2018ルヴァン予選突破 失敗 新潟アウェイにて失望の前半45分消化試合 ルヴァン・カップ ホーム仙台戦

May 15, 2018

豪雨 なのに好勝負。札幌戦。そして ルヴァン仙台戦は消化試合…

なんじゃこの天気午前中

晴れてたじゃんねぇ。酷すぎるわ。


2位と3位の ある意味 夢のような対決。良いコンディションで見たかったよね。

あの後半の大雨を感じさせない白熱のゲームをした両チームには拍手ものでしたけど。良いコンディションならもっとみんな熱くなれたと思うんですよねーあらゆる意味で。


(まさか東京と札幌がこんな争い演じると 予想した みなさんがご参考にしている評論家や記者が一人でもいただろうか?ま、そんなもんですよ、専門を名乗る方々だって予想もできないわけで。ましてや スタジアムにも来ないで語る評論家なんでさらに信じれるわけがない)


24000人が食い入るように見つめたゲームはスコアレスドロー。


そこの闘いをみせてくれた選手たちには感謝です。スコアレスドローで雨でもいまの東京と札幌はこれだけ飽きさせないゲームをやれること。最高でした。

1つ2つの東京のゴールシーンがあれば さらにみなさん燃え上がったはずなんですけどね、帰りの雨も気にならないくらいに


今日だって本当は勝利して 広島に一歩でも近づきプレッシャーかけたかったけれど あの天気であれだけ闘った東京に文句など言う気にもなりません。せいぜい我々と違う絞り込んだ体脂肪の体、風邪を引きやすいので早くケアして!ということくらいですかね。余談ですが ゆーとは 体脂肪率低すぎて年中 お腹ピーピー野郎で試合の時 苦労してたんだよ ここには書けない状態だったこともあるらしい。笑 鍛え上げた者のみが知ることもあるわけで。


スコアレスドローの決着は8月アウェイできっちりつけましょう。当然勝つのは我々なんで。予定では首位東京対札幌なので。その時は厚別にならなきゃ 雨関係ないから。クッソ暑いんだよねスタンドの空調は。ピッチは最高らしいけど。


ゴール裏のサポーターなんぞぬれようがなんだろうが 好きな試合雨ん中見にきてんだから覚悟しなよはわかります。でも、雨に打たれるから偉いとか偉くないとかどーでもいいっす。


そりゃ気持ち、気概、前回それでうまくいっかから ゲンを担ぐ、選手が濡れてんだから我々も 


そう言いたいのもわかりますが、サポーター、ファンはお金を払い、時間を使いこの時間を過ごしにきているので どっちがいいとか 偉いとかないですね。

屋根の下で濡れないとこといっても 飛び跳ねて、大声で とかタイコとかやっていると太鼓の場所は吹き込んで濡れるとこだし、それでなくともあの天気で半袖でちょうどいいくらい 暑いし。別に好きで。やってるだけなんで偉くもなんともねーし みんなもそうだと思うけど、俺の東京のためなんで。俺の東京のためには俺がいちばんの応援してんのが当たり前なんで。求めてますから。チームに選手に。その分サポーターとしてやれること全力でやるんで。みんなもそうでしょ?あなたの東京のためのいちばんの応援しているの自分って。世界中どこいってもゴール裏にいる連中はみんなそう言いますからね。



僕には 先週の水曜の新潟での試合とのギャップがとにかく気になりましたね。

前線からの追い込み、ボールとゴールに対する執念、勝利を目指す姿勢。

プレイごとの選手の姿勢、表情も。まさに求め続け ここのブログでもいい続けてきた 闘う東京。バスアンドゴー 仲間を信じてひた走る。勝利とゴールを目指して突き進む。いまのトップは信じられないくらいこれをみせつけてくれます。これを見ていないのかな?彼らは。これができないから使われないことに気がつかないのかな?


彼らが出ていたのはただのターンオーバーではなく、僕らにとっては大切なタイトルをかけた闘いだったのですがね。




たしかに好調で上位のリーグのトップの試合に出ることがプロとして目指すべきものでしょう。しかし、現実 出れる人数には限度がある。


ターンオーバーだから出番が回ってきた。本当にそうですかね?

