな形で…。

彼はスクランブルであったにもかかわらず、いい準備をしていたことを証明した。


ムリキが抜け出したスルーパスも秀人からだった。ムリキの癖を頭に入れていたというGKに阻まれた。

後半 ムリキが取られたファールはミスジャッジだった。これは試合中はわからなかったがこと。しかし、こういうのが勝負を分けることにつながるので、レフェリーにはよく見ていただきたいのだが。残り10分で失点した東京。

猛攻撃で反撃したが。遠い。

いつも思うのだがCKでGKにフリーでキャッチだけはやめていただきたい。一枚張り付いてもいいからとにかく絡めと。理想は飛び込んで頭。

どうしても扉が開かなければゴールが見えたらチカラ任せのトゥーキック。

丁寧にやればやるほどゴールは遠くなる。常々ダイレクトで打ってくれと言うのは相手に対応する時間をもたせないのと余計なことを考えないようにして欲しくない弱気な選択しないためでもあるのだが。

長い笛。

試合後来た選手に 僕はブーイングする気もなかったし、そんな余力ないよ。

めいっぱいした応援。後押しするために全力すぎて

そんなチカラ残ってねーよ。

そのチカラ残すなら まだ やれたんじゃん?

そんなもの浴びせなくてももう考えるしかないわけで…

(あえてこのままと言う選択肢もある。)

ただ、選手たちを見つめていた。

20数年 悪いこと、いいこと あらゆることを試したけど、

肩のチカラ抜いて開き直ってやるしかねーんだよな。

秀人が巻き返すって言ってるから、それ信じるわ。

新潟で勝利を目指してくるよ。

俺にやれることをやるだけ。







そう言えば、名古屋のような監督完全擁護を社長がするの初めて見たな。
あれもある意味覚悟だよね。

















tokyo_la12 at 12:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 23, 2016

今夜は川崎戦!

時間が作れたから 先日小平へ。

涼しい風の吹く中 集中した良い練習をしていた。

サイドに流れるムリキのプレイはすごい。彼が絡むとタスクも生き生きする。今日も確認になったけど、ズバ抜けていることは間違いない。彼を輝かせ、彼とともに輝けるのは誰か?

中盤に入って目立っていたのはインス。今の状況で簡単にトップで試せないのが惜しい。

不安な人もたくさんいるだろうけど、東京は元気に練習していたよ。

マルとコータが練習後 FKをひたすら蹴っていた。マルはもっと高めていくんでと笑っていた。

風の通る話し合いの時間もあったようだし、我々は懲りずに期待して応援をするしかないわけで。そのために言いたいことは言うよ。この声が届くようにってのが僕だからね。ひどいことを平気で言って何言ってんだ!いやいや陰口叩くよりよっぽどマシ。そして次も汗かいているので。逃げも隠れもしないさ。


結果が出せていないから何も言えないと秀人が言っていたけど、

結果につながる過程を楽しめるのも僕らの権利❗️それを見たいし

ここからの巻き返しを夢見たいね。そしてそれを強く望みます。ほ

ムリキが英語で話してくれたので 伝えたいことを伝えられた。笑顔になってくれてよかった。簡単なことしか言えないけど、僕は彼に多くのことを望み期待しかしていない。そして彼はそれに応えてくれる確信がある。


納得したゲームをして自信を取り戻すしかない。でしょ?
みんなの手のひら返させてやるから待ってろ って話。

週末 アウェイですが チームとともに弾けましょう!チケットが残ってる?来ないことも意思表示。非難するために来るよりよほどいい。

プロとしての覚悟を見せてくれ東京!




自信を取り戻す闘いも あり です。

苦しんだ分 いち早くプロになるしかないと思っています。

僕は期待しかしていないのです。

キツイことを平気で言いまくりますが
チームを信じて応援をするしかない
という芯がブレてないので。
僕は強くなる過程を見れることも幸せのひとつなんです。


そうそう これ 聞いてみて。







http://youtu.be/cCG8RiKxUPY



応援している俺たちにまず、響くようにと作ってくれた曲。

そして当然プレイヤーにも響くはず と小平行きがてら 渡せる選手には渡してみた。
帰りにくるまできいてみまーす とか反応は様々で 持って写真に収まってくれる選手も。

ナオからは このタイミング…必然ですね、とか にゅうさんからも 良い歌っすね!
頑張ります‼️とか。本当に元気につながれば嬉しいという 作ってくれたヤマちゃんタカッツーの言葉が響きます。
image

image


こんな曲プレゼントしてもらえて本当にありがたいです。

いい歌を本当にありがとう。


さあ、明日の川崎戦 いつもより モリモリ元気で行っちゃいましょう!

俺した見てビビるとかもうないんで。

「やる前から負けること考えている奴がいるかよっ!」

というアントニオ猪木の言葉をここに記しておこう!



image








tokyo_la12 at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 18, 2016

ホーム柏戦

さて…。

まずは プロである以上、多くの人の期待を背負い戦う覚悟を決めて試合に臨んでほしい。

いつまでもサラリーマンフットボールでは 困る。

彼らが自分でやるしかないと自分で気づくこと。がすべてではないでしょうか?



プロとしてピッチに立っていること。

ピッチに立ち責任を果たすために全力を尽くすこと…

我々の身勝手な応援と期待に応えること。

そこを意識してやはり覚悟を見せてもらわないと。

それが出来れば ひとつ上を狙えるチームになる。

できなきゃそこまで。絶対に乗り越えなきゃいけないことだ。

要は ピッチに立つ奴らが自分でやるしかないと気がつくこと。

それしかないと思います。


例えば、CKでGKがフリーでボールをキャッチするシーン。
僕にはありえない。どんなボールでもあそこは必ず競りに行って1枚絡むべきところ。
1つの仕事をサボっていると言えます。

僕らファンの考えるプロの行動は想像と大きく違う。

僕だったら、プロとしてより高みを目指すためにチームメイトの特性を理解して、チームを組み立てる。例えば、自分の必ず決めれる、可能性の最も高いパスコースを話して理解してもらい苦手なパスの種類も告げるだろう。各自お互い共通理解出来ていれば それだけで 損をすることはない。このチームのプレイヤーにはおそらくそれはない。ムリキや橋本が最も得意なコースを全員が理解していることはない。お互いを高め合うためのコミュニケーションを計らないなんて馬鹿だ。高め合いさらに高みを目指し がプロなのになっただけで終わるものもいるのが事実だ。

こんなこと 監督、フロント、云々ではない。
絵を描くのに手ぶらで来て 紙は?ペンは?と人に聞くようなもの
最低限の準備は程て当たり前 しかし していないのが現実。
日々の練習で覚える?話せば5分で済む。

頼むから ムリキがこれなら決めれるというコース、パス 全員が共通理解してくれ。
ケントが得意なコースを相手を釣ってあけるとか ガキでも素人でも当たり前にやることをやれよ。プロだからと 高校、ユースの時と違うのは年俸だけだろ?その年俸は 俺たちの期待と夢だ。

