アウェイルヴァン杯セカンド セレッソ戦。ガンバ戦

July 18, 2019

マリノス戦

マリノス戦


正直 中身が外国のチーム仕切りになってから そんなに怖くね という感じ。選手もいつかない印象。まさに選手が通り過ぎていくチームになっちゃったって感じ。だって象徴的な選手誰?掲げられてる直樹のプレイ見てない人がもう大半なんじゃん?知らない選手が大半なんだろうに。なんて思ってた。たくさんきてくれてありがたいけどね。タケフサのお別れのためかどうしても勝ちたいのか知らんけど。自分たちのサッカーというやつを貫いていただければ ハマるかなって。

仙台よりは多分やりやすいはず。と思っておりました。



ルヴァン杯からいつものレギュラーにほぼ布陣を戻し 大森ではなく ナサンホ。僕は彼のゴールを常に目指し前へ前への姿勢が大好き。打つことを先に選択するとこも好き。良いパスを!もわかるけど良いパスを10000通してもゴールしなきゃ0なんで。パス通しゲームじゃないんで。


セレッソ戦のウッチー、インス、アベ、キイチの諦めないゴールが忘れられない。戦う東京を今日も見せて欲しい。選手も試合見てたんならちゃんと感じているはずだし、きちんと林くんが話しているはず!


今日のスタジアムはこんな天気なのにいい空気感で埋まっている。首位としての踏ん張りところをみんなわかっているかのように いつもより広い範囲から応援の熱を感じる。スタジアムを揺らしたいと言って散々小馬鹿にされたけど、もう揺れてんじゃん!バーカザマーミロ!応援するのが当たり前の時代がそこまできているよ。強制なんかしねーしやりたいことやればいいよ。若い子達がガンガン増えてる。一時期言われた高齢化なんてどこ吹く風。そりゃサークルノリでオンナノケツ追っかけて調子に乗っているバカやイキルだけのやつもいるけど、教えてあげればいい。試合中だけはしっかり応援しよーぜって。




試合は大半の時間横浜に持たれた。ボール保持率70%が横浜。シュートも倍撃たれた。でも スコアは4-2 完璧と言える勝利を引き寄せたのは東京。1失点目こそ大きく振られてばたついたところをトーンのと決められるという最悪な展開だったけど、ナサンホが左サイドから持ち込み右にステップ踏んで思い切りよくはなった一撃は相手GKのミスを引き出し サイドネットに吸い込まれるという幸運。


爆発するゴール裏。さらに加速する東京。


失点 直後の同点弾がとてつもなく大きかった。ゴール裏の多くの人が必死に東京を応援する姿が嬉しい。ここからだ東京!



さらに 林の素早いスローから高萩が中央へ猛烈な勢いで駆け上がる永井へのダイレクトパスをつなぎ 永井全力フリーランから見事なトラップそして難しい華麗なループを流し込んだのは そう日本代表 永井!


うわーあいつやりやがった!だよね。大興奮に包まれる東京ファン。一気に逆転して折り返す東京。


ザワつきは消えない。この勢いのまま行きたい!


後半も永井のノリノリの勢いは止まらない。右サイドから切れ込んでセンタリング!ディエゴの頭が見事に決まり3

さらにディエゴが決めて 4-1 1失点さらに献上して4-2


殴り合いとなったこのゲームを制したのは東京だった。


出て行くタケフサに 君がいなくても大丈夫と言わんばかりの試合。

さよならドラえもんか!のび太東京 頑張った。


そしてタケフサがいれば!ということを思わなくなったゲームでもあった。


そのピースを埋めたのはナサンホ。彼の前へ前へとゴールへ突き進む姿勢は

嬉しい。


たまたまハマったとかもしれないけど、こういうのって大事。うん。まだまだ 折り返しですから。


試合後はタケフサさよならセレモニー。


たまたま 所属した2チームの対戦でのお別れセレモニーになるとは。


目の前で胴上げされたタケフサに直接青赤のお花とシャツを渡せてバイバイ!することができた。彼の成長を見れた事は東京ファンとして幸せであったとしか言いようがない。さようなら。頑張れよ!








Attachment.png



tokyo_la12 at 15:59│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アウェイルヴァン杯セカンド セレッソ戦。ガンバ戦