May 20, 2018

消化試合 ルヴァン・カップ ホーム仙台戦

ルヴァン・カップ予選 「消化試合」 仙台戦


Jリーグ25周年 開幕の国立のカクテル光線、満員の国立 忘れられない。あの時、俺にNHKの番組の密着が付いたんだよ。 笑。どちらのチームのファンでもなく、ただ、日本のサッカーの夜明けとも言えるプロ化 をただただ嬉しく思い 打ち振られるフラッグに高揚していた。鳴り響くチアーホーン。新しい時代にワクワクしてスタンド席でみていた。今思い返しても昨日のことみたいだ。僕はJリーグがなかったら というより 日本代表がなかったら というスタートなんだよね。日本にプロサッカーができた!という喜び。そのとき生まれたJのサポーターというものを傍から眺めていたはずなんだけど、ドーハで1番熱いサポーター 各チームのボスが多数参加したツアーにいたせいで メキシコ大会を逃した時に打ちのめされて抑え込んだ応援する という心 に火がついてあっという間に25年。全く大したもんだ。よくも飽きずにだよね。フットボールだけは俺を裏切らない。


あれから25年経って再び、応援てなんだろうなって思う試合となったのが今日。


先日の新潟で今回のルヴァンへのチャレンジは終わった。


今日はピッチに立つ選手たちのこれからの自分にチャレンジする試合となるだろう。


でも、いつものと同じように僕は応援する気持ちにはなれなかったし、多分いつもと同じように応援するだろう場所に居たくなかった。

だれがなんと言おうとこれは俺には消化試合でしかない。

そうさせたのは彼らだ。彼らがなんとなくやった45分で逃したのだ。

また、一年待たなければカップを掲げることはできない。


意地見せろ!


意地を見せるべきは新潟での試合とか すべてに突っかかってしまうだろうから今日はあえて離れた。


新潟で俺にとって 真剣勝負の場をターンオーバーだから出番が来たくらいに思っているであろう選手がいたことも衝撃だったのかもな。馬鹿かと。


その日ピッチに立つのはその日の俺の東京のスタメン。


たしかにターンオーバーかもしれない。でも、これからの闘いの戦力としてトップに食い込むチャンスであると同時にメンバーが固定されて行く中での貴重な戦力アピールの場所への扉を自ら閉じる事になったのがとにかく残念で仕方ない。そのくらい酷い前半をやらかした新潟戦前半のメンバー。


決して勝てない相手ではなかったから。


勘違いしないでほしいのは どんな試合でももちろん応援はする。

ただ、今日 いつもと同じようにする気にはなれなかっただけ。

いつも通りの歌が歌われるだけで嫌だなーと思ってしまう自分がやはりいたから。


シャカリキに全力を尽くし新潟でこのカップにかける気持ちを込めての応援はしたきた。何を今更なんだよね。


こういう気持ちってあまり理解されないだろうな。いろいろな考えもあるだろうし。誰かに相談することもせず 自分がどう応援するかを決めようって思ってスタジアム向かった。


もちろんピッチに立ちトップ出場を目指す選手は応援したいけど。


ユルネバが歌われるスタジアムへ。


試合は見たいよ。

仙台は負けるわけにはいかない試合。

その相手にどこまで挑めるのか。

東京らしく意地悪出来るのか?


ほぼこのあいだのメンバーというのが熱いよなケンタ。

奮起を期待しているのも事実。


前半は コンソールで見ていた。


色々と 俺のとは違うなって思いながら。

入り込んでこんなんじゃねえ!と不機嫌かますのも違うし、

自分で何か考えてりゃ良いけど、人にやらされてたりとかしてんだろーなとか思うとと また 不憫になるのも俺だし、ムキになって なにが?って顔されて不機嫌なるのも俺だし。


支えなきゃー はわかるよ。

でも 気をつけないと いや 気をつけてても ホント陳腐になるから。


普段の必死の応援がなんなの?ってなりかねない。


ふざけ倒しながら 頑張る選手を応援するとかが今日やりたいこと。

いつも通りの歌を歌っての応援は今日はしたくもない。


いつでも応援している と似ているけど違うから。


でギリギリまで考えて いつもの場所で見んのはやっぱやめた。

だれにも相談してない。普段あそこで踏ん張ってアウェイでも必ず合うやつといろんな場所であった。みんないろいろ考えちゃってたんだな。


俺がいようといまいと そんなに変わらないことも知っている。もちろん

でも ニヤニヤヘラヘラの中にいたら 気が狂いそうに噛みそうになりそうw



そのくらいナーバスな事態って言ってもこんなのオタクにしかわかんないかw

この気持ちわかる人 !キミもオタク決定w


試合が始まる。タケフサ苦しんでるな。でも、これを乗り越えたらもっと強くなれる。ケーマンにはもっともっと周りを鼓舞してもらいたい。この間みたいな咆哮見たいさ。話しかけてるけどうまく伝わらない?マコとリョウヤ新潟の時と変わらない。イライラを通り越して心配になる。リョウヤどうした?マナトは頭から全開だけど、連携に苦しんでいる。おい!リッピしっかりしてくれ。


押し込む良い場面もあるけど。仙台を後ろから支えるリャン。カジヤマと同じ対比で見てしまう。あいつムカつく笑いいチームコントロールしてる。


何が歌われるのか それが正しいか正しくないかなんてわからない。

でも、今日はどうやっても陳腐に感じている俺がいる。それだけのこと。何でもかんでも応援しなきゃ なんて事はない。こんな試合でもみんなで応援しよう!をやるべきなのかもしれない。彼らのように。


しかし、こうなることを招いた選手に いつでも応援があるのが当たり前 とは思って欲しくない。そこが1番なのかも。サッカーエリートでプロになった人達。

常に応援されているのがあたり前。

でも、応援されるのって当たり前じゃないから。

でも、今日もふつうにやっちゃうことで当たり前と思われたかもなー。


何でもかんでも騒いでいる人達。

そう思われていてもおかしくない。

渋谷でハイタッチの人たちとなんの区別がある?


これから積み重ねる中で伝えて感じてもらうしかないもの。


おまえらの応援がチカラになる。昔、ゴンさんにまじまじと言われたあの言葉。それが俺の応援の全てなのかも。そういう選手と出会いたい、そうなってほしい。それを伝えたい。


そう信じていまもここにいます。


それが目標に向けてひた走る俺の東京の一員だから応援するのだ。

長い間言ってきた パスアンドゴー、仲間を信じてひた走る、諦めず闘う。


トップにやれて彼らにやれないはずはない。


ターンオーバーだから 出れる の言葉 本当に突き刺さる。それでも出てないやついますけど!仕方ねーよ今の実力と評価だもん。でもさ、ここで 諦めずに周りのメンバー信じてお互いを高め合う事って大事だと俺は思う。みんなでトップメンバーに挑む!それくらいやんなきゃ。


前半、から回る東京。


手を抜いている選手はいないはず。でも、うまくいかない。新潟でも見た。まるで去年の東京。オウンゴールで一点を失った。


やはりどの歌も悲しく言葉がから回る。


シュートを放った選手より起点になった選手を褒め称えていたのがカッコよかったんだけどな東京。


頑張れをもっと伝えよう。


仙台寄りのバックスタンドとゴール裏のがら空きの場所を目指す。


座って でかい声で 一点を奪い返すために 闘う選手へ頑張れ!もっとやれ!やれるぞ!を伝えよう。バックスタンドで顔見知りのボランティアの人に驚かれる

いやー初めての風景。タコライスとかある海外のスタジアムに来ているみたいw



ゴール裏ってあんなに光量なんだないろんなことを思う。

やるべきことってたくさんあるなあ。さらに魅力的な場所であるために。


タスク、たいちが出てきた。

必死に頑張ってたキイチお疲れ。


タスクは勝負の年。最後までおってくれケーマン。その追込みで相手がミスる。これがある。無駄なことなんてない。大きなストライドでタイチが走りまくる。

この必死な姿勢。応援したくなるよな。


タスクもっと行け! タイチ頑張れ!ケーマン諦めるな!リョウヤサボんな!おまえそんなもんじゃねーだろ〜!マナトもっと行けー!カジヤマ〜ー〜!


あと少し今日は負けられない日だ と聞こえて来る。うーん。応援て難しいよな。ただ騒いで勝った負けたと楽しむのも応援だし、買ったらわーっとハイタッチ、負けたら憎々しげにブーイング。ヤマとキイチがジャーン巻きでよく踏ん張った。


お!同じことを考えたのか 数人の見知った顔が集まる。まあ、そんなもんだろう。


幾度となく仕掛けるけどゴールが遠い。


マナトが我慢できずにドリブルで突破突破 シュートは打てず!そのチャレンジいいよ!タケフサとマナトはアイコンタクトなしで作れるね。


タイチの大きい歩幅からひたすら追う、走る、仕掛ける。


吉本が柳と交代。柳 攻撃つくれっからな。年代別代表だもん。

吉本 悔しいだろうな。ここで諦めたらダメだぜ!ひたすら食い下がるしかねーぞ!


後半 少しだけ 希望が見えた。自分たちに何が足りないのかわかっているといいけど。


どーせターンオーバーなんて言っている限り道は開けない。


今のトップの東京を見ているからこのくらいやってくれないと物足りない。

止まって受けてるだけでは トップに食い込めないぞ!もっと頑張れ東京!


試合はこのままタイムアップとなった。


消化試合 煮え切らない?そりゃ消化試合だもん 仕方ねーよ。



さあ、次は河野、秀人、マッシモとの対決。

ここしっかりやんねーと話にならねーから

スタジアムで会える人もそうでない人も

気合い入れて試合に臨みましょう!


俺もいろいろ考える時間にしたよ 消化試合。

(天皇杯 相手は失うものがない。ちんたらやったら喰われるぞ。どんなメンバーでも 東京の誇りかけて闘おうな)


挨拶にケンタ監督が加わっていた。笑顔で引きつった顔の選手の肩を叩いたり、頭を小突いたりこの監督 責任を選手だけに背負わせないところが好きだよ。

清水の頃から 節目の試合を落とすと こうだったらしい。

サポーターのこともしっかり観察してるって話だよ。

君はどんな風に監督と選手を迎えたんだい?


グズグズすまんな。ルヴァン・カップ取るにはまた一年待たなきゃいけねーんだよ。グズグズもしたくなるさ。


IMG_7314


IMG_7179
IMG_7192









tokyo_la12 at 08:45|PermalinkComments(0)

May 15, 2018

豪雨 なのに好勝負。札幌戦。そして ルヴァン仙台戦は消化試合…

なんじゃこの天気午前中

晴れてたじゃんねぇ。酷すぎるわ。


2位と3位の ある意味 夢のような対決。良いコンディションで見たかったよね。

あの後半の大雨を感じさせない白熱のゲームをした両チームには拍手ものでしたけど。良いコンディションならもっとみんな熱くなれたと思うんですよねーあらゆる意味で。


(まさか東京と札幌がこんな争い演じると 予想した みなさんがご参考にしている評論家や記者が一人でもいただろうか?ま、そんなもんですよ、専門を名乗る方々だって予想もできないわけで。ましてや スタジアムにも来ないで語る評論家なんでさらに信じれるわけがない)


24000人が食い入るように見つめたゲームはスコアレスドロー。


そこの闘いをみせてくれた選手たちには感謝です。スコアレスドローで雨でもいまの東京と札幌はこれだけ飽きさせないゲームをやれること。最高でした。

1つ2つの東京のゴールシーンがあれば さらにみなさん燃え上がったはずなんですけどね、帰りの雨も気にならないくらいに


今日だって本当は勝利して 広島に一歩でも近づきプレッシャーかけたかったけれど あの天気であれだけ闘った東京に文句など言う気にもなりません。せいぜい我々と違う絞り込んだ体脂肪の体、風邪を引きやすいので早くケアして!ということくらいですかね。余談ですが ゆーとは 体脂肪率低すぎて年中 お腹ピーピー野郎で試合の時 苦労してたんだよ ここには書けない状態だったこともあるらしい。笑 鍛え上げた者のみが知ることもあるわけで。


スコアレスドローの決着は8月アウェイできっちりつけましょう。当然勝つのは我々なんで。予定では首位東京対札幌なので。その時は厚別にならなきゃ 雨関係ないから。クッソ暑いんだよねスタンドの空調は。ピッチは最高らしいけど。


ゴール裏のサポーターなんぞぬれようがなんだろうが 好きな試合雨ん中見にきてんだから覚悟しなよはわかります。でも、雨に打たれるから偉いとか偉くないとかどーでもいいっす。


そりゃ気持ち、気概、前回それでうまくいっかから ゲンを担ぐ、選手が濡れてんだから我々も 


そう言いたいのもわかりますが、サポーター、ファンはお金を払い、時間を使いこの時間を過ごしにきているので どっちがいいとか 偉いとかないですね。

屋根の下で濡れないとこといっても 飛び跳ねて、大声で とかタイコとかやっていると太鼓の場所は吹き込んで濡れるとこだし、それでなくともあの天気で半袖でちょうどいいくらい 暑いし。別に好きで。やってるだけなんで偉くもなんともねーし みんなもそうだと思うけど、俺の東京のためなんで。俺の東京のためには俺がいちばんの応援してんのが当たり前なんで。求めてますから。チームに選手に。その分サポーターとしてやれること全力でやるんで。みんなもそうでしょ?あなたの東京のためのいちばんの応援しているの自分って。世界中どこいってもゴール裏にいる連中はみんなそう言いますからね。



僕には 先週の水曜の新潟での試合とのギャップがとにかく気になりましたね。

前線からの追い込み、ボールとゴールに対する執念、勝利を目指す姿勢。

プレイごとの選手の姿勢、表情も。まさに求め続け ここのブログでもいい続けてきた 闘う東京。バスアンドゴー 仲間を信じてひた走る。勝利とゴールを目指して突き進む。いまのトップは信じられないくらいこれをみせつけてくれます。これを見ていないのかな?彼らは。これができないから使われないことに気がつかないのかな?


彼らが出ていたのはただのターンオーバーではなく、僕らにとっては大切なタイトルをかけた闘いだったのですがね。




たしかに好調で上位のリーグのトップの試合に出ることがプロとして目指すべきものでしょう。しかし、現実 出れる人数には限度がある。


ターンオーバーだから出番が回ってきた。本当にそうですかね?

それにも出れていない選手もいますよね。


なぜ与えられたその夢の舞台につながる試合を必死に懸命にやることができないのでしょうか?たしかに新潟の後半は求めるそれに近いプレイを見せてくれましたが。)


今は違うかもしれませんが あの時もトップというべき選手を出した試合ととそれには出れない選手の試合があり、出れない選手の姿勢が気になり ケンタ監督に俺聞いているんですよね。


「トップのメンバーに入れなかった選手の試合に入る前半姿勢が物足りない気がする」と。後半は生まれ変わったようなプレイをしていたこともきになると沖縄で監督に聴いてるんですよね。


監督の答えは明快でした。「トップもセカンドも決めてないよー笑」「しっかり闘おうと伝えただけ」と。


ドーハ組は平気で嘘もつくけどシンプルです。


東京の試合 である。ということでシンプルに考えてベストのプレイをする。

これができれば そのように考えてくれれば


トップに出れない選手の試合 (予選を突破するチャンスがある試合)に出れる選手がなぜ どうせターンオーバーで出番が回ってきただけ というのでしょうか。

たしかに平日アウェイの遠方でしたが 期待をして そこに駆けつけた青赤ファンはいました。どんなに期待している良い選手でも 正直 がっかりです。予選突破のチャンスをまた潰してしまって申し訳ない ということより、トップに出たいとアピールしてしまうこと。予選突破への道をつなぐ活躍をしてこそ、言える言葉だと思うんですけどね。


さて、水曜日 消化試合です。仙台は勝つしかないため、必死に懸命にやるでしょう。東京にとってはただの消化試合。ターンオーバーしてもなんの問題もないゲームです。


僕は申し訳ないけど、真剣勝負として応援することはありません。

そのために新潟へ行ったし、後半は少なくともその時間を過ごせたし、ケーマンのあの咆哮がその場で見れ、同じように叫べたことは喜びでした。敗戦は悔し涙溢れましたけどね。


一矢報いろ!トップを目指すために必死で戦え!お前、応援してるぞ!トップを目指せ!と普段トップの試合に出れていない選手が出るのであれば、いいところをみせてトップへ喰いこめ!という思いを込めるか、このまま仙台には負けない!お前らの意地の気持ち見せろ!という応援なら考えられますが。


いつも通り、後半ルパンで みたいなコピー応援なら 日本のサッカーの応援なんぞ 応援BGMでも並べとけ と思うわけです。


こういうもの とみんなが決めつけてることって やっていた本人たちは実はある部分は計算、ある部分は自由に作り上げてきたもの。いつのまにか そうでない部分も増えてますけど。歌の一部だけ振り付けつけて応援なんで一度もしていないものがなぜか 手抜き応援として それが当然で当たり前のように広がっていたり 本当に不思議ですよね。


ユルネバ静かに聞け!とかね。信じらんない声が上がりますねー。東京東京試合前にいうのは うちをディスってるんですかと 某チームの若いサポーダーに凄まれたことがあるんですが、真顔で、東京の応援をしているだけですよ、どんだけ東京にコンプレックスあんの?ってそういっているであろう君たちの言葉で言う幹部連中に伝えておいて と行ったことがあります。そう言う意識で東京コールを聴いていたなんてある意味目から鱗でした。というか驚いちゃいましたが。


相手は負けてらんないから 仕掛けますよ。応援で負けてらんないわけだから。一時期 相手の国歌にブーイングするな なんてのがこの国で起きました。それとなんだかごっちゃになったようなお話ですよね。


相手のブーイングなんぞかき消す 声の圧をあげよう。つまりもっと声出せばいいじゃん東京ファン 以上ですよ。



ということで、水曜日 チャンスを逃し完全なるターンオーバーのただの消化試合にするのか ホームで今日の俺の東京のトップとしてピッチに立つのか  思わず応援したくなり 笑顔で応援してしまって やりやがったな俺の東京となるのか、どうなるのか 自分たちの蒔いた種 どう刈り取るのかしっかり見に行くよ、俺の東京。


忙しい人はリーグに集中でいいんじゃない。いや、マジで。


週末 に向けての 練習試合のようなフルメンバーなんてこともないとは言えないし、色々楽しみではあることは間違いないんだけどね。


応援てさ カラオケじゃねーからさ。しっかり試合を見て その場で作り上げて行くもんなんですよ。その場にいる人々で。別に目立つとこにいるやつだけが作るもんじゃねーし。ただ、目立つということは 責任もあるんで。良いことばかりではありません。そういうもんなんで。


音痴だってなんだって原曲なんぞひとつの指針でしかないんだから 正確に歌うとかないし、そんな採点システムもないんだから 東京愛をおおいに伝えるべき。


いつも通りの応援でただ勝った負けた とは違ったものにしないと ターンオーバーと思って出てくる選手が気がつかねーとなー。と、俺は思います。俺が思っているだけなんで。ここ大事ね。


では、失意と 仙台叩き潰してでも這い上がろうとする東京が観れることを期待してスタジアムのどこかで。







tokyo_la12 at 15:10|PermalinkComments(0)

May 10, 2018

2018ルヴァン予選突破 失敗 新潟アウェイにて失望の前半45分

はーるばる来たぜ新潟〜。


ど平日 アホですよねー。そんな5人が乗り合いで向かいます。


ターンオーバーだろうとなんだろうと 後がないルヴァンカップ ピッチに立つ選手は燃えてくれるでしょうと 新潟入り。


まずは連戦の疲れを癒すために 掛け流し天然温泉へ。


ふらっとしちゃうくらい効きます。どデカイ露天濾過してないから効く。ここ大好き。わずかな時間でも楽になる。

連戦の疲れ流石に疲労困憊。


さて スタジアムへ向かいますか!


スタジアムの駐車場ガラガラ


東京ファンは思ったより多かった。


こういう日のファンは闘いますよ。ど平日にここまでやって来てるんですから。


ピッチでは試合前のアップがまもなくおわる。下がる選手に声をかけていくんだけど、なんか 思い詰めてる選手とヘラヘラしている選手の2種。この試合の意味共通理解してんのかな。ただのターンオーバー消化試合思ってんじゃないのかな。ここしばらくのトップの満ち溢れたやる気の空気0 ゼロ 試合言われたから来ましたみてえな顔にちょっとだけカチンと来てたりする。だって負けたら終わりだよ。応援も100人くらいきてるよ…。期待してきてるんだよ。今日のメンバーに。


(ターンオーバーって チームを休ませるために 普段出れない選手が出る。そうなんだけど、ルヴァンカップ予選通過がかかった試合を ターンオーバーでたまたま出番が回って来ただけとか思われるとムカつくんだよね。実力ねえから出れないと言うことを棚にあげんなと。トップに出るチカラがお前にないって話。そんなの知らねーよ。努力しろって話。こう言う試合をものにしろって。負けた日のインタビューでトップに出たいとか知るかっ!目の前の予選突破に集中できない選手に実力でトップに出るチャンスなんか回るかって話。ああ、こう思ったのは試合後のインタビュー見て。)




笑顔で吹き飛ばして応援。しかし。


前半 ふわふわした東京。まるでもう消化試合気分?相手もJ2のBメンバーだろ?なんで?


マコひどい。小川 ひどい。ヤマ 抜かれて首かしげてから追いかける。カジヤマも動きが全然良くない。この状況を変えようと声をかけてるのは 大久保だけ。ケーマン、タケフサ遠くて表情わからん。


この状況を変えようと声をかけてるのは 大久保だけ。

昨年の東京を見ているかのよう。追わない、他人任せ、バスアンドゴーしない。自発的に作れない。なんとなくそこにいる。ヨネもパスミスが酷い。こんな姿を見るために来たんじゃねーぞ。東京。

東京としてピッチに立っているのプライドも誇りもねーのか?


なんだこりゃ


そうでない選手にチームをひっぱって欲しい。気がついて欲しい、目を覚まして欲しいと 必死に応援することになるとは。


よくまあ1-0で済んだ。ゴールされたシーンは耐えたんだけどね、押し込まれてしまった。


こんな試合を見に来るためにここまで来たわけじゃない。


どうせ、僕ら 二軍ですから そんな気分に見える選手。残念で無駄な前半45

負けたら終わりなんですけど!そのビッチを任されてるんですけど!

おまえらにはターンオーバー消化試合かもしれないけど、俺たちにはルヴァンカップ予選突破するための試合なんですけど!


間違いなくケンタの鉄槌が下るだろう。

ズレた意識。知っていて当たり前 わかっていて当たり前 それが目の前にあった気がしてる。


この中の何人が予選突破を心に誓ってこのピッチに立ったのだろう。

東京のスタメンとして 頑張ろうと心に決めてビッチに立ったのだろう。


ルヴァンに臨む姿勢は気になることが多い。リーグ集中はいいよ。

そのためのターンオーバーも構わない。キチンとこの試合に臨むメンタルを与えてピッチに立たせていただきたい。なんとなくやるチームが出るんでと言ってくれ。金と時間と心の無駄になるならこない。


覚悟と準備のできていないプロ の試合ほど醜いものはない。

残念すぎる。J3も組まれてるからこなしている選手も多いと思う。

シャカリキに頑張っている姿を見せるのはごく一部。この辺り直していかないと。タイトルをかけて戦うほかのJ3チームに迷惑だよ。


僕らはトップに出れないプロなんで。そんな気持ちの試合誰が見たい?