負けることはある。当たり前だ。お互いを高め合うことを求めるのはピッチの中だけ。
プライベートは何しようが構わない。頼むから、スタジアムの90分はすべてを出してゴールを奪うことを目標に、あいてに失点しないことに全力を尽くしてくれ。不安や不満はためずにいい合うべきだ。おかしいことはおかしいと言わないと。


たった1日2時間ボール蹴って金もらえるだけじゃない。
めんどくさい俺の夢のために尽くしてもらう。

全然足りない。他人事で解決するわけがない。

監督の更迭を叫ぶのはご自由だが、オーダーをまともにこなせていない選手がそこにいる事実に目をつぶっていては先に進めない。監督にできるのは準備だけだからな。

悪いけど、ここでつぶやいているだけではないよ。話をして より良い方向に向かうための準備をしてきている。目に見えることだけが全てではない。見せない現実もあるんだ。

眠れない夜 誰しも思いは同じ。


今日の試合に関しては 秋元選手のミスキック であきらかに流れがおかしくなった。
後半もムリキが怒るミスがあったよね。ああいうプレイはやめてもらいたい。
足元で行くのもね。手からいければキーパーチャージもらえるが 彼の足から行くではもらえない。自信がないなら 蹴るな。


福岡は後半15分くらいのモリゲのミスキックだった。

途端にいい流れが不安な空気になる気がする。あくまで感覚です。はい。でもあっているはずだ。モリゲに背負わせ過ぎ。重いよ。あいつはもっと自由にやるべきだ。日本代表としてとかキャプテンてとああいう 溜め込むタイプには向かない。思い切ってムリキにキャプテンマークを任せてみればいい。一番高くて買えないのだから、それを理由にしてもいいだろう。ハーフタイムに勝つために監督より丁寧に指示を経験を伝えようとしているだから、彼にチャレンジさせてみるべきだ。

試合中 見方に対して意見し怒っている選手がいないのもきになる。
それを審判にぶつけてるみたいだ。ただ馴れ合いでいると真剣に言い合えない。
よくあることだ。


面倒臭いとやらなければそれまで。

残り試合を数えて 降格の勝ち点の計算してるヤツもどうかと思うけど、
解決に向かわない選手の方が問題だ。

柏戦に関しては 熱中症のようにぼうっとした徳永のポジションミス。
たった 1つのミスで失点し負けた。

そして再三前半に全力で仕掛け、ムリキ、バーンズィ、ケントが打ち込むものの決めきれなかったこと。頭にしょうやが枠を大きく外したシュートをインサイドで押さえて打ち込んでいれば…。U-23では輝けても、彼の体でJ1のDFには勝てないようだ。それはそうだろう、J3でも圧倒的なプレイはしていない。相手を見て舐めているのかもしれない。本当なら圧倒するチカラがあるはずなのに。ファンの勝手な期待は無限だ。出ていないものにのしかかる。次は使われてもACL意外でトップで結果は出せていない水沼か。ファンサービスもいいし、優しい。そんなことは勝負に関係ない。人気は出るよいい奴だもん。でも、圧倒的に守備が軽く怖くない。もっとできると信じてるけど。後半秀人がミドル、裏に走り込んだが。

交代で入ってきた選手もやることは1つなのにそこにひた走らないから腹がたつ。
みんながくんと体力落ちてんだから 交代の3人でやるくらいのことしろって。
ずっと出てた選手にすぐどうかしてサボるなって話。

ポテンシャルはあると信じてきたが いまの彼らにはそれはない。

言われたことしかできない。大金がもらえるサラリーマンフットボール。

彼らは男の意地も見せれないのか?

あんな試合で平気で決められた挨拶して (怪我等意外で確かしないと罰金のはずだ。)


悔しかったら、次の試合、変化をハッキリ見せてみろ!
ゴール決めて俺に中指突き立ててみろ。ゲラゲラ笑ってやるから。

今まで東京らしくと甘すぎた。

監督が不安げなビビリのクソだとしても ピッチの中のお前らがやればいいんだよ。


負けても堂々としていればあの野郎自信あんのか!で済むけど。オロオロ一喜一憂するなら、チケット買え!って話。東京見て一喜一憂あれは俺たちの権利だ。

朝日も言っていたけど、最後うなだれていなかったのは 吹っ切れたの負けることになれたのか次の川崎戦で見せてもらおう。

もちろん、応援するよ。当たり前だろう。あと何試合あると思ってんだ。





tokyo_la12 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 16, 2016

東京

僕が仲良くしてもらっている アーティストのMayumi Yamazaki さんの新曲 東京 昨日のライブで初めて聞いた歌なのですが ヤバい むちゃくちゃ 染みる。



応援歌は初めてなんでと言いながら。選手というよりも 我々東京サポーターにしみる歌詞。

ギターのタカッツーが試合に来てくれた時にすごく感じたことを たくさん練りこんで 作ってくれたんだって ライブ後に話してくれた。もちろん、俺が食い気味に聞いたんだけど。あの東京ヤバいよって!

ヤマちゃんは少し前の木村カエラさんのバックボーカルをしていて その時から お知り合いにならせてもらってるんだけど、今回はヤマちゃん タカッツーに完全にやられました。

ヤマちゃんは

「1人でも多くのたくさんの東京を応援する皆さんや、選手に聞いてもらえたら 嬉しいです。」

とのこと。

タカッツーもまた応援しに行きます!

とのことでした。


歌詞がね いまの東京に必要なことだと思うのね。

スタジアムで歌う応援ではないけど、応援されることが少しわかる気がしたよ。

ナオにも聞いてもらったのだけど、この歌は 必然ですね って。

許可をいただいて一部を紹介します。

ほんのさわりですが聞いてくみてください。元気が出る優しい歌です。



image

image

image

image


tokyo_la12 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 15, 2016

アウェイ 福岡戦

福岡からやっと車で戻った。

甲府に勝って乗り込んだ平日アウェイ福岡。
それでも300人以上の人が来ていた。
これってすごいことだと思うよ。

試合後秀人や吉本に引っ張られるようにして真ん中に選手がやって来た時は

「何が足りないと思う?」と何度も聞いた。
いや怒鳴った?本人的には聞いたのですが。

俺が黙ったら もうどーでもいいと思った時なんでね。

忠成、豊田、ジョウゴ

そのチームの闘うチームの象徴にやられ続ける東京。

東京の闘う象徴って誰?

(秀人がエンブレムにぎってたな)

日本代表であるとか 去年4位とか
もうそんなのどうでもよくて、

今、弱いことをキチンと認めて 再び立ち上がるしかないよ。本気で俺は行きたいのですよACLに。

スタジアムに来てジョウフクやめろと叫んでたのは1人。これが現実。あんだけいて一人。
目の前のプレイした選手には言うことないのかな?不思議。

勝って負けて繰り返してるのでそっち押し付けてに逃げたくなるのはわかるけど。プレイヤーが背負うべき責任もあることを忘れてる。

頂点 みたいなスローガンをまっすぐに受け取った人は怒るだろうね。俺はまともにあんなのを受けとらないんで。うまい店と自ら書いてる店はうまくないもん。あんなもんは花火…リーグにいて優勝目指す!と言わないのはおかしいでしょ?

