必見!早稲田に合格するには

こんにちは!このサイトでは、管理人の私が参考書を中心とした勉強で偏差値50の高校から早稲田大学に現役合格したノウハウをお伝えします。そして参考書の紹介もしていきます。

こんにちは。
今回は基礎的な現代文の勉強方法についてお話します。
私は受験生の最初のころ、現代文は苦手でした。理由は、ただ単にほとんど勉強していなかったからです。
しかし、きちんとした参考書を選び、使用したことにより、苦手意識をなくすことができました。
そして最終的に早稲田大学の問題でしっかりと合格点をとることができました。

今回は、基礎的な勉強にフォーカスして、解説していきたいと思います。

一般的に、国語の現代文は、配点が高いです。しかし、受験生は、私も含め、勉強をおろそかにしがちです。
その主な理由は、勉強しなくてもある程度はできるのだという思い込みや、現代文はセンスの問題であるから、勉強しても意味がないという決めつけ...etcがあります。

曖昧な勉強法しかないと思われがちな国語の現代文ですが、きちんと良い参考書を使えば解答のコツが理解できるようになります。
国語の現代文で重要なことは、きちんとした現代文の解き方を身につけることです。

現代文の参考書を使って勉強をするなら、、問題を解いて答え合わせをして、解説を読んで確認していくというのが、一番近道であり、正しい現代文の勉強法になります。

そこで私がおススメしたいのが、河合塾シリーズから出ている「入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)」です。

まず私がこの参考書について申し上げておきたいことは、圧倒的に解説が詳しい、そしてわかりやすいということです。きちんと筋道を通して、入試現代文の正解に迫るということをまさに体現している参考書だと認識しています。
入試現代文学習に欠かせない基本的な解き方と知識を、「読解へのアクセス」、「正解へのアクセス」と「現代文のキーワード」で整理しながら堅実に、着実に身につけていくことができます。
受験生の絶大な支持と高い評価を獲得してきた問題集であることは間違いないでしょう。

この参考書にしたがって進めていくだけでも、現代文の基礎的な学力はついてくるのではないでしょうか。


現代文の学習にどう取り組めばよいかわからない。現代文の成績は悪くないが、入試に向けて不安だ。いろいろな参考書や問題集に取り組んだがうまくいかない。また、入試に向けて基礎学力をつけたい。こんな方におすすめです。

Amazonのリンクから購入できます!!

  こんにちは。

今回は受験生のメンタルについてお話したいと思います。

現代において、受験は多くの人にとって避けては通れない道です。

受験とは、試験を受けることです。

ここで試験には二つの目的があります。

一つは受験者の実力を測るためのもの、二つ目が受験者を振り分けるためのものです。

前者の代表例が資格試験などで、自分の能力を数値化するための試験です。

一方、後者の例が高校受験や大学受験です。

これらの試験では合格者と不合格者が明確に分けられます。

高校、大学に入れるものと入れないものを明確に分けるための試験です。

受験生となったあなたは、その中で勝負をしていくということになります。

受験での競争相手は、自分と同等の実力を持っているものです。

自分より遥かに実力が上の受験生は、自分と同じ学校は受験しません。

自分より遥かに実力が下の受験生も、自分と同じ学校は受験しません。

自分と同じような実力を持つ受験生が、自分と同じ学校を受験して競争するのです。

同じ実力を持った者達が競い合ったとき、合否を分ける一番の要因はメンタル(精神面の強さ、考え方)です。

合格するための受験の心得は自信を持つこと」です。

受験に失敗する人間は2種類に分類されます。

一つは自分自身に自信を持てない人間、もう一つは自分自身を過信している人間です。

自信と過信は紙一重で、コントロールの難しいところではあります。

心配性な自分にはとても自分自身に自信を持つことはできないと思う人がいるかもしれませんが、心配性は受験には必要な性格であります。自分の実力を過信しすぎてもいけないのです。

諺に「人事を尽くして天命を待つ」とありますが、自信を持つための一番の方法は人事を尽くすことであります。

自分でやれることは、全てやったという充実感が自信へとつながるのです。
毎日机に向かい、泥臭く勉強した、過去問もたくさん解いた、音読もたくさんやった、
というような、自分が頑張ったという「事実」が、あなたを自信のある、メンタル的に安定した受験生として、入試本番を迎えさせることができます。
いわば「根拠のある自信」です。
その「根拠のある自信」を持つためにどうすればいいのか。
それはただひとつ、がむしゃらに勉強するんです!!!
試験本番に会場で自分は周りの受験生よりも受験勉強を頑張ったと思えるようになるぐらいやりましょう。
自分はいけるんだ!!!という心持ちで試験問題に向かうことができればそれだけで有利です。

それでは今回はここら辺にしておいて、あなたの健闘を祈ります。

随時受験相談は受付中です(完全無料)
サイトのコメント欄を利用していただくか、 メールアドレス soccer.tokyo7@ジーメール.com までどうぞ!!


世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

こんにちは。


本日は古文の単語帳について解説していきます。

センター試験対対策においては、大体300語を覚えればセンター対策は十分です。また、有名な古文単語帳である「マドンナ古文」に 掲載されている200単語くらいで十分だと言う人がいるが、はっきり言って200語では足りないです。

センター古文で万全を期すには、「読んで見て覚える重要古文単語315」を使いましょう。僕も受験生の時には、この単語帳のおかげでセンター試験の文章を読む時につまづく事はほとんどありませんでした。

「古文単語ゴロゴ」は565語、「重要古文単語315」は関連語と合わせて518語と、どちらも500語以上掲載されています。 500語あれば、早稲田大学のための古文単語数としては十分と言えるでしょう。 実際、「古文単語ゴロゴ」のセンター試験カバー率は95%と言われています。センター試験本番で問題を解くために必要な古文単語のほとんどは、カバーされているのです。

しかし、「古文単語ゴロゴ 」には欠点があります。それは、ゴロで古文単語を暗記しようとすると、多義語のすべての意味を暗記することはできないということです。古文単語は2つ以上意味があることが多いので、ゴロだけで暗記しようとするのは、危険であるともいえます。

「マドンナ古文単語230」は関連語と合わせて336語と、他の2冊と比較すると200語ほど少ない語数です。 近年のセンター試験での、古文科目の難関状況を考慮すると、受験までに他テキストを併用し単語力をカバーしたいところです。別の古文単語帳も活用し、読解問題を解く中で古文単語を覚えていくと良いでしょう

「古文単語ゴロゴ」は、なんといっても古文嫌いの人におすすめです。ゴロで楽しく覚えるため、古文の勉強に対するハードルが低くなるでしょう。 また、短期間で古文単語を覚えることができ、挫折せずに最後まで古文の勉強をやり切るための参考となります。 「マドンナ古文単語230」は古文学習をはじめたばかりの高校1、2年生におすすめです。 長い時間をかけ繰り返し読んだ結果、高校3年生の時点で自然と覚えているのが理想と言えるでしょう。

「重要古文単語315」は古文を入試で得点源にしたい生徒におすすめです。 古文単語の語源や古語の使われ方から勉強するため、古文単語の意味に対する深い理解が身につき、確実に力がつきます。

よって私は強く「重要古文単語315」をおススメします!!!

以下のAmazonのリンクから購入できます!!!

↑このページのトップヘ