応援しながらイライラ。タイコもスネア大太鼓一台づつ。ヨウヘイはもう叩く気はないようだね。別にいい。自由。

なぜか必死にやっていると思えないビッチの何人かにイライラしつつなのがキツイ。


これだけのファンが期待してここにいるのに今日の数人のプロ様には何も見えていないらしい。ここに来ているファンの期待は ルヴァン予選突破に必死に戦う姿だぞ。ターンオーバーをこなす姿じゃねーよ。


こっちは勝手に自分の時間と金を使って勝手に応援に来ているから その思いなんぞピッチの選手は知る由もないだろうが プロサッカー選手ってのはそういう思いを背負ってピッチに立つもの。世界中そうだから。甘ったるいにもほどがある。


後半、カジヤマ、タケフサが変えられた。タケフサに正直関してはなぜかわからない。マナトやレイ、後半入ったリッピやタスクとも合うのになと思う。今日のカジヤマは変えられても仕方なし。マコもマナトもオガワもヤマも変えられてもおかしくない。半分以上が変えられてもおかしくない。そんな前半。


しかし、この交代とハーフタイム ケンタに何を言われたか知らないが チームが起動した。沖縄で見た北京戦と同じ。


タスク、リッピがピッチを駆け抜ける。その二枚に絡むように選手が躍動し始める。勝利に向けての意欲が見える。


こうなれば こっちも自然とチカラが入る。闘う東京を応援すること。このために来てるんだからな。まずは追いつきたい。そして、追い越したい。



ここでマコを外して キイチ投入。DF削っても点を取りに行く選択した東京。


前半とは別人のように躍動するマナト。彼のシュートのこぼれに キイチ!ゴール!!!よっしゃ!同点!出来ればケーマンに決めさせたい。というか決めてもらいたい。


そーたんは影のように相手の目を積み綴る。そしてチャンスをメイク。


そーたんから出たパスをタスクがドリブルしてケーマンへ流す ゴール 逆転。 

乗り出して咆哮する俺。正面に喜びを爆発させるケーマン。こんなの見せられたら たまらんよ。

タイコ  サボってわっしょい叩かなかったら ショーマに目で怒られた。いやいや 喜びの爆発のが大事だろ。




1-2 東京 逆転 このままいける!と思ったんだけど、甘くないよね。


ものすごいのを叩き込んだわけではなく キックミスみたいのと、ヘッドの競り合いかぶって抜けたのをロスタイム直前に叩き込まれた。それまでは 大久保すごい厳しいのも止めてたんだけど。


勝ち負けは強い方が勝つもので仕方ないとは思うけど、試合に臨む姿勢ができていないと思うとがっかりです。


ルヴァンを撮るチャンスは1年後。つぎはもういない選手もいるでしょう。また 一年待たないと。リーグ戦に集中できる?今二位なだけなんで。公式戦があれば みんな試合感あるけど、真剣勝負のルヴァンの試合の機会はなくなったから。自ら機会を消した。


なんとなくターンオーバーだからとこの試合に臨んだ選手が何を失ったかそれに気がついて欲しい。そしてこの大きなチャンスを潰したことを無駄にしないで欲しい。ルヴァンつぎのホームどれだけシャカリキにやっても 失ったものを埋め合わせることはできません。自ら招いた消化試合。そのターンオーバーメンバーに期待して応援しにきてんですけど。応援なんてあって当たり前と思っているんだろうね。サッカーエリートでプロになったんだろうから。知るわけないだろうね。


僕はそこに試合がある限り応援する。というタイプでは実はないです。きちんと意味を考えてそこにいる。リーグ戦であれば消化試合になっても今年のチームは今しか見れないと応援しますが、次の水曜は見に行くことも応援であるくらいかな。声を出してやる意味ないと思う。仙台戦は。

応援は試合とセットの娯楽とは思っていないので。どうも試合があれば何でもかんでも応援するだろうくらいに思われてますが。応援でそう言うもんじゃねーし。


東京好きだからサッカーは見に行くとは思うけど 


自ら招いた消化試合に全身全霊で応援する気にはならないし、適当にやるのは自分否定になる。


いつものように応援始まって後半ルパンとかいつものように始まったら失望ですね。ま、新潟に来れなかった人はわからずやるのかもな。数字とSNSで結果を知っただけだと。

ただなんでも勝たせたい のと僕は少し違うのです。

消化試合もいつものコピーみたいな応援やるんですかねー。

勝てばなんでもいいとはどうしても思えないので。


なんでも応援しないといかんと言う人もいるし。

それも俺のとは少し違います。


俺の東京の2018ルヴァンは終わりました。


消化試合に勝利を目指す応援…予選突破はもうできない試合。個人をしっかり応援し、トップで頑張れ!な応援はもちろんアリですけどね。それならば大いにやるべきですが。いつも通りの焼き直しコピーみたいな応援するようでは何が何だか。伝わることも伝わらんでしょうね。


応援頑張るから仙台としっかり戦ってトップ争いに加われ!とか今はちょっと言う気になれないです。

当日メンバー見てどうするか決めるけどね。試合に出れなかった選手の思い出作りにされても困るけどね。


タスク、ケーマンにはトップで活躍を期待したい。


ルヴァン予選突破落として直後のインタビューでトップで頑張りたい試合出たい言われても なんだこいつとしか思えないです。


インタビューなんでカットしているんでしょうが 勝たなきゃいけなかったとファンを一員と考えて発言しているのは ケンタとケーマン ギリ タスクでしたね。自分のことで頭いっぱいでなんの権利を失ったのかもわかってねー選手と感じてしまうことになったのは残念です。応援なんてあって当たり前、勝手に騒いでいるもの と言う選手もいますからね。


そういうのを導くのがベテランたちの仕事だと思うのだけど。トップを築き上げることを期待していた選手に裏切られた気持ちのが強い試合でした。でも、この後 リーグ戦は全員で戦って行くことが絶対条件になるので コーチへ期待する部分は少なくありません。厳しくしっかり叩き込んでもらわないと。チャンスは与えられた中から掴み取るものなので。


この試合の経験を無駄にしないでもらいたい。自分たちが俺たちの撮るべきタイトル1つ潰した重みを受け止めて欲しいという意味です。僕のは。


リーグ戦はしっかり応援しますが、この日のルヴァンのメンバーの試合前と前半の姿勢には裏切られた気持ちでいっぱいなのです。


勝ち負けは仕方ないけど、姿勢の問題ですわ。今のトップチームをよく見て欲しい。


つぎはリーグ札幌戦 この試合はしっかりがっつり応援して

後に続く 札幌きっちり蹴り落とす応援 どの場所でも頑張りましょう。



IMG_7139



IMG_7140

IMG_7141
IMG_7143
IMG_7144
IMG_7145
IMG_7146
IMG_7148
IMG_7114




tokyo_la12 at 23:28|PermalinkComments(0)

普通にカワサキ戦

さあさあ、みんなが煽られてる川崎戦です。


正直 相手クラブが言い出した 集客イベント的なのって 僕は乗り切れないんだよねー。ずっと言ってますけど。本気でカワサキをライバル視する人なんか出て来ちゃうと困るんで。急にそんな名前つけられてもねえ。と言い始めて 早数年。でもやっぱり慣れません。


去年やってきて チーム変える言って ユニフォーム蹴っただけで古巣の優勝賞金のあまりで買い戻されチームに帰ったがいたような気がする人のせいで、遺恨ぽくなってますけど。


東京にとってはただのリーグ戦の1試合。夢の場所にたどりつくための落とせないゲームでしかないよね。


(正直ACLを粗末にするチームとライバルみたいに言われるのは僕は嫌です。)


盛り上がればなんでもいいじゃん 僕はちょっと違うと思うんだよね。


国営放送で地上波ライブなのでそれが1番反響呼ぶんじゃないかな?





やってきました等々力競技場 暑い〜。クソ暑い。


こりゃ 神戸の疲れが響くな。ナイトサウナゲームから炎天下14時のゲーム。


でも、今期の東京はへこたれないんだコレが。


チケット完売 は気分いいね。ここ狭いんだもんね。見に来たガイジンさんがチケットかえずにがっかりしててスマン思ったけど。


東京の先制に静まり返るのが楽しみだわ。


スタメンに1たす33たす7の数字に未練タラタラコンビ。

あれ?1番闘うケンゴー休み?え、小林も?

こりゃ なんもせんでも勝つわ。あいつらがいなきゃ安心。

文句ばっかでなんもできない荒っぽい2人をスタメンとかありがたいねぇ。


東京は小川を休ませて ここは太田。そして スタメンにはそーたん!コレがケンタマジックよ!やる気にさせます!的なね。


ヤングたちや協力してくれる青赤なみんなが運び準備した大だすき。ここアウェイだよ!すごいよねー。いつもありがとうだよ。

ゴール裏が彩られるのは彼らの努力のおかげ。当たり前みたいに出してるけど、当たり前のことなんてひとつもないんだ。今日もアウェイがホームのように彩られる。片付けとかさ 時間あったら手伝ってあげてね。


僕はいつもより 笑顔って思ってた。笑う門には福来る でしょ。

フラットなスタジアムだから アウトプレイの時だけは前に飛び乗ってハジまで聞こえたらいいなとタイコ振り上げて煽ろう。それどれだけ響くかなんてわからないけど、さあ行こう!ってあいずになればいいじゃない。それで充分。さあ、今やるとこだよ!が伝わればいいなと思って。朝日が前を開けようってんでラインを下げてもらう。なんでかって?きつ苦しい感じにはなるけど、ゴールしてわーってなるとすごいじゃん。俺はそう解釈したから そうしよーって俺も乗るわぁって。おもしろいでしょ。ゴール わぁー!って。


危なくないように。前回みたいに叩き落とされないようにそこは気をつける。笑笑




あとは一生懸命ふざける。すんげえ一生懸命。ピッチをひた走る選手のチカラになれたら最高と思いながらね。基本笑い倒す。真剣に。


開始からエンジン全開の東京。闘う集団。見ていてワクワクするよねー。

手を抜いている奴がいないもん。3たす7の学ぶさんや1たす3のユニフォーム蹴るマンをものともしない東京。俺の誇り!


早々からビックチャンスを作り 高萩、ケント、東、ディエゴ、永井いや、東京全員が躍動する。(長谷川再生工場の能力凄すぎるよな。)


攻められても 沖縄で見た練習の通り キチンと対処して弾き返す。

イライラしてなさい マナブと4番。君たちにはなんもさせんよ。


室屋バチバチでマナブを好きにさせない。こういう闘い熱くて好きだわー。


高萩のスルーパスだんだん精度上がって来てんなあ。


今日の太田は一味違うなあ。


そーたん 踏ん張ってて嬉しいなあ。


ケント キャプテンマーク似合う。あの落ち着き。あとは飛び出してゴールだけ。世界行くならそこやれないとね。もう何年も次に海外に行くのはケントだと思う言ってんのは行って欲しくないけど、輝け!という意味なんだよね。


そしてFK蹴るのはコースケ。前の方がぐしゃぐしゃってなって 選手が喜んでんの見てうわーって。よく見えねーんだもん。しゃーない。わっしょいわっしょい しても得点者言わねーから もっかい わっしょいわっしょい。やっとケントの名前。


嬉しいねーあんなにゴール前に俺が俺が決めるんじゃとガシガシ飛び込んで行く姿が。


コースケ復活の狼煙!


一方どうした4。蹴るか蹴るのか?ユニフォーム


その後も 何もさせないくらい気迫溢れる東京。

ディエゴ、永井がここ1番攻め込む。


30分すぎパンパンパンと気持ちよくバスをつなぎ 作る東京。

何年ブリ?思わずSEXY TOKYO のコールが飛び出す。


1ゼロじゃ足んねーとは今日は思わない。なぜかって?

もう一点叩き込めると 強く感じてるから。カワサキが折れる2点目がね。


手を抜いている選手が1人もいない。勝利に向かって 全員が闘う東京。

コレが俺の東京。笑顔になるに決まってるさ。



後半も加速する東京。後半6分くらいかな 永井の歌をガンガン言っている時にそれに後押しされるように持ち込んで奪われて奪い返して センタリングは点には繋がらなかったけど、非常に気分がいい。我々の声をチカラに変えて来れているようなその姿。たまらない。


さらにFKから前半も惜しいシュートがあったモリゲが滑り込むようにダイレクトで決める2-0


ヒャッホー!2-0は危険なスコア とんでもない ケンゴー 小林まで投入してきて突き放す豪快な一撃。少なくともファンの心は折ったようだ。


たまらん


前半僕らが中央右にいるせいで 左側 がマチマチにしか飛び跳ねたりアクションしている人が少なかったんだけど、こちらから見る限りチビ助が高いとこ上がって必死に煽っているのがよく見えていて だんだん応援する 手の上がる 大きく口を開けて歌う人が増えてきて もちろん試合状況もあるだろうし、チビ助の力が全てなんて思わないけど、自発的にみんなを煽ろうとしたその姿が熱くてさ、試合中 タイコ沢山いるから いいぞ!もっと頑張れを伝えに言ったら 朝日くんにアメあげてるチビだった。もっと目立つようにって俺の帽子被せて戻ったよ。そう、そのくらい今日の東京は安心していられる闘う俺の東京だった。


後半残り10分川崎の必死の猛攻にも東京側ははじからはじまで ゴール裏熱く応援していて それも嬉しかった。それが何よりも俺は嬉しかった。今シーズンはこういうシーンが多くなると思います。全力で否定しやらないという方もいますが、どうぞご自由に。僕は共に戦う方々に語っているのでやらない人にやれ!とかじゃないんで。でもやるのが当たり前になりつつあるので、気がつけばあなたもそうなると思いますよ。それが2018なので。


そしてそのまま タイムアップ。東京の勝利だよ。


せいぜい チームの空気を悪くしてくれ。ね、変えなくてはの人。


全力で追い、攻める東京の勝利に我々はしばらく酔いしれたよ。



明日U-23 みに行こう。おそらく何人かはルヴァンだろうし。

ターンオーバーとかそういうことではなく、負けたら終わりのルヴァンのスタメン。


新潟の俺の東京の闘いぶりが楽しみでしかない。


そうそう、モリゲがシャーシャーしないのは 優勝するまでやらない って言っちゃった過去があるからだよ。もう知らない人多数なんだろうねー。


IMG_7137

IMG_7131
IMG_7136
IMG_7135
IMG_7134
IMG_7130
IMG_7133
IMG_7132





















tokyo_la12 at 12:59|PermalinkComments(0)

May 07, 2018

神戸!神戸!港町! 神戸!神戸!神戸牛!

神戸戦 


ど平日 ナイターの神戸。


でも思ったよりたくさんの青赤。


流石に来れる人少ないのは当たり前 でも 予想よりたくさんの人は嬉しいことですね。


屋根のしまったスタジアム。閉まるんだね。壊れてると言われたのに。

しかし、雨が吹き込まない だけで風が抜けないから 暑い。まるで巨大な体育館。

雨の夏の体育館思い出して。そう、蒸し暑く風が抜けず、地獄。冷房なし。


この連戦でこの環境は地獄。サウナで90分戦うようなもん。


音漏れを防ぐためなのか入り口のドアも閉められて。


どでかい体育館の締め切り状態で試合。ピッチもきついけど、応援席も地獄。



始まってすぐ吹き出す汗。

これヤバイやつだ。


選手が心配になる。まだ連戦続くからね。


やるとなるとポドルフスキー やっぱ楽しみだよね。どんなプレイを見せて来るのか それを東京がどう抑えるのか。タマも、カズマも楽しみだよ。


試合はパチパチだった。暑さのせいか、疲れのせいか 乗り切れない東京。大森、永井のラインが躍動。ディエゴは疲れてるとは思うけど、全力で戦ってくれてる。

今年の東京はこれができない奴は用はない。なんだよね。大隈東京と変わらない。

サッカーの基本。戦術好きな人の嫌う精神論とシンプルなゴールを奪うために何をするかに尽きる。しっかり体を投げ出してでも守り、仲間を信じてひた走りゴールを目指す。これに尽きる。沖縄で見た練習の意識付け 東京はモンスターになりつつある。


神戸は楽しみにしていたポドルフスキーが10分過ぎにシュートを放って痛んだようで30分に早々に下がってしまう。ポドルフスキー見たかったのに。

これはこれでやりにくくなる。ポドルフスキーへの忖度なくなるとタマが王様になるから。

案の定 後ろからのパスの起点はタマになる。


ただ好きにやらせないのが今の東京。倒される倒される。タマの自由を奪いに行く。


今日も少ない応援。はじからはじまでってわけにはいかなかったけど、これはしゃーないこと。そのうちはじからはじまでの時間が始まるから 気にしないけど。声出すだけが応援とも思わねーけど、ビジター席という名前でも ゴール裏にいる限りはその覚悟のかけらは足を踏み入れるからには持ってて欲しいよね。


応援しなきゃサポーターじゃないのかとかそういう自己主張と権利の話はもう長い間見てきてるんで俺にはどーでもいいの。みんなでやれば 東京は凄い と言われるものになっていくのわかってることなんで。なぜ抵抗して見せるのか知らないけど、でも、そうなる日はすぐだと確信してるんで。そうだなー去年13の言葉を信じて東京を変えるのは彼と言っていた人たくさんいたじゃん、そういう人たちが今はケンタ東京最高と言っているみたいに 当たり前ってのいつの間にかそうなるものだから。


試合は惜しいシーンのいくつかを永井が決め切れなかったことが悔やまれる前半だった。


ハーフタイム あまりの汗を仲間に指摘される。


ドライフィットというシャツを着ると汗がまんま抜け落ちるから サラサラで良いんだけど、ダイレクトにズボンパンツを濡らすから明らかに色変わってるし笑 汗っかきな上に この環境は 夏状態。飛び跳ねてても変わんないと思うけど。応援しててこれだから本当にピッチの選手の疲労が心配。


後半 とにかく一本決めさせたいという思いと最悪アウェイ勝点1もあり!ディエゴの交代でそう考えると楽になったよ。


ゴールは遠かった。

痛み分けの勝ち点一。でもこういう試合で取りこぼさず、勝ち点1を持ち帰れること。この積み重ねが大事。


試合後兎にも角にもと飛び込んだのは銭湯。汗を流さなきゃ帰れないよw


帰りはものすごい大雨でドライバー担当大変だった。ありがとう。朝から俺が仕事で急がせてしまって申し訳なかった。


さあ、次は川崎戦。


ビジターゴール裏がはじからはじまで応援することになるであろう日。意思や主張なんぞほっぽってみんな応援することになると思う。間違いなくそうなるよ。チームがこれだけ変わったんだ。変わらないわけがない。みんなもメンタルコントロールされ始めてるよとっくに。


しかし、クラシコという陳腐な煽りにはもう飽き飽き。ACLを大事にしないチームにライバル面されても迷惑なのね。そういうとこ大事でしょ。


では、神戸に行けず体力問題なし!のみんな 川崎での応援 よろしくね。笑


IMG_7055

IMG_7056
IMG_7057
IMG_7058
IMG_7060
IMG_7059
IMG_7061
IMG_7064
IMG_7063
IMG_7062




tokyo_la12 at 00:07|PermalinkComments(0)

May 04, 2018

vs名古屋 ホーム。

vs名古屋


いい天気。

首位の次は最下位と苦しんでいる名古屋。


首位に勝ったからと簡単に勝てる!なんてならないのがサッカーの面白いところ。


勝って当たり前!なんていう輩は塩水で顔を洗ってからスタジアムに来るべきだ。

何度このシュチュエーションでなめてかかって痛い目を見て来たか。


今季の東京は間違いない!そう信じるのは素晴らしいけどね。


いまの二位なんて いまの二位でしかない。


最後に笑うために どんな相手でも なめずに行くのが我々に出来ることのひとつではないのかな?


昨日、東京のアドバイザリーの石井さんが亡くなったことが発表された。

いまのファンはあまり知らないだろうけど、森監督が辞めた後を引き継いで2年間日本代表監督を務められて 東京では 場内FM試合中継の解説もなさっていて 座って試合を見る方は聞いたほうがいいよ!なんてこのブログでも案内していた時期もあったんだ。


当然、全然先輩だけど フランクで 小平で姿を見かけると声をかけてはサッカー談義に華を咲かせてくれていた。こんな俺なんかをとても可愛がってくれていたんだ。小平で見かけたら話しかけてお話を聞くのも俺の楽しみのひとつだった。俺も年数回しか行けなくなって いつだかお会いした時にあまり体調が優れないなんて聞いていたんだけど 元気でやんちゃな方だったし、何よりおこがましいけど、好きなサッカー感が似ていたから。チームが不安な時に何度も話したり共通の疑問点を持っていたり とにかく この世を去るの早すぎるよ。石井さん。もっとたくさんお話を聞きたかったし、一緒に悪口言ったりとかしたかったし、なによりも東京のリーグ優勝を見せたかったです。そして共に喜び会いたかった。ごめんね、俺の東京がぐずぐずしてて。


亡くなってもさ、いつもスタジアムにいることはわかってること。青赤のファンも悲しいけどたくさん亡くなっている方いるし、みんなで集まって馬鹿話しながら この世にいる時より でっかい声出して飛び跳ねて元気に応援しているに違いないんだけどさ。時たまそんなこと感じない?感じるよな。


そんな思いを胸に抱きながら望んだ名古屋戦。


どうしても勝利したかったんだ俺。


好調な東京は 過密スケジュールの為に 東、小川を外して、俺のそーたん、太田をスタメンに。ここでガツンとアピールして欲しいところ。この先 厚み は大事になってくるからね。


開始早々 猛攻東京。太田をたまらず押し倒しFK。さらにディエゴが後ろからど突かれてPK


クセが強い 独特のスタイルからの得点!はやくも1-0


しかし、恐れていた瞬間が訪れる。ジョーの頭が炸裂。のせなくていい人を乗せたようだ。

この後の対戦チームすまんね。起こしちゃったみたい。ジョーが頭で決めふりだし。


東京、左サイドボールを奪ったケント持ち込んで永井へダイレクトでこれを決め2-0

この攻撃は見事。


さあ、ここから です。 2点では足んないんだよね。3点目でねじ伏せる。


相手の反撃があっても流石に重くのしかかるからね3は。2だと返されると浮つくじゃん チームもサポーターも。これは事実だよ。だから欲しいんだ安心の3点目。


名古屋はチグハグではあるけど ジョーの身体はやはり武器。みんな跳ね飛ばされてんもんな。でも、その武器もマルには通用しないみたい。あいつ全然物ともせず渡り合ってる。すげぇぞマル。


そして 強い東京が押し込んだのは3点目。

永井からディエゴ〜ゴール!!!

よっしゃ!これこれ!爆発する喜び。


あわよくばもう一点。

連戦を考えて逃げ切るのもあり。ま、簡単でないけど。


名古屋がジリジリ攻めて来て 追加点。


東京なんとか耐え抜いて 勝利‼️

全然楽勝ってわけには行きませんねぇ。

ふぅー。

最下位だというだけで舐めれるほど ジョー甘くねーし、ジャスールだって意地見せて来るしね。


試合後に眠らない街 ってのがキワキワだったってこと。


この勝ち点3はでかいしありがたいと思う。


この連戦を乗り切るには一個でも多く勝ち点積まないとね。


今は幸せな二位だけど、これをキープしつつ、さらに上を目指さなきゃですからね。


次は GWだけど平日 神戸。

来たくても来れない人たくさん


スタジアムに駆けつけて ビジターゴール裏でしあいみるなら

俺みたくアホみたいに声出して汗だくでとは言わないから

普段、メインかバックか二階かわからないけど、ユニフォーム着て足を運んで終わり じゃなくて ゴール裏にいるのなら 仲間じゃないすか!やれる範囲やろーよ。点とった時だけハイタッチうぇいうぇい も楽しいかもしれないけど、人が少なく苦しい時のあなたの声重要です。ぜひ、共に戦いましょー。


そして多くの人がチケットを手に入れられず スタジアムに来たくても来れない 川崎でも同じく、ビジターというゴール裏のチケットを手にしているのなら、普段どこにいようと 5/5はゴール裏の一員だろ?そのつもりでチームと共に戦う時間をよろしくお願いします。僕らの武器は声。みんな 戦おーね。そこにいるなら 君の東京のために君の声を。よろしくお願いします。








IMG_6845

IMG_6847

IMG_6852
IMG_6853
IMG_6854
IMG_6855
IMG_6856
IMG_6861
IMG_6844



tokyo_la12 at 04:56|PermalinkComments(0)

April 27, 2018

東京なめんなよ!って歌いたかったっつーの。首位決戦 笑 vs広島

お楽しみの平日首位決戦の朝は土砂降り ウケる。

清水戦以降 首位決戦って俺たちは笑ってる。


午後には雨も上がり、さあみんな うまく職場、部活、塾、家を抜け出す準備はできたかな?


大して来ないんだから 並ぶことなんてないさ。

スタジアムにいることが大事。


テレビには映らないもの そこにいなきゃ 感じれないことあるはずだから。



俺は平日ナイターとか、遠方のアウェイが好き。


来る人の多くが一生懸命 声を出して応援することが好きな人が多いからね。


今日だって 間違いなく 見にくる人の数を超えるはずだ。


そんなのを楽しめるのも後わずか。


飛び跳ねて声を出して応援し、食い物だけじゃなく、相手チームも食い荒らす東京が当たり前になっちまうからさ。ハラペコさんになった東京サポーターは荒れ狂いそうw


いつもの通りの時間にスタジアムへ向かう。この首位決戦に我慢できずにやってきたターちゃんと待ち合わせる。


おお、俺の東京 共に行こうぜ勝利目指し〜 の歌を持ち込んだ奴。あのシビれる歌だよ。

今は来れる時にしか来れないけど、今年はヒガシマニアとしてDAZNの世話になっているってさ。


スタジアムに向かう青赤の足元は軽い。


まさかの平日 首位決戦 というのに笑っちゃってる。

マジになるのはスタジアムの90分あとはこの状況を笑うしかない。


この順位表ってさ、プロの評論家さんのご意見の真逆だし。

全く何にも見れてねー物書きが多いよなw


ジョウフクさんとは 韓国でのタケフサが行ったユース以来。あん時、挨拶しに行ったら逃げられてさ、なんか悲しかったよ。堂々と挨拶できないのは残念すぎる。ACLのベトナム戦 試合前 たまたま到着した選手たちと我々が鉢合わせて 大声援送った時 扉の前で こちらをじっとみて胸を叩いて 任せろ!と言わんばかりの表情を見せたあんたを今でも誇りに思っているんだ。俺たちは最後まであんな形になったけど、支えたつもりだ。


その男が再び現場で指揮をとり、81分で2位になった東京と対決なんて むちゃくちゃ盛り上がるわけで。


ガラガラだけど熱気あるスタジアム。気分のいい応援できそうだ。

お、広島側もはいってんじゃん。よっ首位!