言ったからやれ!と目くじら立てて取れるほど簡単じゃないから。

監督代えろという時に誰にしろ!と必ず添えてほしいね。そいつのサッカー観がわかるから。

スタジアムに来たほとんどの熱心な人間は試合後、何もSNSで発信してないと思うよ。そんな気分にならないくらいの負け方。そりゃ涼しい部屋で見てりゃ 文句もご意見もしたくなるだろうけど。

スタジアムに来て汗びっしょりで受けいれるしかない 言葉もない敗戦でした。

監督どうこうじゃないよ。
ピッチに立つ選手の意識の問題。僕はそう思う。

シュート1本、パス一本 どう考えるかだよ。

ここを丁寧にやらない選手おおすぎ。

image

image






tokyo_la12 at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 10, 2016

リーグ 甲府戦 東京観戦女子祭


image




結果がすべて だという方々は満足でしたか? 苦笑い東京

結果は大事。ホント大事。

でも サッカーで楽しみたい人なんです私。

ワクワクドキドキしたいし、泣いたり笑ったりしたいのね、俺の東京で。


楽しかったのは前半の東京まで。

いやームリキ選手たまらんわ。オフサイドくらった攻撃とかもうね、ワクワクするわけですよ。そして明治大学から見ている室屋くんがトップデビューとかね、ユニバを応援しに韓国まで行った私としてはたまらんの嵐。(秀人がベンチからも外され、いないことの意味が本当にわからないのですが。)

サイドを高く保ち攻撃の手を休めない東京は美しいわけです。モリゲがゴールを見事に奪い取り、さらに追加点!という流れでムリキが唯一トラップミスしてシュートし損ねたシーンに決めていればと思う以外問題なく、終えた前半。

いろいろ賛否のあったあれはないわぁ!なピンクシャツの女の子たちもチケットに初心者ですというシャツが付いていることがきっかけで愛溢れる東京ファンの多くが紳士的にビビりながらも楽しんでますか?また来てね!と声をかけたりしてるのが微笑ましいわけで。公式 という括りが気に入らないのかなんだか知らないけど、新しいことに批判ばっかしててもなんもはじまらないとおもいます。あきらかにおかしいことは素直に聞いてくれてますし、間違うことも多々ありますし、タレント?ん?とかもありますが、振り返れば よくあることでしょ?あれ、とかあれとかさ。やらないとわからないことなので、生暖かく見守れないとね。僕らにはできない層の取り込み企画だもん。女子大生、観戦女子括りで100人呼べる?呼べねーし。

1人でも2人でもシガラミ超えて東京愛してくれたら良いなーと思うのですよ。

フリーペーパー歌詞カードもあるから 応援の歌に興味が出たらいつでも取りに来てねw


image

image




再び、雨が降ったハーフタイムすぎ、後半15分のモリゲのプレイに違和感を覚えます。日本代表のピッチにも立ち明らかに誰よりも多くの試合を引っ張る男の違和感。相手の子汚い挑発やいくらクソジャッジ製造機 家元主審の(まだJ1で吹いているという衝撃) ミスジャッジの連発とはいえ、キャプテンがカードまでもらいキレるにはあまりにもしょぼいファール。(あれ以外にも見えないところTVなどに映らないボールのない場面の対人とか…やられまくりなんでしょうが)あんなもん 相手にするだけ時間の無駄。憶測に過ぎませんが前節どこかを痛めている気もしていました。絶対に勝たせる。前節のようなことにはさせないという強い思いが生み出した空気な気がします。でも、それが悪い流れを引き寄せる 説明できないガチガチな動きを生み出してる気がするわけです。

負傷して交代になり ちょっとホッとしたのが僕の正直な思いです。

吉本でなんの問題もない(そりゃワンフェイクで引っかかり 簡単に 裏を取られるけどさ、コラー!カズ!となるけど)その後、バタバタとかき出正直なしのぐシーンもありましたが、(
秋元くんはフィールドプレイヤーだったのかな?やたら足先でいくよね。それでバランス崩してのけぞるように倒れるのが多すぎる)

アホみたいな 6分 のロスタイムをなんとかかんとかしのぎ、セカンド1勝1敗の五分に戻したわけであります。

室屋は良いね。駆け上がるのをしっかり見せてもらうぞ!

そしてお次は 大好きな博多!に ACL以来飛行機乗ると調子悪くなっちゃうヤングが クルマ…1人なんで…。行きたいんですが…なんていうから クルマで行ってきますわ!飲みも泊まりもお預けで勝ち点3もらってくるわ!

image

image

image

image






tokyo_la12 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 04, 2016

鳥栖 アウェイ セカンドステージ開幕戦

image


セカンドステージ開幕

アウェイ鳥栖。

1分あれば2点取れる!応援諦めるな!は、僕がサポーターを鼓舞するために使う言葉だった。まさか、こんな形で証明されるとは。

目の前でロスタイムにやられる…。正直言葉もでなかった。
しかも、直前までムリキのキープなどで 時間をかけていたのに。

ロスタイム前から東京が倒れたら「いいから寝てろ!立つな!時間使え!」と俺は叫んでいたのは事実。馬鹿正直クリーン東京は嫌いではない。でも、セカンドステージ優勝を狙うならどんな手を使っても勝利を手に入れなくてはいかんのですよ。

ずる賢いと勝利への執念。どんな形でも。

この日はいつも当たり前のように来ている奴もたいして来ていない。でも、遜色なかった。つまり、もう誰でも同じように闘えるアウェイのゴール裏になりつつある。あくまでなりつつ。見える範囲が90分闘えるようにならないとね。もっともっとみんなやれるはずです。

試合前、ヤング1人を電光掲示板の下に走らせ応援始めさせる。なーんも聞こえないので、無視してこっちでやる。帰ってきたらまた行かせてw ネタをやらせつつ、いい雰囲気を作る。少なくとも東京はいい感じ。恋人は東京 の歌が鳥栖のスタジアムに響く。相変わらず 正直田舎者の横断幕や恋人はサガン鳥栖の幕 イタリア語の幕はないのかな?

