Tokyo Pipe Show

東京パイプショーは、パイプスモーカーが冬のひと時、パイプを燻らせながら親睦・交流を深めるイベントです。国内パイプ作家の新作パイプを一堂に展示、アマチュアのパイプ製作の復興と若手の育成を目的にしたパイプ・コンペティションを開催します。パイプ煙草・パイプ喫煙具関連の商品等の展示・紹介なども予定しています。

東京パイプショー2024

会場は東京・東銀座「サロン ド ジュリエ」です。


パイプコンペティション、喫煙具メーカー、パイプ作家のブース出展など


詳細は決まり次第、随時告知の予定です。しばらくお待ち下さい。


皆さんのご来場をお待ちしています。

 

期  日 = 2024年7月7日(日)10:00~16:00   入場料:1000円


会  場 = 東銀座 「サロン ド ジュリエ」
            東京都中央区銀座5-13-16


最寄り駅 =  東京メトロ日比谷線・都営浅草線
         「東銀座」駅4番出口より徒歩1分

 

東京パイプショー2024では、パイプコンペティションを開催します。

今年のコンペティションでは、メールでの事前応募の申し込み(6月1日~30日)が必要です。

応募の事前申し込みがない場合はコンペティションの中止もあります。

たくさんのハンドメードパイプの作品応募をお待ちしています。


応募作品の規程については、
パイプコンペティション(2024年)に出品される方へ」をご参照下さい。

来年(開催日程は初夏の予定、期日は後日発表)の東京パイプショー2024ではパイプコンペティションを開催いたします。


パイプ出品の応募規定は以下の通りです。


募集作品:個人製作の喫煙用のパイプ(出品は1人5作品


     出品者製作によるオリジナル作品(未販売・未発表)に限る

     (未発表・未発売)とは販売可能なものとして店頭
       もしくはwebショップなどに陳列・掲載していないもの
       他のパイプコンペティションに出品していないものをいいます。

       SNSやブログ等に画像を掲載したものは含みません。

 
規  定:ブライアーで製作したパイプ(大きさ・形の制限なし)
      または、耐火性のある素材で製作したパイプ(大きさ・形の制限なし)
      ※「耐火性のある素材」とは、喫煙可能なパイプ素材であること
      ※ブライアー以外の素材については、申込書に素材名を記載すること
      マウスピースはエボナイト・アクリルなど自由
      竹・角などの素材との組み合わせは自由

※ パイプコンペティションの1位の方(2012~16年)、技能賞・造形賞(注1)の受賞者、
  パイプ作家として活動をされている方の出品は、参考出品として審査対象外となります。
  (注1)技能賞・造形賞の受賞者で、どちらか未受賞の賞については審査対象です。

出品受付:東京パイプショー2024(7月7日、受付9時~12時)に当日持ち込み。

     ※ メールでの作品応募の事前申し込みが必要です。
       申し込み期間(6月1日~30日、事務局メールへ)

  東京パイプショー2024に自作品をご持参できない方は、
  郵送(自己負担)による事前受付も可能です。
  郵送応募など詳細はパイプショー事務局までお問い合わせください。
  東京パイプショー実行委員会 事務局(tokyopipeshow@gmail.com


 
配送・返却の郵送料は出品者負担。なお取り扱いには十分に注意しますが、
  配送・返却(着払い)時の出品パイプの破損について主催者側は責任を
  負いかねますことを事前にご了解ください。

 ※コンペティションで撮影された出品パイプの写真の掲載・再利用等に関しては、
  出品時に
東京パイプショー実行委員会に対してその使用の許諾に同意したとみなします。

注意事項:以下に該当するものは出品の受け付けをお断りします

     法令に違反している又はその可能性があるもの

     東京パイプショーの運営に支障を及ぼすと判断されるもの

パイプコンペティション申込書(事前記入で受付にお持ち下さい)
https://drive.google.com/file/d/1JoSfpiuacbkoljTJ4_XGDHSJq7q1Lh3I/view?usp=share_link

久しぶりの開催、有料化、スタッフ不足など不安材料をたくさん抱えながら始めた「東京大パイプショー2023」。
しかし蓋を開けてみれば、開場と同時にたくさんの方が来場され、いきなり盛り上がりました。
印象的だったのは開場のあちこちで「開催してくれてありがとう!」というお言葉をいただけたこと。
運営としては数々の不手際もあり、冷や汗をかきながらの進行でしたが、皆さんからの言葉で救われました。

会場でのスナップを一部公開します。
来たくても来られなかった方々にも少しは会場の熱気をお伝えできれば幸いです。

改めてご来場ありがとうございました!

003 
043049074008011014018021030032034102104105108

このページのトップヘ