今日もご機嫌な東京が観れたら幸せだよな。


開始早々、おや、まあ、やっちゃった!PKゲット。


ディエゴの踊り付きPKで早々に先制。


失点2の広島にこの時間の先制。さらに スピードに乗った東京がディエゴの折り返しから永井!2点目。サイドラインにいたジョウフクをベンチに戻したぜ東京。


この二失点は広島にのしかかる。頼みのパトリックは東京に押さえ込まれる。

そりゃそうだ。彼の全てを知るケンタがこっちにいるんだ。


広島のゲーム一応観といたけど、肝はパトリック。ここさえ封じ込めたら 相手は決定打を失うさらに中盤 黒子に徹するケントが狩って 東、大森、高萩が躍動し、ディエゴ、永井が動いたら 残念だけど、広島は沈む。


俺が欲しいのは3点目。


あっという間に前半終了。

タバコ吸いながら仲間と話したのは後半の10分までに3点目をどうしても取らせたいって話。


後半 徐々に駆けつける青赤戦士によってゴール裏が埋まっていく。TLを見て 2点先制を見てたとえ5分でもと駆けつける みんなが俺は好き。さすが青赤。いい匂いには敏感。

いつもなら まあいいか と言う人も駆けつけたってんだから さすがだよ。


そして待っていたゴールはエースディエゴ。ポストに当てての見事なゴール。

文句なしの一発。爆発したようなゴール裏。


一点は返されたけど、さすが首位じゃんという攻撃。


東京は、前田、冨樫、そーたんを送り込む。


連戦だからね。前田にもそろそろ爆発して欲しいし、そーたんを俺は待っていたひとり。

U-23でのんびりなんとなくじゃダメなこと知ってるはずだからね。今日は流れるような攻撃の軸にはなれず、広島の反撃を抑えるしかできなかったけど、この戦場に戻ったことが素晴らしいんだ。あと7試合の連戦。必要な男が戻ってきたって感じ。


ケーマンダラダラやってると 居場所なくなるぜ。なんとなくなプレイとかさ、一応やってます見たいのを君に求めてないよ。そろそろ本気出してくれ!


3-1 首位対決は 我が軍の圧勝。


試合直後何人かの選手が城福さんのとこ行ってた。サッカーってこういうとこがいいよな。

あとで見たら シゲル松崎ばりの笑顔の城福さんがそこにいたよ。


選手を讃え、終わった時、我々のゴール裏に挨拶に来た城福監督。来てくれるとは思わなかったからなんかやけに嬉しかった。次も勝つし、これから苦しくなると思うけど、頑張ってくださいって思ったよ。

去りゆく城福氏の後ろであのポーズを決めるドロンパ やんちゃすぎだぞ、おまえw


待っていたのは最高の平日ってやつ。


ま、勝っても負けても 東京があるっつーだけで 最高なんですけどね。



次は ジョーがいるのに 苦しんでる名古屋。

それを見て楽勝とか言ってる東京ファンがいるらしい

そういうことじゃねーんだよなー。この序盤の相手の順位なんざ 関係ないっつーの。

今までこういう相手をナメて取りこぼして来たのは 我々。


そういうのもう流行らないんで。


百獣の王東京は どんなメンバーでも全力なのよ。

それを支える我々も同じ。いつまでも飯食うだけのイナゴじゃダメってこと。

相手も食い荒らしていかねーとな。つまり、我々サポーターがやるべき、武器をフルに使おうってこと。


声とアクション。誰にでもできること。東京に求める分 でっかい声でやりましょうや!


みんな気がついてる?必死に応援しちゃうの広がってますから。いつまでも最低限の振り付けの応援じゃ乗り遅れますよ。今は苦しい時こそでかい声、隣のやつより高く飛び、大声で東京の愛を叫ぶ時代。あなたがたまたま出会った仲間が静観する方であれば あなたが変えればいい。

変わらなきゃとびだしゃいい。気の合う応援するやつなんていくらでもいる。

小さなコミュニティで男女の振った振られたで試合来ないとかクソすぎる。

東京への愛が先だろーが。やな事あったから来ないとかさ、ほんとナンセンス。そういう奴、男も女もねーし、一緒に応援しよーぜ!どこにいたって一緒に応援に変わりないから!


小さい仲間よりでっかい青赤の仲間がいるってことに気がつこうな。


みんな歌ってんじゃん 試合前に。ひとりじゃないってさ。

歌ってる歌詞 よく読めって話。愛が詰まってんだぜ!


ということですナメずに名古屋戦 スタジアムに足を運ぼうね。



そうそう、ツイッターがなんかダメになってしまって

TQKYOLA13@MTGshige3のフォローを改めてよろしくお願いします。




IMG_6813

IMG_6811
IMG_6812
IMG_6816
IMG_6815
IMG_6814
IMG_6807
IMG_6808
IMG_6804




tokyo_la12 at 02:36|PermalinkComments(0)

清水と言えば ポンポコリンそんなの常識!

アウェイ清水戦


良い天気の中 アウェイに向かう。

チームと共に90分闘う信頼できる仲間との旅。


飽き飽きするほど来ているいつもの日本平スタジアム。


ちょっとうんざりしていた 事も あったけど、今日は楽しみでしかないのです。


今日はどんな東京が観れるのか。

勝負だから 勝つときもあれば負ける時もある。

絶対勝て!なんて 言う気もないけど、勝利に向かってひた走れ!

そのために 僕らにできることはすべてやる!という覚悟はいつものこと。


試合前の練習を観ているとみんな調子いいんだけど、永井がキレキレ。こりゃ楽しみ


ここんとこ 気になっていた応援諸々も試合前 朝日がいろいろ言ってくれて 口出すこともなく いい空気で試合に入れる。 みんなで力を合わせる。みんなで支えあってチームを支えるってのが 俺には美しいと感じるのです。だってさ、夢見たいな夢の場所見えている気がするんだよね。ものすごーく。



目立つ場所に上がるってことはある意味無双であることを求められるんで、無理なら降りればいいだけ。何も失ってないし。ただ しがみついてんのカッコ悪いからさ。そういうのは見たくねーからいろいろ言う。黙って見ていんのは簡単だけど、そう言う無責任苦手。


まーみんなもう知らないことですが いろいろ経験はしてきてるんでね。


ここ数年 ブログに書き続けてるいることを やっと体現するチームになってきたんで この機を逃すわけには行かないんですよ。パスアンドゴー、ゴールに向かう姿勢、表情、その試合にかける姿勢、諦めない強い気持ち、仲間を信じてピッチに立つと言う意味、どんな試合でもベストを尽くすと言う姿勢。沖縄で感じてきたことがそのままそこにあるのは最高に気分がいいんだ。


全員がやれているわけではないけど コレが東京でやっと観れてきているのです。

コールリーダー育成もそりゃ大事だろうけど、俺は今この東京をいい支えとなる応援の方が大事なのです。だって、応援引っ張るのなんか人に教わることじゃないもん。もともと持ってるものにさらに意識してしっかり盗んでどう振る舞うかを身につけてないと。小さいお山の大将じゃ困る。東京と世界と戦うの目標だもんね。今までなんとなく観ていた朝日のやり方も今は違う目で見てんじゃない?それでいいじゃんと思うわけ。


いつまでこんな日々続くかわかんないからさ、今年どうしても 夢の場所にたどり着きたいんだよ俺。だから 言うよ。黙って見ていて伝わることなんかなんもねーし。悪く言われるリスクなんかよりひとつでも多く伝えたいからね。


みんなもそう。ひとりひとりの声、動き、思いが東京の応援を作ってんだよ。

観に来るのが趣味の人はそうしてりゃいいし、カメラ構えて切り取るのが好きな人はそうしていればいい。ただ、東京を声を出して応援しようって人は もう1つ上をそれぞれがやって行こうよって思うのね。


こんな楽しい東京のサッカーを毎回見せてくれる選手にサポーターとして応えるために。そして、俺が思うに支える応援ってのは選手の 一歩上行かねーと。俺たちシュート決めれねーからさ。


例えば知り合いじゃなくても同じ青赤 隣の人に 笑顔で 今日も頑張って応援しましょう!なんて言って 試合始まったら 隣のやつよりでっかい声で、隣のやつより飛び跳ねて 自分の東京への思いを見せる 隣も負けじと東京への愛で負けたくないからやる その隣も。そうやって広がれば。はじからはじまで あっという間に大応援だよ。いつのまにか決められた振付けみたいのもぶっ壊して ガンガンやってほしいよ、どこの場所でも。自分の東京に対して全力で応援 そう言うのが俺はかっこいいと思ってるのね。


それが世界の応援だから。簡単簡単。ゴール決めんのは選手だしな。


だから、ゴール裏 ハジからハジまでもっとやろうぜ!

カメラ構えんの忘れて応援してしまう空気作れんのは みんなだよ。

いつまでも 浦和すげえ、じゃねーよ。時代は変わるんだ。目の前だよ、東京カッコいいはさ。それを作るのはひとりひとり。


並んで場所取ることも大事。小さなコミュニティとなかよくするのもだいじ。でも、それで嫌な思いして東京来たくない!とかあり得ない。そう言う人一緒に見ようぜ!離れていても俺は一緒に東京見つめて必死に応援してっから。


(イナゴなんてのもさ、 元々は 負けて悔しいから 俺はたまたまその土地のうまいもん食いにきただけ えっ?試合なんてあったの?なんていうトンガリかたというか東京らしい洒落でさ、スタジアムグルメ食い尽くして勝った負けたとはもともとぜーんぜん違うんで。たしかにうまいもん好きだし、地元の人知れずな名店に行ったら青赤だらけなんてのも当たり前だったけど。楽しきゃなんでもいいけど、ルーツくらいは理解して名乗るべきでしょ。そしてなによりも東京の応援をしっかりするエネルギーであってほしいよ)


世界中 とりわけサッカー見にくい貧乏席でできることは 金はないけど愛がある!だと思うのね。


長くなった いつものことだけど。


試合はね、相手の強い弱い とかじゃなくて 舐めずにしっかり闘うことだと思う。

応援もそう。


この日もヤル気満々のとこはほっぽっていてもいいんだよ。それ以外の青赤さんをどうやって巻き込むかだもん。素晴らしいゴールシーンや勝利が決まればみんな黙ってても騒ぐ。それ以外のちんまりしちゃう時間 そこをどうやって もうひと頑張りしてもらうかだと今は思ってるから。



風の強いスタジアム。風上風下というのが大きなポイントになりそう。

案の定 風上の清水が優位に試合を進める。簡単にはやらせない東京。

林のビッグセーブ。あわやゴールのシュートを弾く!

松原いい選手だな。クリスランは荒い嫌い。


あっという間に後半に。風上ニヤリ。


試合は惜しいシーンの連続。しかし、われないゴールを破れない。


東、高萩のワンツーから再び受けた東がスピードに乗った状態からディエゴにスルーパス

受けたディエゴ相手を交わしシュートGK正面弾いたこぼれ玉 飛び込む永井!ゴールならず。あの頃俺が言い続けていたスピードに乗ったワンツーとか それが目の前にある喜び。仲間を信じて走るこれでしょシンプルなんだよ俺が好きなサッカーは。小難しい戦術などどうでもいいんだ俺。仲間を信じてプロとして胸を張って全力でピッチで戦う姿を見せてくれるのが俺の東京の基本なので。(他の人は知らないけど。)


加速していく東京。


美味しい匂いがさらに強く漂って来た。


大森から猛烈なスルーパス 反応した永井 GKも飛び出しを交わすようにシュート。

お、お、、お、 はいる?外れる?ボールはカーブを描く。飛び込んで来るDFとともにゴール!!!


ぐわーーー!喜びがこみ上げる。たまらん。

ゴール裏に飛び込んで来た永井 二回応援席に向かって

拳を突き上げる。真下から突き上げられる喜び。

これを見た俺は 喜び倍増。後で聞いたら これ見てた古い仲間はみんな同じことを感じて 

この後飛ばしまくったのはいうまでもない。


残念な事にキャプテンが痛んだ。緊急出動はマル。この安定感。

3番手と理解した上に今シーズンも東京を選んでくれたこの男。

湘南から戻る時もそうでしたし、いつでもいける準備してますから。と笑顔で答えるこのゆとり。


テセが入って 清水の攻撃力というより あいつのやってやる の空気だけで押し込んで来てる。あいつ めんどくセーなー。東京きたら歓迎するよ、その強いハート。嫌いじゃない。


耐え凌ぐ東京。

時計なんか眺めてるばあじゃない。


のんびり規定の眠らないなんて試合終わってからでいい!


猛攻をしのぎ やっと来た歓喜の時。



楽しかった。闘う東京はいい。


永井が目を細めてシャー。


清水の地で ケーンタケーンタ パッパパラパー


この土地だから 元清水の監督だから 


エッジが効く奴なんだよね。


試合後 清水のなべちゃんにカッコいいと盛んに言われたけど、ポンポコリンだって。

落ち着け。彼にケンタ監督決まった時に沖縄行く前に彼に色々聞いてんだ俺。そりゃ仲良く付き合ってたサポーターに聞くのがベストだからね。


さて、今日勝ったのはデカイ。なんつったって首位ジョウフク広島との対戦ですから。


ポイント?パトリックをどう抑えるかにつきますなぁ。

でも、それ得意でしょケンタさんがよく知る選手ですからなぁ。


我が軍に死角なし!ナンツッテ。


水曜平日だけど、1900に間に合えばいい どーせ空いてるから並ぶことなんてねーよ、試合に間に合えば 最高の平日に立ち会えるぜ!笑



IMG_6800

IMG_6799
IMG_6798
IMG_6797
IMG_6795
IMG_6796
IMG_6801
IMG_6802
IMG_6803
IMG_6747









tokyo_la12 at 01:05|PermalinkComments(0)

April 20, 2018

ルヴァン・カップ予選 ヨコハマ

ルヴァン・カップ 予選 横浜


U-23メンバーで立ち向かう東京。

彼らにはかけがえのない経験。しっかりやれれば 大きな成長につながる。

ここで負けたら東京お終いなんで踏ん張ってもらうしかないわけで相手がガチだとヤバ


あれ?相手も談合カップ???


東京的にはラッキーだし、勝って選手の自信につながればと望んだゲーム。


開始早々、秒殺東京。コールはまたも出ねーけど。間違いなく秒殺東京❗️


ゴール したのはやっと ケーマン。


さらに 飛び込んで触れて決めたのは 梶山❗️❗️❗️


20


しかし、どんなゲームでも プロとして全力で臨む タケフサの姿勢 


(そりゃ今日はボールが足につかなくてうまくいかないシーンも多々あったけど、そこじゃねーんだよな。)


タケフサの姿勢。プロとしてどんなゲームにも臨む。これさ、プロなのにやらねー奴多くね?特にレギュラークラスひどい奴いるよね 。俺はここにいることに納得してないみたいなのこの時点でわからないのってキツい。なぜここにいるのかすらわかんないんじゃないの?そこ改めないとどんどん抜かれて行きますよ。この日ピッチに立った多くの選手は遥か先を見ていますからね。ここでソレを見せれない選手はキツイすね。


2-0は危険なスコアとか言われてますけど、2点取ってのんびり構えたところに一点返されるとガタガタしちゃうやつ。3点目ぶち込んで引き離すことができないことがいかんのですよ。タクオが必死に止めてたから22で済んだけど。あれ、逆転されて突き放されてもおかしくない奴。その時にそこにいるベテランに期待な訳だけど 梶山変えられてから ひどかったなベテラン枠。U-23気分でやってんじゃねーよ!

むしろ23メンバーのが必死に戦ってんじゃんねえ。

悲しーよなー。コースケの歌必要?あそこタケフサのが芽があったんじゃね?

置きに行く感じの応援 嫌だ。


ゲーム見直しできてないからわからんけど、吉本のゴール なんでダメだったんだろ?オフサイドしてましたかね?


最後ね タイチ あれを枠に決めてりゃ レギュラー争い 食いこめたんよね。もったないよなーそして 悔しかった。



最近ね、どーも 選手にぶら下がった応援になってることが悔しいのね。

支えてねーの。ぶら下がってんの。感じ方なんだけどね。

支える応援もっとして〜なあ。


所詮 応援なんて応援でしかなくて、これ正解!なんてのはないんだけどさ、

なんとなく 置きに行って 合間に東京言ってりゃ成り立つ とか似てるけど違うんだよ。


チームのチャレンジに伴って チャレンジ始まってんだけど

のんびりやってる時間 おっさんたちにはあんまないんだよな。

任せつつ、足りんとこはみんなで補っていかないと。

だんまり決め込んでんのは 走らねーのと変わらんと我思うわけですよ。


さあ、んなこと言ってるうちに 清水やら 好調城福やら やって来ますぜ!


リーグ戦 休んだメンバーの頑張り踏ん張り見たいよね。

東京にぶら下がらない 東京を支える応援みんなでしよーな‼️

そう、みんなで助けてさ いい応援して行きたいわけですよ。


ということで これまた何気に好調清水なんで ナメたらいかんね。

ではスタジアムで!




tokyo_la12 at 02:03|PermalinkComments(0)

April 19, 2018

大阪の街は楽しかったんだけどねー

長居スタジアム リーグセレッソ



今日のセレッソなら勝てた試合だったと思うなあ。

星を落とした気分。ただね、落ち込むというのはそんなにないのです。

ああいう失点だったし、なんで負けたんだ!とかそういう気分でもないのです。

ただ、ああ、もっと試合が見たかった


後半の最後まで諦めず闘う東京の姿は本当に素晴らしい。

タケフサの切り込み方や自信に満ち溢れたディエゴ見てるだけでワクワクするよ。


そんな気分かな。




わずかなミス、一瞬のお見合いからのあまりにあっけない残念な失点。

本当になんてことないシーンからの失点だった。えっ!っていう。

前回のキンチョーではメタメタに崩されてだったのでそうではなかっただけにもったいない。




敗北に終わったが 形にならなかった前半に比べて ノリノリのディエゴ投入の後半 最後まで闘う東京はたとえ敗れようとも ここまで応援しに来た甲斐があるというものです。後半 タケフサの投入に東を下げなくてはならなかったことは残念だし、スタメンチャンスもらった冨樫が結果を呼び込めないことが残念。最初ディエゴで行って後半前田が良かった。タケフサも実戦から離れている分 入ってしばらくは苦しんだが、ディエゴとのパス交換、深い位置までえぐってのセンタリングはさすが。この2人スタメンでワクワクもありだったなー。


試合前 ポツポツと降り出した雨。

屋根の下に多くのファンサポーターは避難。


応援の場所も移動。


僕はなんか移動する気にはなれなくて 太鼓も3台ありましたし ユルネバの始まるギリまで

そのまま下にいました。分裂なんてのをする気は毛頭ないので、屋根の反響を利用というのがこの中途半端な屋根でどこまで実証できるのか知りたかったかな。


ピッチや相手のサポーターにはその反響の効果はあったのかもしれませんが

下段にはそんなに 反響の効果を感じさせることは起きませんでしたね。ちょっと驚いた。何も聞こえんのだもん。


むしろ自分たちの声、音が反響して やってる気になって普段より声量が落ちただけかもしれないと 試合直前に上に上がって思いました。ただ選手コールに応えるわけだし、ピッチには届いているから問題なしだけど。


屋根を利用するは そのスタジアムの構造により 違うとかもしれませんね。当たり前のように言われていることにも最近疑ってかかりたくなることも多いのね。

横浜なども近い屋根に反響して やれている気になる を生み出す場所ではありますが、

どうやらセレッソも同じタイプのスタジアムみたいです。


上の方から俯瞰で見ていると 選手同士の距離や やろうとしているサッカーなど、見えちゃうからどうしてもみんな見ちゃう。後手後手になるよね慣れていないと余計に。見つめていて状況が良くなるならそれでいいけど、そうではないかなーって。


後半は個人的に今日は遠すぎると思ったので中段に移動。

同じように感じた人も来てますね。結果 移動となりましたね。それはそれ。何が正しいとか正しくないとか 感覚の問題。ただ、サッカー見ようということと、やるんならスタメンくらい頭に叩き込めや!ということ。当たり前なことなんてないし、余りおかしきゃ引き摺り下ろすまで。

お付き合い時間じゃないので。東京を応援に来ているんで。


一度移動したら動けない みたいなそういうの東京にはないし。満員とかの縛りがなければ、人数が少ないから屋根を利用という 今日に関しては 確証のない理由 雨に濡れたくない という本音が見え隠れするのよりも 純粋に届く応援したいかなと。幕とか濡れて大変なものこそ外せばいいと思うのよ。指示してみんなで外せば良い。大変だもん濡れると。


やってみた方が良いと思うことはやるべきだ基本尊重しますけど、気がのらなきゃやらんよ。


僕はサポーターな部分というのを人に教わったり育ててもらったことないので こういうこともできるんだよとね。とやることくらいしか 見せれないです。




後半 何度もセレッソに襲いかかるものの決定打がない東京。

リクを自由にさせるのが嫌。そこだけは 削れ!ヤラレンナ東京!


90分でとにかく取り返せばいい。今はそれしかない。


惜しいチャンス。繰り返す攻撃。

あと一歩。しかし、タイムアップ。


やっぱやられる試合じゃなかった。


そういえば長崎観光で力尽きた人も多かったのかな 

今日少なかったなーアウェイ応援に駆けつけた人






水曜日は負けたら終わりのルヴァン予選。


さあ、俺の東京 どう闘う?ガチゲームどう応援する?


勝利しかないの選択肢にそれぞれがどう立ち向かうのか楽しみです。



椅子の問題 片付いたらしい。よかった。今後もお互い気をつけて行きたいね。登ったりそういうことやるからには自己責任ということで。
















tokyo_la12 at 15:29|PermalinkComments(0)

April 13, 2018

リーグ ホーム カシマ

長崎アウェイから中2 ホームで強豪鹿島を平日ナイトゲームで迎え撃つ東京。


メンバーは長崎で痛んだもりげに変えてマルヤマの布陣。


昨年の東京と比べるのはナンセンスと言いたくなるくらい 生まれ変わった東京。


沖縄のキャンプで僕が実感した事が目の前で起こりつつある。あの時感じたことは間違いじゃない。いきなりの連勝ではなく、じっくりと耐えた中から掴み取りつつある勝利。これがたまらないのだ。


あとは前田の覚醒。そこからがスタートではないかと僕は思っているんだ。


試合は鹿島金崎のうまいゴールで先制されてしまう。11が嫌な動きをしているんだよほんと。怪我人が多く苦しんでいるにしても各自の正確なパスの技術は高いし、思わずうまい!と言いたくなるプレイをみせるよな鹿島。金崎のゴールも三枚が体を投げ出して止めに行く直前に正確に放たれたもの。


でも、ここで諦めて落ち込む東京はもういない。

未だに先制が鍵なんて言っている人はしっかり選手の表情を見てもらいたい。


「あ〜」なんて天を仰ぐのはもう流行らないんですよ。


虎視眈々とゴールを狙う。そして重圧を跳ね除ける!闘う集団になりつつある東京。

ゴール裏も見習わないとね。チームにぶら下がるのは 応援じゃないと僕は思っているから。


今の順位?そんなもんたまたまの結果。全てが終わった時に見るもんですよ。と言いつつニヤニヤ。でも、この序盤の順位なんざ、なんのあてにもならないし、マスコミの煽る4連勝なんぞクソくらえなんで。何試合負けなしと同じくらい意味を持たねーつーの。


全ては1試合1試合の積み重ねなんで。



前半終了する前に追いつきたいと本当に思ったよね。そんな時抜け出しトップスピードでサイドをえぐる室屋の高速センタリングは 日本代表候補を巻き込んでネットを揺らした。相手ごと 引き摺り込んでのゴール。セイの気迫以外の何者でもない。


この前半で同点は 後半の戦いを優位にしたよね。


後半 加速する東京。


セクシーな攻撃が出始める。ネットこそ揺らせなかったが CKからの東のヘッド‼️あの悔しがり方‼️あれをずっと求めていたんだよ。事あるごとに話しかけて 気取ってクール追いかける泥臭いのなんか勘弁勘弁 という感じだった男がここまで 闘う集団を牽引していることに喜びしか僕は感じないよ。


バッタバタする永井も 沖縄で感じた空気感を取り戻して来てる。東との相乗効果たまらんよ。その源になるのが ディエゴ。彼の踏ん張り、キープ、諦めない姿勢、常にゴールを狙う熱さ。


やっと 動き出したよ東京。


なぜか11を下げてくれた鹿島に感謝。

もう邪魔者はいない。ミツオが入っても最終ラインにズルズル下げる東京の圧の前では役に立たない。


素晴らしい連携からディエゴ!クーーーー!決まらない!