試合はムリキ バーンズィを中心に攻撃を組み立てる。

とにかくムリキが素晴らしい。柔らかいパス、最終ラインに戻っての守備、勝利へのキャプテンシー、今何をすべきかを誰よりもわかっていてそれを効果的に実践している。おそらく、ルーカス、に次ぐ大当たり外人である事は間違いない。

ただ騒いでいるわけではないよ。いろんな事を聞いて間違いないと確信した。

彼は物静かな哲学者のようだ。そしてピッチ上の監督となりえる。

この日もバーンズィが踏ん張り右サイドから上げたセンタリングを見事に決めた。
素晴らしいゴールを流し込み先制。遠く鳥栖まで駆けつけた我々をじゅうぶんに納得させ熱狂させるゴールだった。

イェーイ!ぬっちゃムリキ そして 恋人はムリキと爆発する東京。よし、完璧な展開。

僕はできれば前半0-2にしたい。前半0-2今日は0-3,0-4で勝ちたい。このあいだの浦和の敗戦からの復活と敗戦といまだにいるいくら騒いでもどうにもならないないことであるマッシモ離れをさせたかった。いい加減うざい。いくら騒いでももどらない。現実的なつぎの監督の提案するわけでもなく、ただ少し慣れ親しんだ自分のわかる範囲の過去最高の栄光にすがるうちにも時間は進むのだ。

来シーズン本当にACLを目指すなら 頼りになろうがなるまいが頼りない将を男にするのも支援者の仕事の1つと考えるしかない。実際、小平で見る練習は東京に足りないものを補う良いと思える練習なのだ。

これは実際見に行って感じること。実際の試合でできないのは選手たちの考え方ではないかと考えることも俺でさえある。

ただ単に 辞めろ と騒ぐ方、一度練習を見て欲しいよ。勝利に向けての努力を。

鳥栖のサッカーはまさにマッシモの教え通り。CKはキッカーに常に2人。得点に関してはおそらく 選手の鳥栖の持つ自力。就任してからの時間を考えれば、まだまだ守備の構築の序章の筈。得点に関しては選手たちがどこまでやれるかのはず。鳥栖のファンはアウェイ引き分けOK ホームで勝てたらラッキーの世界の中にいるはずだ。しかも東京を4位にした監督として期待をして。

しかし、後半CKからあっけない失点を東京はしてしまう。
ニアに入ったグランダーのボールを鳥栖の選手1人、東京の選手2人の間を通り抜け、秋元も蹴り出しに行くが滑り込んでくる相手とともに転倒。バランスを崩すように蹴れずに後ろに倒れ失点をする。
クリアミスは100歩譲って いいとしても蹴りに行って後ろに倒れるというのは。
基本的にキャッチに行っていない…。僕はそこが気に入らない。彼は飛び込まない。でも 足先でいくかな?あそこ…。バタバタの情けない失点で同点。

しかし、東京はヘタレなかった。今度は河野が突き刺すように追加点。
交代もいつものような決まりきった交代と違った。

すべてはうまくいくと思えた。

しかし、うまくいかないものだ。

3点め!と思ったチャンスを水沼が決めきれなかった。

ムリキはキープ。しかし、安易なパスが。残り時間はわずか。

時間を稼げ!倒れたら寝てろ! となるわけだ。

しかし、左サイドを簡単に運ばれ 小川がかわされてサイドからえぐられ 失点。

点が欲しい東京。平山に出たボールをさらわれ、

右サイドを持ち込まれ、センタリング 豊田。GKは真正面を撃ち抜かれ失点。

笛が鳴り終了。

愕然とする結末。
呆然としながら東京ビジター席に向かう選手の先頭を監督が歩く。
そのまま1番近い手前に並ぶ。

高橋がこちら側に移動してきたが。それ以上こちらに来ることはなかった。

こないから、こっちに来い!となる。セカンドの開幕で遠いアウェイ。

こういうことってリーグだかチームだかから、決められてやらされてる決まりの挨拶だとしてもこれからも続けるなら不甲斐ない時こそ、しっかりやるべき。

普段、そんなに怒りを露わにしない奴も 挨拶は相手の目を見てきちんとやるものだと 育てられた。こんなのはありえないと怒っていた。

結果は結果。相手が上回っただけのこと。

面と向かって挨拶して何が変わるわけじゃない。でも、僕らから逃げちゃダメだ。
必死に戦ったはずの俺の東京がビビってる逃げ腰のおかま野郎の集まりになっちまうから。

いつもクールダウンする場所からも移動した。いつもと違うことをするのは後ろめたいからか?そりゃ怒鳴るよ。ビビって逃げるようにしか見えないから。ビビってるから 勝ちを逃し、ビビってるから情けないゴールを許す。情けない。サポーターから見える場所から避難するようにしか見えない。理由はあるんだろうがぜんぶ、裏目に出た。

こういうこともぜんぶ合わせ技になっていくよ。

挨拶時、監督は選手を抑えるような仕草をしていた。彼らにとってははじからはじまでがゴール裏。どこで挨拶しようと同じなのだろう。その辺がもう下手。堂々とど真ん中でやれば大きく話は変わったのに。

やることをやりきった時は堂々としなきゃダメだ。
結果は結果。ベストを尽くしたのなら仕方がない。事故みたいなゴールだと思っているよ。でも、不甲斐ない結果。挨拶すらできないチームがたどり着く結果なのかとなる。
堂々とすべき。土壇場で足元すくわれ、さらにチームに裏切られた思いを追加されるとは。最後にこれ食らうのはなかなかきついことだ。

クールダウンを見えない角度で終えた選手が中央寄りのドアから去ってゆく。
ムリキが柱の陰に座り込んだ。

この試合の結果を憂いでいるのか?こんなチームに来てしまったことを憂いでいるのか?
90分まで勝利していたのに最後の1分での受け入れがたい 事実に愕然としているのか。
しばらく 彼はそのままだった。だから、この試合の結果の象徴と希望だと思ってカメラを向けた。

僕の言葉より 全てを物語る1枚。僕には同じ思いを抱える仲間に見えた。

鳥栖サイドは当然お祭り騒ぎ。
僕らは力なく座り込んでた。さすがに疲れたし、最後の態度にも呆れていたし。
鳥栖の選手たちがメインに挨拶に来て、そのまま マッシモもこちら側に。
あちらから手を振られた。手を苦笑いで振りかえすくらいしかできなかったよ。

ゆっくりスタジアムを出て スタンドから出る階段にまた腰を下ろす。
力がもう残ってないよ。朝日を含め、数人と座り込んで話す。博多に向かう奴らと
鳥栖で過ごす僕ら4人はここで別れた。大きな歓声が上がる。おそらく コータが行ったな。

風呂に行って 一杯やってレンタカーで眠るつもりだった。コンビニに寄ってとりあえず喉を潤す。そこにいた鳥栖のユニフォームをきたファンに話しかけてみる。今日の鳥栖の勝利にはびっくりしてしまったそうだ。また、つまらなく負けると思ってたから。と言ってた。東京の人たちも勝てない時はずっと我慢したんですか?と。何も言えなかったよ。ブレてないねパスタ野郎。

仲間の1人がとったホテルに送る。もし、部屋が空いていたらとまろう。疲れすぎた。飲みに行くのも飯も面倒。運良く部屋が空いていた。近くのコンビニで買い物して安く済まそう。
コンビニに行ったら 何人かの選手がいた。ビックリしたよ。むこうもかもでしょうが。