それにも出れていない選手もいますよね。


なぜ与えられたその夢の舞台につながる試合を必死に懸命にやることができないのでしょうか?たしかに新潟の後半は求めるそれに近いプレイを見せてくれましたが。)


今は違うかもしれませんが あの時もトップというべき選手を出した試合ととそれには出れない選手の試合があり、出れない選手の姿勢が気になり ケンタ監督に俺聞いているんですよね。


「トップのメンバーに入れなかった選手の試合に入る前半姿勢が物足りない気がする」と。後半は生まれ変わったようなプレイをしていたこともきになると沖縄で監督に聴いてるんですよね。


監督の答えは明快でした。「トップもセカンドも決めてないよー笑」「しっかり闘おうと伝えただけ」と。


ドーハ組は平気で嘘もつくけどシンプルです。


東京の試合 である。ということでシンプルに考えてベストのプレイをする。

これができれば そのように考えてくれれば


トップに出れない選手の試合 (予選を突破するチャンスがある試合)に出れる選手がなぜ どうせターンオーバーで出番が回ってきただけ というのでしょうか。

たしかに平日アウェイの遠方でしたが 期待をして そこに駆けつけた青赤ファンはいました。どんなに期待している良い選手でも 正直 がっかりです。予選突破のチャンスをまた潰してしまって申し訳ない ということより、トップに出たいとアピールしてしまうこと。予選突破への道をつなぐ活躍をしてこそ、言える言葉だと思うんですけどね。


さて、水曜日 消化試合です。仙台は勝つしかないため、必死に懸命にやるでしょう。東京にとってはただの消化試合。ターンオーバーしてもなんの問題もないゲームです。


僕は申し訳ないけど、真剣勝負として応援することはありません。

そのために新潟へ行ったし、後半は少なくともその時間を過ごせたし、ケーマンのあの咆哮がその場で見れ、同じように叫べたことは喜びでした。敗戦は悔し涙溢れましたけどね。


一矢報いろ!トップを目指すために必死で戦え!お前、応援してるぞ!トップを目指せ!と普段トップの試合に出れていない選手が出るのであれば、いいところをみせてトップへ喰いこめ!という思いを込めるか、このまま仙台には負けない!お前らの意地の気持ち見せろ!という応援なら考えられますが。


いつも通り、後半ルパンで みたいなコピー応援なら 日本のサッカーの応援なんぞ 応援BGMでも並べとけ と思うわけです。


こういうもの とみんなが決めつけてることって やっていた本人たちは実はある部分は計算、ある部分は自由に作り上げてきたもの。いつのまにか そうでない部分も増えてますけど。歌の一部だけ振り付けつけて応援なんで一度もしていないものがなぜか 手抜き応援として それが当然で当たり前のように広がっていたり 本当に不思議ですよね。


ユルネバ静かに聞け!とかね。信じらんない声が上がりますねー。東京東京試合前にいうのは うちをディスってるんですかと 某チームの若いサポーダーに凄まれたことがあるんですが、真顔で、東京の応援をしているだけですよ、どんだけ東京にコンプレックスあんの?ってそういっているであろう君たちの言葉で言う幹部連中に伝えておいて と行ったことがあります。そう言う意識で東京コールを聴いていたなんてある意味目から鱗でした。というか驚いちゃいましたが。


相手は負けてらんないから 仕掛けますよ。応援で負けてらんないわけだから。一時期 相手の国歌にブーイングするな なんてのがこの国で起きました。それとなんだかごっちゃになったようなお話ですよね。


相手のブーイングなんぞかき消す 声の圧をあげよう。つまりもっと声出せばいいじゃん東京ファン 以上ですよ。



ということで、水曜日 チャンスを逃し完全なるターンオーバーのただの消化試合にするのか ホームで今日の俺の東京のトップとしてピッチに立つのか  思わず応援したくなり 笑顔で応援してしまって やりやがったな俺の東京となるのか、どうなるのか 自分たちの蒔いた種 どう刈り取るのかしっかり見に行くよ、俺の東京。


忙しい人はリーグに集中でいいんじゃない。いや、マジで。


週末 に向けての 練習試合のようなフルメンバーなんてこともないとは言えないし、色々楽しみではあることは間違いないんだけどね。


応援てさ カラオケじゃねーからさ。しっかり試合を見て その場で作り上げて行くもんなんですよ。その場にいる人々で。別に目立つとこにいるやつだけが作るもんじゃねーし。ただ、目立つということは 責任もあるんで。良いことばかりではありません。そういうもんなんで。


音痴だってなんだって原曲なんぞひとつの指針でしかないんだから 正確に歌うとかないし、そんな採点システムもないんだから 東京愛をおおいに伝えるべき。


いつも通りの応援でただ勝った負けた とは違ったものにしないと ターンオーバーと思って出てくる選手が気がつかねーとなー。と、俺は思います。俺が思っているだけなんで。ここ大事ね。


では、失意と 仙台叩き潰してでも這い上がろうとする東京が観れることを期待してスタジアムのどこかで。







tokyo_la12 at 15:10│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

2018ルヴァン予選突破 失敗 新潟アウェイにて失望の前半45分消化試合 ルヴァン・カップ ホーム仙台戦