そして右サイド ドリブルで仕掛け預けて 信じて走り込み 受けて 撃ち抜いた‼️室屋ゴール!!!


自信を持って振り抜くシュートは本当に気持ちが良い。


おそらくこの日 空間を共にした者 みんなが感じた興奮!幸せ!

このチームはこれからもっとこれを 味あわせてくれるに違いない。


そのために我々ができること、いや、やるべきこと。


チームを信じてスタジアムに通い 昨日のように ホームでも7割強の人が声をあげ、手を振り上げ、ゴールするたびに9割が歓喜の雄叫びをあげる。


騙されたと思って きつい時間こそ、飛び跳ねて応援してもらいたい。

これは別に真ん中だけの仕事ではないのだ。

そうすることによってゴールの喜びが倍増することを約束するよ。


もう一点、交代で入った前田に取らせたかったけど、今日はここまで。


手負いとはいえ鹿島に逆転勝利した東京。


次のセレッソは清武もどったらしいし、もっといい試合を見れそうでワクワクする本当に楽しみだ。



試合後、ケンタへの愛の歌や その日に変化してできていった セイ!の応援など

幸せだった。


でも


(すでに解決していることかもしれない。4/12)


スタジアムを出るためにしばらく階段を上がっていくと


一脚 壊れていたんだよね椅子が。正直凄くガッカリしたよ。

ガッカリするのはわずかにシュートが枠を外れたときだけにしたい。


こんなの俺が言うことではないけど、見ちまったもんは仕方ない。


すみやかに 壊してしまった人はチームに名乗り出ていただきたい。


過去ここでもなんども書いているけど、俺は係りの人でもPTAでも苦情係りでもなんでもないし、ヒステリックにあれやんなこれやんなってぎゃーぎゃー言うつもりもない。ただ、やっちまったことは責任とろーぜ。って話をしたいだけ。


自分でやったこと、不可抗力なのかなんなのか知らんけど、それは自己責任だから。

それに周りの人もわかっていたことだろ?


こういうことがあると そのたんびにつまらないことになるのは明白。


だから 度々無駄に乗るなって話をしているのね。乗って飛び跳ねることがおかしいのよ。


見習うべき熱い応援するデンなんかさ ぜってぇ乗らねーから。あいつ当たり前に無茶苦茶飛び跳ねるからね。形だけのやってるつもりヤローはほんと迷惑千万。必要とする動きや形を取る時には それなりのやり方と責任があるんだよ。あれやんなこれやんなって気は毛頭ない。正直俺いえた義理じゃないし。ないけど、椅子の上上がることが熱い応援なんてのは大間違いだからね。煽るためとか必要悪をやったのなら自己責任は追っていただきたい。結果迷惑だからさ。


ま、とにかく 次のホームゲームまでには名乗り出てさ、すみやかに解決してね。


次のホームも気持ち良くやりたいじゃないか!


(関わってる人がここ読んでるとは限らないけど。すでに名乗り出てすべて終わっていることを俺が蒸し返していた場合は申し訳ない。でも、そうあってくれることを願うよ。)


他の場所から見たらあそこに固まってるのは全部知り合いで仲間でグループだよなんて思い込みがはびこってますが、違うのです。他のとこでグループ化している人々には信じ難いかもですが ほぼ個人の集まりなんだよね。だから、こう言うことも起きてしまうんだろうけど。


長くいるやつなら これが何を引き起こすか知っているはずなんで。

今はさ、いらないだろそういうの。ほんと誰か知らないけど頼むよ。


怒るとか怒らないとかの話ではないので。

身に覚えあるでしょ?そう言うことなんでよろしくね。水曜までに頼むよ。





さて 続く連戦 踊るポンポコリンは大阪でお会いしましょう!

チーム信じて応援するのって楽しいいよね!

また次も一緒に頑張りましょう。












IMG_6676

IMG_6675
IMG_6674
IMG_6673
IMG_6672
IMG_6678
IMG_6677



tokyo_la12 at 01:48|PermalinkComments(0)

リーグアウェイ長崎 春の収穫祭

春の大収穫祭となった長崎戦。しかしアウェイの背番号見づらい。これほんと。


高木vsケンタ ドーハ対決ってのも実はバチバチだったのでは?


ディエゴのハットトリック(東の盾のスルーを決めた秒殺ゴール 室屋のセンタリングからヘッドすごかったし、ディエゴうまく頭で決めたよなーワンダホー 最近の流行りなのかな?ヘンテコなPKはびっくりした)

大森踏ん張って持ち込んだセンタリング相手のミスを逃さず決めた魂の東のゴール。東の永井へのアシストも素晴らしく やっと決まった永井のゴールにも歓喜!という感じが東京大爆発した。

欲を言えば出来れば前田さんにも火がついて欲しかった。


長崎アウェイに食いに来た いや、応援しに来た人は お腹も心もいっぱいになって良かったね。


この日も7割超えの応援率。苦しい時も固まらず当たり前に応援するのが東京ってのに是非、つなげて行きたい。連戦 調子のいい時ばかりじゃないのが当たり前だからね。


若手が引っ張る応援。いろんなことが起こりますけど、そのために我々がいるんで。やっていって恥ずかしい思いや悔しい思いを経験していかないとなんも身に付かないんで 流石に目に余るものは イチバン本人が凹んでいるはずなので もう起きないかと。次やったらモヒカンとかに自主的にしてくるんじゃないかしら。というか、思う以上に難しいものです。ただね、シュート撃ったやつただ偉いみたいになって来てることはきちんと話さんとね。そういう応援の仕方って東京じゃないからさ。しばらくは置きにいくことも多いかと思うけど、チームと同じでだんだん出来てくるはず。お前やったことあんのかだって?知らないってのはそれはそれで面白いよな。


天真爛漫バカ真面目なのが東京だと思うから。


マキコ愛を伝える幕も忘れずに作ってきた。ご本人にも伝わったようでワシ満足。


マコの活躍で尻に火がついた室屋が楽しみ。彼が突き抜けたら 東京のSBはさらに熱くなるよね。逆サイドは小川と太田がバチバチだし。昨年末 太田を乗り越えてレギュラー奪ってみせる!と言っていた男の活躍はたまらなく嬉しいし 事実彼のあげるセンタリングは日々成長を感じるよ。あとは宮沢のようにCK前に余裕でゴール裏煽るくらいになったら夢は広がる!


最近のケーゴの表情ひとつで 飯が美味い!となっているファンサポーターも多いと思う。あの気迫、表情、献身的な走り、いうことないよね。あの頃ディスってた人々いかがですか!これが我々が東京に染めまくった東だせ!


この連戦 まだまだ道のりは遠いけど、一戦一戦 簡単に諦めず勝利を求めて 仲間を信じひた走る東京を 我々はさらに熱く応援して行くしかないよね。


次の試合もみんなで良い後押しとなる応援を作って行きましょう。


よろしくお願いします。


試合後、しゅーと、北斗、徳永 来てくれた。スコアがスコアだから無理かなーなんていってたら 大久保が行った後 入れ替わるようにきてくれて 嬉しかった。東京強すぎてごめんな。


角煮まん 美味しかったけど、ちいちゃい。肉はあれで十分だから 周りをもっと大きくしてね!お願い!



IMG_6622

IMG_6661
IMG_6662
IMG_6663
IMG_6664
IMG_6665
IMG_6666
IMG_6667
IMG_6668
IMG_6669IMG_6670
IMG_6671




tokyo_la12 at 01:14|PermalinkComments(0)

April 08, 2018

ルヴァン・カップアウェイ仙台戦

雨が降る仙台駅に着いた平日アウェイ雨。こりゃやるしかないね。しかも寒い。

でも、満開の桜が心和ませる。


スタジアムに着くと雨は上がった。空は曇天だけど。


平日アウェイ それでも約150人くらいの青赤を応援しようと見守ろうと そういう人たちが集まった。


雨を凌ぐ後段から前段に場所を移しこれから始まる試合に備える。一人、二人と仕事を終え、新幹線で駆けつけてくる。みんな好きだねー。


Vamosvamosエルシクロン Vamosvamos トウキョウ

カップはいただき、俺たちゃ無敵の東京


意気揚々と今日の試合に臨んだ。


今日のスタメンは林、太田、室屋、マル、吉本、ウッチー、高萩、米本、タケフサ、前田、ケーマン。


じゅうぶんなメンバーなはずだった。



しかし、現実は甘くない。


ポジションがタケフサの位置が低いため ボールを持って果敢に仕掛けても一人二人かわしてもおそらく相手は怖くない。彼が抜き去ったあと 彼に簡単にやられたことが恥ずかしいのか転がる選手多数いたけど。


彼がボールを持つときに 必ず一度 かわし しっかりルックアップしつつキープして仕掛ける。圧倒的な技術で二人三人を交わす。これに合わせて引き出せる周りがいないことが苦しい。彼に全てを任せ待つのではなくて、それを起点にし引き出さないと意味がないのだが。苦しい体勢でも彼からはきっとパスは放たれるはずだから。現に出されるパスはそこに動いてくれ!と言わんばかり。


3-0の結果だけをみて 試合どうせDFがやらかしたんだろ と判断するのは早計だ。


1点目の失点は 二度林が防いだのち、そのこぼれを走り込んだ3枚目が見事に決めたものだし、残りの2点も右サイドの選手のよくぞ撃ち抜いたと敵ながらあっぱれな豪快なボレーでの失点。

逆サイドのためなぜオフサイド取られたのかよくわからない東京の幻となったゴールとドリブルからの混乱の中見事に放たれたタケフサのポスト一個分外れたシュート、東のこれまたポスト一個分外れたシュート、早い連携から前田がミートできなかったシュート、タケフサが倒されたことをアピールせずすぐに立ち上がっていれば 間違いなくビッグチャンスになったシーンが今、思い返した中で悔やまれるシーンである。


後半 週末のためか、いまいちと判断されたためか高萩 吉本が交代。監督の素早く的確な交代も僕は正しいと思った。なんとなくやっていると下げられる今年の東京。勝利に向かって常に最善を尽くす。


最後まで1点を返そうと必死に送られた声援。人数は少ないが全体に対する声出して共に戦う割合はいつもの10倍だった。


TVで見ていた人には絶望的な試合だったかも知れない。でも、現場ではなんとか一点返したい思いが溢れた。そういうもんだよね。


現場では 勝利を見に来た ではなく、共に戦いに勝ち取りたくて来た人が多かったんだよね。悔しいよね、悔しいけどこれが現実。


試合後やって来た選手にかけられた言葉。


もっとやれるぞ!室屋良かったぞ!次は勝とうな!日曜日期待してんぞ!


よく見たら監督もいる。平日ここまで来て応援した人々に申し訳ないということなのかもね。なんにしても 平日 ここまでやって来た人にここにいる人々にはなにも言うつもりはないよ。次も頑張ろうねってことくらいだよ。


たまたまというには離れたスコアかもだけど、ヨネ、東、タケフサ、前田 決めてりゃ 3ー4だもん。たらればだけどさ。笑


ということで何を恐れることもなく 長崎勝ちにいきましょう!それでは行かれる方スタジアムでよろしくお願いします。食べまくった分 声出して飛び跳ねて消化しないとね笑


IMG_6598

IMG_6599
IMG_6600
IMG_6569
IMG_6533
IMG_6537
IMG_6536
IMG_6590




tokyo_la12 at 00:55|PermalinkComments(0)

April 04, 2018

リーグ戦 vsガンバ

前年度までケンタさんが指揮官だった大阪との対戦。


楽しみでしかない。


開始早々 2 永井の強烈なシュートの跳ね返りを 東のボレー強烈なボレー‼️


強烈なシュートはネットに突き刺さり先制!!!


いい顔しすぎだ東!!!!


秒殺東京‼️


さらに加速する東京。


惜しいシーンが次々。


しかし、ヤットはうまいな。押し込まれている低い位置から正確なパス。

でも、恐いのは彼だけ。とはいえ、やはり似たようなサッカーであることは明白。


マコが躍動していることが嬉しい。本当に嬉しい。室屋もこのまま黙っているわけないし、右のマコvs室屋 左の小川vs大田の争い激しすぎる。ファンとしてはうれしい悲鳴。


お、お、大森ーゴールゴールゴールゴール オカモトから赤嶺と受け継がれた応援が大森へ。


あっという間に前半の時間が過ぎていく。再び小川からモリゲ!バックヘッド気味にゴールネットを揺らした2点目!!


後半の頭 当たり前にルパーンには行かせず、荒れ狂うをブチ込ませた。つまんねーんだもん、なーんか決まりみたいになってて。荒ぶる気持ちを大切に。んで、終わった瞬間 早くルパンやれよーと激しく言いよる。笑 S東京



後半も圧倒的にと言いたいところですが、ガンバも元指揮官の前 意地で2発跳ね返してきます。

PKのは あんなもんシュミレーションだろ!と言いたい気持ちをぐっと抑えて 東京を信じて いくしかないんでね。林飛ぶ方向はどんぴしゃりでしたが、シュートがスピードが速かった。。あと一本明らかなハンド 流されたなぁ。


高萩は難しいスルーを狙う でも、イージーに失うことが相変わらず恐い。高い位置だから修正できるけど 致命的なことになりかねんよ。


応援 雑多だけど勝たせたいって気持ちがなんだか満ち満ちていて悪くない。小川からディエゴ!!


その空気の中 小川からディエゴ!!!!!!!!キタ───O(≧∇≦)O────♪


新キングの座へ駆け上がるディエゴ 大爆発東京


追いすがるガンバに狂犬ヨネを解き放つケンタ。あちこちでガブリ。


けーマンのナイスセーブも忘れてはならない ね つぎは点とってな!


行こぜ!行こうぜ!からの眠らない街に ちょっとヨロけた(最後までやり切れ東京かと思ったから) リーグ連勝!!!!!!!!デカイ これは デカイ。


2-2に追いつかれて突き放したから たまらんよね。引き分けで終わりとかさ、逆転されて なんて 弱気なこと 思っちゃった人もいたんじゃない?今年の東京のタフさが本物になっていくといいね。


試合後は ケンタの歌ではなく、彼への俺たちの愛と欲望を讃え伝える歌。ヤット いや やっと歌えました。


ケーンタケーンタ パッパパラパー ケーンタケーンタ 踊るポンポコリン(僕らのこと)ピーヒャラピ タイトル欲しいよー 


なんか歌詞変わってたなw


さあ、水曜日 ルヴァーンカップ メンバーも楽しみだし 行ける人でやるしかないねー!

長崎もあるし 難しいよね。うん。





IMG_6517

IMG_6519
IMG_6516
IMG_6515
IMG_6514
IMG_6513
IMG_6512
IMG_6511



tokyo_la12 at 17:22|PermalinkComments(0)

March 23, 2018

リーグ戦 東京vs湘南

リーグ戦 vs湘南戦


ディエゴの豪快なミドルシュート。腰の入ったシュートは 巻きながらポストをかすめるようにネットに突き刺さった。このゴールが2018リーグ戦初勝利を呼び寄せた。


チャンスの起点はケント。相手からボールを狩る。この難しい作業から繋ぐことの大切さをやれる大切なプレイヤー。奪い取ったボールをかんたんなパスミスで失うことが最近怒りより哀しさに襲われる。

左右のSBも一新。小川とマコが起用された。マコは出るたびに経験を吸収して伸びていく感じがする。あとボールコントロールが素晴らしいよね。次にやるプレイのためにどこに置くべきか が完璧。どんどん経験して 室屋と競り合って欲しいし、太田を倒す!と豪語した小川はもっともっとやれるはずだし、やってもらいたい。


90分走り抜く姿勢を通し、勝利に誰よりも貢献していた東。のらりくらりした東はもうどこにもいないね。彼にも浦和戦で見せてくれたようなゴールを毎回期待している。


高い位置でプレイすることが多くなった高萩。彼も出して飛び込むシーンをもっともっと期待している。リーグ時代のゴールシーンが忘れられないし、あれを眼の前で見たいのです。高い位置でのチャレンジパスはカットされても仕方ないと割り切りますがKズルズル下がって低い位置でのミスパスは致命的なのでやめてね 萩さん。


ケーマンは 前半はいくつかのシーン以外ほぼ消えていたのが残念でならない。そして力んじゃうのかなシュートの時に体勢がふかし気味になる姿勢なことがどうしても気になる。フリーでのんびり打たせてくれる場面なんて試合ではほぼないわけだし。そこで負けてては横浜の時こういう特性がある というのを僕はほぼわからないので様子見なんだけど、いつまでも転校生みたいな感じでは困ります。あれが目一杯なのかな?最後交代前に放ったシュート、ああいうのをドンドン出し惜しみなく見せてもらいたい。


ディエゴのゴール後 前田、永井、ヨネと投入したベンチの判断はとても良かったと思います。前田さんが飛び込んだのはオフサイド取らないで欲しいと思いました。でてますけどー。

1-0のゲームって難しい。勝っていることに酔って いるとバチコーンと食らうし、遊びながら締めるところを締める コールを紡ぐ人の役割はデカイ。んです。


ルヴァン初勝利の決勝点を決めたタケフサを使わないところがいい。俺はこういうやり方好き。んで、つぎに一緒に使うとかそういうの見たいのです。


さあ、やっと始まりましたリーグ戦 というところかな。

ここから相手にとって 恐い東京になっていけることを強く願います。


いつ以来の勝利!とか俺興味なくて2018新シーズンリーグ戦ホーム初勝というのが嬉しいですねー。この先ホームゲームはつねに勝利でありたいと思うのです。


チーム全員に力を出せ、やりきれ、ってさ、人ごとじゃないと俺は思います。押し付ける気なんてのはないけど、やっぱ応援もそうだよね。やって当たり前な人も今までそうでなかった人も チームの勝利目指して 一緒にやっていけるとより良いと思いますね。


少し、中断しますが この間にチームが熟成し、いくつかの鉄板得点パターンの組み合わせを作り上げてくれることを期待します。よく話し合ってお互いの希望する絶対のパターンを是非、手にして 中断後のガンバ戦(一部なんだかうるさいけど、何も意識することはないと思います)から、それが見れたら最高だなぁ。


IMG_6115

IMG_6114
IMG_6113
IMG_6109






tokyo_la12 at 02:13|PermalinkComments(0)

March 17, 2018

ルヴァンカップ 新潟戦

ルヴァンカップ vs新潟戦


平日水曜日 勝利へのゴールを呼び込み走り込んで流し込んだのはタケフサだった。

この瞬間をスタジアムで目撃した我々は幸せだ。高萩のパスをディエゴが受け呼び込むタケフサにパス 永井がDFを引き連れ開けたスペースに切り込んでサイドネットに台形で決めた。


ゴール裏に一直線に走り込み 喜びを大きなジャンプで爆発させたタケフサ。彼を待ち受ける我々も最高に幸せな時間の中にいた。


7500人がタケフサの始まりの目撃者となった。無理して仕事を終わらせ、勉強を切り上げ、スタジアムに駆けつけた我々への最高の贈り物だった。


今日集まっていた人々は心底 東京が好きな人が集まっていたんだと思う。集まっている人数に対して一生懸命に応援している人の数が圧倒的に多かったから。

つまり、そういうことだよ。ネットの声に左右されるなんてのは考えものってことさ。

僕はなんとかしてスタジアムに駆けつけた人を信じたいし、泣く泣く、仕事や勉強で諦めた人にはまたスタジアムで!と言いたいね。

(タケフサの活躍を垂れ流す地上波の集客効果が出るのかな?ルヴァンカップという大会である事も他のチームが予選を行なっていることも報じないけどね。いつもの事)


先制すればとかいう人もいるけど、浦和戦は逃げきれてないし、過去のデータなんてもうあてにならないんだよね。勝ち切るサッカーを目指さなきゃ 優勝なんて夢のまた夢。


タケフサがこじ開けた 勝利への扉をどうつないでいくかだと思う。

冷静なこと言えば あくまでJ2の新潟に勝っただけなので。


試合中いくつかのチャンスはあった。でも決めきれなかったのは事実。そこを冷静に流し込んだのは本当に価値がある。彼を信用して使わなかった時間がもったいなかったね。世界の舞台を見たら 彼と同年齢でW杯メンバーなんてのは珍しくないこと。オリンピック見たって 活躍して当たり前の年。それを起用し責任を取れる人物の不在の方が問題かもね。


ディエゴもキワキワのシュート2本とアシスト。痛んでの交代だったからちょっと心配。復活して湘南戦にいてもらわんと!小川ワンプレイしたあとひと息つくサボり癖なくなればもっと良くなるのにね。すんげえ期待してんだぜ!マルとヒョンスのコンビは好きだな。お互いのバランス声かけあってるもん。マコはよくやってるし、やった分伸びを感じる。前半 センタリング躊躇したのが悔やまれる あそこを強気でいければもっといい場所に行けるよ。


タケフサ以外の選手は、枠にシュート入れないなら外すごとに減給す。で、消極的になってパス回しそれも最悪。


枠に入れれば詰めれる可能性あるけど宇宙開発はねえ。ケーマンはシュートふかしちゃうイメージがますます強くなった。それじゃダメ。枠に流してくれないとお話にならないです。


金曜 U-23あるけど お客 はいらないだろうなあ。行きたいけど、さすがに無理ですわ。

J1ならまだしも J3適応は無理だと思うよ。


日曜日リーグ戦初勝利に向けて タケフサのゴールが繋がるといいなと思います。


ルヴァンカップの勝利を残念ながらスタジアムで見れなかった人、水曜日は多くの人が声を出して応援していた事実を伝えさせてもらいたい。 日曜日も90分,多くの人の声と飛び跳ねて強引に勝利を引き寄せる雰囲気を作れる 元気な応援 やって行きましょう。


湘南ナメれる成績じゃないからね。


実際サポーターにできるのはそれぐらいだもん。








IMG_6058

IMG_6059
IMG_6063
IMG_6064
IMG_6072
IMG_6074



tokyo_la12 at 23:07|PermalinkComments(0)

March 13, 2018

リーグ戦 第3節 磐田vs東京

リーグ戦 3 磐田vs東京


新シーズンまだ勝てません 同士の対決。


前半 ヨネが中村を狩りまくる。悪くないスタートだったんだ。


FKから早いリスタートから前田 11 正面。流し込んでくれー。


勝てていないから 自信を持ってやるべきプレイもピリッとできない東京。


素人考えだけど、こういう時こそ、シンプルにダイレでつないで走って作らなくてはいけないと思うのだけど、逃げるパスを選びがちになる。ボール失いたくないからね 仕方ないことではあるけども。ここを耐えて耐えて耐えて ゴールを奪うしかないのは お互い様。


ボールホルダーへパスをもらいに行く動き   スペースを繰り返し狙う動きが、スペースに動いてもらうという動きが なくなって行く東京。ここへ出せ!周りから助けの声も無く 持たされて詰まる。ボールを受けた選手に連動して動くをあれだけやってきているのに なんだか上手くいかない というのは本当に厄介。無駄走り、周りの声って俺すごく大事だと思うんですけどね。こういう自信を持てない時こそ。


川又 嫌なキープするなー。上手いよ。

相手の41の選手は手で相手を突き飛ばしたり プレイが汚い。昔のモリゲみたい。イラつく。


前半はこのまま



黙って見つめていて好転すればいいんだけれど。応援よりもピッチ内が気になるよ。

無駄走りも声も絶対無駄じゃないから もっと盛り上げていこうよ、東京。


後半の立ち上がりはいいリズムだったのだけど、


右サイドそれまでのらりくらりやっていた (誰よりも警戒すべき男)中村がクイックモーションから悪魔の左足が炸裂した。跨いで引いて逃げるようにしつつ、放つ。そのボールは決して簡単でないヘディングシュートとなり 付いていたモリゲ何もできず、林の指先をすり抜けて 磐田先制。よく入っている15000人規模のスタジアムに歓喜の声が広がる。


エースの一撃は厄介。


同店を目指し 反撃を開始する東京 しかし、ゴールが遠い。


永井が投入される。しかし、好転せず。

残りわずかな時間 タケフサ投入。

上手く行くプレイだけではない が、確実に相手に押し迫る気迫を見せる。


彼に連動して飛び出す、決めに行くために呼び込む選手なぜいない?