うぃーす!お疲れー!だけ言って さっさとドリンクコーナーへ。
しっかり顔見て挨拶。メッセージとしてはじゅうぶん。

結局、赤霧見つけてしまい部屋飲み。ユーロが始まるまで話は尽きなかった。

(ある選手から ビジターの中央まで選手みんなをを連れて行けず 失礼だったと思う。申し訳ありませんでした。という連絡をもらった。本当にあんなに飛び跳ねて次の日会社大丈夫というくらい一生懸命な応援をしてもらっているのに そこにみんなを引っ張って行けなかったと。こういう選手がいたのです。他にもいたのかもしれない。それはわからない。ムリキと同じように熱い希望が生まれた。)

翌朝、チェックアウトギリギリにロビーに降りたら、選手の出発とかぶった。

ファンゾーンじゃないし、選手の性格も出る。東がやけに可愛い笑顔見せたり、丸もニコニコしてた。平山が意を決したような顔見せたり、バーンズィの日本語がうまくなっていたり。ほとんど 同じことしか言わないけど反応は様々。一夜開けてるからもちろん、「つぎのホームは絶対勝つぞ!優勝諦めねーぞ!」だけ。ムリキは物静かで通訳の飯野さんもいなかったから、伝わるか知らんけど、英語とポルトガル語で挨拶して。昨日の姿を見て次々こそ勝つのは東京!と話した。そして東京にきてくれてありがとうをね。写真はムリキとバーンズィとコータとだけ撮ったんだけど、ムリキ笑顔だった。

監督にもしっかり声をかけた。コーチ陣もそっちのがナーバスだったよ。
それはそうだ。ハピや駒野は期待した結果が出なくてレンタルになった。過去ない厳しさ。
思うような結果が出せない現場の首脳が許される?そんなわけないと思う。

冷静に考えたら大変な仕事だよ監督なんて。デットラインはいつもそこにあるのだから。

ここを何とかみんなで乗り越えて駆け上がりたいのです。

さて、週末にセカンド開幕する人も多いと思う。
悪いね、気持ち良く連勝!としたかったけど負けちゃった。

ホームで勝利を目指す、最高の応援をしましょう。


image

image

image

image

image

image



翌朝
image


tokyo_la12 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 01, 2016

セカンドステージ快進撃に向けて‼️

前から熱く東京を応援している男にあった。

彼はヨーロッパの頂点の戦いを見て

レベルが違うことは百も承知だがああいう心が震えるサッカーを東京で見たい

2-0で余裕で勝ち逃げるサッカーを相手が嫌がることを平気でしてでも勝たなければいけない。と怒っていた、いや、嘆いていた。

(ぶつかってもいないのにシャツをめくり、レフェリーにさもひどい目にあったのだと哀願し 流れを引き寄せるような愚行をしてでも優位な流れを引き寄せることをなぜしないのかと。戦術うんぬんではない、個と個の戦いを優位に勝ちに行くことをしなければいけないのにしない)

うんうん、ユーロと技術云々比べるのはナンセンスだが 精神的な部分はやれるよなーと。

彼は一度東京を地獄に落とした男を再び就任させた フロントが明確なプランを発表しないことに怒っていた。

確かに僕もそうだった。

何が聞きたかったかというと チームの覚悟だった。再び、彼を選ぶことにしたのは こういう理由です。我々は覚悟を持って挑戦します。と。ここは一致した。

僕はその発表がないことにイライラしながらも ACLプレイオフに勝利し、リーグが始まり、ACL本戦に挑み、応援するしかない!と腹を決め、監督にコールに応えてくれたら僕らは元気になるのだから、聞こえないふりしないでくれ!と言いに行き、ここまできた。

明後日から覚悟のセカンドシーズンに突入する。多くの人は自分が行く甲府戦から と思っているようだが。まちがいなくこの週末から始まる。

みんなが指摘する 交代するたびに弱くなる

という部分は簡単に解決する。

スタメンはまちがいない とみんな言っていることになるのだ。

であれば、答えは簡単。監督の選ぶ、先発はまちがいないのだから、90分それでいくべきだ。

アクシデント以外 プロとして契約した高い金をもらう選手が90分持たないなどという
クソみたいな話はシカトしろと。走れない、そんな奴はクビにすればいい。

その判断のために強化部がいるのだ。

こういう甘えがメンタルの弱さを生む。

0=2で勝っているのに負けるかもなどと考える選手は例え、代表だろうと外すべきだ。
チームを弱気にするやつより、親善大使の方がいい。


次の試合に疲れが とか甘やかすことはないのだ。それに耐えれない奴は次の就職先を探せばいい。

スパルタ東京 開幕。

プロと名乗り、頂点と口にしたなら、たどり着けようがつくまいがその姿勢と過程を
はきっちりと見せてもらいます。

そして青赤のユニフォームを着ること を今一度考えてもらいたい。

新しい歴史の扉を開くために そこにいることを その覚悟をピッチで見せてもらいたい。


そして、それは我々も同じだ。選手にだけ覚悟を求めて済むわけがない。

求める分やって 初めて対等に文句を言える。

汗ひとつ書いていない奴が野次るのと
汗びっしょりで本当に絞り出すように訴えるのとは別物だ。

受け手にどのくらい響かせるか。そこだろ?SNS何ぞ、普通、選手、監督は読まねーよ。
自慢じゃないがここを読んでくれてる選手、チーム関係者はいる。これは事実だ。俺の力不足で、全員読んでる!と言えないのが悔しいが。

できない、やれない は もういいよ。
やるしかないからやる。
勝つしかないから勝負する。

結果は結果だ。たとえ、裏目に出ようと 俺の東京が全力で出し切ったら、何を怒るんだい?
全力を尽くさず敗れたのならいくらでも罵倒すればいい。汗ひとつかいていない奴の声など、心に響くわけがない。少なくとも俺が選手ならそう思うから。

結果の数字しか見ないで騒ぐ奴らに合わせるのはもう終わり。テレビの前で手に汗握ってるならまだしも、結果を見ないようにして録画を楽しみに家路を急ぐなら、まだしも。数字だけ見て 勝った負けた そんなのクソだろ?時間が許す限り、スタジアムで愛する東京を信じてともに闘おう。それしか、僕らにできることはないのだから。

俺はひとりでもビクトリーロード進む。

過去、絶対に出ることはないと言われた日本代表と共に闘いワールドカップ出場を掴み、数々の夢のような時間を現実にしてきたんだ。弱気になる理由はさらさらない。みんなでタフに強くなるしかないんだ。

ゴール裏を離れた男は 今シーズン確かに応援は 飛び跳ねたり、アクションしている人間は消化試合でも増えている事実があると言っていた。ACLの上海のホームの時は人数は少ないのに物凄い迫力だったと。

ここで俺がほざいていることは じつはもう でき始めていることばかりだからね。

いつも当たり前のようにみんなが口にしている歌の言葉の意味をいまこそ嚙みしめるときだ。


歌を作る奴らの言葉に込めた想い。

なんとなくな言葉を並べてるだけじゃねーぞ。

強い想いを理解して口にしてるかい?

