April 21, 2017

vs 浦和戦

今年の東京はひと味違う!と言わせたかったゲームだったんだけどなあ…注目の対戦だからね。

これが今日のベストメンバー とはいえ、いるだけで、相手を勝手に怖がらせられる大久保、ウタカがベンチにいないのは 残念だった。補強されてきた期待の選手が高萩を含めてみんないない…。ただひとり守護神の存在が際立つ。彼にキャプテンマークも預けて、いい意味でモリゲは背負い過ぎたものを下ろさせて少しリラックスしたほうがいいのでは?という思いが強くなった。割と抱え込んでしまうタイプみたいだから。

僕らはピッチに立つ選手を全力で後押しするだけだけど、今日は2017のベストメンバーで渡り合いたかった相手であることは間違いない。怪我で離脱とかではなく、競い合いで勝ち取ったベストメンバーであればなお良かったんだけど。

そんな中でも僕が変わらず今日 特に期待を寄せるのは 東と阿部と前田。東は入団当初と格段に変わり気持ちを体現する選手になった。強い浦和相手に簡単には行かなくても思い切り戦って欲しい。前田は浦和相手に過去強い選手。頑張って欲しいところ。特に嬉しいニュースは河野がベンチに戻ったことかな。太田がスタメンを外れ、徳永、室屋の両サイド。で迎え撃つ東京。

ほぼ満員に膨れ上がった味の素スタジアム。バックスタンドにはコレオのための選手のサインが印刷された青赤の用紙が配られ選手入場時には青赤に彩られた。(帰りに大事そうに抱えていた子供達が印象的だったな)…自由席チケット売り切れのために ベロ旗、ビッグフラッグはピッチ外周部に配置された。

開始早々 東京が素晴らしい展開から阿部のシュート。少し力んだ?これをクリアーに叩き込みたかったなぁ。

開始早々に接触で林も腕を痛めて肝を冷やした。わざとではないにしても思い切り腕を踏まれたからねー。

正直 コオロギ、シルバ、柏木をキチンとマークしないこと が謎だよ。特にコオロギね。
うめぇ!というプレイさせちゃだめでしょ。うめぇけど。そこだけきっちり抑えてしまうことが出来ればと思ったんだけど。それが出来ずに あの失点…エアポケットというか 度々のああいうトーンという失点はこたえるよね。

今日は東京はポストに嫌われたよな…。

後半、しょうやを入れての猛攻も…

GK西川がフリーでキャッチする場面の多発が嫌だったな。そこ飛び込んで競り合うのが基本仕事のやつがいるんじゃないの?何見てんだよ。って思う。その一歩が出るか出ないかが突き抜けるか否かではないのかと思うんだよねー。いつまで経ってもグズグズ。

毎回のようにたくさんの人でスタジアムが埋まった試合の敗戦は勿体無いと思う。
でも、それと同時に 勝ったり負けたりを含めて 東京を好き なんだけどね。

鳥栖に追いつかれて引き分けたとこから グズグズだけど、これ振り切っていかねーとな。

応援もなんだか地団駄踏んできてるし。本当に流れ変えていかねーといけねーなー。

悔しがる東を見てもう充分。ああいう試合の後はさっと引き上げたよ。選手の顔見たいかい?俺はいいや。って選択…。決められた負け試合の挨拶って必要なのかねぇ。


もちろん、リーグタイトル切望しているし、だからこそ、無理をしてでも ホームアウェイ スタジアムに駆けつけてるんだけど、なーんか 俺のと違う応援という方も多い気がするよね。
例えば、あんな負け方した札幌行かなかった俺の勝ち とかさ、は?おまえ何言ってんの?なんだよね。それとね、やたら言われるイケイケの連中って、誰から誰を指す言葉?あいつらが広がって応援しどうしろとかさ 基本自分はなーんにもしないこと前提で 他力の文句ばっか。そういうのもういいよ。生まれては消えていく。長くいるこっちはそういうのに飽き飽き。

なんか似てるよね、ピッチの中と。
誰か打ってくれ、なんとかしてくれ!とパス回すシーンと重なる。

もう応援しない!という方 はい、お疲れしたというしかねーや。自分の時間と金を使うことなんで止めないし、来て文句ばっか言っても精神衛生上よろしくないと思うから 勝ち負けのないアイドルの応援とか 汗をかいて応援する楽しさに触れて また、再び、東京に戻るのもいいんじゃない?

そうそうアイドルと言えば 欅の女の子 二階席で観戦していたようで。なかなか素晴らしいサッカー観で気になりますね、平川を推してるとかやるよな!

東京との旅はまだまだ続くから ここでしっかり踏ん張って いつもと同じ にしないようにしないとね!

俺には東京があることは幸せだよ。君は?

チームのハートにサポーターの声が火をつけられるか こっから俺たちも勝負だもんな

次から本気で行く!笑





image


tokyo_la12 at 00:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。