磐田の猛攻 切れたと思いきや残した川又 諦めない 彼が右サイドから流し込んだボールをダイレクトで叩き込まれ 2-0で終了。


彼らがチャレンジしまくって敗れ去ったのなら それでよし。

チャレンジが足りないと感じているなら よりシンプルに 1番ゴールに近い方法をチャレンジし続けるべし。チームメイトを信じお互いを高め合うために声を掛け合い勝利を目指すしかないよ東京。


上手くいかないと頭抱え込んでいられる日程ではないからね。

目つき顔つき変えて臨んで行くしかないんだ。


この苦しみが大事だったと言えるように ひとつひとつを共に戦い抜いて行くつもりです。サポーターとして。



明日はU-23(こちらも駆けつけたけど、苦しい戦いでした。試合後たまたま会った近藤ユースケくんと語ったよ。仲間と話していたこととほぼ同じだけど、ベテラン中堅がここであの調子ではクビになる もっともっとやるべき。若手はどんどんいい経験を積むべき。

プロとして厳しい思いをしてきた人だから重みのある言葉だよね。


仲間と話していたのは ポジションの話 試合経過と共に焦れてボールを欲しがる選手中と外をチェンジすべき、意図してあえてのポジションニングかもしれないけど、輝ける決められた場所に張り付くことより 勝利に繋がる動きを選手たちがすべきということ。


さて、水曜はホームのルヴァン予選。おそらくは三ツ沢のメンバーにテコ入れして臨む90分となるだろう。立ち止まっている暇はないもんね。 ひたすら勝利を求めて 突き進むしかないんだよ東京。


自分を信じて行くしかないんだ。走り抜くしかないんだ。やり抜くしかないんだ。

チームメイトと協力しあってお互いのいいところを引き出して臨むしかない。


平日19:00キックオフ(なんで19:30じゃないの?)

厳しいけど、我々も応援したいならなんとか駆けつけて東京の勝利のために 

サポーターとしてやれることをやり抜くしかないと思います。


J2の新潟は間違いなくチャレンジしてくるだろう。

失うものがないからね。東京も同じ気持ちで戦い抜くしかないよ。

我々も。J2なめてました!はもうやったから。

上も下もない。ひたすら勝利を求めて走り抜くしかないんだ東京。


90分後、笑顔で彼らを迎えたいだけなんだ。


IMG_5994

IMG_5993
IMG_5996





tokyo_la12 at 02:52|PermalinkComments(0)

March 09, 2018

ルヴァンカップ 第1戦 横浜vs東京

ルヴァンカップ予選 横浜vs東京


試合後、自分1人だけでも去りゆくタケフサに コールをやりまくらなかったことだけが今日の僕の後悔。彼は今日最後まで諦めず ゴールを目指して闘っていたのだから。決めきれず悔しかったろう。それをチカラに変えてくれ!そして次こそ、最高の笑顔を!




ほぼ ターンオーバーしたメンバー。

僕が期待した通り。GKもリクでよかったのに。なぜか?彼はガンガン声を出しチームを鼓舞出来るから。

沖縄でみたとき ほぼこのメンバーになると 声を出してリーダーシップとる奴がいないことが気になったのね。永井、ケーマン、橋下あたりが攻撃ではそれをやるべきだし、DFでは吉本、マルがやらなきゃいけない。ヤマは沖縄で声を出していたけど、今日はなれないポジションでそれどころじゃなかったと思う。マコを右サイドで神戸戦試してよかったからそれでいけばいいのにと思ってた。縦に永井がいてあの時はいいバランスだったんだけどな。




今日僕がここでみたいのは リーグ戦を闘うトップメンバーを突き上げる気持ちとプレーでのアピール。


間違ってはいけないのは U-23のゲームではないということ。

組まれた試合をこなしているようじゃ困るのです。

チャンスは掴み取るものですから。


U-23のように出ているベテランがいやいや ちんたらやることだけは避けなくてはならないのです。なんかU-23感だしてる奴いたでしょ ムカつくんだよね。俺。


ベテランで起用されるメンバーの中誰よりもチームを鼓舞し 声を出し、声をかけ チームを引っ張ることをしなくてはいけない。この試合の柱として出ているんだから。


俺こんな場所にいるはずではない というU-23と同じような姿勢は見たくないのですよ。





僕にとっては 東京のトップと同じ料金を支払い 予選突破を期待し、ピッチに立つ東京を応援しにきているのだから。ユースを混ぜて経験を積む試合と同じではないからね。






90分を通してなんとかゴールをこじ開けようと 常にチャレンジする姿勢を見たいのです。


試合は序盤猛攻を仕掛けた東京。仕上げのゴールが奪えない。


ワンチャン シンプルに回し 簡単にダイレで繋がれ マークを外され 流し込まれ失点。

シティグループが送り込んでくるガイジンウメェなぁ。


33,7,35いい位置に入り込んでくる。

(ま、2,3点取られても跳ね返せば良いだけのことだと思うのだけどね。)


その後も数回 マークをズラして入ってくる相手にフリーでやられる場面が目立つ。声を掛け合ってくれよ東京。


三ツ沢の近さでそれを修正するデカイ声は聞こえないことが不満。


ちんまりおとなしくプレーするお坊っちゃん達じゃダメだよ。

ここは闘いの場だぞ坊や達。


そんな中ひとり果敢にゴールを目指してチャレンジを繰り返すタケフサ。強引に華麗にドリブルを仕掛ける。どうにもできなくて相手はファウルするしかなくなる。彼の熱がなぜ周りに伝わらないのか。彼がボールを持ったら、コースに2人、3人と飛び込めよ!そして呼び込めよ!!!得点したいなら必死に仕事をしてもらいたいのです。

ぼけっと見ているんなら2500円払ってスタンドに居ればいい。

(後半タケフサが誰もいないところにあえて出すのはパスミスではなく 俺が受けたら そこに走り込んでくれ!のアピールだと思うのですよ。そのくらい誰も反応していないことに腹立つ。)


うっちーがエンジンかかるの遅いことも 切羽詰らないと やりださいない小川ももうわかってるけど、それじゃダメなんだよ。少し早くエンジンかけて欲しい。物足りないんだもっとできるよ。誰よりも期待しているのだから。


今日物足りないナンバーワンは永井くん。ここでリーダーシップ発揮して ヤングチームを牽引してもらわんと。もし東だったらそれをしていると思えるもん。俺は沖縄でも伝えたけど、あんたに期待してるんだぜ!


ハーフタイム 監督のムチか飛んだか雨が配られたかわからないけど、ほぼ圧倒しこちらの陣内にいた東京。しかし、繰り返しタケフサの得たビッグチャンスを実り多きゴールに結びつけれず。タイチが入り やっとエンジンかかった小川。(遅い!死ぬほど頭から永井をこき使うくらいでいいんだよ。) マルも攻め上がる。1点を奪う気迫。素晴らしいが30分遅いよ東京。


沖縄でも何人かの選手に 声出しあって お互い活躍して トップのレギュラー食い込めばいい!って言うのはサポーターのおっさんの冗談でもなんでもないのです。それをコンビでやればコンビごと上がれるんだから。ゴルゴのおっさんは そう言うとこ かって使う監督だよ。


カピタンマークをつけたケントは何をどう思っていたのかな。


次のルヴァンも負けたことによって残念なことに勝つためには同じメンバーな訳がないので 彼らはひとつチャンスを失ったのではないかと思うのです。そうでなきゃラッキーだよ。





勝利がないことを我慢する過程にもたぶん限度がある。


でもね、ここしばらく 我慢しなきゃいつするのって 時な気がします。


次も勝てない同士の対決な訳で。


なんにしても スタジアムで全てを見ているのと、結果だけを流れ行くタイムラインで数字で観るのは大きく違うと思うんだよね。ネットの数字にはワクワクも期待感も何も見えてこないから。おそらく受け取るのはため息交じりの望んでいない残念な数字。平日ですし、観戦が難しい試合が山ほど続くでしょう。


東京好きならばできれば、スタジアムで観ることを勧めます。できればです。


そしてイライラしたら 平気で行かないという選択肢も我々は持っていることを忘れずに。


東京は生活であり  そこにあることが当たり前であり、勝利を求め 共に戦うものではあるけれど、あくまで 娯楽の一つ。


義務じゃねーし。観戦仲間がドーノコーノとか知ったこっちゃねーし。


応援するしない行く行かない その選択肢は常に自分にあることを忘れてはダメです。


さ、磐田への準備しないと。すぐ試合だからね♬ 俺は楽しみにしている1人。


僕は楽しくて仕方ないよ。強くなろうとしてもがいている東京と共にあることが。


2018東京の大逆襲 がっつりキメて行きたいのです!


では、また、スタジアムで。


寒い雨の中の観戦じゃなくてよかったね東京。1日ずれてたら ヤバかったあ笑



IMG_5955

IMG_5954
IMG_5953
IMG_5949
IMG_5951


















tokyo_la12 at 04:44|PermalinkComments(0)

March 05, 2018

VS仙台 リーグ戦 平山の引退セレモニー

仙台は 良いお客様 そんな意識がなかったわけではない。


彼らにとって味スタは鬼門のはずだった。


でも、そんなことは関係なかった。


あのポストにあたり、コロコロと転がり逆のポストに当たってゴールイン。


振り抜いて打ち込んだ選手を褒めるしかない。


いつもと逆にこちらに攻めてくる違和感は多少あったが 負けるわけはないと思っていた。



東京は前半の頭からよく攻めた。侵入したディエゴが倒される。ボールにも触れているが明らかに足にいっている。これを流されるって事はなかなか厳しい試合になるなと思った。ジャッジに頼る選択はない。


その後、東京はフェアに押し込み続けた。相手のクリアを見事に抑えた東のダイレクトボレー、飛び込んだ大森のシュート、高萩のシュート、再び、大森。そうそう、相手のハンドも流された。


この勢いでGOALを生み出せないと キツい。


僕は選手と選手の距離が少し遠いと感じている。

遠いからダイレクトで回さないし、回せない。

持てるから持つ。そのぶん、守備は固められる。

ダイレクトでボールを走らせる事はチームに活力を与えると信じている。


まだ2節。ここで勝てなかったことをチームを叩いているようなら もう応援はやめたほうがいい。

幸い俺の周りにはそんな奴はいない。ひとりもだ。うまくいかないからとふてくされる東京はもういない。


今年はこう言える 試合を落として本当に悔しいのは選手たちだ。


試合は仙台が一点を守りきって勝利した。


試合後は平山の引退セレモニーだ。ゴール裏に二階から大きく出された平山の幕。

ゴール裏が作り出したもの?いや、1人の想い、その仲間の想い。

凄いよな。素晴らしいと思う。


堂々とした それでいて 優しい彼の挨拶。

僕彼の東京のすべての時間を共に過ごせたことを誇りに思う。


胴上げされて 贈られたユニフォームをスーツの上から着て脱げなくなって


最後にシャーをやって グラウンドに一礼して去っていった。


これからの指導者への道を応援させてもらいたい。



次の試合はルヴァンカップ。平日 だから なかなかいけない試合だね。


ターンオーバーするのかな?しないで望むのかな?

出来ればターンオーバーして 下からの突き上げるチカラを見たい。


小川、マコ、マル、吉本 GK 選ぶのが難しいな。

そーたん、ケント、タスク、リッピ、平川はもういけるのかな?

タケフサもあんなもんじゃ満足していないだろう タイチのゴール見たいよな。


なんにせよ、東京が楽しみでしかないんだ。






IMG_5927

IMG_5928
IMG_5929

IMG_5931
IMG_5932
IMG_5933
IMG_5934
IMG_5915

試合を見てその思いを「東京」という曲を作り 歌ってくれる 歌い手のマユミヤマザキも応援に駆けつけてくれた。

IMG_5909



tokyo_la12 at 16:03|PermalinkComments(0)

February 28, 2018

2018開幕戦vsうらわ

2018 開幕。


2018は雑音に惑わされることなく、我が東京をとにかく楽しむこと。

そして勝利に繋がる後押しになる応援をみんなで。


沖縄まで行って見て来たことの積み重ねが見える東京。楽しみでしかない。


試合前には 東京ファンとして有名な(今の東京ファンの多くはしらないかもしれないけど、スカパラの川上さんは時間があれば、京王線で駆けつける味スタ東京サポーターなんだよ。)川上さんがいる東京スカパラダイスのミニライブ付き。ナオの応援もスカパラの曲だったんだよ。

始まってみて ど真ん中にいる人さえも踊りもしない人の多いことに驚きを覚えていました。俺、ライブ行けばお気に入りなら踊りまくりなんで。


こんな硬い人たちを飛び跳ねて大声で歌え!とか 相当辛っ。とか思ってしまった。

さあ、みんなで踊りましょーイェーイ!とか言わないとダメなのかしら?

東京こんなもんかよと。

浦和は出せることにいつのまにかなった旗パタパタしてたけど。

スカパラ楽しむ余裕もないのかね小さくなったなあ。アジアチャンピオンのゆとりを見せておくれよ。




試合開始前 YNWA なぜかしょっぽいブーイングをぶつけて来てる浦和にも???。どーした?ん?って思う。もっとさ、口ばっかの東京の雑魚共がビビるような圧力プリーズ!どこ行った?あの怖さ?ははーん、大したことないと思わせて後半にやって来る気だな。なんて思いつつ ユルネバの後半には見事にそう言う雑音も聞こえなくなる。後半伸びる歌なのに。頭にぶつけてもねえ。

試合中飛び跳ねてる人も明らかに減った。それでも東京よりははるかに多いけどね。東京の人はアホみたいに応援して汗をかいて 選手を鼓舞するよりも 見守ることが好きな人が多いみたいだから。並ぶことと食べることへの努力は怠らない。そうそう 点を取った時もね。浦和すげえ!とかいう前に 君も君も君も飛び跳ねてないし大声で手を振り上げて応援したらすぐ追い越せるって。そのひとりなのですよあなたは間違いなく東京のチカラになるひとり。


やるかやんないかは 自分で決める。誰の目にも映るであろう相手。その上をいくには?自分の周り見渡したら 何が足りないのかわかるはず?やるかやんないかは あなたの考えること。

相手に勝ちたきゃ やるしかないのは ピッチもスタジアムも同じではないでしょうか?


周りのことなんて気になんない?それでは望む成長得れないよね。超えたいなら嫌でも周りは見ないとね。

自分らのことを見ずに相手を批判していいのは何もしない記者だけだよ。あの人達は必死に応援したことがないからそのチカラを語れるわけがない。その言葉を鵜呑みにしてたら 応援する気になんてなるわけないよな。

冷静な傍観者じゃなきゃ務まらねー仕事だろ?あっちは。

(なかにはイカれた人もいてね、そういう人の文章、フォトは愛と熱があるから大好きだ)


スタジアムにわざわざ朝早くから時間作って来ている人に もう、あーしろこーしろ いう気しないんだなー。やってほしいことは山ほどあるけ気がついてほしいことたくさんあるけど。


自分で考えて動くのが2018の東京だからね。


足りないものわかる?ネットで相手を馬鹿にする前にやるべきことやろーぜ!ぐらいしか思わない。俺の知らない サポってやつのマニュアルには ユルネバ わっしょい 眠らないを歌えばOKとかかいてあんじゃない?それだけじゃ足んないわあ。


俺は きつい時間こそがサポーターの出番 選手の心に響かせる声を 疲れた時に目に入るゴール裏の動きは(飛び跳ねる等の行為で)視覚から選手に活力を与えると思うんだけど。「ーター」が取れただけで 楽して文句ばっか言うものにすり替わるなんて不思議で仕方ないよ。


2018初めて 二試合目の東京の試合であれば見入ることも仕方ないから 開幕ならではなのかもしれないので、今後の試合 みなさんのさらなる奮起に期待してます。みんながやれば、あっという間に浦和なんぞ追い越せますけど?騙されたと思って飛び跳ねて見ない?膝の屈伸でもいいんだよ。飛び跳ねて見えるから  


選手に求める分はやりましょーねってお話。毎度毎度だけど。


サポーターにやれることは 誰よりも愛するチーム信じて唯一の武器 声と動きしかねーんだから。


自分の目で見て感じたことが全てだよ。

キャンプに来てもいない記者の書くことなんかよく信じられるよね。って思う。




試合は硬さが目立ったなー。のびのびやってたキャンプでの神戸戦の2割の出来栄え。

相手がアジアチャンピオンなんでとにかく慎重に行って後半勝負なのかなと思いながら応援していたよ。


ディエゴに飛び出して来て体当リ、アンドお触りして逃げた西川くん あれは審判部としてどう見るのか気になるね。カードすら出ないわけで。体に触れてしまい進路妨害したのは事実なんだけど、レフェリーの位置からも見えていると思うんですけどね。下手したら一発退場でもおかしくないとこですけどね。痛がる痛がらないではないと思うけど。ま、嫌だったんでしょう。ディエゴが。


後半頭の東のゴールはものすごく嬉しかった。君もだろ?嬉しかったよねー。まさに練習で見ていたことをやりきったよね。高萩のパスの前から走り出してボールが出ることを信じて走り受けて流し込む。素晴らしかった。もう少し喜びに浸っていたかったけど、さすがアジアチャンピオンだな。体投げ出して決めに来たマキノにやられちまった。でも、ピンポンみたいになるセットプレーはどうしようもない時もあるから。

残りの90分崩されたシーンはなかったからね。東京。褒めたくなくても決めたマキノを褒めるしかないし、そのCKにつながった安易なミスパス 本当に一本のパスミスが失点に繋がるんだよねー。


次の試合は

もっともっと躍動する東京に期待したいし、もっともっと 今年の東京すげえ!と他のチームから言われる応援をみんなとすることが楽しみで仕方ないです!


やれると思うんだよね。


今年は。あんだけ見事に風船やれて ユルネバ歌えて わっしょいできるんだから 

それ以外できない理由なんて見当たらないっつーの。


では、また、週末!勝ちに行こー!!!


IMG_5876

IMG_5870
IMG_5875
IMG_5871
IMG_5872












tokyo_la12 at 07:33|PermalinkComments(0)

February 21, 2018

PSMと開幕に向けて

PSM ヨコハマ


https://youtu.be/eGMxA_ZJmY4


沖縄でも好調だった前田さん 気の緩みはないね。


アキさんも素晴らしい反応。


同点にしてくんないと練習にもならない。  


そこからの巻き返しとか そういうのを見たい。


実戦でいまの味スタの感触は選手は得れたと思う。


我々も実戦を意識した 喉を開く作業できたかなと。


PSMは応援しないのでは?知りませんよ、あたしゃ。


決められた事 ルール 大事なんでしょう。


だいたい 今回はお金払って行ってるし、誰も示し合わせたりもしてないわけで!


軽〜くするでしょ?普通そう思ってきません?笑  


誰が決めるのか?自分が決めることじゃんねーそんなの。大旗持って来てません 知らねーよ。あんたのとこの子ボスの意見なんか俺知らんて。


永井が練習通り枠に流し込み始めれば もっともっと良くなっていくよ。


楽しみな週末に向けて


ゴール裏の応援を作るのは ひとりひとりの力。そこをやらずに あーだこーだは もう良くない?まず、世界中のどこよりも 選手に気持ちを伝えられてる 応援でありたい。


否定するのは構わないよ、でも、否定している人たち 沖縄にもジャカルタにもいなかったんじゃない?本当にあの人達は東京好きなのかな?嫌いな人、気にくわない人を叩いて回るゲームなんじゃないの?



携帯に愚痴こぼしたって気休めにもならないし

さあみんなで集まろうよ

君はひとりぼっちじゃない

もっともっと良くなるはずさ

一緒に乗り越えて行こう

(ASPARAGUS "BE TOGETHER)

https://youtu.be/PAn1WGtvCqU





いくら素直な気持ちを描いて見ても 

見る方が偏った考えで見てくるからね。

過去のことを気にしていないわけじゃないよ、

でも、全部それがあるから今があるんで。

天真爛漫馬鹿真面目をかき混ぜて

楽しさ悔しさ積み重ねて今があるんですよ。


昔は良かったじゃないんだよ、

昔も楽しかったけど、今ももっと楽しい!これでしょ。



応援はさ、ひとりひとりが気がつかねーと。

飛び跳ねる意味、声を出す意味、

別に写真撮るななんて今は言わないよ、でもね、それを忘れるくらい

気がついたら応援してた!撮り損ねた!なんてのが聞こえてくると嬉しいじゃない。


自分にできねーことが始まると やれルールだ決まりに反してると声だかにいうけど、

君ら何か一つでもスタジアムで生み出したことあるかい?

これからやればいいじゃん、一緒に。世界に誇れる応援を生み出す1人でありたくない?

否定する人にはつまらねーことだろうけど、マスコミ向けやご機嫌取りじゃない、

言わされてない本気の「応援ありがとう」って言葉  本当に嬉しいものだよ。


簡単なことだよ。浦和よりすごい 開幕で言われりゃいいだけ。


それをするためにはひとりひとりですよ。

仲間だろうがなんだろうが、横の友達、知らない人、個人的に嫌いな人、好きな人


なんであろうが 青と赤の東京があるか集まったんでしょ?ここに。

外から見りゃあ、みんな 青赤の東京のサポーターな訳ですよ。

ちっちぇえ個人のドーノコーノなんてどうでもいいの。


長くスタジアムにいるおっちゃん達のいうこと  

くっだらねえけど、生の経験、体験に基づいた事なんで。


いもしない場所にいたとか ハリボテなんてバレるって話。嘘つくなら相手を見ないとね。


2018 沖縄で見てきた限り、去年なかったものが 早くもチームから見えてきているのですよ。


次は 我々の番じゃないかなと思うわけですよ。

出会った仲間 個人の主義、考え方、感じ方 

いろいろあるかと思いますが、

ゴールした瞬間の歓喜はどこにいても変わらないと思うのです。


必死に見つめて立ってしまう時間も諦めずチームに声援を送り続けると

その喜びは倍増します。ただし、その逆も同じ。


ですから、2018は騙されたと思って

各自、去年の倍の応援をして見ませんか?


浦和すげえ!が浦和よりすげえ!に変えられるのは みんなの力だよ。

僕は常に全開なので これ以上やると壊れますねw


ですから、東京を背負うのは みなさんひとりひとりです。

是非、2018 ゴール裏ハジカラハジマデ みんなに笑顔が溢れ、

常にいろんな場所が弾けて 最後のシーズンになるように、

おじいちゃんも、おばあちゃんも、お父さんもお母さんも お兄いちゃんもお姉ちゃんもちびっ子の僕もあなたも 去年よりゴール裏にいるなら 元気よく声を出して飛び跳ねて 特にチーンとしがちな 辛い時間!!!点が入って5分はどーんといけんのよ、なんもなくても。でもさ持って5分。4点以上入ると今度は飽きてやらなくなるからね 最近はそれないけどな笑


ぜひ、是非、ここ読んだ方だけでもそれを意識して会話してもらえるとね、変わると思うんですよ。言わない、やらないでは変わらないから。



僕は東京のサポーターにはそのポテンシャルは常にあると思っています。

目がなきゃ言わないよ無駄なもん。分散して目の前に来てくれたらやれるとか 朝日の取り巻きか!って言いたくなる。あいつが見てる時だけ必死に応援とかクソでしょ。


そういう事じゃないのね、ど真ん中だけが応援なんて思ってねーし、それをやれるのはそこにいる人だけだからさ、うまく周り載せれたら そのやり方こっそり教えてよw


別に仕切るリーダーなんてどうでもいいのよ、みんながピッチの東京の力になることを信じてくれれば変わるよ。


もっと楽に東京楽しめないかなーって思うのよ。

こういうのが正しい!ああいうのが正しい。

その意見は間違っていると思います!とかさ、

学級委員か!

応援なんてそれだけじゃねーから。


俺、多分 みんなにひとつだけ絶対勝てると思うことはあるよ。


愛の熱量


みんなもそうだろ?それがなきゃ必死の応援なんてできねーもん。



IMG_5809




あと、俺も知らなかったけど、


開幕戦ゴール裏は試合前 青赤風船 2011ぶりにやるんだって。


で、膨らませたら風船の口を縛らないで飛ばさないで 割らないで欲しいみたい。使ったら周りに落ちているぶんも含め 持ち帰って捨てて欲しいとのこと。


(俺はね、膨らましたら、縛って 飛ばして遊んで最後割りたくなるケド。向いてないね)



俺はね、試合中はしぼめて欲しい。試合に集中したいんだよ、飛ばすな口結ぶな 行って回るの前に嫌になったしそれで試合の集中かくなんてバカでしょ。知らなきゃ膨らましたら 結ぶし、終われば面白がって割るもん。そう言うものをやるんだってことなんで 結ぼうとしている人には 結ばないでー割った人がいたら自分が進んでゴミ持って帰りましょう 協力してくださる人やる人は ここ読んだ人はぜひ率先して やってください。そういう人の姿が多いとみんなやるもんです。ゴミ拾う人がいれば任せちゃうもんです。


わざと飛ばしてそれ見たことかと言う人もほんの数人いるかもでしょう。(でも、今回は怖いおじさんたちが実は点在してっから そういうことやるのなら 本当に覚悟してね。おじさん達実はもう怖いもんは嫁と娘だけで違う、怖いもんはないから)


協力するしないは個人の判断ですが このなんでも禁止のご時世にきちんとチームの許可を取って動いた人たちがいるからやれることなんで 協力したい人は青赤のプウセンをヒャクキンや浅草橋などで買い漁ってゴール裏の集める場所へお持ちください。たぶん、色分けくらいするんじゃない?前はやった気がする。今回は知らんけど。


僕はね、風船もいいけど、試合中、選手に期待する文の熱量の声を出すことと、飛び跳ねることと 手拍子を。去年のじぶんの倍‼️を目標によろしくお願いします。期待ばっか選手に背負わせて じぶんらなんもしないなんて サポーターじゃないから‼️サポーターイコールオフシャルユニフォームに身を包んだだけの人でははないよ。ちょっと青崇決めて必死に応援していたってありですから。形じゃねーのよ、中身っす!

https://youtu.be/9pPpyfjqx54





まー ずらずら 書きましたが、俺は


オオカミが来たゾーーーー!!!!