さあ、セカンド 鳥栖に来れない奴は次のホームを全力で。

鳥栖まで行く人は言わなくてもいいよね。


楽しむときは目一杯楽しんで、食いまくって飲みまくれればいい。
ふざけて笑い飛ばして最高の時間を過ごそう。

そして そのあとの90分+αの時間 東京と共に闘おう。

おお、俺の東京 今日も行こうぜ、勝利目指し、
行け行けよ、東京。いつも俺らがついてるぜ、
誰がなんと言おうと 周りは気にするな
自分を信じていういれば、勝利はついてくる。

ハジけよう飛田給負け蹴るわけがないさ
闘え俺の東京 今日も勝利を信じて
ハジけよう飛田給 負けるわけかがないさ

闘え青赤 俺たちが東京
世界を目指して 荒れ狂え
Vamos Vamos TOKYO x3

ナナナナーナ ナナーナ ナナーナー
青赤軍団荒れ狂う
ナナナナーナ ナナーナ ナナーナー
負けじと 俺らも荒れ狂う

東京よ、東京よ、
迷うことなかれ
東京よ 東京よ
思うままにいざ進め!(東京 東京)

さあ、やる気になったかな?


セカンドステージ はっじまるよー!

image













tokyo_la12 at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 29, 2016

U-23東京 グルージャ盛岡戦 リオメンバー入りを目指せ室屋、しょうや

FC東京U-23vsグルージャ盛岡

東京U-23ホーム初勝利。落ち着いてきた観客数。流行りで押しかけた人も落ち着く最下位対決。

西が丘で 残念ながら 下位同士の対戦とはいえ、東京はリオ候補の 中島選手、現グルージャ盛岡の神川監督の明治時代の教え子となる室屋選手が怪我明けの2試合目の出場。長野で行われるリオ候補の座を奪うために全力のパフォーマンスを魅せてくるだろう。水沼選手、吉本選手、野澤選手らを起用。

試合前、前々東京社長の村林氏のお姿が。ベトナムでお会いして以来だ。すごいよね、ACL来ているんだから。本当に頭がさがるよ。

どうしても僕の幼馴染の神川の作り出すサッカーが気になるわけだ。そして我が東京との公式戦。神川とはガキの頃から一緒にボールを蹴り、日本代表などを応援しに行った仲。サポーターあがりの貴重な監督である。

序盤、怪我明け2戦目ながら 2枚3枚に囲まれつつ突破を見せる中島選手、右サイドを駆け上がる室屋選手の圧倒的パフォーマンスを魅せつけ、早々に室屋選手が放ったシュートをユインス選手が押し込みゴール。となった。室屋は怪我明け2試合目と思えないパフォーマンスを魅せる。

その後、つなぐサッカーを展開し始めるグルージャ。

SBの飛び出しからバー直撃の惜しいシュートも飛び出すグルージャ。


時折、グルージャも神川明治のサッカーの匂いはするものの 圧倒的運動量、惜しむ事のない無駄走り、有効なパスを引き出す2枚3枚目の動き、いい守備からいい攻撃はまだ習得していないグルージャ。あるいは 頭の固くなったプロとはまだまだ呼べないJリーガーには 出来ないのであろうか?半年経っても体現できない事実。学生はできていた事実。素直さと必要ないプライドの闘いが容易に想像できる。
もしかしたら室屋をはじめとする東京が徹底的にやり込めて初めて気がつくのではないか?
長友を育てたとかなんとか とか ジャイキリのタッツミーの最初の頃を観るような目で選手が神川を見ているのではないか?神川明治の基準は 長友、室屋なのである。自分たちのレベルが遥かに低いことを認識して始めて始まるのではないか?

勝利することによって自信を持つしかないのはどこも同じである。
どこに本気をあらわすのかが勝負の分かれ目かもしれない。

彼らは自分たちのプレイに自信を持ち、信念をもってピッチに立っているようには見えないのである。彼らはどこを目標に持ちピッチに立っているのか?本気でJ2昇格を目指しプレイしているのだろうか?全力で思い切りチャレンジする姿勢を持つことが待たれる。これと同様のことは東京にも言える。彼らの目標は何か?このJ3参戦の目的はファンを喜ばせることだけではないのだから。

あの中にひとり 神川の熱を伝えるキャプテンシーを持つ選手がいれば。 どん欲にゴールを目指すFWがいれば、このチームの歯車は大きく動き始めるだろう。


東京は参加している強化指定やU-18の選手には素晴らしい経験の場であることは明白。
トップの選手には逆に難しく厳しい修行の場。彼らはやれて当たり前の目で見られるからだ。相手の技量を瞬時に判断して この試合を 手を抜いてこなしている ことを凄いというべきか。そこを応援でごまかさず、手を抜いてんじゃねーぞ、もっとやれるだろ!と違う応援できるかも大事。ファンとしては局面局面での圧倒的なプレイを見せつけるべきではないかと思うけど。つまりはファンも育成目線、育成応援を意識しないといけないのだと思う。

あのピッチに立つ選手の目指すものはなんなのかを考えないと参加した意味が薄れるよ。

後半終始圧倒する攻撃を作った東京。怪しい判定のPKを蹴るのは中島。GKのナイスセーブで得点ならず。

中島、室屋が交代でピッチを去った後は タスクのスピードショー。あのスピードはスタジアムで見るものを十分に引き寄せる。あとは冷静につなぐ、的確にゴールに流し込む技術。野澤選手はもっと堂々とプレイすべきである。そのプレイは見違えるように良くなるはず。彼はもっとやれる選手。今の状態では彼の笑顔はヘラヘラしているだけととられかねないよ。90分のプレイとなった水沼選手。CKなど見せ場は多かったが彼に求めるのは貪欲な姿勢。彼の技量全開ならば2,3ゴール楽々と叩き込めるはず。ここでそれが出来ない奴がトップで何やれるの?くらいまで思ってしまうのが僕のサポーター目線なので。
このリーグの東京は結果が全て ではないのだよ、東京のJ3は。自分の持ち味をいかに高く見せるかの場でもあるのだから。

そういえば、城福監督も来ていた。しっかり挨拶はしておいたよ。あとは手倉森監督の使者もね。

もっと貪欲なゴールを奪い圧倒的な力の差をグルージャに見せつけるべきであった。それがグルージャの選手の向上につながるはずである。

試合は1-0で東京の勝利で終わった。

怪しいジャッジのレフェリー、線審の技術向上も大事だと強く思われた試合は終了だった。
育成年代が曖昧なジャッジにさらされるのは耐えられない。大学生リーグのときも強く思うことの1つ。

それにしてもこういう試合を経験出来るU-18の選手たちはラッキーとしかいいようがない。

肉体的に厳しい日程ではあるが あの年齢の世代での経験は飛躍的向上につながるし、同じ年齢の他のユースチームと圧倒的な差になるのは間違いないから。そして、東京のユースに行くとJ3を経験出来る というのが武器になり より多くの才能が集結することにつながる。少なくともJ3参戦を実現したおおがね氏は賞賛されるべきである。

