ジュニアマイスター修了試験については、98%はテキストから出題される。
#数字は適当。何が言いたいかというと、テキストに載っていない問題も少し出たということ。

てことで、備忘録として覚えている範囲で出題された箇所をメモしておく。
#だいぶ、日がたってるので違ってるのもあるかも。。
 まあ、個人的なメモなので気にしない。

ベジフルコミュニケーション


ここの問題は一般常識的なことも含まれるため、全く勉強しなくてもそれなりの点は取れると思う。
出題形式は、ほとんどテキスト本文の穴埋め。
テキストから満遍なく出ていたので特にどことあげるのは難しい。
ここらへんは出てた気がする。
・ジュニアマイスター・マイスター・シニアマイスターの位置づけ
・その役割
・ジュニアマイスターの位置づけ
・挨拶、姿勢立ち振る舞いのCHECKポイント
・言葉遣い。尊敬語、謙譲語、丁寧語。婉曲表現。
・印象を左右する5つの表現。

ベジフル入門


ここはある程度テキスト見ておかないと回答できない。
ただ、ポイントを押さえておけば覚えやすいかも。
メインは前半の8ページ。
青果物の知識については、品種名とそれがどの野菜果物かを記入するもの。
・現代の食文明
・情報が流れにくくなった理由
・野菜と果物の区別。
・野菜的果実と果実的野菜の具体的名称
・野菜の収穫の時期
・有機農産物とその表示
・特別栽培農産物とその表示
・生産情報公表JAS企画
・トレーサビリティ
・遺伝子組み換えに関する表示義務のある野菜名
・アレルギー食品名(特定原材料と特定原材料に準ずるものの名前)
・野菜の品種とその名称
 確かここらへん。。
 四葉、フリーダム、セレベス、黒田五寸、ニシユタカ、新高、ル・レクチェ、キャベンディッシュ、ピオーネ、ジョナゴールド

ベジフルサイエンス


これが一番きつかった。。
全くヤマが外れ、予期せぬところから出題されていた。。
ここも事前に目を通さないとわからないと思う。
・炭水化物の特徴
・脂質の特徴
 各脂肪酸がどの野菜から取れるかが出た。。そんなのみてない。。
・たんぱく質の特徴
・PFCバランスの比率
・ビタミンの種類と働きと主な食品
 多分、全部覚えるのはきつい。
 確か、でてたのは、
 ビタミンAの働き
 ビタミンCの働き、主な食品
 カルシウムの主な食品
 カリウムの主な食品
・EBNのステップ
・肥満症の特徴
・脂質異常症の特徴
・高血圧症の特徴
・糖尿病の特徴
・メタボリックシンドロームの特徴
・ガンの特徴
・脳血管疾患の特徴
・予防と取り組み

ベジフルクッカリー


これは覚える内容が多いが、料理をしている人なら知ってる知識なのかな。。
ここはテキストに載ってない問題も出た気がする。
・切り方の図をみてきり方の名称を埋める。
・蒸す、分類
 あと、テキストに載っていなかったが、蒸す場合、水の量はどれくらいがよいかという問題。
・煮る、煮汁の量
 煮物の種類と特徴。特徴から煮方の名称を埋める。
・揚げる、揚げ物の種類と特徴。
・茹でる、茹でることによる素材の変化
・焼く、焼くことによる素材の変化。焼き方の分類
・和える、合わせ酢の名称と作り方
・炒める、炒め方のポイント