と言いたいだけです。毎年毎年言い続けて、ウソップ状態も今年まで。

来年はACLだそ!!!


とにかく 楽しく過ごせて、ワクワクする試合が観れたら最高。

「サッカー経験もなく わからない人ほど、結果が全てだという。

確かに結果は大事、受け入れて踏ん張るけど、

でもそれだけじゃない。サッカーはそれだけじゃない!」

偉大なる選手の言葉ね。





では、今年もよろしくお願いいたします。2018 みんなでいい年にしような!









tokyo_la12 at 18:46|PermalinkComments(0)

February 08, 2018

沖縄 2日目 神戸戦

はい、というわけで暖かクッソ寒い沖縄の2日目 本日は地方に転勤になり 来れる試合を大事にしている久保田くんと今日ついたヤナギタくんとともに目指すは 残波岬 神戸のキャンプ地での対戦となります。


当初は1人でバスの予定だったから レンタカーで移動楽々ラッキーです。


那覇から約1時間の移動嘉手納基地を過ぎてアメリカンビレッジ過ぎて 


だいぶ草ボーボー 風ピューピュー。あれ?俺来たことあるわここ。以前大好きな女の子と来てましたねw あっはっはっ なんだか胸が痛いぜ


馬鹿でかいシーサーの下 海そばなのに良いグラウンド が見えて来て。


ポドルフスキー、タマ、カズマとの対戦楽しみなわけです。


東京は全員できているんだな。ベンチ横に人が溢れとる。


今日のスタメンは〜。お!マコが右だ!後は新加入からはディエゴだけかあ。ほぼ、去年の戦力というのはその変化を見るには実に分かりやすいのですよ。つまり、ケンタさんのお手並み拝見と言える。東京は アキさん、太田にモリゲにマル、マコ、萩さん、ヨネ、東、前田、ディエゴ、永井というメンバー。相手はポドルフスキーと福岡からのウエリントンと仙台からのタマ カズマにあと那須くんもいたっけな。楽しみだけど寒すぎる。


試合開始。激しいチェイスで詰めるのはヨネ。奪ったボールを回す。受けて走り、ダイレで回す。トン、トン、トン、とパスが流れるようにつながる。のっけからから押し捲る東京。


「いや、こりゃ姉さん、事件です。もたもたしてないし、ボールこねて相手に詰められないし、ユニフォーム脱ぎ捨てて蹴らないし、変わろうぜ!とか言わなくても 変わってますケドーーーー。」


なんてことを考えている間にも ボールが走る走る。相手のマークを剥がすために前の選手のポジションチェンジも激しい。そして何よりも声が出てます東京。


夢みたいな夢じゃない


躍動する東京。高萩に預け 飛び立す永井、右サイドで立ち往生の昨年とは全く違う。

人もボールも激しく動く東京。トップに飛び出して高萩、ヨネがチェイスした時にはちゃんと一枚東が下がり、こういうこともできている


悲しくなるくらい いい。なぜ、同じメンバーなのにこれが出来なかったそう思ってしまうくらい いい。その証拠に ポドルフスキーとタマがボランチの位置まで落ちて来ている東京の圧がすごい証拠。


いくつかのチャンスからついに 来た!


抜け出したディエゴ 足は遅いけど、DF背負いながら 遅いけど背負いながらGK うまく流し込んでゴール!!!!!!!!東京先制!駆け寄る選手たち。練習試合なのにとても嬉しそうに。


このゴールをきっかけにさらにボールが回る。


神戸ポドルフスキーにボールが渡るけど、位置が低いから怖くない。ただし、彼の技術は素晴らしい。逆サイドに正確なパスが繰り出される。100点。でも怖くないから。


さらに東京の時間は続く。太田から東の空 東からヨネ、ヨネから太田。面白いようにつながる。孤立して強引なことをして潰れることはなく、回して走って受けて チャンスと見るや打ち込む。そんなシーンの連続が東京の攻撃。


そして 左サイドから回り込むようなドリブルからマエダーーーーー!

右足から放ったキャノンシュートは 前川の左をすりぬけゴール左隅のネットに突き刺さった。


グワァー!すげぇ!ジャカルタ まぐれじゃねえ!前田完全復活。

過去最強、太田守備の鉄人(ヘッドの競り合いも負けないし出足、攻撃も完璧)

まこも器用。足りないところは永井がでかい声でコーチングし続けてる。


なんにせよ、ここまで声出して走り抜く東京は魂揺さぶられる。来てよかった!


点差を広げられ、いいようにされているポドルフスキー、ウエリントンがイラついて来て

ファールを出し始める。そして深く行って小競り合い。東京の選手が口々に トレーニングマッチだろ、怪我させてどーする、と口々に詰め寄る。ほぼみんな集まり抗議する。こんなシーン最近あったっけ?試合に対し一丸となり闘う東京。(トレーニングマッチ)その影でポドルフスキーとモリゲのどつきあい続く。


その後も攻撃陣はポジション入れ替えたり 一言二言話しては修正し どう見ても選手たちの選択。でも、俺が見たかった東京。ボール走らせて自分らも走り、遠目からも打つ!怖い東京。待っていたんだこれを。泣きそうになるよ。まだ、何も得てないから泣かないけど。


イラついて下がってくるウエリントン。こいつは完全に切れちゃってる。こんなの見せられたな〜あーあ、あんな言葉叫んでるよ、イラついてユニフォームけるのと変わらん。


ポドルフスキーがFK ウエリントンが壁が近いと文句たれてる。レフェリー測り直して誤差なし。怒り狂うウエリントン。ポドルフスキーのFKはバーの上。しかし、この人はうまい。お金を払う価値があるよ。うん。


あっと今に40分過ぎている。神戸も攻撃はする。しかし、東京を崩せない。


あー タマ ディフェンスラインまで下がっちゃってる。人世の選択って難しいよな。東京に来てたら、高萩かヨネとバチバチだったはず。複雑な思いで見つめることとなる背番号。


ハーフタイム。


後半 メンバー変えてくるかな?どうするかな。次の試合の高原のチームの移動販売車が来ている。簡単なグッズと飲み物。寒いからコーヒー売れてます。こんな小さいことだけど 俺は大事だと思う。いつまでもスポンサーのビックネームにあぐらかいているようではダメ。チームは変わった。後はサポーターとフロントだよ


後半交代はなし。


運動量も落ちない。


永井抜け出して!GKと一対一!ダメ!

再び永井 ダメ!


どフリー永井!フカシター!「永井!枠!!!!!!!!」思わず叫んだ。3点損したぞ!

「昨日練習あとに伝えた「今シーズン15点くらい行けちゃうんじゃない?」訂正するわ11点だな。甘い俺。


その後、ポドルフスキーが攻め上がった一回危なかったけど、


再び、ディエゴが相手を背負いながら抜け出して流し込んで0-3で勝利。


特筆すべきは 90分交代なしでこの風の中やり切らせてしまったこと。



いい積み重ねができているという実感。


午後は糸満で 今出れなかった選手たちによる試合。


これだけすごいものを目の当たりにして


戦いを挑めるのかこのヤローって感じ。


真面目だからなー自分に足りないもの 気がつければ 周り盛り上げていい空気つくって活躍することが近道なんだけど、押し黙ってプレイしそうだなー。


俺も高原のプレイ見たいけど、次の予定 間に合わなくなるから。糸満まで混んでいるとちょいギリ。

ランニング中の高原に声をかけた!「高原さん!頑張ってください。俺東京だけど、影ながら応援してます!」ちゃんとこっち見て手を上げて 「ありがとうございます!頑張ります!」こういうことなんだぞ、モリゲくん。子供とかイベントくそ明るいのいいけど、ファンに対するつまんなそうなあの態度 あれするなら 無視して通り過ぎればいい。めんどくさそうにするならやらないほうがマシ。ほんと思う。沖縄の人にがっかりした言わせんなよ。俺、必死で言い訳したんだからな。俺とかにめんどくさそうにするのは別にどーでもいいよ。でもさ、せっかく人気あるのにその人気落ちるだけ。やりたくないときはやらない選択すればいいと思う。無理してニコニコしろとも言わないけど 結果、東京感じ悪いになりかねないと思います。最後の日に話そうと思ったけど 筋トレとか長そうだったからやめて帰りましたけど。



というわけで 残波岬チラ見して帰ろうかなと思ったら 監督コーチの乗った車いたけど、お弁当タイムだったので素通り。飯はしっかり食わないとね。邪魔しちゃダメよ食事は。


我々も移動。途中 空いていると判断して バスだと食えない タコス専門店へ。ここのは トルティーヤが手作りで柔らかくて サルサソースもうまい!ほっぺ落ちると言いながらペロリと2人前。ウマー!


しかし、監督コーチの交代 こんなに変わるものかね。と思いつつ 糸満に向かうのであった。



https://youtu.be/UrbRLQMGl2U


https://youtu.be/xEtJ377gSes


https://youtu.be/JndK93XJi5I


https://youtu.be/eAZcWu4cjNQ



IMG_4912
IMG_4894
IMG_4842
IMG_4843
IMG_4846
IMG_4848
IMG_4887
IMG_4890
IMG_4891
IMG_4921





tokyo_la12 at 13:34|Permalink

February 05, 2018

沖縄二次キャンプへ

2018シーズンに突入直前の東京と過ごしたい。

そういうことで、雪の東京を飛び出して 那覇へ。

到着の夜はまだ暖かかったんだけど。

このあと気温がだんだん下がっていきます。

夜についたのでチェックインして明日に備えよう。


翌日天気は沖縄らしい青い空ではないものの この時期仕方ないよねの曇り

赤嶺駅から歩けますよ の言葉に従い 歩き始める。

歩くの好きだから 走破したけど 意外と遠い…。(岡山の赤嶺君から歩く距離ではありませんよ笑とメッセージきた)

なんとか完走。やっとついたあ1時間15分くらい歩いた。



練習時間にも間に合う。

しかし、誰もいない…

歓迎!FC東京登りが風にはためく。

ああ、やっちまった 時間変更だこりゃ。

東京キャンプあるある です。

IMG_5183



30分くらいするとホペイロ、コーチ陣、広報の方々の姿が。

どうやら練習時間1時間ズレたみたい…


さらに30分待っていると選手がバスでやってきた。みんな 眠そう 笑


練習開始。軽く体を動かす 小中高でも取り入れている基本的な動き。簡単なボール回し、リフティング回し。とても明るい雰囲気。1対1の対面パス ダッシュを織り交ぜる。

この後は コート右左に分けて 向かって右 流れからのシュート 左 左右のクロスを中二枚頭で跳ね返し こぼれ球のシュートをカラダを張ってはじきかえすプレイを徹底して行う。

簡単につなぎ打つべきときに打つシュート。GKも入れて実践的に。DFはつかないので
強烈なシュートが気持ちよく次々にネットを揺らす。前田さん、ディエゴ、タスク、リッピ、東君、永井君と次々に決めて行く。外すとサイドからボールが出されて詰めて決める。

左右25分くらい続いたのかな。とにかく東京の忘れていた2種類の強化練習。
色々なポイントを織り交ぜて 徹底してます。守備はこんなにロビングにヘッドの練習なんて久しぶりじゃない?的な。

パス回しに終始して忘れていたゴールを奪い取る。すきあらば狙う を思い出せと言わんばかりのシュート練習。ケンタ監督も現役時代すきあらばシュートを撃つ選手だったもんな。東京に足りないものよく知ってらっしゃる。

この後はコートの4分の3を使いフォーメーション。しかし、止めて指導やり直し。徹底してポジション取りの確認。攻撃に関しては止めて戻してアイデアこんなのもあるだろう 的な確認。
例えば 永井が右サイドドリブル突破をはじめ、深く切り込みエンドライン直前でグランダーのセンタリングをディエゴに。を止めて、ドリブル突破がらのエンドラインから奥のフリーの東へ低めのロブ。それをケーゴ強烈なダイレクトボレー。林くん見事にセーブ。的な。

圧倒的にゴールを奪う意識を植え付けられてる東京にワクワクしたよ。

(あのグズグズ回す感じはこの練習にはない。(ただし、染み付いたものだから簡単には。ね。それが顔を出したときに誰がどう修正するのかが見もの。)

10時30分スタートの練習はあっという間に昼を回った。

穴をしっかり塞いで足りないもの、やるべきことを植え付けた感じ。

この時点で見にきてよかった。と素直に思う俺です。

フォーメーションの形のまま 全員が手を叩いて終了。

さあさあ、2018の東京に挨拶挨拶。


わらわら選手が出てきちゃうと追いつけない。見にきてる人少ないから。
地元の人も今日は巨人の試合。そっちに行っているらしい。
平日ですしね。

新加入選手に声かけて。

人間なんでイマイチ話すの苦手な選手にも声かけて。

俺、今年こそは張って欲しいのですよ 東京。
昨シーズンはキツかったからね。俺は別に勝つことが全てだとは思わないの。相手のあることだから。でもね、やる前から諦めることと 全てをかけてゴールを奪いに行く姿勢がないのはあり得ないし、周りを使い常に決めに行く姿勢がなきゃ勝てないと思うんだよね。

長谷川ケンタの現役を知らない人多いと思うんだけど、彼はドーハ組。俺は現地でフル参戦して必死で応援して見ていたひとりなんで 思いは格別よ。ワールドカップ出場を逃した ドーハ悲劇と言われるあの試合、先制点を決めたのはカズだけど、右サイドをドリブルで切り裂いて パスを出し、中で受けて強烈な左のえダイレクトボレーを放ち、バーに弾かれたところを詰めたのがカズだから。常にゴールを奪いに行く姿勢を持ってるプレイスタイルの監督だからね。どうやってチームにそれを植え付けるのか植え付けないのかも気になるとこ。

選手はあっという間にバスに乗り込んで行く。わずかな時間ですけど コミュニケーション。

大森選手は小柄ね。でも、しっかり挨拶を受け止めてくれましたね。

ケーマン選手、ディエゴと次々なんでゆっくりは話せないけど、皆さん 良い感じ。

前田さん 来た!ジャカルタの強烈な一撃がこういう練習からのものだったことが嬉しいと伝えて、期待しちゃいますよというと 自信の溢れる表情!こんな顔見たことねーぞ!みたいな。永井くんも非常に良いので今年は永井くんの歌を歌うこと多くなりそうだと伝え 期待していることを告げると人懐っこい笑顔で 期待に応えられるよう頑張ります!だし、ケーゴにも やればできるじゃない!と。

初日の練習から期待が膨らんじゃったよと萩さんにも伝えてー
よっさん、タスクには 勝負していかなきゃね!と話して、
Goやリクには 踏ん張って狙っていこうな!と話し、
あんま話していないあきさんには よろしくお願いします的な仕切り直しを告げて。
ミレさん見つけてダッシュ!広島空港で来年わからないと行っていたから また、ここにいてくれる喜びを伝えて、なんてやってると 宮がニヤニヤしながら手を振り車へ。選手バスは動き出し、用具車も出発。監督は????

広報の方に聞いてみると、まだいるはずですけどー。全然違うとこから ひょこりさん したケンタ監督。両膝はすごいアイシング。1番痛めてる… どーしたんですかストライカーと声をかけた。ドーハで韓国に勝ち、初めて選手の宿舎で声をかけて以来話すことになる。ドーハで現地で全試合応援したこと、右サイドをガンガン攻め込み速いパス交換からリズムを作って先制点につながる強烈なミドルを忘れたことはないです。ああいうプレーが東京で頻繁に見れたらとても嬉しいです。東京をよろしくお願いします。初めて練習見ましたけど、期待しか感じむないです!と告げると、


「カズに全部持っていかれたんだよなー」

まるで昨日のことのようにw ドーハ組の特徴は選手もサポーターも同じ 笑

しばらく沖縄いるのでよろしくお願いします。としっかりご挨拶した。

さあ、東京満喫始まるよー!

IMG_5184







tokyo_la12 at 07:56|PermalinkComments(0)

January 13, 2018

ナオラストゲーム と 2018

ナオとのサヨナラ試合 2試合目 U-23 駒沢

駒沢公園で声をかけられた。だれかなーと思うと塩田選手だったw
ナオの見送りに家族と来てた。奥さんキレイだしチビかわいいし。
どーすんのか知らねーけど、そのまま 辞めんなよー。

笑った笑った 試合はタケフサに酔う試合。
ジャキットくんにつなげたインスは素晴らしかったし、小川もキャプテンマーク付けて頑張っていた。(インスも小川も来年も東京であって欲しいけど。)

誰も彼も2018共に闘えるのかわからないのが、ストーブリーグの怖さ。(今年はまだいいよ。今の体制が強化するから。バカみたいに無責任にただタテイシヤメロ騒ぐ人は後のことに考えが及んでいない。功績すら考えない。闇雲に知る名前の中から戦犯見つけて騒ぐだけ。)

ここで東京楽しんでる間に ケンタ監督が発表。さあ、始まったぞ…。でも、今日はナオとの時間を楽しむのが先。昨日は胸にこみ上げるものを押さえつけて、出し尽くす応援をしたけど、U-23はトップへ駆け上がるための鍛錬の場所。トップと同じ応援をコピーみたいにやるべきでないと僕は思うのでやりません。選手を押し上げるような声援、応援はどんどんやるべきですよね。

喫煙所が遠くバックスタンドの裏で、ひたすら歩かされる閉まっている扉からピッチのぞいたら 目の前にナオが見えてついつい大騒ぎ。気がついたナオが大きく手を振って応えてくれる。手を振ってもらって大喜びする僕らw 完全に無人のスタンドに手を振るようにしか見えなかったはずw ありがたい。

バックスタンドに空いていた席に駒沢で会った仲間と固まっての観戦。
ドーハの頃からの仲間が5人もいるじゃん…それだけでも笑える。

タケフサのプレイに全員が見惚れる。そのくらい素晴らしいし美しいのだ。期待しかない。あとはウッチーがいいよ。うん。俺はケンタに彼を試してもらいたいんだよなあ。

トップよりも3バックが機能する。なんて器用な若手たち。トップよりはるかに頭が柔らかい。

あっという間に時間は進む。昨日も使われたタケフサがアウト。佐々木イン
試合が一気につまらなくなり 攻め込まれる。原に出ると面白いけど。前を向ける大型FW だから。

残り10分 ナオが呼ばれた。
インスに変わってピッチに。小川が駆け寄りキャプテンマークをナオに巻く。いいよ、いいよ。

さあ、行け!ナオ!

いや、ちょっと待て 役者が足りないぞ!

アドが モ ニ ワ!のコールを巻き起こす。バックスタンドから座っての発信。
あっという間にスタジアムに浸透し セレッソ側からもw

そしてセレッソが粋なはからいをしてくれて モニが出てきた。サンキュークマさん弟。
(モニ自身は当然勝利のために自分の出番じゃないと思っていたらしいけど、大熊さんに感謝して 飛び出してきたようだ!)
さすが大熊氏弟

ナオは一歩一歩 刻み込むように
体だって本当は間違いなく限界だろうに 水を得た魚 と言わんばかりに ピッチの上を舞う。

GKが熱くなり CK
ボールをセットしたのはナオ。いつものように蹴り出されるCK 現役ラスト…
ナオが送り出したボールは原に渡り

ゴール。


ナオの周りにあっという間に歓喜の輪ができた。
最後に1アシスト。さらにゴールを狙いモニとマッチアップ。
ゴールは奪えず タイムアップ。

一緒にプレイした両チームの選手の心に石川の何かが伝えられたのかもしれない。セレッソの応援の人たちから 石川選手お疲れ様のダンマク。こういうの嬉しいよね。
両チームの握手が交わされモニとナオが。

このあと長いセレモニー。
ビデオレターは長友、原さんなども。昨日より豪華。

選手が再び現れると たくさんの元東京の選手が駆けつけていた。
塩田選手、秀人選手、権田選手、リュック背負った可愛いヒロキ(遠足かっ!)あら、田中隼磨もいるじゃん。他にもたくさんいた。追いきれない私服じゃわからん 名札つけてくれ!

6300人の前で ナオの現役ラスト。駒沢に沈む夕日 忘れないよ。

新シーズンも また、新しい形で 付き合って行ってください。
しばらくはのんびりして 海にでも浮かんでいるといいと思うよ。
ありがとうナオ。やめないでモニ。(俺はやめないからー!と言いながらシャーシャーしてたなあいつ。)

買えなかったなーナオのロングボード キーホルダー。唯一欲しかったのに。


今日は小平でチーム始動日。新メンバーと会えるのはジャカルタかなあ。
一次キャンプから 常に一丸となって戦える東京を目指して欲しいね。

来シーズン ナオは新しい形でチームと選手の架け橋になるそうだ。
いろいろ 漏れてくる問題点の数々。そこにまっすぐに立ち向かう覚悟を決めたって。
切り裂くようなプレイスタイルで東京の闇の部分を照らして治していってほしい。

がっかりするのは 負けた時だけにして欲しいよ。

もう、新シーズンが始まる。

徳永もナオも 東京を去った彼らももうそこにはいない。

ほぼ変わらないメンバーが残ってくれた。
移籍するかもといっていた彼も彼も東京に残ってくれた。
思い通りことが進まず、ユニフォームを蹴り飛ばした奴は 対戦が楽しみな因縁だけを作って東京を去った。

口だけの選手もサポーターももう要らない。
結果はもちろん大事だよ、でもね、それだけじゃない。
それだけじゃないから面白いんだよ。応援は。
それぞれの東京との愛の物語だからね。

さあ、2018 ケンタ監督のお手並み拝見といこう。

沖縄でしっかりチームの基盤を作って欲しいね。

今年は頼むぜ!東京!

image

image

image







tokyo_la12 at 15:09|PermalinkComments(0)

忘れない。

ナオのJ1ラストゲーム 徳永移籍 そして 青赤ラストゲームの選手たちへ G大阪戦

ついにこの日が来てしまった。ナオの引退発表と徳永 衝撃の長崎移籍発表からあっという間だった。

J3以来の味スタのピッチに立つナオ。
試合に出れるところまでよく持って来たよなナオ。
やはり最後までスゴい男だよ。


「もうどうなってもいい」 とか覚悟決めすぎだよ。ナオ。
でも、信じられないけど、本当のラストだもんな。
思い残すことのないプレイを。中途半端にお涙頂戴の復活をするわけないからね。

「良い状態で臨めるように準備してます。味スタでお互い出し尽くしましょう。」

こんなメッセージが直接くれば 最悪なシーズンの120%の消化試合だとしても こちらの目の色も変わってくる。

「その覚悟に応えよう。120%のガチ応援」で俺はこれでいこうと決めた。

徳永も東京としてはラストだけど、その勇姿は チームは違えど まだまだ見ることができる。

ただな、ショックだったよ。いるのが当たり前のようだったから。これはこれでガチで辛い。発表はないけれど、これが東京でのラストゲームな選手もいて当たり前。ベンチに入っていない選手に立っていて当たり前。毎年そうだ。東京にいて当たり前の選手なんてひとりもいないんだよ。

誰々が出された!フロントひどい!とぎゃーぎゃーヒステリックにまた騒ぐんだろうね。残念だけど 無理してかき集めた結果がこれだから仕方ない事だ。22億取れなかったからね。

試合直前の練習を30分だけ見に言った。練習グラウンドに入っていくナオを見つめてた。
そこに彼は当たり前にいて、普通にみんなとトレーニングを始めている。同じグラウンドに東京の未来とも言えるタケフサがいて その共演を目に焼き付けた。よくここまで持って行ったもんだ。とてもじゃないけど、小平でふたたびあんな躍動が見れるなんて思わなかったよぬふなにさむまひふまひはろふのふれへているから。

仕事の時間が迫り 声をかけることもせず グラウンド

試合当日 快晴。さすがだな ナオもってる。

スタジアムには 徳永の22よりも2番のユニフォーム と18番の様々なデザインのユニフォームが点在していて 2人の東京での長い活躍を物語っていた。

のっけから 石川と徳永の応援が繰り広げられる。しょんぼりな成績だった2017のラストゲームとは思えない雰囲気。スターティングメンバーに入った石川がピッチで躍動している。