今後の両チームの成長が楽しみな戦いであった。が、この試合の価値がこの入場料に見合うものなのか謎だし、トップの次節ホームゲームチケットの宣伝、販売が目のつくところに全くなかったことがとても気になったのは事実だ。この戦いがどこに続くのかをはっきりしておかないと。

トップに出れない奴らの場所ではなく、トップを目指す奴らの場所なのである。

他の奴のことは知らないが 僕はJ3の彼らに声をかける時は 「早くトップで試合出ろ❗️」である。味スタであなたを最高の応援が待っているぞ!なのだ。

僕としては、金を払ってここにきていることがJ3ではすでに最高の応援なのである。

クソ偉そうにいえば。皆さんにこうしろと言う意見ではないょ。こういう見方もあるのですというお話。

試合後、神川監督を囲む会に混ぜていただき、久しぶりに話し飲んだ。
サポーターとしての僕の意見は彼のチームを持ち上げることはなかった。
正直時間のかかっているであろう原因の話が一致しやはりね。という気分になっただけだ。
そうそう、そこに橋本拳人選手を育てたコーチもお見えになっていて いろいろなお話をすることもでき有意義な時間を過ごせました。



image

image

image

image


image


image


tokyo_la12 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 26, 2016

1st ステージ 最終 ヨコハマ

早くもACLを合わせて 26試合をこなした 2016ファーストステージおっしまい。

今日も思ったけどさ、最近熱心に応援する人の数は圧倒的に増えたよね。
試合中見渡すじゃない、応援作り出す 心臓 な場所にいるから。
ここから見る風景は大きく変わってきているよ。

手拍子のトウキョウコール1つにしても 確実にすごくなってきているのが事実。

SNSで 監督が批判されようと この数試合 勝てないつまんねえ試合でもさ、スタジアムでの応援は熱心なわけじゃない?で、あきらかにすごくなってる確信が俺にはあるのね。なんでかって?選手と相手チームのサポーターに言われたからだよ。同じ場所にいたらわからんでしょ?どんだけ感じるものがあるかなんで。伝えるべき人にビリビリ伝わってりゃいいわけ。その余波を感じるのが相手のファン。そこから言われるようになってきてるのは事実。勝てないこの数試合の話だから。勝利と敗戦はわずかな差だからね。

いつまでもマスコミ向けに言わされてる言葉や決められた挨拶なんて俺は信じないのね。
俺は信じられる仲間と信じられるピッチで戦う仲間(残念ながら全員ではないよ。悔しいけど今はね。)とともに作っていくしかないので地道に増やしていくしか道はないから。だから、行ける試合を全力でやって見せるしかないの。他のやり方わからんから。暑苦しいめんどくさいやり方の奴が一人くらいいてもいいでしょ。

数年前、俺はスタジアムを揺らすような応援にしたいと言って 無理と笑われた。でも、それを体感出来る瞬間は当たり前にある。

仲間にさえ、手拍子の応援も合わせられないのがいまのファンと言われて、東京の応援作る奴が 集まるファンの底力を信じてないのにムカついてSNSで呼びかけたら、すぐできる。いまの状態じゃん。

ポテンシャルは高いのにできない。

やればできるのにやらない。

ほら、チームにそっくりだろ?

だから、先にこっちを変えて チームのケツ蹴るしかないのね。

そうすりゃ必ず変わるよ。チームも。

これは俺が自分の経験から感じてる事。

間違いなくいい方向に行けるし、行く。行かせる。

ヨコハマ戦は 最後まで走りきってゴールを奪った事がすべて。
どんどん良くなってる19歳の小川がいいボールをあげて
平山がきちんと決めた。それだけの事。でも、スタジアムで応援してたら最高だったよね。
テレビの前でどのくらい最高か俺はわからないんだ。いつもスタジアムにいるからね。

SNSでさ、来ない事を必死に言い訳したり、するのあれ、いらなくない?仕方ないじゃんね。あと自分が来た試合の勝敗だけを語る奴、お前の都合の勝敗なんて知らねーよ。
応援してんなら応援してりゃあいい。優勝したければ、もっとシンプルに行かないと。
シュート決めたきゃ こねずにダイレクト。今はね、それが1番決定率が高いの。止めてこねて置きなおして決めれる事はまずない。

応援も同じ。理論、評論こね回しても 仕方なくない?

交代が良くない 交代ごとに悪くなるってさ、スタメンは当たってるって事だろ?
だったら、伝えてやれよ、監督に。スタメンはいいのだから、ビビって変えないでくれって。それだけの事でしょ。そこをSNSに必死に書いても読まねーから。いつもスマホ握りしめてる自分らと一緒にしちゃダメ。










このわずかな期間にアジアを飛び回り いやー楽しかった。

9位 と言いつつ あと2つ位勝てば あーだこーだガタガタ騒げない順位だったのにね。
相変わらずのどんぐりの背比べリーグ。だからこそ、チャンスがある。セカンド本気でタイトル取りに行くと言える。

結果、全部の試合に行ったわけですが、勝っても負けても東京はいいよ。それに尽きる。
行ったから偉いとか偉くないとかどーでもいいのね。んなのはとっくに終わった話。
だって俺はそこにいる事が当たり前なんだから。

ともに戦う中に生まれる絆を大事にしていく事の方が大事。
なんで、2年、3年しか見てない人、たまにしか来ない人の基準に合わせなきゃいかんの?
仏の顔もサンドバッグ。

おっさんばかりと マスコミやネットの情報を馬鹿みたいに信じてる方が多いけど、
若い子たちめちゃ増えたよね。真ん中の心臓部の周りも。

いまだに したり顔で 爆心地とかいう雑魚サポーターもいるけど、完全に言葉を間違えてるよ。恥ずかしい事ですよ。その言葉を得意げに言う人を雑魚だなーと思ってる中心にいる人は割と多いから気をつけてね。真ん中面して使う人多いから。そんな言葉誰も使わないんで!だいたいグラウンドゼロな訳ねーだろ。馬鹿か。雑魚ライターのせいであれに関してはいい迷惑。張本人のゴトーくんにも言ってるけどね。あれはねーよと。

セカンドとれば、ファンは爆発的に増えるから、今のうちにやれる事やっておかないと。今いる人が基準になるのだから。基準あげとかないと。応援して当たり前。飛び跳ねて汗かいて泣いて笑ってが当たり前。勝たせる応援当たり前東京にしていかないと。



ソシオとしてサポーターとして物申す 方ほどスタジアムには来られない。


しかし、ムリキは
本当にうまい。何がうまいってさ、やはり
あの優しいパスに尽きる。実際にサッカーやってる人ならわかると思うけど。

相手の事を考えない無理 なパスが横行する中 基本というべき 次のプレイを考えたパスを出せる事は ありがたいよ。この短い期間に東京に合わせてきたのはさすが。

ハマる選手もいれば、ハマらない事もあるのがサッカー。
ハピは残念だけど、期待したACLは試合直前に怪我。
その後もゴールに迫る活躍が出来なかったのが痛かった。
皆さんが言うほど 感傷に浸る気になれない。だって期待のACLで貢献できなかったのは事実。リーグも1試合だけでしたね可能性を感じてウキウキ出来たのは。(人としては別。)

だいたい、マスコミとファンが憶測でチーム作りの中心に と言ってるだけ。
ディレクターは使えなきゃ使わないよ。あれだけ使って答えられなかったのが事実。

優勝目指すのなら心は熱く頭はクールにならないとね。

というわけで ファーストお疲れ様でした。

いかない奴多いけど、すぐセカンドはじまーるよー!

