2010年02月21日

【東京アウトローズ一行情報】トランスデジタル「民事再生法違反事件」、破綻直前に旧エイケイ証券から大量の株が売却

■本誌既報のトランスデジタル「民事再生法違反事件」。同社が08年09月1日に破綻する直前、予約権を行使して発行された大量の新株が即日で、「エイケイ証券」(=当時)から売却されていたことが本誌の取材で分かった。すでに警視庁捜査2課は、同証券関係者から資料などの任意提出を受けている模様だ。■このエイケイ証券は仕手筋「御用達」として有名だったが、昨年6月に自主廃業。しかし、実質的な経営者とされる荒木武氏は「ヤマゲン証券」(=旧NIS証券)を買収し、エイケイ時代のほとんどの顧客は、ヤマゲンに口座を移したとされる。しかし、大口顧客であった福村康廣、河野博晶そして野呂周介などが、ここに来て連続的に逮捕されている。



tokyo_outlaws at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字