今日わかった事。

ナオの応援のタイコはすごくハード。
忘れてるくらいひさびさ。
J3の時は叩かないから。あの味スタもガンガン騒いだけど J3は応援の仕方の主旨が違うと思っているからな。
(J2にいた時に三ツ沢で劇的ゴールの後にやった 東京サポーター全員による ゆりかご 忘れらんないよねー。)

あっという間に腕がバキバキになる。
笑っちゃうレベルでハード。打数が多いからね。ふたたび 味スタで応援の喜び。

手持ちの幕や 徳永、ナオが描かれた幕。いろいろな想いのこもったゲートフラッグや様々な年代のユニフォームが華を添える。誰とか知らないけど、必ずいるはずの出ていくことが決まっていて 話せない選手たちは複雑だろうな。うん。

試合はここしばらく足りなかったもの がギラギラと輝いていた。ゴールを狙いに狙う姿勢。その試合を全力で走り抜ける姿勢。何度も繰り返し 飛び出す。

ちょっと狙って諦めて 2度と狙わないのが最近の東京の自滅パターンだったから。

しかし、その飛び出しに呼応したパスを全く出せないチャレンジできない中盤に涙でるよ。
この順位と勝てなかったことでここまで臆病になっていたとは。躍動するのはナオと徳永。

時間はどんどん進む。やれて20分のはずがおいおい。まだまだやれるというのか?
いつも通りの応援になりかけたんで 引っ張る若手に ガツンと言う。
もう2度とない時間と意識してんのかな?ナオの勇姿と我々の応援がリンクすることはもうないのです。「引っ張るならば覚悟してくれ。」言いたい事はこれ。遊びだけど遊びじゃないんだ。わかってもらえるかなんて知らない。でも、伝えなきゃ絶対わかってもらえないから。
いつピッチを去ってもおかしくないわけで。なんとなくやるなら やらなくて良いと思うのが俺なので。目立ちたいだけなら どっか他探せば とか平気で言っちゃう。それだけ特別なことをしていると 意識してもらいたいのです。こなすような応援だけはしちゃダメだと思うよ。
こなすようなサッカー見続けさせられたシーズンだもんな。
優しく諭す言い方もあるだろうけど、ここは男の現場!遊び だけど 遊びじゃないから。
そういうのは別の人がやるだろう。

ナオがあの時歌った歌と今日のプレイをリンクさせる。起爆剤として早々な引退発表としか思えなかったが、選手達はそれを燃料に駆け上がれなかったな。我々サポーターもだ。スタンドに話しかけるあのシーンを思い浮かべてチカラがはいる。

こんなラストは想像しなかった…でも これが現実。めいっぱいのチカラを注ぐ。真剣勝負にもう2度と俺たちの応援とナオのプレイのシンクロはない。彼のめいっぱいのプレイを目の前にしていい加減な応援ができるわけがないんだ。そんな思いしかなかった。前半の動きだし。左から右に動いて相手を外して引き出す。とにかく目指すものは勝利。

時計が刻一刻と進み 後半57分に石川がピッチを去るとき、もう2度とない瞬間への思いを必死にこらえたのは試合中だから。天を仰ぎ涙をこらえるもの。遠くを見つめるもの。俺は歯を食いしばり涙がこぼれないようにした。彼がユースの時から知っていて 東京では先輩で 最初俺が来た頃は 負けると18番が!と悪口を言われ…それから14年経ったら誰もが認めるレジェンドになっていたよ。その後も試合は続いたが、徳永が気を吐いても 火が消えたようになり。タケフサの投入でふたたび活性化したものの(彼は本当にすごい。あの状況でも周りを活かし、トップのJ1の選手にプレスかけられながらゴールをこじ開けることを当たり前にやってくれるのだから)、
おいおい!てめえら最後までなにやっていやがるんだ!コンチクショー!と言いたくなる残念な試合だった。最後まで諦めず頭から身体を張った高萩と 途中出場ながらやれることをやり、ゴールをこじ開けることをしようとしたタケフサ。なぜ出れなかったか謎でラストだけ出て来た林、失点しないことを必死にやったDF陣。攻撃陣はどうしちまったんだ?

東京ファンでなければ ただのくそゲームだったことを絶対忘れてはいけないよな。

そんな試合しかできなかったのが2017の東京だバカヤロー!忘れてはいけない。
すぐに新しいシーズンはやってくるから。

最後まで勝利を目指した石川、徳永。走り抜けた高萩。常に諦めない新風を吹き込んだタケフサに救われた想い。

勝てないチーム同士の闘いはスコアレスドローという今季を象徴する結果に終わった。


大金社長の挨拶は ブーイングで掻き消された。
あの〜話 長いよ。スポンサーへの感謝。この結果、来シーズンへの抱負。のみで良いよ。
ああなる事は想像できてるし。社長の言う 全員が全力で頑張った?だけは 残念ながら とてもそうは思えなかった。来シーズンはそう感じれることを願います。

どんなに素晴らしい実力ある選手でも 怒りに任せてユニフォームを脱ぎ捨てるまでは ギリギリ理解したいが 蹴る ことを 放置したチームも ファンも ダメだったシーズンだったと思う。あそこで チームとしての方針をキチンと見せれなかったことが全て。翌日に小平で あれはおかしいと思う 直接伝えに行くものがほぼいなかった事が 象徴的なシーズンだった。(小平行って朝日しかいないんだからお互い驚きだったよ)

こうして 元得点王 3人を抱えて 不発だったシーズンは終わった。
周りの力を引き出し強引に得点を決めれる選手でなければ 東京はダメなことが良くわかったよ。使われてなんぼ と言う選手を活かしたいなら 活かせる選手、その環境を作り出さないと。素材はいるのだから。

東京にいて当たり前だった徳永選手の移籍セレモニー。
奥様の マキココールを愛を込めてw
(あのコールで奥様ガン泣きだったらしい)
徳永はなあ チームは違えど、その勇姿はまだまだ見れるわけで。
我々の絆は永遠だもの。

そして18番 …思い出のシーンがスクリーンいっぱいに映り ライブのナオへ。

ナオがガン泣き。もう、完全に泣き損ねたわ。
今までたくさんの選手を見送ったけど、高校生の頃から知っている選手で 選手としてサポーターとしてお互いのことをこれだけ知っている男を 失うことは 僕にはとてつもなくでかいんだ。

何かあったら気軽になんでも話してください と言ってくれて 親身になってくれて 時には本気で言い合いして…。本気で喧嘩できる選手をまた失う痛みは計り知れない。いくら望んでいたってこんな関係簡単には作れないものだから。

似たような部分で怒りを持ち 同じ観点で話せるなんでもなかなかないから。
表面的にはみんないいこと言ってくれるけど、そういうのとまた違うんだよね。

来年の小平 さみしくなるよ。

また、1からやり直さなきゃだわ。こっちも積み重ねだよ。

明日の駒沢 イチ観客としてナオ見届けよう。



image

image

image


image

image





















tokyo_la12 at 14:22|PermalinkComments(0)

December 02, 2017

広島空港にて。そしてさらば18

負けた後 さあ、成田に向かおうと 空港に着いたら、エスカレーターから降りて来た マルちゃんが声かけてくれた。「勝てなくてすいません。」「びっくりしたー新幹線じゃないの?相手もあとがなくて必死に勝とうとしているしね。サッカーってのは単純なくせに難しいねえ。東京中だるみしちゃうからなあ」みたいなことを伝えた。あと色々話して「ホーム最終戦ほんと頑張るんで!応援よろしくお願いします。」「怪我すんなよ、寒くなってるから」
ではホームで!と握手してそこを離れた。

たったこれだけのこと でも、僕にはとても嬉しい出来事だった。負けたまま 勝手に選手の思いを想像するよりもどれほど 気持ちが救われるか…。

よく見たら 空港では地元の東京ファンなのかな?ところどころに固まりとても嬉しそうに待っていて邪魔にならないように写真をお願いしたりしている。地元のファンらしき人々が本当に楽しそうに選手と写真撮るのをぼーっとみていて そうだよなぁ。来るかわからないところでずっと待ってたんだもんなあ。普段選手と会う機会なんて簡単には作れないもんなあ。簡単には小平行けないもんなあ〜とか思っていた。出来れば勝利を見せたかったなあ。俺も それを みたかったよ東京…。

さっきスタジアムで「なんなんだよ!なんでもっと必死でやれねーんだ!途中で諦めたようなプレイして。ずっーとそうじゃん!東京がもう嫌ならさ、出て行きたいやつは出て行けばいーじゃん。なんなんだよ、だらしない試合ばっかして。もっとやれることやりきろうよ!いつまでも人のせいみたいな顔してんじゃねーよ!堂々と闘ってたのタケフサだけじゃねーか!」

選手に今はスタジアムでしか会えないから思わずゲロ吐くみたいに叫んだんだろうな。
(自分でもちょっと驚いた)
鳥栖といい 今日といい ここしばらくず~~~っと東京は 勝手に弱気になって 諦めて やれることすらやらないような気がしていたから。次こそは次こそはも 残すところ あとひとつ。あっという間に 多くの選手が去るかもしれない(去らないかもしれない)2017トップのラストゲームになってしまった。

その後のマルが声かけてくれたから 余計うれしかった。
もちろん、そうじゃない人もいるよ。そりゃ当たり前。万人に受け入れてもらえるキャラじゃないもん。

監督も大事だと思う。思うけど、チームが勝利を引き寄せるのはそれだけじゃないと思っています。監督は準備する人。要は 絶対的にピッチに立つ選手 だと思うんだよね。監督の思いを体現できるできないは選手の技術と豊富な選択肢と労を惜しまないプロの姿勢。もちろんそれを引き出すのは監督の仕事だけど、篠田さんもボロボロになったものを引き継いで受けたのが始まりで、さらに火の車を引き受けてくれた安間さんは ありがとう以外 何もいいようがないよね。誰があの状態と残り試合幾つでおしまいって条件を好き好んで受ける?

来季 噂の通りの監督が来るとして いまの大阪の現状から どこまで現選手の契約を期待していいかわからない。でも、サッカーの怖いところでいきなりパチーンとハマり大きな夢を掴むのかもしれないし。そんなのわかんねーもん。

ま、先のことより、今のことなんだよね。引退撤回しない強情なナオのラストゲームをこんな複雑な思いで迎えることになるなんて思いもしなかったよね。

2017ラストゲームをいい形ですこしでもいい形で終わるために。


言いたいことは スタジアムで言う。どうしても伝えたいことがあれば小平のファンエリアへなんだけど、ここのところ試合に行くために忙しいし、タイミング合わないからどうしても選手に会いに行けないんだよね。試合を見にスタジアムへ行くのが今の精一杯なんだ。

プレイしているのは彼ら。ネットで吐き捨てるように文句書いたってそんなもん まず 伝わるわけない。ツイッターってのが そう言う毒を吐く場所 にしている人が多いと知ったのは最近。そう言う意味では 暖かい人との繋がりが今は持ててると思う。自分が人に言うことをきちんとして見ただけ。どんな意見でも聞いてと思っていたけど、そんなことしなくていいんだそうだ。


その後の空港での出来事。

タケフサと話した。
トップデビューおめでとう!応援の声は聞こえたかい?
「試合前とハーフタイムは聞こえてました。でも、どうすればいいのかわからなくて。」
気が向いたら 笑顔で手を上げてくれたら 俺は幸せだよと。
あの二枚背負っての早いシュート 左のインスを囮にして素晴らしいタイミングのシュートは
素晴らしかった ああいうのをガンガン狙って行ってほしいよ。
「ああいうのを決めないと…」
ピッチに入って 指差して指示する姿 ディエゴアルマンドマラドーナや クライフやプラティニに重なったよ。といっても古い素晴らしい選手ね。今後もものすごく期待してるから。
ホームラスト ぜひ また素晴らしいプレイを!

(その他も話したけど こんな感じで、待ちに待ったデビュー日に空港であえて話せたなんて)



僕はバカみたいに情熱があれば 伝わる 人には伝わると信じてるんだ。
もちろん 無理な人もいるけどね。うまく伝わらなくて残念な気持ちになることは最近は対サポーターの方が多いかもね。みんな 誰かが言った、誰かが言ってた、誰かが書いてた ばかりだもん。でも、気にしてても仕方ないんで!俺は俺なので!
(一生懸命やって来たら偶然こんなことがあったよ!って話さえも また自慢してる。みたいな解釈される人も多いから。でもね、同時にそうじゃない人もたくさんいるから その人たちに届けばいいなと思うだけ)

最近ピッチとスタンドでの信頼関係みたいなものをうまく作れてない選手も多いから いかんね。だめだなあと思うところ。勝手な愛を伝えるのは簡単ではないよ本当に。

もちろん勝手に応援しているんだけど、こういうのって される側の選手が考えもしないことだと思うのね。彼らに熱く応援することって想像つかねーだろうなと。だって ずっと普通にそこにあるでしょ?大学とかで苦労してさ、応援席にいた長友なんかはそれを知る特例。昔の東京下部みたいにみんなで応援好きなコーチに連れられて来て応援することも学んでいた世代はタマなんかが最後。タマ自体も東京の応援大好きっ子だったし。もちろん、仲間を応援することもあるけど、プロになれる人ようなたちは常に応援する側ではなく、応援される側であり続けてると思うから。Jリーグ誕生の劇的変化の時とも違うし、今みたいにどこにでもサポーターがいるのが当たり前の時代、その受け止め方は大きく違うと思う。

海外の選手たちのように憧れのクラブがあって小さい頃からサポーターに混じって応援して来た世代も混じり始めてるから その喜びや悲しみ、苦しみをわかる選手もいてくれるけど、圧倒的に応援されることが当たり前のエリートの方が多いんだもんな。

熱心に毎回応援に行く気持ちなんて わからなくて当然。
(わかっていてほしいし、いつか わかってもらえるさ と思っているけど)

負けゲームでも諦めず、最後の1秒までゴールを目指して諦めず走りきること、試合ごとに出し切りやりきること、その姿勢を見せることが負けゲームでも 応援するサポーターへどれほどの ものを 示しているのか ベテランでもわかっていないのかもと思っています。
それは今始まったことではない。それでも いつかわかってもらえて チカラにしてもらえると信じてるから応援できるんだよね。

ただ決められた場所で決められてるから 頭下げに来てる人もいる。すごく残念だけど事実。

こういうことを書くとお前がやる必要があるのか とか始まるけど、問われれば やりたいと思うからやるだけの事。と答えるしかないよ。それだけの事。俺には普通。

チームから金もらってるとか 癒着してるとか 塑像できる限りのいいたい放題も目にするけど。正直なにそれ?だよ。よくまあ そんな事思いつくよなって。ごく一部の人達の言うことは全く現実じゃないから。さもそうであるかのように言ってるけど 出鱈目。冷静に考えて見てよ。そんなもの あるわけない。よく考えてごらんなさいって。だいたいそんな金もらえて癒著する奴が必死に仲間と車で乗り合いして、徹夜で走って、安い航空券探して とにかくスタジアムで応援することを目的にして いかに安く楽しく過ごすかを考えるかっつーの。

俺だって上げ膳据え膳で のんびりいい宿に泊まり その土地のいいもん食って 1番楽な移動手段…市内観光して試合日には有名店で呑み…一度くらいやってみたいわ そんなのんびり観戦 。憧。

ただ、自分の人生そういう準備して来てないから出来ねーけどな。いろんな人にお世話になって成り立ってることはいつだって忘れたことはない。いい加減 一方的な都合のいい妄想には付き合いきれないです。

最後とったタイトルの喜びやダービーを見たこともない 人がたくさん増えて行く中 昔は良かったにしがみつく気は 僕にはないの。昔は良かった でも、今もすごく楽しい じゃないとね。

泣いても笑っても2017シーズンのトップのゲームはあと1試合。

俺だって 去りゆく選手を気持ちよく送り出したい。

我々は鹿島や浦和ではない。下から数えた方が早い成績のチームなのが現状。でも、誰もそこを目指した訳ではないだろ?結果ココ。そりゃなせ?を言ったらキリがないよ。

選手に言うように下向いていても仕方ない。

チームとは城福さん呼び戻した時に散々やりまくったから。俺はもう、そういうの飽きたよ。

変わらんもん。とくさん追い出せ!で こうなって クマさんも出てって… 。
フロントだってめいっぱいやってんでしょ?でなきゃ こんな布陣揃わないことに気がつけよ。

確かに物足りない結果になったよ監督人事は。でも、プロが行けると判断したんでしょ?もろもろの条件の中で。

優勝するチーム以外みんなやってるはずでしょどこも。やれる範囲はそれぞれでしょうけど。それでも落ちるし 1チームしか優勝できない訳で。簡単じゃねーって。
ま、出て行った後 マジどうなるかだよね。黙っていても時代は動く。見捨てられるのか、見限られるのか 知らないけど、何が起きても 東京は東京。

俺は夢を見たいし、ワクワクしたい。
俺は汗をかいて応援していようが TVの前で寝っ転がって見ていようが 東京のゴールは嬉しいし、勝利の喜びは同じじゃないの?

文句ばっか言ってて楽しい??

やはり勝てないG大阪の長谷川健太監督が東京になるとして 一体どうなるのやら。
2018はどんなメンバーになるのやら。

とにかく2017ホームラスト
石川選手にもらった勇気や夢や感動を全力で返す応援。
徳永に愛を伝える応援。
誰が残り誰が出て行くのかわからないけど、2017の東京にさよならをしに行かないとね。

今日はテレビじゃなくて スタジアムに来ないとな。

いったい彼と何年の付き合いなんだろ?
やんちゃなユースの時からか。

先日 小平に彼が練習場に足を踏み入れ 軽くアップして タケフサと同じピッチで汗を流すのを目に焼き付けて来た。仕事があったので会わずにそのまま 帰ったよ。
昨日メッセージが来ていた。

「明日は良い状態で出し尽くせるよう準備をします。お互い出し尽くしましょう!」

これは 僕だけでなく ナオを愛するみなさんへのメッセージだと思うので書いとくね。

いて当たり前…。こんな日がくるなんてね。

小平行くの寂しくなるなぁ。

image

image

image



tokyo_la12 at 08:49|PermalinkComments(0)

広島戦

広島へ。

徳永がいない…。

あれ?ヨシトは?

タケフサがベンチ入りしたので、そこだけは たっぷりの期待感。
年齢なんて関係ない。彼はプロ。若手の中ではダントツ。
彼は必ず 今、東京に足りないもの を指し示してくれるはず。

連休の広島は空港から賑わっていた。

明日こそ 選手の頑張りが実って 勝利を掴みとり、試合後に選手や応援に駆けつけたみんなの笑顔が見たい…。それだけだ。

この試合に広島がかける思いは 半端ないだろう。のしかかるプレッシャーをはねのけて
なんとか残留への道をつかみ取ろうと 必死になって来ないわけがない。そういう相手にめっぽう弱いのも東京の愛すべき特徴なんだけど。(なんかこういうシチュエーションにめっぽう弱いよね)

勝負するなら前半。東京がいつものように 中だるみ してしまえば、
過去あれだけの栄光を掴み取った広島のベテランを中心に必ず息を吹き返すだろう。
そう、あれだけの栄光に輝いた名将率いる広島でさえも 崩れる時は崩れるのだ。


広島の応援席を見ていてかつての京都戦が思い起こされる。
切羽詰まった試合。何故ここまで来てしまったのか?の思いと共に 立て直せず きてしまったことへの複雑な思い、そしてこの試合なんとか勝利をの思いが渦巻いているだろう。
もっとも東京は何も偉そうなことは言えない。わずかな積み上げの差でなんとか残留に滑り込んでいるのだから。でも、それができたかできないかの違いは大きい。

思えば、森重の怪我、田邊の怪我、今季キャンプで気を吐いていたタスクの怪我。優勝を目指し揃えたはずの戦力の不発。唯一好調だった中嶋の海外への挑戦移籍、鹿島からの勝利は2017チームの爆発の予感を大きくしただけにその後の落胆をより大きくしたとも言える。期待の大久保はファンの眼前で信じられない行為をし、それを容認したチームはきりもみ状態。石川が年内での引退という起爆剤を投入したものの 成績不振によるドタバタな監督の交代。石川の早い時期の年内引退の発表という劇薬も劇的な好転にはつながらずルヴァン、天皇杯は早々に敗退し あっとここまで来てしまった。

それでも僕は東京を信じ 愛情を示そうと必死に応援をすることを選択した。
だって後どのくらい応援できるかなんてわからないもんなんだぜ。
大切な人の死は現実を突きつけるものだ。

東京は広角が迫り苦しんでいる相手にもプロとして勝利を目指すことが必要。
ただ、こういう時にめっぽう弱いという体質なんだよね。
でも、そんなこと言ってる場合ではない。ずっと勝ててないもん。

試合前は 初出場 期待のタケフサをコールをみんなで。反応はない…。ムー。



今日はマジかよ!えお休み!の徳永に代わり山田が入る。
中盤には高萩が戻り、前には前田が入った。

試合は 決定的なシュートチャンスをあさっての方向に打つ永井に頭を抱え…
ケントが放つシュートも枠をとらえず。大きく宇宙へ。何度かの良い攻撃をする東京。しかし、徐々にではあるけど、外してくれるから助かってるけど 明らかに動きの硬かった広島に攻め込まれ始める東京。

ここしばらく スタジアムで見させられているいつものやつだ。なんだか上手くいかない…って勝手に意気消沈して同じ形で攻撃を繰り返すこともできなくなり 相手に押し込まれて
中だるみを始めた東京。ほ。

青山が徐々に復活し 山田のサイドを攻め立てる。さらに逆サイドもケンタに右サイドで一度跨いでからの!というケンタ!という懐かしのフェイントから プラスに上げてしまう…ミスクロスに救われるものの これ、やられ続けたらそのうち食らうよ。の不安を与えられ続ける。

東京のCB名物 落ち着いてフリーで相手へのミスパス!の伝統は何故なのかきちんと山田にも受け継がれているようで。それを見てクラクラする。

相当のピンチに吉本が体を張って食い止めてるけど…。


相手の放ったシュートが相手に当たって?うまくコースを変えられて?コースが代わり 反応したタクオのゆびさきをすり抜けて失点… 。またか!!の思いが渦巻く。

負けなれてる なんていう人もいるけど、応援しに行っている僕には 失点時に 心に突き刺さる感じのダメージはいつまでたっても何年経っても なれやしない。選手が負けになれる なんてやっぱりありえないと強く思う。

目の前で食らって それでも 立ち上がって なんとか同点を目指さなくちゃ…応援しているから。ピッチの中だってそう思ってるはずだ。少なくとも そう言ってくれている選手はいる。

しかし この失点はさえない東京をさらに突き落とし、広島に力と勇気を与えてしまうもの。
まずは同点を目指さなきゃ。

前半は このまま 終わってしまった。

ハーフタイム 一服して落ち着いて 戻って ピッチでアップ タケフサへの期待を込めて歌う。誰かやろうぜ!なんてのは別に無いんだ俺。笑いたい奴は笑えばいい。僕はそうしたかったし そうしただけ。愛を伝えたかった。J1デビューの喜びを伝えたかったんだ。情熱くらいしか僕に見せれるものはない。

後半突入。何としても 奪い返すしかない。気持ちを見せておくれよ東京。

絶好のチャンス!と思いきや フワッとしたシュート?とか …
それでも繰り返し繰り返し やっと奪い取ったCKを山田がJ1初ゴールを頭で叩き込み なんとか同点。ひさびさにわっしょい。さあ、行こうぜ!東京!