あ、そうそう、7/13の福岡 身体が飛行機がダメという 一生懸命応援するヤングがいてさ、
クルマで行きたいんだけど、みんな飛行機で。と相談されてね、俺も俺で行くのにまだ飛行機のチケット取ってなくて、九州毎回嫌になる程クルマだから 嫌だけど、どうしても試合行きたいと 言われたら いくしかねーだろと。で、さっきツイッター通して顔見知り1人増えてあと2人乗れます。つまり平日福岡クルマで行く人募集。交通費でかかって13000位だと思って。運転はできなきゃしなくていいです。12日の夜に出てのんびり向かい ゆっくりして 試合を熱く応援して 14日の夜までに東京に戻るツアー。NGは風呂嫌いな人と俺の事が無理な人かな。車内で寝てるとスタジアム着きます。女の子ももちろんOKです。tokyola12shop@yahoo.co.jpにご一報ください。ドタキャン禁止一部負担してもらうよー。

是非、よろしくお願いします。


image

image

image




消化試合のくそゲームでしたが2ndに向けて熱くなって応援していたため、ユルネバと平山が決めたあとと選手挨拶、秋元シャーしか動画撮れなくて。アホみたいに状況考えずになんでも取るわけじゃねーから。そこ間違えたら ダメなとこでしょ。

















tokyo_la12 at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 23, 2016

アウェイ 浦和戦

1つのヤマとして勝ちたかった浦和戦。ムリキ覚醒の初ゴール、ケントのリオ確定するような追加点で前半0-2とリード。しかし、忠成いわく 奇跡の逆転 劇 となり、マキノ、マキノ、忠成に後半3失点し敗戦した。東京ファンにはいつもの勝てないだったが彼らには奇跡だったようだ。

後半の頭のムリキのポストに嫌われたシュートが悔やまれるよ。



♪イェーイ!めっちゃムーリキ
ウキウキの夏希望
イェーイ!ズバっとムーリキ
ノリノリで恋したい!(あー)
(動きはあややというより、はるな愛の暴走モード)

やっとムリキゴールで解禁。これからガンガン歌えそうだ!


僕は昨日の東京ゴール裏 は見渡す限り僕は良く戦ったと思う。
よく飛び跳ねて声だってよく出てた。嬉しかった。応援してんのが当たり前な空間だった。
できないと言われたことが当たり前になることが嬉しいよ。若いファンも多くなったよね。
だからこそ、掴みたかった勝利だった。

たださ、2点で自信を持ってさらにゴールを決めて浦和に勝てると心から思っていた人はどのくらいいたのかね?点取られてああやっぱり。みたいな人もいたと思うのですよ。やられて安心みたいなね。その辺りを我々ひとりひとりが変えていかなきゃいけないとこだと思う。
俺たちが東京信じなくて誰が信じるのかって話。

マキノと忠成にゴールされて跳ね返されたのが
勝利への思いの強さ で負けたようで そこ だけは悔しいよ。
彼らが決めたのも楽々なゴールではなかったからね。

今頃、交代云々采配のことを声高に叫ぶ人もいるけど、あのやり方、今始まったことではないだろ。それもコミで迎え入れたのだから。

就任当初 チームフロントに 僕がここできちんと任命理由を説明すべきと書いた時に 何言ってんだ みたいに言っていた人 が辞任解任SNSで叫んでんだから笑うわ。否定したことすら覚えてないのね。流されやすい人達にうんざり。

今さ、数字だけで見ると、マッシモの1年目の成績より少しいいくらいだよ。2014は12戦12敗10分。今年はACLがあったから比べらんないけど、そこを足すともう少しいいペースかもね。


勝てないとSNSでみんな騒ぐけど、ガンバ戦以降 3引き分け1敗。

そんな目くじらたてる成績かな?
何試合負けなしとかの時とそんな変わらねーよ。
あんときより全然イラつかないもん。

平日にわざわざ浦和にいったのに負けた とかさ、ちいさいこというな。
わざわざ平日に上海で負けてますけど。
わざわざドイツでも負けたとか仲間がかましててウケタ。

嫌なら、どうぞどうぞ、お休みください。

俺らはいつも通り東京楽しみますから。いつでもどこでも。

勝とうが負けようが 東京があることがまず喜びなんですよ。
でしょ?
もちろん、勝てばさらに嬉しいわけですよ。汗かいて応援してる分もね。
みんな人それぞれなんかの縁で青赤な訳でしょ?
それがない人よりめっちゃ幸せじゃんね。
好きじゃなきゃ負けてブーブー言わねーだろ?
文句言わなきゃ耐えられなきゃ 少し離れてみればいい。
それまでなら それもまた人生。新たに魅力を感じる人はくるし、
人なんてタイトル取れば爆発的に増えるんで。そういうものですから。

そして本気でタイトル狙おうとなった。リミッター外しますよセカンド。
本気でいいんだよね?遊びじゃないよね。



試合後、共に戦う ピッチで闘った仲間から連絡もらった。

「申し訳ない。本当に情けない。応援を感じて今日こそ勝てると思いましたが…。」

セカンド本気で取りに行こう と伝えた。それしかないもん。

それで、すべてを跳ね返すしかない。

選手たちも我々以上に悔しい思いをしているのも事実。

みんなが敗因と責める監督もね。

そこ わかっとくとこ。その上でやってください。

(そんなコメント公式に出てない!とか知らないよ。僕は僕の信頼してもらえるサポーターの世界がある。あなたにはあなたの世界があるのと同じです。)


ピッチに立つ今のメンバー達は本当にわかってますから。
(その彼らに金返せと言ったりしてるのですよ。)

しかし、急に交代した徳永心配だな。あんな変え方アクシデントがあったとしか思えないもんね。あれをあの采配とか言って責めた立てた人はちょっと自分が放った言葉のことを考えるべきかもね。







image

image

image



La12shopドライフィットシャツ初回入荷分 完売いたしました。
ありがとうございます。スタジアムで着ていただけることが何より嬉しいです。



確実に手に入れたい方はご予約をお勧めいたします。

tokyola12shop@yahoo,co,jp 宛に 「新たなる東京の冒険T」で

お名前、電話番号、ご希望サイズを明記してお送りください。

サイズはXS S M L XL 2XL 3XL 4XLとなります。XS-2XLは4500円

なお、3XL, 4XLは 5000円となり、ご注文いただいた分のみの生産となります。

6月25日までにご予約メールをお願いいたします。

熱い夏、新たなるステージの闘いのために デザインしました。
セカンド本気で取りに行こう!というシャツです。

image

image




tokyo_la12 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)