(時たま顔を見せるモッタリしたプレイに怒りを覚えつつ。
止める 蹴る 走る 意図を持って走り受けて崩す 個人技で狙うが皆無になった東京。)

さらに失点。見事なミドルをたたき込まれ2-1

交代。ついに タケフサが投入された。

やっとこの時がきた。若いとか早いとか いろんな声があったけど、
俺に言わせりゃ 遅いくらいだ。韓国のユースの時にその力はすでに見せていたのだから。

ボールを受けたその瞬間に襲いかかるDF そりゃ ガツンとくるよな当然。
最初こそ苦しんだけど、徐々にその距離感覚を身につけているようだ。。

ディエゴアルマンドマラドーナやベッケンバウワー、ピクシーやかつてのプラティニのように 堂々と指を指し 支持する姿。俺が1番ワクワクするプレイヤーのポーズ。

あの小さな少年がとてつもなく 大きく見える。そして 活性化する東京。

交代でユインスも加わる。

この試合の1番の見どころだった。

タケフサ相手を二枚背負って パスを選択するかと思いきや早いシュートを選択!すげえタイミングで放った一撃に震えた。シュートのボールスピードが明らかに違う。非凡。その才能を東京で観れたことが感激。いつまでもこの男の成長を東京で見守りたいものだ。

その後のビッグチャンスをねじ込む事は出来ずに
広島に勝ち点3を与えて終わった東京。

このまま ナオと徳永を送り出すホーム最終戦突入かよ。

監督がとか、何がどうとかよりも プロとしてピッチに立っているのに 残念だよ。
この数年 アウェイ広島にしては こんな成績なのに東京側 人多かったからね。

なんかんだ言いながら みんな 期待してんだよ東京。

頼むぜ 東京。

ああ、とうとう 2017ラスト ホームを残すのみになっちまった…。




image



tokyo_la12 at 08:21|PermalinkComments(0)

November 25, 2017

鳥栖戦

鳥栖に行ってきた。
(日程発表の頃には本当はリーグ優勝が見えるぞ!みたいな試合になるつもりだったんだよね。現実はいつもキビシイ。苦笑)

今日も今日とて 勝ちに見放されている東京を勝たせたかったし、マッシモに勝ちたかったし、2017のメンバーの東京とともにスタジアムでの時間を過ごしたかったから。ただ、状況に文句言っててもはじまらねーし…。

僕はいつも通りに 90分東京を応援することを選んだだけ。
フロントがとか、(今までいろいろやり過ぎたのかな…そこじゃねーよ としか思えなくて。過去にとくさん居なくなっても…あの頃もそれが元凶騒がれてて…実際……まあ 難しいよね。

2017シーズンあらゆるタイトルの夢が消えてからは ここでは一切みんなへ応援をお願いしていないと思う。

どう見ようとあなたの好きにすればいいと思う。あなたと東京の距離で。

確かに2017いい選手がたくさん来てくれて そこにたどり着く努力をフロント、強化部がして、それ見てこちらが勝手に期待したぶん 予想以上に期待外れの不甲斐ないシーズンではあったけど…。
でも、サッカーってこんなもんじゃん?うまくいかねーよなぁ って世界中で言ってる。
試されてんじゃない サッカーに。って思ってる。いろんなとこに八つ当たりしても仕方ない事だと思ってる。



若い奴が太鼓を置いてコールする人になる。
なんでもやって見るといいよね!と思いながらみてる。
(欲張って太鼓やりながらやればいいのにね。みたいな気もするけど、簡単じゃないもんな。)
でも、鳥栖戦 途中 突然 声が飛んで 聞こえなくなって。お!良い経験してるねと思う俺。
(信じられないかもですが引っ張る事をやるときに誰もが通る道。めいっぱい張り上げて必死にやっていると 突然全く出なくなるんだ。びっくりするよ!一生このままかと焦るヤツ。そのくらい 必死にやってる証拠なんだけどね)
負けゲームばっか引っ張るのはキツイよなー。でもさ、こんなもん勝ったり負けたりだから。このシーズンは気にすることなくガンガンやるべき。

この日 待ちに待ったゴールはあっけなく入る…。しかし時すでに遅し。
また負けた。こんな遠くまで来て。バカみたいだよねー。ホント。でも、俺はやめられない。

試合前は 仲間がたどり着いたこの日の 徳永祭 今までの分もこれからの分も。やりたいと思ったから やる。寂しくなるよ。それに尽きる。うん。しかも、対戦相手として立ちはだかるつもりだろ?しかし、プロとして魅力的な条件でオファーがあるというのは 大事。東京ファンとしては 辛いがプロサッカー選手の徳永を応援するという意味では 彼の決断は応援するしかない。
彼を繋ぎ止めるような応援をいままでできなかった悔しさ、自分たちののチカラのなさを感じてみたり(移籍の時はいつも同じ思い)そういう思い…。
(11月23日 公式に移籍の情報が出てしまったので 確定。最初に直接聞いた時も 思わず 握手するしかできなかった。)

彼がいることがいつも当たり前だったし、来シーズンからは それがもうない事。これが現実。

ひとつの時代が終わり また 始まる。毎年 そうだけどね。



この日の東京は闘ってた。勝利を目指してみんな頑張ってた。俺はそう思った。
だから最後まで。ここで今日 戦う東京を応援できたことは 誇りです。結果は残念。
何人かの試合後のあの悔しそうな顔。次こそは勝って やりきったいい表情の選手の笑顔がみたい。

選手も俺たちを見ている奴がいる。だから、こっちも手を抜けない。次こそは やってくれるはずさ。応援てそういうものだろ?
負けて悔しくないわけないよ。俺たちは時間と金かけてきてるんだもん。悔しいけど、相手を上回れなかった。それだけのことさ。

もう、手が届くタイトルもない。ひとつでも上の順位へとは思うけど、みんなでいい応援とかみんなにどうのこうの今はサラサラいう気にもなれない。この状態でここまで応援しに足を運ぶなんて それだけで ね。応援しに来ているのならね。

相変わらず 勝てないことに毒づく人も多いのだろうか???

今日の試合は 手を抜いたりサボって立ち止まる。

競りもしないで ただ見ている という選手ほぼいなかったよ。

前半もひたすらゴールを求めて プレイしていたと俺は思うけど?

レフェリー云々言っても仕方ないけど、あの判断ミスを笑顔で選手なだめるのは…間違ってるし…
ビデオ判定したら 耳まで真っ赤になるやつだよ。あ、ビデオ判定は反対です。正しいのかもしれないけど、あのプレーが止められブツ切りの時間はよろしくない。韓国で見たユース大会で愕然としたからね。ゴールに絡むことより選手生命に関わる明らかに危険なプレイ時には導入すべきだと思うけど。

前半 永井が打ち込んだシュートは 権田におそらく指先で弾かれたんだと思う。良い反応されちゃったよね。すごくいい攻撃だった。もっとやれ!繰り返せ!

梶山だってケツに火が付いてんの気がつかないわけないから この日はね 必死で高萩に遜色ないプレイをしていたと思うよ。後半のあの時間に飛び込んでボレー狙うプレイとかこっちの気持ち熱くなったもん。あれが決まっていたら 多くの人の見方も変えられたのに。
ああいうのをね、常にやるべきだと思うし、そうであれば 応援しているという人たちにあんな言われようしなくて済むはず。本当に悔しいよ俺は。一度レッテルを貼り付けたら簡単には外してくれない。俺は別に彼が特別とか思わないけど、東京の10としてのプライドと威厳だけは 忘れてほしくないだけ。彼のことを口撃してる奴らはきちんと見て欲しい。言う分きちんと見て欲しい。
もっと言えば彼の特別を引き出す選手がいないことが悔しいよ。信頼してスピードにのって飛び込んでパスを受けて流し込む事ができる存在がいないことの方が問題。

大久保にしてもね、この一年で本当に彼が欲しがるコース 彼が走りこむのにどんぴしゃになるパスをなぜ出し手にきちんとベテランとして伝えられないのか 謎のままだよ。

「俺はこういうボールを貰えば必ず決めてみせる!」ってのがあるもんだろ?

それを周りにきちんと伝えられない時点でエースとは言えないと俺は思うけど。

「こういうボールを入れてくれ!」が徹底していたら 彼自身もっとやりやすかったんじゃないのか?若手に吐き捨てるように「サッカーやろうぜ!」と言うことしかしないベテランなんて期待しまくったぶん…俺は寂しいよ。

彼に関しては この日絶対的に決めれたはずの一本目 トラップミスで逃してる。来ると思っていなかったんじゃない?あんなトラップミス しないもんね。抱えちゃってさ。

太田は 良くないように見えるけど、中に出しているボールは さほど悪くないと思う。縦への動き 深く切り込むをしていなかったから。ハッキリ言えば 決めるべき男が1人いればおそらくほぼ叩き込むだろうボールを蹴れるところまで戻っている気がしたけどな。特に平川が入ってからの時間。縦に切れ込みまくりだった。やっと太田が戻って来た。

この日 鳥栖までやって来た最大の収穫は 間違いなく平川のトップデビューをスタジアムでこの目で見れたことだ。平川は平川らしいプレイをいつも通りにしていた。最初、ポジションもかぶり うまく合わない時間もあったけど、すぐに修正し 気がつけば 彼のワンタッチで右サイドにリズムが作られ あっという間にボールを受けて組み立てる彼の姿がそこにあったのだから。トップの相手を背負ってもいつも通り。これはすごい事だよ。来年は諸々より厳しくなるかもしれないけど 一山越えられたら 夢見れるかもね。現実は甘くないかもだけどね。

そして 平川は ここしばらく なぜ誰もやらない!と俺がイライラしていた事を彼は普通にやっていた。CK時 GKの前に一度張り付く事。この簡単なワンプレイを嫌がるんだGKは。それを彼はずっとやってる。

早く10を背負わせれば良い。重みで潰れたらそれまで。早くその日が来たら面白いし、絶対に譲れない!という流石と言うプレイを梶山がやってくれたら最高だよ。


相手のFKは 右のポスト下段にあたり台形で見事に決まったし、二点目も見事だった。東京は永井のも梶山のも大久保のもゴールを破れなかったからね。



鳥栖が遠いから泣く泣く諦めた人もいただろうし、もういいや とこない人もいるだろうし、
色々いるだろう。でも、必ず みんなの熱い声が 熱い思いが 絶対必要な時が来るので その時 できないや とならないようにだけは していてほしいよね。

なんどもいうけど、2017の今のメンバーの東京が見れるのは あと2試合。
もう2度と来ない時間です。

では、広島に駆けつける イかれたイカしたみなさん。また、だだっ広いスタジアムで。
次こそは 勝利を手にして…選手のやりきった笑顔を本当に見たいよね。

俺はそれを目指してめいっぱい東京の勝利を目指していつも通りに応援します。
優勝は夢だけど、スタジアムで応援することの意味は俺にはそれだけじゃないからさ。

あとね、鳥栖で いつの間にか手が血だらけで ダンマクとか汚しちゃうわ 気がつかずに握手した人ゴメンな。全然気がつかなくてさ、あとで俺も驚いたよ。

平川がデビューしたから タケフサ広島で見たいなぁ!

河野がリュック背負って走って来た。ダダダダーって。マスコットに挟まれて 。
頑張れよって思った。ゴンちゃんはまた泣かれると困るから 本当は俺はコールをしたいけどね。嫌いじゃないし。

元東京の選手がどのチームに行っても頑張っていることって嬉しい(東京で輝かせられなくてすまないって気持ちと悔しいが半々。)、元選手の引退や解雇は本当に胸が苦しくなるよな。ベテランでも、若手でも。本当にラッキーを強く持たないとプロでいること自体厳しい世界だよ。もうすぐ 嫌な時期が来るね。何回、経験しても俺は嫌な時期です。強くなるために変わることと信じたいけど、そういう結果につながるのって本当に難しいからね。


image



平川くん 紅白戦で怪我しちゃったかー 残念 軽傷であってくれ!

tokyo_la12 at 10:01|PermalinkComments(0)

November 16, 2017

フラッと

近所のゼビオ屋上にて ナイキ系の選手による キッズサッカー教室 なんてのがあって 観れますよとのことなんで フラフラ覗いてきました。モリゲキャプテンの明るいMCの中、徳永選手、太田選手、室屋選手 参加のスクール。何にせよ、キャプテンのMC力が素晴らしかった。こんな感じのしゃべりで明るく東京でもやっていただきたいなんて思いました。

なんだか、もう、オフシーズンみたいだなあ と思いながらね。

午前中練習試合があったこと知らなかったんで。

なんだかいつの間にか結果結果結果…うるせぇなぁ。息がつまりそうだ。
練習試合ってのは課題を見つけたり 練習でしてきた形を試したりするもんだったはずでは?

もちろん、結果は大事ですよ。ただ、そこだけじゃないと思うのね練習試合は。まー確かにタイミング的には湘南の2軍か3軍だろ?そういう意味で結果が出ないことにイラつくのはわかりますが残留も決めて シーズンも終盤。そろそろサポーターのために 良い試合を一つでも多く見せよう なんて プロ意識のひとつも僕は見たいと思うのですがね。

勝ちにこだわる、形にこだわる のも良いのですが、東京のユニフォームを着て戦う試合を選手に真剣に楽しんでほしいです。来年につながるという意見もあるでしょうし 僕も毎回そう言ってきましたが、おそらく監督も変わり、東京ラストとなる選手もはっきりしてきている今、遠い遠征の2試合を 胸を張って選手も我々も楽しめる試合をぜひ見せてほしい。このチームで闘うことに喜びを持っていると思えない人もいるからさ。

こんなはずじゃなかった2017シーズン。でも、これが現実だし、過度な期待を勝手にしすぎてこじらせてる人も多いようですが 長く見ていればこんなシーズンもあるさと思えるわけで。

もちろんチームには来シーズンじゅうぶんに優勝を狙えるチーム作りをお願いしたいです。

昔と違って選手の未来考えちゃう 。あっという間の選手生活を考えると 出ていかないでほしい は簡単には口にできなくなりました。東京が世界と渡り合えるチームであり最高のチームであると思えれば、その言葉も出たのかもしれないけど。東京を出た選手みんなが幸せなわけではないし、たまたま今シーズンラッキーな結果にたどり着いた選手もいるけど、キツい環境で踏ん張って勝ち取ったこと 多くのファンはすっ飛ばしてる気がする。人の家の芝生綺麗に見えるもんだからね。実際に歩いたらボコボコの芝かもよ?

それでも我が東京はここにあり。
チームをより良くするために日々努力しているスタッフがそれを支え、
我々が楽しめるプロフットボールチームであろうと努力している東京。
みなさんの努力が リーグの優勝 という目標に到達できる良い準備が日々積みかねられできていると信じたいです。

ダメな時に非難するのは簡単。非難する分盛大な声援を贈るのがジンキだと思いますが
近年はそういうことでもないようで。

僕は言いたいことを言うにはサポーターとしてやれることをやってからと僕は思います。

サポーターはスタジアムでの試合の時間が全てだと思います。
応援の形はテレビの前とかそれぞれ様々ですが
唯一、ゲームそのものにその力を発揮できるのはスタジアムではないかと思っています。
(せいぜい空気感レベルのことですけど。)
応援が勝利に結びついたなどの証明はできません。
しかし、そうとしか説明のできないこともあります。そう言う体験だけは何度もあります。
(これだけの年月見ていてもそう感じたのは数回しかありませんが)

なにを言ってんだ と言う そう言う応援の仕方を好まない方は残念ながら思いを共有できる日は来ないのでしょう。とても残念です。

でも、それがないと世界中の人々が自分のクラブを愛し全てを捧げて熱狂する応援を繰り広げ続ける理由が見当たらないのです。

当然 雇われているわけでもなく、どこにでも当たり前のように駆けつけるには少しでも多くの試合に行くためにより工夫をし格安の方法を探し、行ける範囲は満員のきつい車の車中泊で走り続け翌日には仕事…なんて 無茶をして それでもやめられないと言うのが僕の東京の応援。
豪華なグルメや割高なスタジアムグルメやのんびり一泊して観光してなんてことは
あんまりしないですね。家 スタジアム 家 どこいってもそんな感じ。贅沢するならもう1試合U-23行きたいとおもってしまうのです。

金をもらって応援しているなんてそんな都市伝説的な話が実際にあるわけもなく、
唯一の喜びは 胸を張れる内容の試合と共に汗だくで勝利を共に勝ち取った時の喜びです。

青赤のユニフォームに身を包み 必死に共に闘う男たちと心のつながりを感じた時が最高ですよね。

その瞬間が最高なんです。

優勝を狙え!と言うのは簡単なことです。言うだけならいくらでも言える。
トップリーグの頂点というのは 本当に難しい。J2から這い上がってきたチームが簡単に崩れるのを見ていればわかります。なかには簡単には崩れないチームもありますが どこもこんなはずでは!という思いと共に敗退し 現実的になって再びチャレンジすることになります。

その下にJ3はあり、J2に這い上がるために必死に闘うなかに U-23は混ぜてもらっている状態。そこで少し活躍しても J2をすっ飛ばして J1で活躍できるなんてことは簡単ではないはずです。通じていたことが全く通じないと言っていた選手の言葉は素直な言葉だと思う。

そのJ1での 優勝を本気で目指すならば 耐えるところは耐え、本当に言うべきことはいい、長いスパンで物事を考えたいと思います。そりゃすぐにでも優勝したいけど、そんな簡単なことではないし。でも、意外と行くときはスッといってしまうものなんだけど。

産みの苦しみが重いほど、喜びはデカイはず!と信じて応援をして行きたいと思うしかないと思いますよ。

様々な意見や声はあると思いますが、自分が愛するチームを 僕は今は信じたいです。失敗重ねたらさすがに気がつくだろ、そこまで じゃないはず!

過去何度もプロであるならば こうあるべき と述べてきているし、もう同じことをやる必要はないので。

十数年間 こうやって飽きもせず、毎試合毎試合行った時のことを書いてるわけで。
そろそろ優勝の喜び溢れることを アジアの王者になった日のことを書きたいですよ。
誰よりも。

次のシーズンこそは そういうシーズンになるといいな!しか思わない。

簡単ではないだろうけど。

シーズン頭によろけた鹿島がここまで立ち直るのを見ていると
さすがフロントを含めた日本唯一のプロ集団 という思いが強くなります。
代理人やいろいろなプロクラブの方々が口を揃えて
唯一プロリーグとして方針がブレていないチームと言われるだけあるよ。

まずは東京もそこまで行きたいものです。

そりゃクソ面白くないシーズンもある。
正直、常勝軍団じゃねーし。
東京がある。よし、応援しよう!それが全てなんだよね。

夢見る栄光の時への期待は毎度毎度のこと。俺はこりずに誰よりも期待するよ。

どこよりも素晴らしいプロチームであってほしいし、
負けてもますます応援したくなるようなサッカーをしてほしい。

でなきゃこんなに当たり前みたいに長くスタジアムにいねーよ。

そして東京に居てくれるのが当たり前の選手なんか一人もいない。
彼らは東京ファンではないのだから。彼らはプロで条件の合うこのチームで
頑張ってみるか!と力を貸してくれる存在なだけだ。

中には心からこのチームを愛していると言ってくれる選手もいるけど、
大半はそう言っておくのがベター くらいだと思っている人もいる。

東京は彼らにとって あくまで自分の仕事先ですから。

あなた、仕事先や学校 愛してますか?文句言われてまでもっと必死にやろうと思います?

でも ここからがフットボールの魔法の使いどころ。

世界中のサポーターというやつらが繰り広げるバカみたいな熱い魔法。

あらゆる場所での情熱的な応援。その裏返しはチームへの圧力。

でもこの東京ではダメ。両方とも情熱が足らねーもん。情熱的な試合に。情熱的な応援。

でも、ファンがバカにしてるでしょ?情熱的な応援。今の一部の東京ファンは。

信じて気が狂ったように情熱的にやらなきゃ
やらなきゃ 伝わるわけないじゃん。
優勝目前になればずうっとそうやってワタクシ熱く応援して来ました!って顔してみんな応援しちゃうもんなんだけどね。2004ナビスコで見たなあ。いつもこうならいいのにって思ったなあ2009 今は優勝目前にならねーもん そりゃ無理だわ。

クソ高い給料もらって 必死に走らねー点取らねー奴らからまず叩くもんだろ普通。なのに選手はいい子いい子だもんな。ブーなんて指下げていたってあんなもん痛くもかゆくもないよ。金払って見にくんのがそんなに偉いのかよ!来んなよ!で終わりだろ。信頼関係なきゃ。

悪いのはフロントのあいつらだー、応援作り出してるあいつらだーって騒ぎには ほとほと呆れております。気がすむまでどうぞ。

俺は好きな東京を応援してその時を待つからさ。

じゃあ、あんたはなんで騒がないの?だって?

やれること はやってるよ。いちいち 話しても仕方ねーでしょ。

以前はみんなが共有できればと 伝えようと努力してきたけど 自慢げに話すなとかリークとか何様だよとかうるさくて。友達でもなんでもない奴に言いたい放題言われてまで教えることないじゃん。もう2度とやりません。何でもかんでも当たり前にそこにあるわけじゃないから。やらないと決めたらやらんよ僕。

本当に気持ち悪い時代になったもんです。粘着キモ。

サッカーくらいもっとおおらかに楽しみませんか?

SNS ツイッターとかさ 読まなきゃいいのよ。あんなもん。
ここもそーかもだけどさ。
ツイッターの気に入らないつぶやき10人削って見なよ。平和だぜー。
みんなが言ってる なんて せいぜい多くても20人程度。TLが荒れてるってそういう荒れてるつながりを持ちたがってるのはあなたって話。付き合い方を考えればいい。
小さい画面の中だと主流に見えても スタジアムの人数に換算して見なよ。
ビールの売り子さんの方が多いくらいだぜ!

ということで 嫌な人はここも読まなくていいからね。さよなら〜
わざわざ時間潰して お互い気分悪くなることないって。

楽しんでくれてる人はこれからもよろしくお願いします。

LOVE & PEACE TOKYO

次の鳥栖ちゃんだけは 負けたくないから ぜってー勝たせに行くんだ。
のびのび とね。もう、なーんもないんだもん。せっかく遠くまで行くんだもん。
のびのびと応援するしかねーでしょ。生の公式戦楽しみーーー!


image

image




tokyo_la12 at 05:54|PermalinkComments(0)

October 31, 2017

清水戦

清水戦

今日も残念な天気。今の東京ファンへの試練なのか?あ、清水にもか。

東京愛が試される試合?いやいや こんなシーズンもある。と慰めてみる。無理w


いい事ばかりはありゃしない。

でもさ、せっかく見に行ったピッチコンディション最悪の雨なら

プロとしての技術やその引き出しの凄さを見たくなるじゃん?
いつものようにつなぎ倒すではなく、せめて 蹴って走り 叩き込む に切り替えてプレイしてほしいよね。ピクシーのようにリフティングで運んでどよめかせる とか ワンタッチの浮き玉でつないで運ぶとか 出来ないならせめてドーンと蹴ってナガイーーーー!を繰り返すとか。

いつも通り繋ごうとしているのを見てると 「この豪雨のなか なんなん?」と思う。

プロなんて足元にも及ばないレベルとはいえ 学生時代サッカー部のプレイヤーして 豪雨のなかの試合を何度も経験した者としては プロが自ら 臨機応変にプレーに工夫をしないこと に頭クラクラしたよ。

この天候の中 スコアレスドローで勝点1で残留 イエイ!しに来る方がバカなのかもね。
馬鹿なんでシャーないけど。

期待するだけ無駄 という思いは「金を払い時間を使いここに来た人達」に東京にとって1番最悪なことだと思う。
普段努力して90分で何を魅せるか だもん。

僕はこんな試合後の挨拶を見に来ているわけではないから 試合後 早々にスタジアムを去ったよ。

僕が望んでいたものはまた得れなかった。



今ピッチに立つ彼らにはおそらく 必死に応援をする こんな天気でもスタジアムに足を運ぶ 人の気持ち という気持ちのことを知らないだろし、想像もしていないのかもなあ。(もちろん、わかってくれている選手もいるけども…。)

小平で触れ合うファンはいつだって笑顔だし、どんな成績でも 前の日どんなクソ試合をしていても 「サインお願いします 写真いいですか?頑張ってください 」と大好きな選手に会えた喜びとその特別な時間を楽しく過ごすものだから。

応援されて当たり前 とは言わないまでも つねに当たり前に応援されてきているのだから 仕方ないのかもね。プロになれたサッカーエリート達だからな。

今の時代、応援なんてあって当たり前のもの つきもの だと思う人はファンも含めてとても多いんだろう。

あとホームはわずか1試合でおしまいなのにね。2017 終わりですけど!( *`ω´)


最後のホームゲームは タケフサや平川くんと ナオが一緒のピッチに立って 魂の継承をしてもらいたいな。未来に夢見るしかないもん。やっと 彼らをプロとして扱うことに動き出した事くらいだもんな いいニュース あとよっさんの赤ちゃん誕生くらいね。

あんな豪雨でプレーするのは大変だろうけど、プロとして生活しているのだから

なにか を見せていただきたい。モチベーションが上がらない じゃないよ。冗談じゃない。
入賞したら過去と賞金桁違いなんだから。

こんなもんですか?東京…こんな事言わせないでくれよ。
どんな時でも楽しむことは忘れないけど、ちょっと悲しいよ。

あのどフリーで枠外しポストとか 高校の部活なら腕立て30回だぞ!ナガイさん…。

うまくいかないことを人のせいにすることより、各自の努力でいい方向に向かって進むことしか解決はないと思う。誰かに言いつけて なにかが解決するなんて俺は思えない。

ナオの現役のカウントダウン 止まらねーし。本人からも 「頑固です」とメッセージきたしw

特別なことをしてくれなんて思わないけど、勝利を目指す最大限を毎試合見せれるのがプロではないのかな…。勝ち負けは相手があることだから 仕方がないけど(もちろん勝ってほしい) 魅せれることはまだまだあると思うけど。









tokyo_la12 at 02:08|PermalinkComments(0)